ゆきんこのブログ

我が家の犬猫、保護犬、そしてゆきんこのブログです。

チャゲと優海には新しい家族が出来ました。

テーマ:

保護猫Vipは人間トイレで過ごすことを気に入っていいるよう・・・

 

Vipがいるから神経質なロンはトイレに行けません。

だから私達の布団におしっこするようになったです。

今日は朝からロンがトイレに行くのを見ていません。

でも寝室には入れないようにしているので布団ではしていないし

他でもしたところが見られなくて・・・

でもどこかでしてるはず。こわ。

 

レミはさすが女。神経太いです。

Vipを警戒しながらもしっかりおしっこします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

生後三週間くらいの子猫3匹を8/12から預かっています。

野良猫が育児放棄したのを保護されたのですが、巡り巡って預かることになりました。

一週間の予定で8/19には保護、里親探しをして下さるところへ移動です。

 

犬の生まれたての子はチョコの子たちをチョコとともに面倒見たことがありますが、こんなに小さい子猫は初めてです。

まだかわいいという域には入っていません。

小さくて頼りないです。私も頼りないです。

 

哺乳瓶でミルクを飲まないので、お皿にミルクを入れて与えました。

うまく飲めないようで時間がかかりました。

だんだん食べるのも上手になってきて、離乳食をチュウチュウと吸いながら食べています。

体が少し濡れているのは体を皿に突っ込んで食べるからです。

私も慣れてきましたが、もうあと4日でお別れです。

猫に慣れている方に行くようなので安心です。

ちょっと寂しくなるかも・・・

 

でも今、寂しがっているどころではないのです。

Vipが来たことでロンの排泄が乱れたいへんです。

連日、私達の布団に隙を狙ってか、おしっこします。

一回目にやられた時にびっしょり濡れた布団は打ち直しに出しています。

今、客用の布団を使っているのですが、それもちょっとだけ濡らされました。

困っています・・・

打ち直しの布団が帰ってくる前に、防水シーツを買う予定です。

打ち直した布団にやられたら・・・考えるだけでも落ち込んでしまいます。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

テニスクラブ、テニスポート波崎にある日現れ、居座っていたVipを保護したのが5/17。Vipという名前は、テニススクールを運営している会社からもらいました。

保護してもうすぐ三ヶ月。

かわいいんだけど

あちこちでスプレーし

出ている食べ物を漁り、困っていました。

極めつけはIHの上でおしっこ。

夕食を作っている時にIHの上に黄色い液体。

「私、なんかこぼしたかなぁ。」と思いながら嫌な予感。

臭ってみるとおしっこでした。

みりんや酢の容器の下には黄色い輪染みが・・・

 

うちのロンとレミとは仲良くできず、顔を合わせると緊迫状態。

今日はレミと大げんかしていました。

Vipはオスですが、メスのレミとも不仲です。

ロンはストレスで排泄がおかしくなり

私達の布団の上で二回もオシッコしました。

布団は打ち直しすることにしました。

 

問題多しのVipですが

それなりに私とは仲良く暮らしています。

知らない間に、いっしょに昼寝していました。

 

そしてロンやレミと同じように人間トイレで排泄もできるようになりました。

 

だれかVipを貰って下さい。

かわいいですよ。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年7月の読書メーター
読んだ本の数:2冊

