人のケツ見てブログ

ドラマー、ドラムテクニシャンの三原重夫のブログです。


テーマ:
堂所山には五年前に、同じコースで登った事がある。
その様子は、こちら
五年前は、急に雨に降られたりもしたが、
雨同様降りしきる紅葉が、非常に印象的だった。
今年も紅葉のシーズンなので、久しぶりに行ってみたくなった。

車で家を出たのは、朝の6時過ぎ。
高速を八王子で降りてみて、ちょっとアタフタしつつ、
目的地の木下沢の梅林に到着したのが、7時20分。
フェンス脇に車を止めて、

準備をして、木下沢林道に入る。

この林道はけっこういきなり良い感じなんですわ。

20分ほどで、7時43分、ひとつ目の車止めゲート。
これを通過して、あっけなく、

木下沢キャンプ場跡。

ザリクボ沢とそれにかかる木の橋。水場。
この橋を渡った山道に取り付くと、

景信山。
最初、ここへはこの景信山に登るために来た。

他に
林道を進み関場峠から堂所山、陣場山、景信山に至るルート、
北高尾山稜ルートに直登、狐塚峠に出て同じく堂所山に至るルートがある。
今日はのんびり紅葉の林道歩きも兼ねて、林道を直進。
地図を確認すると、関場峠までは1時間。

キャンプ場跡の出口の車止めゲートを越える。7時54分。
ここを境に急に山深い雰囲気に変わる。
やや薄暗い沢沿いの林道を行く。

今の皇太子の浩宮の生誕記念植樹の碑。8時2分。

ま、こんな小滝があったりね。

8時31分、急に開けた場所に出る。
ま、沢沿いで山深い雰囲気は良いが、
薄暗い林道を30分歩いた後なので、ちょっと上がる。
ほんとは快晴なんだよねえ。

8時52分、林道終点。
さっきのところから20分ぐらいが、
次第に勾配がきつくなるのと、
林道に飽きたのもあって、ちょとしんどかった。
この先の左手から関場峠に登る山道が始まる。

急なジグザグの山直をちょいと頑張って、関場峠。8時54分。
北高尾山稜ルートの間の峠で、
堂所山と逆に行けば、八王子の城山まで行ける。

北高尾山稜は地図を見る限りは、お手軽な尾根歩きに見えるのだが、
小さなアップダウンを繰り返すきついルートらしく、
ガイドブックなどでもよく健脚コースに入っている。
この堂所山への道も、最初は楽しい尾根道なのだが、
やがてアップダウンし始める。

今までの山歩きの経験から、今日はちょび厚手のシャツに
ユニクロのペラペラのウィンドブレーカーという軽装で来たのだが、
それでも暑くなって、ウィンドブレーカーは脱ぎ、袖もまくった。
まあ歩いてると真冬でも暑いんだよねえ。
寒くなった時用には、一応ユニクロのダウンも持って来ている。

アップダウンどころか険しいアップアップが続くところも有り
けーっこうしんどい。こんなシンドかったかなあ、、、。
きつい登りを終えると、

こんな熊笹とか、少しまったり楽しめる道も。
そんなこんなで、

とおちゃああく!9時32分。
山地図のコースタイムは40分。
途中けっこうヘバったりしつつ、ほぼコースタイム通り。

喜びの地鶏。

ちなみにキャンプ場跡を出発してから1時間40分で、
出会った人間は、明王峠から下って来たという
山ガールっぽい格好のおばさん1人。

山頂はこんな感じで、ベンチがふたつ。
前来た時は、陣場山方面に開けていた視界が、
木が茂ってやや悪くなっていた。

ま、とりあえず。

攻撃開始。と言ってもまだ朝の10時なので、コーヒーとチョコバー。
まあ、このコーヒーの美味しかった事!
いやねえ、肌寒い山で飲む一杯のコーヒーは美味いのよ。

前ここに来た時は、急に雨に降られて、
ポンチョ被って悲壮な覚悟で登って来て、
雨の中で、今日みたいな軽食を摂った。
あれも美味かったなあ、、、。
山々から雲が湧き出すような景色も良かったなあ。

堂所山は高尾山から陣場山に続くポピュラーな縦走ルートの
途中にあるピークのひとつでもあるので、
この山頂では、二組くらいのパーティーと一緒になった。

さて帰り。
ま、車で来たので、同じルートを戻る。
毎度の事だが、下山の途中は、
「ま、よくこんだけ登って来たもんだな、、、。」と思う。
ま、今回も思ったが、思った以上にややウンザリ。

途中、

ちょっと「おお!」と思った景色。

あとは、

ヘビさんにょろにょろみにょろにょろ、
合わせてにょろにょろむにょろにょろ。

帰って調べてみたが、「ジムグリ」っぽい。

ま、ほぼウンザリしきったところで、
キャンプ場跡に戻ったのが、ちょうどお昼前。

メシ。と。
カップ麺かさばるので、中身だけポリ袋に入れて持って来た。
コンテナ兼食器のジップロックスクリューロックに
入れて、ポリ袋を広げてそのままお湯をジャー。

