2012年06月17日(日) 15時16分13秒

JCB THE CLASSのインビテーション

テーマ:最高級?カード

 昨日,家内宛にJCBからJCB THE CLASSのインビテーションが来ました。21cm×21cmの黒い封筒に入っています↓


クレジットカードミシュラン・ブログ-JCB THE CLASS INVITATION


 コインが目を引きますが,開けてみると,やっぱりコインがメインになっているようです↓


クレジットカードミシュラン・ブログ-JCB THE CLASS COIN


 コインの他に,切り替え案内のお手紙↓


クレジットカードミシュラン・ブログ-JCB THE CLASS INVI-2


 表紙にINVITATIONと書かれたJCB THE CLASSを紹介した小冊子↓


クレジットカードミシュラン・ブログ-JCB THE CLASS INVI-4


 ザ・クラス・コンシェルジュデスクの案内↓


クレジットカードミシュラン・ブログ-JCB THE CLASS INVI-3


 とJCBカード券種変更申込書[THE CLASS切替用],返信用封筒が封入されていました。

 小冊子を開けると,カード券面とコインですかね。


クレジットカードミシュラン・ブログ-JCB THE CLASS INVI5


クレジットカードミシュラン・ブログ-JCB THE CLASS INVI6


 気になるコインの裏面は↓


クレジットカードミシュラン・ブログ-JCB THE CLASS COIN裏


 小学生の子供が,コインを見て,必死に取り出そうとしていましたが,まあ,その程度ですかね。コインの裏面には,2012 INVITATION JCB THE CLASSの文字と6桁のシリアル番号が記載されています。


 JCB THE CLASSのインビテーションも家内はそのままゴミ箱に捨てそうな感じでしたので,とりあえずスキャナーで画像として取り込みましたが,忙しい我が家では,この手のカードは既に不要となっています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年04月10日(土) 07時42分02秒

VISA Infiniteの日本語ウェブサイト

テーマ:最高級?カード

 時期はわかりませんが,VISA InternationalはVISA Infiniteの日本語専用サイトを開設しているようです↓。


https://www.visainfinite-asia.com/infinite/jp/index.jsp


クレジットカードミシュラン・ブログ-VISA Infinite日本語サイト

 また,VISAインターナショナルの日本語ウェブサイトにも,VISA Infiniteの記述があることから,いよいよVISA Infinaiteの発行の準備は整ってきているといってもいいかも知れませんね。


 VISA Infiniteについては,VISAインターナショナルの公式サイトに”Visa Infiniteカードはご案内を差し上げた方のみに発行され、高いご利用限度額設定、利便性、ご満足いただけるさまざまな特典をご用意しております。”とあり,また,VISA Infinite専用サイトでは,”Visa Infiniteはたくさんの優れた特徴とサービスを提供します。このカードはインビテーションによってのみ持つことが可能です。”と案内があるため,そろそろ発行されるような印象を受けてしまいます。


 当ブログでも記事にしているとおり,2000年の住友VISAプラチナ発行から10年経過し,現在までに,複数のカード会社からVISAプラチナが発行されているものの,VISAインターナショナルのサービスは,発行当初と比較すると劣化していると言わざるをえません。


 また,マイレージ・プラスセゾンプラチナカード など通常の申し込みによるVISAプラチナカードも発行され,ハードル自体も下がってきているため,VISAの最上位カード発行によるVISAブランドのイメージアップのためにもVISA Infiniteの発行は欠かせないような気もしていますけどね。


 さて,VISA Infiniteに望まれるサービスとしては,やはりFFP上級会員(ワンワールド・エメラルドスターアライアンス・ゴールド ),FSP上級会員(スターウッド・プリファード・ゲストのプラチナヒルトンHオナーズのダイアモンドVIPハイアット・ゴールド・パスポートのダイアモンド会員 )の付与でしょうか。


 発行基準を著しく高く設定し,サービスはVICC(VISAインフィニット・カスタマー・センター),Priority Passと各種優待ではAmEx Centurionと比べても見劣りするのは否めないですから。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2009年07月13日(月) 23時51分00秒

JCB ザ・クラスの案内

テーマ:最高級?カード

 やっと,ブログらしいネタがJCBからやってきました(笑)。


 本日,家内宛にJCBからLEONが送りつけられました。家内は私宛の雑誌と思ったらしく,そのまま放置していたようですが,家内の了解を得て,封を開けてみると「JCBゴールド会員の皆様へ」とあります↓。


クレジットカードミシュラン・ブログ-JCB ザ・クラス特別版LEONの案内

 まあ,JCB ザ・クラス会員と一部のJCBゴールド会員宛に「Watch LEON」を送りつけたのと同時に,新たなザ・クラス会員募集ということなのでしょう。形を変えたインビテーションということなのでしょうね。こちらがJCB ザ・クラスバージョンのLEON↓