2冊・・・8月はもっと読めるかな。
読んだページ数:334ページ
ナイス数:16ナイス

うわさとは何か - ネットで変容する「最も古いメディア」 (中公新書)うわさとは何か - ネットで変容する「最も古いメディア」 (中公新書)感想
うわさの公式が紹介されていて うわさrumor=当事者に対する問題の重要さimportance xその論題についてのあいまいさambiguity 掛け算なのであいまいさが大きいと値は倍増する。逆に0だとうわさにはならない。「うわさ」とは古くは人から人に口から伝わっていくものである。この人から人に伝わることは信憑性がないことは実験で示されている。 うわさで人と人とを繋ぐ役割も持ち、それがネットなどさまざまなメディアによって人と人の関係性も変容していく。どのように変容しようがあまりうわさに惑わされたくない。
読了日:7月15日 著者:松田美佐
そして (ジュニアポエムシリーズ)そして (ジュニアポエムシリーズ)感想
谷川俊太郎さんの詩に感銘できない私は鈍感なのだろうかとちょっと自己嫌悪に陥りそうであったが、まえがきに 「初めて読んで一目惚れする詩もあるし、何度も読み返している歌に、じわじわ心に染みてくる詩もある」と書かれていたので 後者の詩に出会いたいと思う。
読了日:7月7日 著者:谷川俊太郎

読書メーター

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

7/3神栖女子ダブルスの試合の帰りにチョコに会いに行きました。

試合はリーグ戦4位。(最下位)

がっくり4位だったのですが、4位リーグでは3チームのリーグ戦で全勝し、ビールをもらいました。

サッポロビール地域限定Classic、6本です。

この日の晩、コップに一杯強で私は酔っぱらい、皿も洗わずにベンチに寝転がり寝てしまいました。だから残りは夫の物になります。

 

チョコが大喜びして騒ぐと家の中から

「うるさい。」と聞こえるのが気になりました。

「可愛がられてるかしら・・・」

でも表情は相変わらず明るいので大丈夫だと思いたいです。

 

また来るね。

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年6月の読書メーター
読んだ本の数:1冊

一冊でも読んでいてよかった。この本、奈良高バスケ部の6つ下の後輩の本。
読んだページ数:223ページ
ナイス数:16ナイス

「悩み」と向き合える女性は、うまくいく「悩み」と向き合える女性は、うまくいく感想
文さんは奈良高バスケ部の6つ下の後輩。こんなに力強い生き方をしている後輩がいることが誇らしい。 最後の章までは大学から自分の会社を作るまでの過程が書かれていたが、在日韓国人で大学から父親の命令で通名をやめ本名を使い始めたときの混乱から商売がうまく行くまでの彼女の人生、生きる姿勢はとても興味深く、何か励まされるものであった。彼女を支える良い伴侶と巡り会えたのもよかったと思う。 最後の本題の「悩み」と向き合うところは、共感できるところがほとんどで、これでいいのだと背中を押してもらえるような内容であった。
読了日:6月12日 著者:文美月

読書メーター

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

一ヶ月以上前ですが・・・

テニススクールの帰りにさくらの遺骨を取りに行き

そしてその足で久しぶりにチョコに会いに行きました。

チョコはいっしょに子犬たちを育てた同志です。

同士なのに久しぶりに会って

「チョコってこんな顔だったか・・・」とやけに新鮮味を感じた私。

ごめん、チョコ。

チョコが生きているからこそ、私は楽しく生きられる

・・・ということを忘れがちなので

忘れないように会いに行きました。

大喜びしてくれました。

 

元気そうで何より。

フィラリア症に罹っているのに不妊手術を乗り越え生きてくれていたこと、本当に感謝しています。松山千春先生にも感謝。

チョコ、また来るね。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

Samの耳が健太に食いちぎられました。

 

夫が二匹が仲が悪いのはわかっているのに油断して

散歩に行こうと健太を連れてSamの横を通ったときに

健太がSamの耳に食いつきました。

多分、夫がそのまま引っ張ったのでしょう。

ちぎれてしまいました。

消毒しようと思っても、頭を振って嫌がりほとんどできません。

抗生物質は飲ませました。

Menaにつけている外傷用のパウダーをなんとか少し振ることができました。

Sam、ごめんね。

 

夫がこのことを私に伝えようと健太、すみれを連れながら玄関の戸を開けたら、メリーが飛び出し、今度はメリー、すみれのケンカになり、夫は腿を噛まれました。

私ほどの怪我ではないようですが、こうなることはわかっていたはずなのに無警戒にドアを開けた夫本人の責任です。

 

Samの耳も夫の腿も夫の油断のせいです。

Samがかわいそう。

 