フタして3分。

出来ましたあ。

ごっそさんっしたあ。

ポリ袋を丸めてポイ。汚れ物も出ない。

この「中身だけポリ袋作戦」で、
今回一応カップヌードル、チーズカレーヌードル、カレーめし、
と、3食持って来た。
カップヌードルごはんの類、リゾットなんかも
アルファ米使用なので、この手で行ける。
保存食用のアルファ米より値段も手頃で、
摂取カロリーもほぼ同じか、やや多いくらいである。

主人の帰りをけなげに待っていた「赤い運命」号。

どっかでツェルト張り実験でもやろうか?
とも思ったけど、久しぶりの山歩きでちと疲れて、ご帰還。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
えー、たまにアルコールストーブのセットを人に上げたりするのだが、
自筆で説明書を書くと、精神年齢を疑われるような字になってしまうので、
使い方、注意点、自慢、などをブログに写真入りで、書いてしまおう。

と、いう訳。

以下本文。

今回は、アルコールストーブセットの入手、おめでとうございます。
これで、あなたの運勢は、うなぎのぼりですわい。
あそこもビンビン、、、。

セット内容1 開運アルコールストーブ


外は、アヲハタのコーンの缶詰の空き缶、
中のバーナーは、缶コーヒー、ワンダの空き缶で作った。

内部。


バーナーのタイプは「コーヒー缶チムニー」。
火力が強過ぎず、燃焼時間も長いので、ま、とりあえず。
夏場だし。

開口部に燃料用アルコールを入れ着火して、ナベ等を載せるだけ。
最初はホワンホワン燃えているだけだが、
加熱とともに火力が上がるので、あわてない。


こんな感じね。


セット内容2 燃料ボトル


付属の燃料ボトルは、ポリ製の投薬ビン。
製品名は「ハイオール60」。


このアルコールストーブは消火機能がないので、
必要に応じて、燃料を計る事が重要です。
この投薬ビン、キャップが計量カップになっていて、便利。

ちなみにアルコール10ccで、水200ccを4分強で沸騰、
トータル燃焼タイムが6分弱。
カップ麺用のお湯300ccなら、15cc。
水100ccあたりアルコール5ccと考えればヨロシイ。

ちなみに燃料用アルコールは、
サイフォンコーヒーのアルコールランプ、
チーズフォンデュのバーナーなどに使う物で、
雑貨店、薬局などで手軽に手に入る。
500cc入りで、400円ぐらい。

燃料ボトルには小ぶりなペットボトルなども使える。
そういう場合でもこの燃料ボトルの計量キャップは便利でしょう。

ちなみにアルコールの燃焼は、明るい所では見えないので、
気づかずに、転倒させたりすると非常に危険です。
これだけは、くれぐれも御注意を。



セット内容 3 なんじゃこら?


 風防です、、、。天ぷらガードで作ってます。


広げて、こんな風に使います。
使う調理器具によって調整可能で、写真のクリップで固定。

こういう事ですな。

アルコールストーブは、風に非常に弱いので、
野外で使う場合、風防は必須。

ヤカン等と風防の隙間は狭過ぎると不完全燃焼になるので、
平均で1.5センチ程度以上は、空いている方が良いようです。

その他 参考

コッヘルなどにこんな感じで収納すれば、
オールインワン湯沸しセットになります。
写真のような、いわゆるガスマッチタイプのライターは」便利です。

使用は、あくまで、自己責任でお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ま、エビといっても2センチにも満たない小さなエビ。
足なんか、細ーい釣り糸みたいで、
捕食用の足は、ちゃんと先端が小さなハサミ状になっていて、
起用に餌をさぐり、忙しく口に運ぶ。

エビの脳は、バッタとかの脳に近いらしく、
梯子上の神経系を持ち、脳細胞の数は100万程度。
かたやヒトの脳細胞の数は、千数百億と言われている。
それに比べれば、非常に小さな脳だが、
それで実際、環境の変化に適応して、生命を維持し繁殖する。

この程度の小さな脳では、行動に関するルールを
そう繊細に細かく持ちようが無いように思えるので、
シンプルだが、最大限の多様性を発揮しうる
効率の良いルールを持っているのであろう。

よく引き合いに出すが、チェスはルール自体は極めて単純だが、
試合における駒の動き方には、無限に近いバリエーションが
発生する。どうもそんな事をエビを見ていて考えてしまう。

かたやヒトの世は、覚え切れないくらいの法律、ルール、
マニュアルが存在する。
法律が増えれば、それに抵触する事案も増え、
それを取り締まるために、また法律が作られる。
こうして、決まり事が増え、この増え方は、
指数関数的になるはずである。
増えれば増えるほどさらに加速度的に増える。である。

ま、個人的には、この事によって、
世間も加速度的にどんどん息苦しいものになって来たような気がする。
仕事上のマニュアルが多い事は、良い事のようだが、
長い目で見ると、個々の創造性を枯渇させる。
問題は無いが、面白くもない。生きている感じがしない。
仕事で言えば、現場のモチベーションが崩壊していく。
そういう弊害は、ボチボチ現れて来ているのではなかろうか。

ま、実際世の中は奇々怪々で複雑だが、
複雑さに複雑さで対抗するというのは、
実のところ、非常に効率が悪いのではないか?
実際、疲れるし、イライラする。

エビを見て、「こいつら簡単で良いなあ。」
と、思う次第である。

どうも最近、そういう事をよく考える。
もちろん、古くなって時代に付いていけなくなった
中年のグチである。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。