そらと虹と♪

こころ穏やかで、平和な世界を築くための一歩─
お仕事と日常を通して、わたしに出来る安寧(peace)な生き方を。


テーマ:

暑さも夏とは少し違って、秋の暑さになってきました。

皆さま夏ばてしていませんか?

 

さて、私がトレーナーをしているTCカラーセラピーが、

乃木坂46が今ハマっているモノとして、雑誌an・anに紹介されたそうです。

 

わお!

↓こちらは開発者のなかたさいこ先生のブログです♪


 

カラーセラピスト講座は、ご希望者が2名〜6名、集まり次第開催しています。

今のところ、9月の開講予定日は満席ですが、

ご希望の方はどうぞお気軽にお問い合わせください。

 

色の波長は、私たちのからだや心にも影響を与えてくれます。

たとえば、「頭にカッと血が上る」ような怒りを感じたとき、

私は青い空や木々の緑を眺めながら、自分の心模様を落ち着けています。

 

心が落ち着いたところで、話すことば、意志する行動は変わってきます。

 

よりよき行為を選ぶ手助けをしてくれるのがカラーセラピーであり、

もう一つのワークショップ「バイオグラフィーワーク」だと私は思っています。

 

そうした手法があることを知り、活用することで、

誰もがこころ穏やかな毎日がひろがっていくといいなぁ、と願っています。

 

 

果てしない理想、ですけどね(;^_^A

 

まずは自分から。いつも自分から。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月9日-23日の満月と新月の狭間に開催した2週連続ワーク。

皆さん2回通しでご参加いただき、

おかげさまで実り深いワークとなりました(^人^)

 

今回もまた、お名前や経験してきたことなどにシンクロ率の高いグループに(^_^;

グループワークの面白みでもありますね。

 

満月だった初回は、ご自身の"質"が、「月の質」だった体験を読み解くワーク。

獅子座0度の新月だった23日は、ゼロからのスタートのタイミングにあわせて、

人生のなかでの種まき、転換点となった出来事を振り返りました。

 

 

私が描いた"月の質"の場面は、愛猫を育み愛でながら、

足立山にのぼる朝陽を眺めつつ、仕事をしている場面。

「書く」という仕事に没頭している時は無意識に外界から自分を閉ざしていることと、

自然の営み(日の出の移ろい)に関心を持っている点で描きました。

 

プラスタシン(粘土)で作った場面は、27歳の時。

第1回目の「島原半島ツーデーマーチ」で、

ひょんなことからその大会の司会をすることになった私です。

自分のした「司会」という行為で「ギャランティ」をいただいた初めての体験。

大会に参加しているウォーカーの皆さんをゴールで

「おかえりなさーい!」と迎え、「ただいまー」と元気に応えてくださる人々との交流に、

なぜだか涙しそうになったシーンを作りました。

 

振り返れば、この出来事の結果、私は独立開業する道を選び、

クレヨン画に描いたような自宅兼仕事場で、独り仕事をするようになったのです。

今ここに居る自分の大きな転換点となった出来事でした。

 

ワークでは、一連の体験の背景にある"本質"に気づくため、

その作品(絵やプラスタシン)にタイトルをつけてみる、というチャレンジをします。

わたしがつけたタイトルは、

「枠にはまらず、自分らしく、自由に生きる」

 

越えていく"枠"は、何なのか?

自分らしさとは、何なのか?

自由とは、何なのか?

わたしは、どこへ行こうとしているのか?

 

さらなる問いが拡がります。

"問い"を持つことで、その先に進むべき道筋がうっすらと光りはじめます。

あとは淡々と歩くだけ。

余分なものを削ぎ落としつつ、歩き続けるだけ。

 

参加者の皆さんの中にも、気付きや、不思議な出来事があった

2週間2連続ワーク。

これからもまた企画していきたいと思います。

 

満月-新月ワークは、広島や北海道でもリレーして、

各地のバイオグラフィーワーカーと共働して開催しています。

詳しくはこちらをクリック!