クレジットカードミシュラン・ブログ-JCB ザ・クラス版LEON


 ところで,家内の利用状況は,2年くらい前は私のVISAプラチナの利用額の5~8割ってところで,スターαを数年続けるような感じでしたでしょうか。ただ,ここ1年くらいは私と同様,利用額は激減しています。数年前のインビテーションなら理解できる面もあるのですけどね。今のタイミングは,なりふり構わない部分も否めないのでは?と思ってしまいます。


 さて,ザ・クラスの案内は↓


クレジットカードミシュラン・ブログ-ザ・クラス案内(表紙)

クレジットカードミシュラン・ブログ-ザ・クラス案内(2ページ目)


  サービスは取りあえずおいといて,ザ・クラスへの切り替えは,Webでできるようになっています↓。


クレジットカードミシュラン・ブログ-ザ・クラス案内(裏表紙)

 しかし,既に私の場合,ザ・クラスのサービスを見ても”年会費が勿体ない!”としか思えないようになってしまっています。券面ブラックは,趣味が悪いですが,飲み屋のネーチャンをからかう程度ならまだ使えますけどね(激汗)。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009年03月07日(土) 04時34分10秒

Asia-Pacific VISA Signature

テーマ:最高級?カード

 何気にAsia Pacific VISA PlatinumのWebにアクセスし,Top Pageからリンク先をたどると,Asia Pacific VISA SignatureのWeb Siteがあるのに気づきました。


https://www.visasignature-asia.com/signature/ap/


 これでアジア太平洋地域においても,VISAカードの種類は,Infinite / Signature / Platinum / Gold と格付けされたといってもいいでしょう。以前は,アジア太平洋地域でのVISA Signatureの発行はなく,USのSignatureとAsia-Pacific VISA Platinumは位置的には変わらないという認識を持っておりましたけど,ようやくEUと同じになったなーという感じですかね。ちなみにUSでは,現在ではInfiniteの新規発行はなく,Signatureが最上位カードとなっている。


 Asia-Pacific VISA Signatureのカード券面は,結構,クールな感じです↓。


クレジットカードミシュラン・ブログ-Asia-Pacific VISA Signature


 ちなみに,現在のところ,アジア太平洋地域におけるVISA Signatureの発行国は,インド,シンガポール,韓国及び台湾の4か国です。

 

 ところで,あらためてAsia-Pacific VISA PlatinumとAsia-Pacific VISA Signatureのサービスを比較してみると,以前のVISA PlatinumのサービスがVISA Signatureになり,VISA Platinumのサービスがますますしょぼくなるという,AmExと同じような状況が見られます。


Asia-Pacific VISA Signature Benefits↓

http://www.visasignature-asia.com/signature/ap/benefits/index.shtml


Asia-Pacific VISA Platinum Privileges↓(今回から,Benefitsというメニューすらない!)

http://www.visaplatinum.com/platinum/ap/privileges/index.shtml


 昨年,私は三井住友VISAプラチナを解約しましたけど,Asia-Pacific VISA PlatinumのWeb Siteを見て,解約は正解だったかなーと思っています。三井住友VISAプラチナのサービスもダウン,Asia-Pacific VISA Platinumのサービスもダウンではね。


 発行当時は,SPG Gold会員やHilton HHonors Gold VIP会員付帯で,当時のAmEx Platinumのサービスを超えていた部分もあったAsia-Pacific VISA Platinumでしたが,VISAカードへのカースト制度の導入により,無惨な形になってしまったという印象ですかね。


 以前,Asia-Pacific VISA Infiniteが発行されたとき,VISA Platinumカスタマーの担当者がVISA Infiniteカスタマーに異動になっていたので,VISA Infiniteといえども,希少性はあるもののサービスといえば,最上位カードの発行で,従来の最上位カードのサービスが移行しただけという側面は,ぬぐえないと思うのは私だけでしょうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年12月24日(水) 18時22分03秒

New Visa Infinite with A Real Diamond

テーマ:最高級?カード

 書き込む前に,おじゃるさんのコメントの方が早かったのですが。。。

 カザフスタンでは,VISA Infiniteのカード券面に本物のダイヤモンドをあしらったカードが発行されることになったようです↓。


クレジットカードミシュラン・ブログ-VISA Infinite with Diamond


 ロイターの記事を引用すると,


 [アルマトイ 23日 ロイター] 石油資源が豊富なカザフスタンの銀行がダイヤモンドを埋め込んだクレジットカードを発行した。発行元の同国の中堅銀行、ユーラシアン・バンクが23日発表した。
 同カードは、0.02カラットのダイヤモンドが埋め込まれたビザのクレジットカード。
 同行によると、カードは重要顧客で組織するプライベート・クラブ向けで、年収30万ドル(約2700万円)以上の顧客に発行する予定。こうしたビザカードの発行は世界で初めてで、カザフスタン国外の顧客にも発行するという。