犬の治癒力はすごいです。

耳は短くなりましたが、Samは元気です。

傷口も閉じつつあります。

切れた耳ですが、一旦は土を掛けて倉庫の前にあるのですが

どうも気になり、また取ってきて花壇に埋めました。

生ごみで捨てるわけにもいかず、遺体でないのでどうしたものか。

テニス友達のHさんは切断された左手は

自分のお墓を作ってそこに埋葬したそうです。

それこそ生ごみで捨てるわけにもいかないし

彼は「俺の左手だし、お墓を作ったんだ。」と言っていました。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年5月の読書メーター
読んだ本の数:3冊

後半は全然読めなかったからなぁ。
読んだページ数:606ページ
ナイス数:25ナイス

日本でいちばん心温まるホテルであった奇跡の物語日本でいちばん心温まるホテルであった奇跡の物語感想
こんなホテルに泊まってみたいと思うホテルの再生物語。倒産寸前で泥沼状態だった「ホテルアソシア名古屋ターミナル」を平成10年から7期連続黒字に転じた柴田秋雄氏がやってきた「日本でいちばん心温まるホテル」になる過程が描かれている。 聴力障害の朝美の話や受験生の竜也が10年後に医者になって訪れる話などとてもいい話が載せられている。 今度名古屋に行くときは是非とも泊まりたい。でも2010年9月末に36年の幕を閉じたそうだ。
読了日:5月15日 著者:柴田秋雄,瀧森古都
リッツ・カールトン 至高のホスピタリティ (角川oneテーマ21)リッツ・カールトン 至高のホスピタリティ (角川oneテーマ21)感想
リッツ・カールトンで20年働いた著者がリッツ・カールトンのサービスについて著している。 久米書店でも紹介された話「飛行機を買いたい客」「阪神が負けた理由を知りたい客」に対する応対は極めつけのものだが、そもそも相手の立場に立って考えることがサービスの基本のようだ。 リッツ・カールトンで素晴らしいサービスを受けたいが、ちょっと高そう・・・
読了日:5月9日 著者:高野登
私は絶対許さない 15歳で集団レイプされた少女が風俗嬢になり、さらに看護師になった理由私は絶対許さない 15歳で集団レイプされた少女が風俗嬢になり、さらに看護師になった理由感想
15歳で集団レイプされた真面目な少女が、風俗嬢になり、さらに看護師をしながらSM嬢をしている過程が書かれている。最後の精神科医和田秀樹氏の解説に「トラウマの後遺症は周囲の暖かくフォローで和らぐことになっている。傷が多少は癒やされる。」と書かれているが、彼女にはそれがなかった。売春、風俗嬢にまで自分を貶めたのは、男たちへの復讐のため。彼女の過去をも知ったうえで結婚した夫には内緒で今も売春を続け、SM嬢として働いているのも彼女なりの生き方。彼女なりに健気に生き、手記がかけるまでになったのはよかったと和田氏。
読了日:5月4日 著者:雪村葉子

読書メーター

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

松山千春先生にMenaの画像を見せに行きました。

先生は全然驚かず、淡々と薬を処方してくれました。

何かの原因で化膿していて、それが表面に出たのだろうということでした。

 

フランセチンT

【働き】
細菌を殺菌する作用があります。また、病巣を清浄化して傷の治りをよくする働きもします。細菌感染をともなうか、そのおそれのある外傷ややけどに用います。
 
 
と抗生剤パセドシンです。
 
二ヶ月位で治るそうです。
 
抗生剤は餌に混ぜるので問題ありません。
Menaは私を見ると逃げるのでパウダーのフランセチンを付けられるかどうか毎食勝負する気持ちです。今まで一度だけ付けられませんでした。
今日は付けた後、私を見ると逃げて・・・私が家に入るとまた戻ってきて、そして私が出ると逃げての繰り返し。
 
あんたのためにやってるのに・・・
明日も薬、付けられるかなぁ。いつも緊張感があります。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。