ゆきんこのブログ

我が家の犬猫、保護犬、そしてゆきんこのブログです。

チャゲと優海には新しい家族が出来ました。

テーマ:

悲しいお知らせです。

Menaが永眠しました。

推定享年13歳。

我が家の勝手口に来始めたのは12年前くらいで

その一年くらい前から見かけていたのでおそらく13歳だったと思います。

野良猫の寿命は6-7年と言うので倍ぐらい生きられましたが

野良猫ではなくうちの子みたいなものでした。

よく生きてくれました。

でも扁平上皮癌になってしまい、患部はずっと痛かったと思います。

 

これは2005年に不妊手術をした時の写真です。

まだ幼い感じもあり、本当に可愛いです。

 

二年弱、耳がおかしくてどんどん悪くなり

扁平上皮癌とわかってからも悪くなる一方でしたが

転移の少ない癌なのでつい最近まで元気でした。

でも二三日前から餌を置いても小屋から出て来なくなりました。

だから小屋の中に餌を置いていました。

今朝もそうして少しは食べたようです。

 

午後12:20くらいに私が出かける前に見たら

今まで見たことのない体制で

小屋の奥の方に横たわっていたので一瞬息をしていないのかと思いましたが

Menaと呼びかけると苦しそうに

「ニャー、ニャー。」としゃがれた声で何度も鳴きました。

息はしていたので気なりながらも

もしかしたら・・・と覚悟して出掛けました。

 

帰宅したら私が最後にみた体制で息をしていませんでした。

 

もしかしたら・・・と思った時に抱いたらもっと苦しくなるのではと思い

抱けませんでした。

きっとあの時からそんなに経たないうちに亡くなったと思うので

抱いたままで逝かせてやればと心残りです。

・・・と思っていたのですが、私が

「もうMena、死んじゃうかもしれない。」と夫に言い残して出た後に

気にしてみたこともないMenaの小屋を覗いたら

もぞもぞと動いていたそうです。

だからしばらくは生きていたようです。

帰宅したのが4時くらいでほんのり暖かかったので

3時くらいだったかもしれません。

私の見えるところで逝ってくれてよかったです。

猫は死を感じると姿を消すと言うので私はMenaもそうだったら

嫌だなぁと思っていましたが、最後は見送ってやれます。

長い付き合いでしたから最後まで見てあげたいです。

 

最後の方は耳、首からの膿や血で左半身が汚れていました。

 

Menaは私が保護してくるたくさんの子犬たちと仲良くしてくれました。

子犬たちもMenaのことがみんな好きだったようです。

 

ありがとう、Mena。

もう痛くないからね。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

2016年の読書メーター読んだ本の数:47読んだページ数:10597ナイス数:469

印象に残った本は『コンビニ人間』でした。

さすが芥川賞受賞作。

 

走れUMI (講談社文庫)

 

走れUMI (講談社文庫)読了日:12月30日 著者:篠原 勝之
障害者のリアル×東大生のリアル障害者のリアル×東大生のリアル読了日:12月14日 著者:「障害者のリアルに迫る」東大ゼミ
不運と思うな。大人の流儀6 a genuine way of life不運と思うな。大人の流儀6 a genuine way of life読了日:12月11日 著者:伊集院 静
君の膵臓をたべたい君の膵臓をたべたい読了日:11月21日 著者:住野 よる
難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!読了日:11月11日 著者:山崎元,大橋弘祐
絶歌絶歌読了日:11月07日 著者:元少年A
ママがやったママがやった読了日:11月02日 著者:井上 荒野
海の見える理髪店海の見える理髪店感想第155回直木賞受賞作であることは後から知った。 胸がちょっとキュンとなる話が6話入っている。表題作は理髪店主の昔話と思っていたら「僕」との思わぬ関係でキュンと来た。 最後の一行は床屋が「僕」に対する愛情、詫び、色々な気持ちが入っていて、前髪を「僕」を確認したかったのだろう。後で読んでもキュンと来る。 『空は今日もスカイ』のビッグマンの無実がすぐに晴らされますようにと願いたくなる最後だった。他の話も読んでいてだんだんまたは最後に心動かされる内容で、しかもちょっとキュンと来る。読了日:10月30日 著者:荻原 浩
殺人出産殺人出産読了日:10月16日 著者:村田 沙耶香
新・四字熟語 (幻冬舎よしもと文庫)新・四字熟語 (幻冬舎よしもと文庫)読了日:10月07日 著者:又吉直樹,田中象雨
それでも命を買いますか? - ペットビジネスの闇を支えるのは誰だ - (ワニブックスPLUS新書)それでも命を買いますか? - ペットビジネスの闇を支えるのは誰だ - (ワニブックスPLUS新書)読了日:10月01日 著者:杉本 彩
夜を乗り越える(小学館よしもと新書)夜を乗り越える(小学館よしもと新書)読了日:09月07日 著者:又吉 直樹