 だそうです。USでは既にフェードアウトしたVISA Infiniteですけど,ミソはカザフスタン国外の顧客にも発行するということで,資産があり興味のある方は,ユーラシアン銀行に貯蓄すると取得の可能性もあるかも知れません。


 さて,VISA Infiniteの国内発行はどうでしょうかね。前年などは発行するような雰囲気もありましたけど,サービスそのものはVPCCがVICCに変わるだけで,FSP上級会員資格が付いてくるかどうかでしょうけどね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年07月10日(木) 00時33分52秒

Fifth Third Private Bank Launches World Elite

テーマ:最高級?カード

 フィフス・サード・プライベート・バンクから新しいWorld Elite MasterCardが発行されるようです。


http://www.cardtrak.com/news/2008/07/08/elite_card

 World Eliteといえば,SAKS HSBC ぐらいでしたので,ようやく他の銀行からも発行されたといってもいいのでしょうね。最近は,MasterCardブランドの浸透に頑張っているMasterCard Internationalですけど,このカードでUSの富裕層を取り込めるのか,ちょっと興味があります。


 さて,入会基準は,25万ドルの収入と年間利用額4万ドルで,日本円に換算すると概ね,3,000万円弱の収入と年間決済額が500万円弱といってもいいでしょう。強気のハードルで出ていますが,どうなるのでしょうか。サービス内容は,先に発行されたSAKS HSBC World Eliteと同等のようです。VISA Infiniteがフェードアウト気味なのに比べると,MasterCardは最上級カードをまだやる気なのでしょう。


 ところで,MasterCardやVISAの場合,それぞれの元締めでのカードの序列は明らかなのですが,特にUSの場合は,発行会社によっていろいろな名称を冠したプレミアカードが発行されています。この手の多くが,Platinum MasterCard / VISA Platinum(Platinum VISA)クラスが多いように思えますが,先日,こばさんからコメントがあったとおり,CitiのDiamond CardやChairman Cardなどは,カードの序列が傍目ではわかりにくい感じです。やはりある程度の知名度というか,誰が見てもプレミアカードとわかるカードが持つ方としては,満足感が増すかもしれません。その点は,AmExはイメージ戦略が上手いなーと思いますね。


 私の場合,最近では財布からカードを出すこともめんどくさいので,iDやQuicPayなど,ケータイが使えるところなら,割とどこでも使ってしまうので,頻繁にiD等を使っていると,カードの色はどうでもいいかなーと思ってしまいます。


 iDといえば,グアムまで進出するとか。どこまで増殖するのか,こちらも興味があります。


http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=193861&lindID=3

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008年04月06日(日) 18時52分15秒

JCB THE Classの広告

テーマ:最高級?カード

 QUICPayやiDの件で複数コメントをいただいていますが,QUICPayはアプリのバージョンを上げてみましたので,また,試してみたいと思います。

 ただ,私の使ったケータイと加盟店ではそうだったので,別の加盟店だと違うのかどうか興味があるところです。iDも同様ですかね。最初はセキュリティの観点からiDアプリはパスワード承認制にしていたのですが,連続して自販機で使用すると,2回目はセキュリティで撥ねられるので,最近はパスワード承認をはずしていますが,なぜかアプリを立ち上げないと使えません。ケータイのせいもあるのかなぁと思っているところで,そろそろケータイも買い替えようかと思っています。


 ちなみにQUICPayは与信額が2万円,三井住友カードiDは,決済用のカードに依存します。私の場合,VISAプラチナなので500万円です。


 さて,前置きが多くなりましたが,JCBの情報誌である「THE GOLD」誌4月号に,JCB THE Classの広告が出ていました。


THE Class広告2

THE Class広告


イメージ的には,以前ダイナースの機関紙である「SIGNATURE」であったダイナースプレミアムの広告と似ているなーと思いましたね。


 また,サービスは毎回「THE GOLD」誌に掲載されているので,JCB THE Class保有者でなくても「THE GOLD」誌を見ることができる方なら,概要を知ることができます。


THE Class広告3

THE Class広告4



 ところで,JCB THE ClassとSMC-VISAプラチナを比較してみると,私にはSMC-VISAプラチナがまだ自分のライフスタイルには合っているのかな?と思います。メンバーズ・セレクションは都市部にあるホテル,レストランを選ばなくてもギフトがあり,いろいろ選べるのですが,地方にいるとグルメ・ベネフィットはなかなか使いづらいかな。。と思いますし,Priority Passや海外エアライン優待サービスを使うような状況ではないですしね(仕事が忙しいことと土日も残業する羽目になっているくらいなので,海外旅行に行ける状況ではないのです。)。ただ,TDRのサービス(ラウンジサービス等)や海外・国内旅行傷害保険はよさそうですけどね。


