誕生日プレゼント

テーマ:
このブログを書き始めたころ、まだ3歳だった姪っ子。とうとう9歳になりました。ちょっと前まで、将来の夢は、仕事で疲れた人に安くておいしいジュースを提供するジュース屋さんになること、とずっと言っていました。そんな姪っ子、おじいちゃんの癌闘病後の死を経験し、最近、癌を治すお医者さんになりたいと言い始め、人体のしくみに興味を持つようになりました。パズルも大好きなので、誕生日プレゼントには、迷わずこれを選びました。

旅の恥はかきすてないでモノにする!~日常生活編~

箱の大きさにちょっとびっくり。目 立体パズルをあげると言ってあったのですが、ちょっと予想していたものとは違ったようです。一瞬、固まっていましたが、すぐに組み立て始めました。まずは、背骨に神経を埋め込んで(?)います。
旅の恥はかきすてないでモノにする!~日常生活編~

神経を埋め込んだ背骨をセット。

旅の恥はかきすてないでモノにする!~日常生活編~

おじいちゃんの癌はこのあたりにあったんだよね、と確認しながら食道をセットし、次に組み立てた肺をセット。膀胱と直腸も見えています。食道の周りに動脈があるのを見て、これじゃあ食道癌の手術もたいへんだよね、と妙に納得…。

旅の恥はかきすてないでモノにする!~日常生活編~

大腸と小腸を組み立てています。

旅の恥はかきすてないでモノにする!~日常生活編~

頭部も組み立てて、はい、できあがり!

旅の恥はかきすてないでモノにする!~日常生活編~

途中で、「あ、肝臓入れるの忘れた!」「心臓がない!」「大腸が入らない!」などと大騒ぎをしながら組み立てました。肺のパーツがどうしてもうまく組み立てられず、肺の半分しかセットできませんでした。。さてさて、想定外のパズルに大満足の姪っ子、いいお医者さんになれるかな(笑)?

ところで、これはなんだと思いますか?

旅の恥はかきすてないでモノにする!~日常生活編~

勝手にお尻の筋肉だと思っていたんですが、なんで穴が開いているんだろう??と思って取説を読んでみたら、、、、横隔膜でした。ガーン 取説はすべて英語で書いてあるので、ちょっとした英語の勉強にもなります。

日本製ではないので、若干、つくりが荒く組み立てにくさは否めませんが、けっこう楽しめます。せっかくなので、臓器の英語名もちゃんと覚えようと思っています。そうそう、このブログ、英語を勉強するためのブログだったはず…。ニコニコ
AD

2度目の癌告知

テーマ:
「はじめての癌告知」の記事を書いてから2か月以上たってしまいました。

2度目の癌告知は、ちょうど2年前、2011年4月2日でした。この日は、姪っ子の誕生パーティーのために実家にみんな集まりました。楽しいパーティも終わって、自宅に帰ってきてしばらくして母から電話がありました。

「お父さん、癌なんだって。食道癌。」

「食道癌??」一瞬、母が何を言っているのか理解できませんでした。確かに、父は、この日も何を口に入れても喉に詰まらせてしまい、ほとんど何も食べられない状態でしたが、数日前の検査で食道に異常は見つからず、診断は以前と変わらず逆流性食道炎でした。それがなぜ??雷に打たれたような(打たれたことはありませんが…)衝撃が全身を走りました。

父は、楽しいパーティの席でのがん告白はできなかったらしいです。かかりつけの内科医院で受けた検査では異常なしだったものの、念のため大病院で再検査を受けた方がいいと言われて受けたところ、食道癌が見つかったとのことでした。しかも、すでに離れたリンパに転移している末期癌。ついでに、肺と腎臓にも原発の初期癌が見つかりました。

しかし、1週間前に異常なしと言われたのに、なぜ??この疑問はいまだに消えていません。もちろん、1週間前にわかったとしても、何も変わることはなかったので、先生を責めるつもりはありません。それに、その先生、父が亡くなる1ヶ月前に癌で亡くなられました。まだ50代だったのに…。父に癌告知をしたときには、まだ元気だったのに…。お医者さんでも、自分の癌に気づくのは難しいんですね。。癌、、にくったらしい病気です。