 

 

 

コンビニ人間 読了日:08月23日 著者:村田沙耶香

おひとりさまの最期 読了日:08月31日 著者:上野千鶴子
どうしようどうしよう読了日:08月21日 著者:壇 蜜
スクラップ・アンド・ビルドスクラップ・アンド・ビルド感想第153回芥川賞受賞作品。又吉くんの『火花』と同時に受賞。 毎日のように「死にたい」と呟く祖父を尊厳死させるために自分なりのやり方で幇助する。介助することは一見優しそうに見えるが、本人がやらないことで体力が衰え、緩やかに苦しまずに死へ向かえさせるというのが健斗の考え方。歪んだ考え方だが、健斗は祖父に優しい。優しくすることにより、本人希望の死へ向かわせられる。 健斗と祖父の関係だけでなく、仕事もしていない28歳の心理状態や感心できるとは言えない生活もうまく描かれていた。 読了日:08月17日 著者:羽田 圭介
ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」 (講談社+α新書)ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」 (講談社+α新書)読了日:08月12日 著者:荒木 香織
日付変更線 下 The Date Line日付変更線 下 The Date Line読了日:08月02日 著者:辻 仁成
うわさとは何か - ネットで変容する「最も古いメディア」 (中公新書)うわさとは何か - ネットで変容する「最も古いメディア」 (中公新書)読了日:07月15日 著者:松田 美佐
そして (ジュニアポエムシリーズ)そして (ジュニアポエムシリーズ)読了日:07月07日 著者:谷川俊太郎
「悩み」と向き合える女性は、うまくいく「悩み」と向き合える女性は、うまくいく読了日:06月12日 著者:文美月
日本でいちばん心温まるホテルであった奇跡の物語日本でいちばん心温まるホテルであった奇跡の物語読了日:05月15日 著者:柴田 秋雄,瀧森 古都
リッツ・カールトン 至高のホスピタリティ (角川oneテーマ21)リッツ・カールトン 至高のホスピタリティ (角川oneテーマ21)読了日:05月09日 著者:高野 登
私は絶対許さない 15歳で集団レイプされた少女が風俗嬢になり、さらに看護師になった理由私は絶対許さない 15歳で集団レイプされた少女が風俗嬢になり、さらに看護師になった理由読了日:05月04日 著者:雪村 葉子
記憶力を磨いて、認知症を遠ざける方法 - 銀座のママと脳神経外科医が語る、記憶の不思議とメカニズム - (ワニブックスPLUS新書)記憶力を磨いて、認知症を遠ざける方法 - 銀座のママと脳神経外科医が語る、記憶の不思議とメカニズム - (ワニブックスPLUS新書)読了日:04月23日 著者:板東 邦秋,伊藤 由美
北里大学獣医学部 犬部!北里大学獣医学部 犬部!読了日:04月14日 著者:片野ゆか
動物のいのちを考える動物のいのちを考える読了日:04月05日 著者:高槻 成紀,政岡俊夫,太田匡彦,新島典子,成島悦雄,柏崎直巳,羽澄俊裕
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え読了日:04月02日 著者:岸見 一郎,古賀 史健
ストーリー・セラーストーリー・セラー感想Side A, B、どちらも妻の書く作品に魅せられた夫が、それをきっかけに結婚して夫婦になる話。Aは妻が亡くなり、Bは夫が亡くなるという結末であるが、果たしてこの話自体は妻が書いた小説なのか、現実に起こっていることを小説にしたのかはわからないところが面白い。これってどっちなどと頭に駆け巡りながら読み終わった。後者かな。どちらもお互いを思いやる夫婦愛が感じられたストーリーであった。 読了日:03月21日 著者:有川 浩
わたしの日々 (ビッグコミックススペシャル)わたしの日々 (ビッグコミックススペシャル)読了日:03月20日 著者:水木 しげる
のんのんばあとオレ (ちくま文庫)のんのんばあとオレ (ちくま文庫)読了日:03月19日 著者:水木 しげる
うつくしい子どもうつくしい子ども読了日:03月07日 著者:石田 衣良
ふたつめのボールのようなことば。 (ほぼ日文庫)ふたつめのボールのようなことば。 (ほぼ日文庫)読了日:02月09日 著者:糸井重里
ナイルパーチの女子会ナイルパーチの女子会読了日:02月05日 著者:柚木 麻子
豆柴センパイと捨て猫コウハイ豆柴センパイと捨て猫コウハイ読了日:02月01日 著者:石黒 由紀子
さりげなく思いやりが伝わる大和言葉 常識として知っておきたい美しい日本語さりげなく思いやりが伝わる大和言葉 常識として知っておきたい美しい日本語読了日:02月01日 著者:上野 誠
悩まずにはいられない人 (PHP新書)悩まずにはいられない人 (PHP新書)読了日:01月13日 著者:加藤 諦三
「子供を殺してください」という親たち (新潮文庫)「子供を殺してください」という親たち (新潮文庫)読了日:01月08日 著者:押川 剛
シノダ課長のごはん絵日記 (一般書)シノダ課長のごはん絵日記 (一般書)読了日:01月06日 著者:篠田 直樹
日付変更線 上 The Date Line日付変更線 上 The Date Line読了日:01月05日 著者:辻 仁成
読書メーター