 

日本列島を南へ北へ、東へ西へ。

かけがえのない自分自身の人生の中に、問いや答えを見出していくワークの輪が

拡がっていくことを願っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、同じバイオグラフィーワーカー仲間とダイアローグのひとときを過ごして、

対話と傾聴のひとときがもたらす気付きの力、

心がすっきりと整う感じがとても良かったので、始めました。

ダイアローグセッション。

 

Facebookで告知したところ、さっそくご関心をもってくださった方がいて、

ともに気付きが響きあうセッションのひとときを過ごしてきました。

 

セッションでは、お互いその時に気になるカードを選んで、対話を深めていきます。

今回、私が選んだカードは、この2枚。

 

1枚は、わたしの子どもの頃をイメージさせるもの。

こちらは、なんでも訳知り顔な10代手前のわたしです(;^_^A

 

右側のカードは、自分にとって「今」のテーマだな、と思うカード。

このところ、わたしは周りのいろんな出来事に対処するため、

あっちへ行ったり、こっちへ行ったり。バタバタと動くなかでは、

ものすごく感情的になったりすることもあって、

「この反感や嫌悪感の裏側にある、学びの本質は何だろう?」と

自分に問う日々だったので、このカードを選びました。

 

対話を進める中で、見えてきたのが右上に小さく存在する人のような姿。

「あ!!!」と自分でも驚きました。

そういえば、右往左往、ジタバタと感情噴き出したりする中でも、

この右上の存在のように、自分を客観的に、俯瞰から見つめていたな、と思ったのです。

 

そして、わたしの中にこの数日あった問いは、

「真の愛とはなにか?」という問いでした。

 

反感や嫌悪感にうずもれていた日々の中で、

見失いかけていたものが、このカードの中に見えたのです。

 

それは、その反感や嫌悪感を体験して、浮かび上がってきた分だけ、

わたしの心にしっかりと刻み込まれました。

 

 

**************************

ダイアローグセッションは、ご自分が望む気付きを、

ご自分の力でキャッチしていくセッション。

わたし自身も、自分の気付きを深めながら、ともに寄り添っていきます。

「やってみたい!」という方、どうぞお気軽にメッセージくださいね。

Facebookはこちらから♪

◎ダイアローグセッションは60分2,500円/90分3,000円。

◎7/9−23の「満月・新月バイオグラフィーワーク」

残席申し込み受付中です。

こちらもよろしかったらぜひ〜♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は、北九州市内でのバイオグラフィーワークでした。

 

人生のアーキタイプ(原型)にそった学びを、

連続して受講してくださっているグループでのワークは8回目。

昨日は、49歳〜56歳の時期とともに、幼少期の自分を振り返りました。

 

7年周期で人生を読み解くバイオグラフィーワークでは、

49歳からは、その人の本質に向かうための創造の時代と言われます。

よりその人らしい仕事や活動が出来るようになる時期で、

新しい課題に取り組んだり、新しい生活のリズムが生まれたり。

これまで築き上げたものの上に、自分らしい何かを積み上げようとする時期でもあります。

 

わたしが振り返ったのはこの場面↓

 

 

向かって左側がわたしです。

49歳を迎える年の9月、宗像のとあるホテルでの結婚披露宴の場面。

北九州を中心に活動されている音楽事務所「佳音」さんとのご縁をいただいて、

披露宴の中で、新郎新婦の感謝のお手紙を絵本風にアレンジしたものを、

ピアノの生演奏と素敵な映像とともに朗読しているシーンです。

 

私は20代後半から30代にかけて、結婚式の司会業もしていましたので、

披露宴で新婦さまのお手紙を代読することは、これまでも何度かあった場面。

ですが、音楽や映像とともに、アーティスティックな表現が求められる場面での朗読、

となるとこれまでの経験値とは、求められるものが少し異なってきます。

「できるだろうか?」という少しの不安と、

新しい、自分らしい表現活動への期待にドキドキしたことが印象に残っています。

このときの活動が、後の「絵本こんさーと」へと繋がっていきました。

 

バイオグラフィーワークでは、こうした人生のワンシーンを、

クレヨン画や写真のような粘土(プラスタシン)を使って表現。

自分の体験を俯瞰して観察するとともに、

「対話と傾聴」という手法を使って、何人かのグループでシェアする中で

芽生える気付きを、成長の糧にします。

 