この日から、1年5か月におよぶ我が家の癌と闘う生活が始まりました。
AD

人間ドック

テーマ:
今日は、人間ドックに行ってきました。昨日の夕食は午後8時までに済ませ(アルコール抜き)、今朝は絶飲食です。

昨日は、研究室の追いコンだったのですが、帰宅後、午後11時近くになって、空腹との戦いが始まりました。カロリー摂取するわけにはいかないので、ひたすら水を飲んで胃袋を満たしました。寝るころには、腕がプルプルするぐらい空腹…。ガーン あー、どうしていつもすぐにお腹すくんだろう…。空腹は大の苦手です。

今朝は、8時に家を出て病院へ。バリウムすら空腹を満たしてくれるように感じました。ドキドキ 1時間半の検査を終えて、やっと朝ごはん。そして、その後、検査の結果を聞きましたが、まったく問題ないとのことでした。

最後に、管理栄養士による栄養指導がありました。何か質問はないですか?と聞かれ、思い切って聞いてみました。

私、同年代の人と比べると、すぐお腹がすくし、たくさん食べちゃうんですけど、大丈夫でしょうか??


変な質問してごめんなさい。若手の栄養士さん、返答の困ったのか、後ろにいたベテランの栄養士さんが答えてくれました。

全然気にする必要ないですよ~。健康な証拠ですから。

ホッ。とりあえず、食生活を変える必要はないとのことで一安心。これからもたくさん食べよう(爆)!!

異常なしと言われた1週間後に進行した癌が見つかった父のことを考えると、人間ドックでOKだからと言って安心もできないのですが、まぁ、とりあえず、問題なしで安心しました。

AD

5年

テーマ:
予定外に2月下旬から忙しくなってしまい、ブログも放置…。

気が付いたら、留学開始(2008年3月1日)から5年がたってしまいました。ちょうど5年前はアパートへ引っ越しをしたころです。週末に初めてIKEAに行ったり、近所のショッピングモールに通いつめて生活用品を買い集めたり。英語がうまく通じなくてイライラしたり…。

当時のブログを読むと本当に懐かしいです。我ながら、なんでこんなにトラブルが多かったんだろう…と、今でも思います。でも、トラブル処理のほとんどを電話で対応したおかげで、英語に対する抵抗感がなくなったような気がします。はじめは、英語で電話するときは、何を言うかすべてメモを書いてからかけていましたが、トラブル発生時は、そんなことは言ってられないので、怒りの勢いで電話をかけていました。そういうときの方がなぜか英語が自然に口に出てくるんですよね。さすがに、金銭トラブルに巻き込まれて裁判を起こそうか、という話になったときは戸惑いましたが…。

つらいことも含めていろいろなことがあったけれど、今となってはすべて懐かしいです。ここ2年は、セントルイスにも行っていないので、また久しぶりに行く機会を作りたいと思っています。


納豆がない!

テーマ:
納豆は、私にとって生きていくうえで欠かせない食べ物です。前にも書きましたが、もともと肉食でないので、アメリカ留学中は特に、大切なタンパク源でした。今でも納豆は欠かせません。味噌汁はもちろん、チャーハンやスパゲティ、オムレツに入れてもおいしいです。

でも、その納豆が…!!スーパーで売り切れ!!特に、ひきわり納豆が。。

嫌な予感はしていたんですが、やはり昨夜の「みんなの家庭の医学」で放送された「納豆が骨粗鬆症の予防・改善に効果あり!」の影響でしょうか。

納豆は、そのまま食べるより油と組み合わせた方がビタミンKの吸収率がいいそうです。さらに、普通の納豆と比べてひきわり納豆にはビタミンKが1.5倍も含まれているとか!それで、ひきわり納豆が売切れちゃったんでしょうか。

メディアの力ってすごいですね。