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Menaの耳がどんどん癌に侵されています。

年末にどうにかならないかと松山千春先生のところに行き

効くか効かないかはわからないけどそれはあなたの判断と言われて

抗生剤注射を打ってもらいました。

どうやら効いていないようです。

スキーから帰ってみたらやっぱり膿んでいました。

 

左の耳は癌に侵され朽ちて、首まで膿んでいます。

そして鳴き声も絞り出すようなガラガラ声になっています。

 

何もしてやれないので心が痛みます。

癌とはこういうものなのですね。

胃がん、肺がんなど内臓の癌は見えないけど

中ではこんなにひどいことになるんですね。

助からないことが多いのもよくわかりました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

三日間十分に滑り、今日は滑らずに帰るだけにしました。

一昨年までは午前中滑ってから帰っていたのですが

そうすると夫の実家横浜に行くのが遅くなり

私が犬たちを連れて運転して帰る時間も遅くなり

帰ってから洗濯や片付けで大変なのでやめました。

 

帰る前にペンションの前で写真を撮りました。

 

帰りの車中です。

三匹とも疲れてこんな感じ。

 

帰宅して車の物を出していたら

夫が間違えて防衛大の学生のストックを入れていたのが発覚。

すぐに夫からペンションに電話させ

夫が仕事で防衛大に行くこともあるようなので

山岳部に持っていくことになりました。

自分のストックを間違えることに私は呆れています。

まちがう~?

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

12月の読書メーター読んだ本の数:3

2016年最後の月。なんとか3冊。

 