わたしは、シェアをする中で、自分が長年仕事をする中には、

「誰か他の人の目」「誰か他の人の評価」「誰か他の人の判断」が、

自分の仕事をとても左右していた、ということに気付きハッとさせられました。

 

実はそれは、仕事に関してだけでなく、たとえば家族であれば「親の目」であったり。

わたしの人生に、長いこと影響を与えていた価値観でもありました。

 

ワークが終わった帰り道、わたしの中に響いてきたのは、

「自分自身を評価する(認める)」気持ちでした。

それは、善いとか悪いとか、ましてや優劣とかでもなくて、

自分の歩いてきた道のりを、あるがままに評価する(認める)、あたたかい想いでした。

 

「善くも悪くも、がんばってきた」

 

泣いたり、笑ったり、時には苦しくて一人叫んだりしながらも…。

 

 

さて。

まだまだ続く「創造の時代」。

わたしは、これからどんな創造の扉をひらくのでしょう?

わたしの前には、どんな新たな課題があらわれるのでしょう?

 

そんなことを考えていたら、さっそく向こうから“課題”がやってきました(苦笑)。

 

その話は、また今度。

皆さま、心地よい週末をお過ごしください(^^)

 

***********************

 

《ワーク開催予定》

「7月の満月-新月バイオグラフィーワーク」

参加者募集中です♪

会場の都合上、先着順とさせていただきますので、

お問合せくださいね〜

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月になりました。

 

昨日はちょっとたまった疲れを湯に流しに、

下関にある天然ラドン温泉「晋作の湯」へ。

 

露天風呂で、常連の方と初対面ながらしばらくお話ししていたのですが、

70代後半くらいとお見受けするに、お肌つやっつや、姿勢もピンとしてらっしゃる。

毎朝よく歩いておられるそうで、露天風呂でも背伸びをしたり体操したり。

とっても若々しい骨格に、刺激されました。素敵な年の重ね方♡

人生をしっかりと歩んでこられた様子が、ちょっとしたひと言からも伝わってきて、

自分もそうありたいなぁ、と思ったのでした。

 

 

さて。

同じワーカー仲間の方から、ひょんなお声かけをいただきまして、

7月に「満月-新月、バイオグラフィーワーク」という講座を行うことになりました。

 

北九州市内で、学童と保育と大人のための学び舎サロン「フェリーチェ」さんを

主宰している小山博子さんは、同じバイオグラフィーワーカーの同期♡

ワークをライフワークにしていきたい、わたしの想いを応援してくださっています。

折しも7月は、満月と新月が日曜にあたるので、

日頃は学童&保育サロンの「フェリーチェ」をお借りできることになりました(^^)

 

実は自分では、まったく予期していなかったワーク開催だったので、

ちょっとドキドキしながらFacebookにアップしましたら、

東京でのワークに参加してくださったお友だちが、

これまた思いがけず背中をおして後押ししてくださって…ありがとうございます(^人^)

 

何だか不思議な流れなので、面白い感じになりそうな予感です。

 

満月-新月

バイオグラフィーワーク

2017年

7月9(日)23()

10-13

各回    5,000

2回通し 9,000

◎開催定員/2-7名

@Feliceフェリーチェ

■戸畑区一枝1-2-25(公園駐車場前)

※学童と保育の小さな学び舎サロンです。夏の学童サマースクール生徒募集中!

 

○7月9日(日)は、《満月-惑星ワーク》

あなたの人生や性質のなかに見え隠れする惑星の質のお話とワーク。13:07に閏皐月の満月に入るこの日は、おもに《月》の質について読み解いていきます。

 

●7月23日(日)は、《新月-はじまりの種ワーク》

新月はスタートの時。18:46に新月に入るこの日は、あなたの人生の小さな《種》を探してみます。そこから芽生えた希望や夢は、どのように育ったのでしょう?

 

【申込・お問合せ】

b_child★d2.dion.ne.jp  (★を@に)

 

 

初回、そして14日後に2回目、そしてスタートの新月…

満月と新月のはざまの、7の倍数リズムの中で育まれるものもありそう〜♪

と、私自身が自分の成長や気づきも楽しみなこのワーク。

 

2回通しはThanks Priceとさせていただいていており、2連続参加はおすすめです。

 

ご縁ある方とご一緒できるのを楽しみにしております。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。