読んだページ数:626ナイス数:27走れUMI (講談社文庫)走れUMI (講談社文庫)感想自転車屋「日之出輪業」を営む父からもらったマウンテンバイクを愛する洋の成長が描かれている。鯨祭りの時の事故で下半身不随になった犬コロに車輪を付けたお父さんが素晴らしい。動物を大切にする家族がこの物語の中心ではないが、それがとてもいいアクセントになっている。 洋が離婚した母に付いていき、みかん山に行くが、そこからマウンテンバイクで父、祖父、コロのいる町に戻り、そこで元マグロ漁船に乗っていた父と鯛釣りに行き、船から落ちた父とコロを救うところは感動的。良い物語だった。 読了日:12月30日 著者:篠原 勝之
障害者のリアル×東大生のリアル障害者のリアル×東大生のリアル感想「障害者のリアルに迫る」という東大ゼミで、障害者が講師として招かれ東大生が障害者の本当の姿に接する。 障害者のリアルと東大生のリアルは対極にあるように思われる。遠いベトナムの貧困に興味はあっても、隣りにいる障害者に関心のある東大生は少ない。双方、社会の中では個人としてではなく「障害者」「東大生」という囲みで見られることは共通していると言えるかもしれない。東大生は個人としてよりも「東大生」と見られることによりいい扱いを受けることのほうが多いが、その東大生に精神の障害者もいるのも事実のようだ。読了日:12月14日 著者:「障害者のリアルに迫る」東大ゼミ
不運と思うな。大人の流儀6 a genuine way of life不運と思うな。大人の流儀6 a genuine way of life感想著者が日々感じたこと、社会で起きた事件に対する感想が書かれている。事件の1つ野球賭博に対しては簡単に片付けられない深刻な問題として書かれている。ベッキーの不倫は世間があまりにも騒ぎ過ぎだと。 弟と妻(夏目雅子さん)が死んだことが彼は不運だと思っていたが、短い一生にも四季があり、笑ったり喜んでいたのだ。不運ではなく、そういう生だったのだ。「不運と思うな。」と自分に言い聞かせているそうだ。彼にとっての不運が死と繋がっているのが重く、不運と思わずにいるには相当な強さがいるだろう。 読了日:12月11日 著者:伊集院 静
読書メーター

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日から防衛大学校の学生、先生が泊まっていました。

学生は夜はキャンプ。

 

でも食事、風呂はペンションで。

 

スキー場に向かう車の中で学生と話をしました。

防衛大学校は基本的に全員寮に暮らしていて

平日は外出禁止だそうです。

大学生の前に隊員であるからだそうです。

構内にはコンビニなどがあり

構内が小さな社会になっているようです。

防衛大学校の学生と会うこともありませんでしたし、話すことももちろんなかったので

とても新鮮でした。でも自衛隊自体に否定的な私には違和感もありました。

戦うことを前提に入っているこの彼がそのようなことがないことを願うばかりです。

PKOの話もしました。防衛大学校の学生ならではの話題でしょう。

普通の大学生なら関心もない人が多いのではと思います。

このような大学とは知らずに入ってくる人もいて

ある年は半数くらいが辞めたそうです。

彼らの学年も二割くらいは辞めているそうです。

来ていた学生たちは災害のときなどに頑張ってくれそうな若者たちでした。

 

夕食は私達の後に食べていました。

今日の夕食のメインは大好きなビーフシチュー。

 

一年で一番幸せな一時です。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

カイと一緒に

 

二日目スキーから帰ってからの夕方の散歩です。

すみれは初めての雪ですが、結構好きなようです。

 

三匹のいるところ。毛布をそれぞれの小屋に入れても出してグチャグチャにするので、大きな一枚を外に敷きました。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

2000年に保護した頃のトトです。

 

戸隠スキーに行く途中で・・・

まずはCocosの朝食バイキング

高速道路に乗る前にCocos成田店に行きました。

 

そして川崎市にいるさくらの息子トトのところに13年ぶりに行きました。保護した頃のトトです。それはそれは可愛い子でした。よく手放せましたねと言われましたが、当時クリ、ナナと二匹飼っていたのでいくら可愛くても飼おうとは思いませんでした。16年前の譲渡した時の話を聞き、今のご家族と縁があったのだと思いました。こちらのご家族とご縁があったのは本当に良かったです。本当にいい家族です。トトの犬徳でしょうね。

さくらの子供たちが私が里親探しをした初めての子たちでした。これがきっかけになり今の活動を始めたと言っても過言ではありません。

 

さくらが野良犬時代に産んだ子で、このトトともう一匹のはなを保護し譲渡した後に、残ったさくらは我が家に迎えました。三匹目だったので大きな決断でしたが、トト達の母親を野良犬のままにさせておくことはできませんでした。放っておけば、いずれは保健所に捕まり処分されることは目に見えていたからです。

野良犬だった時のさくらです。

 

さくらは今年の5月11日に他界しました。

母犬のさくらと一年も年が変わらないトトは16歳で、足元がフラフラしていますが、まだ排泄は自分でできるそうです。さくらが亡くなった頃からトトもだんだん衰えてきたそうです。

 

子犬の頃にいたとは言え、私たちは見知らぬ人達。めったに吠えないというトトがBow wowと吠えていて、しばらくは警戒していました。そのうちちょっとは慣れましたが、最後までやっぱり見知らぬ人達でした。

 

トトは近所の犬仲間の人気者のようです。

トトの犬友達の飼い主さんの紹介で息子さんは就職されたとかで、息子さんはトトに足を向けては寝られないそうです。

トトはとても可愛がられています。

 

いろんなところに写真やパネルがありました。

本当のトトは目がもっと大きいです。

 

トトに会えて本当にうれしかったです。

さくらによく似ています。

来年も会えますように。もう少し長生きしてね。

 

 

2002年ピンポンダッシュで置いて行かれたチップにも会いに行きました。だからチップは今14歳。

その時、ポテトチップスの箱に入れられていたから名前をチップにしました。

かわいくてそれはそれは人気で40件もの希望者が会った中から選ばれた家族と暮らしています。

性格も良くて私達にもよく懐きました。

 

数年前までは毎年スキーに行く前に会いに行っていたのですが

川越から東京に引っ越してからはご無沙汰していて

何年かぶりで会いました。

良性腫瘍だったのですが、切除手術をしたばかり。30針縫ったそうです。

見た目はすっかりよくなっていました。

年も取っているので大はしゃぎでは喜びませんでしたが

なんとなく思い出した感じがしました。

チップの飼い主はチップに影響されて、犬救済ボランティア「わんずぺ~す」を立ち上げ、今はNPOとして多くの犬達を救われています。

http://www.wanspace.jp/rental/

http://ameblo.jp/wanspace-dogs/

 

 

今日はトトとチップに会えてとてもいい日でした。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

ブログを見てカイの元家族のMさんから連絡があり、10年ぶりくらいに繋がれました。ブログにカイのこと、思い切って載せてよかったです。

12/18、娘のAちゃんと共に来てくれました。

Aちゃんはカイと別れた時は5歳でした。

今は高2。体は大きくなっていましたが、顔はそのまんま。

かわいい素直な良い子に成長していました。

 

残念ながらカイは忘れていたようでしたが、なんとなく懐かしい気持ちはあったと思いたいです。

犬の10年は人間の60年くらいでしょうから、忘れていても仕方ないでしょう。

でも私はちょっぴり、そしてMさんもAちゃんも期待していたと思うので残念ですが、覚えていなくてもたくさん触れ合えてよかったとMさんは言ってました。

Mさんが愛情を持ってカイを育て、躾けてくださったから、今のカイがあります。カイはうちでは一番上手に落ち着いて「伏せ」ができます。食事前でも慌てません。本当に良い子に育っています。Mさんのおかげだと思っています。

 

帰りの車中では二人でたくさんカイとの思い出について話したそうです。

仲良しだった犬友達の話、カイとAちゃんが長座布団を取り合いしたことなど、話しながらAちゃんも思い出してきたようです。

 

私も二人に会えてとてもうれしかったです。

カイの元家族だから、共通にカイのことをよく知っていて、愛していて他人とは思えない家族のような感じがするのです。

また会いに来てほしいと思います。今度は泊りがけでね。そうすれば長くカイと時間が過ごせると思います。

 

大切なカイと別れさせた元夫、罪深いです。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

NHKスペシャルで

あなたもなれる“健康長寿” 
徹底解明 100歳の世界

で和菓子屋の100歳を超える店員さんが紹介されていました。

びっくり、その和菓子屋、隣町東庄町にありました。

そして行ってお会いしてきました。

田谷きみさん、101歳、大正4年(1915)生まれだそうです。

番組では102歳と言っていましたが、大正4年生まれならどう計算しても101歳。来年102歳ですね。

http://www.chibanippo.co.jp/news/local/278949

去年の記事ですがこちらで詳しく紹介されています。

 

100歳を超えているとは思えないようなしっかりした話し方、所作でした。

2回目に夫と一緒に行って写真を一緒に撮ってもらいました。

 

店には何枚かテレビ番組に出た写真などが貼られていました。

有名で取材も多いみたいです。

 

今日は夫にいちご大福を買ってもらいました。

 

他にも色々ありました。

 

いちご大福、おいしかったです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。