 JCB THE Classの広告を「THE GOLD」誌に掲載することで,ゴールド会員向けにアピールしている面も窺えますが,年会費の高いカードは,やはりサービスで選べでしょうか。


 そうそう,うちの家内もヤマカタヤカードを作ったことで,JCBゴールドの利用が半減し,今年はスターβになったと言っていたので,我が家もカード決済がかなり分散しています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年03月31日(土) 09時20分00秒

SEVEN HILLS ワールドカード

テーマ:最高級?カード

 SBIカードから「SEVEN HILLS ワールドカード」発行のニュースリリースがありました。


http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=156855&lindID=3


http://www.sbigroup.co.jp/news/pr/2007/0330_a.html


 2月に発行されたSBI World MasterCardの初の提携カードになります。富裕層を意識したPRに余念がない感じですが,カード発行対象は雑誌「SEVEN HILLS」の購読者等で,SEVEN HILLSの発行元であるイー・マーケティング社からの特別招待のみにより取得できるものとなっています。


 カードフェイスは,World MasterCardの標準券面に準拠していますが,SBI World MasterCardよりは,グレー調で悪くないと思います。サービスは,SBI World MasterCardのサービスに加え,SEVEN HILLSワールドカード コンシェルジュサービスが付帯されるとのこと。


 対象が,「SEVEN HILLS(セブンヒルズ)」の購読者(購読者平均年収:7,100万円,平均総資産額:7億1,600万円とのこと。)であることを考えると,当然,AmEx Centurionあたりは保有しているでしょうし,追加でこのカードを保持しても何ら問題もないという感じなのでしょうね。


 年収や資産を考えると,大企業・IT関連役員,開業医,タレント,スポーツ選手あたりが対象と思われます。地方在住の一般給与所得者の私には別世界ですかね。


 MasterCardのブラックカードとして知名度が上がれば,国内ではイメージも上がるのかな?とも思いますけど,ノンバンクイシュアーのMasterCardブランドのイメージからは,いくら富裕層対象を連呼しても,個人的には,それなりに歴史のあるAmEx Centurion,Diners Premiumや銀行系上位カードの方が遙かに格を感じてしまいますが,いかがでしょうか。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2007年02月03日(土) 12時04分11秒

SBIワールドカード発行

テーマ:最高級?カード

 自宅のPCが壊れてしまいかなり制約された条件で書き込みせざるをえない状況に陥ってしまいました。XPマシンから家内のキーボード不良の98マシンでの書き込みです。


 さて,ちょうどPCが壊れた日にSBIワールドカード発行がニュースリリースされました。


http://www.sbicard.co.jp/img/20070201.pdf


http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=151905&lindID=3


 ニュースリリースを見て,笑ってしまったというかあきれたのが年会費の157,500円です。カード会社としての実績も少ないSBIが,しかも海外では年会費の安価なワールドマスターが15万円超の年会費とは。。。。アメックスセンチュリオンを意識したのがありありで,また券面に天然ダイヤモンドをあしらったということですが,15万円のメリットはあまりないのかなぁという印象です。


 このカードが成功するかどうかはSBIブランドの浸透度なのでしょうけどね。海外ではセンチュリオンよりも取得が難しいとされている既にフェードアウト気味の VISA Infiniteあたりをもってくると納得する部分はあるんですけどねぇ。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006年12月19日(火) 07時31分49秒

The MasterCard Moments Concierge Service

テーマ:最高級?カード

 SBIプラチナにあった”The MasterCard Moments Concierge Service”ですが,当初はMasterCardの公式Webを見ただけでしたので,サービスそのものは各種優待のみで大したことはないと思っていたところ,MasterCard Blackの検索の際,専用ページまであったことに気づきました。


https://www.mastercardmoments.com/moments_main.php


 で,おおっ!と思ったのが,MasterCardのイシュアーが勝手に発行されていたと思われるMasterCardの各プレミアムカードの序列(記載順)が記載してありました。最上位からBlack,World,Diamond,Platinum,Titaniumの順になっているようです。MasterCardの公式Webのライナップとは異なるのですが,こういったイシュアーが発行した各プレミアムカードをMasterCard Intanationalは追認する形で?プレミアムカードとして認めているようです。


https://www.mastercardmoments.com/template.php?template=1003


 ところで,”The MasterCard Moments Concierge Service”(=MMCS)のサービスは,コンシェルジュサービスを含む,まるでVISA Asia-Pacificと同様なサービスを提供していることが窺えます。また,10の地域(=マーケット,日本も含む)で発行された当該カード(BlackからTitaniumまで)にサービスを提供するということなので,ことMMCSを付帯したSBIプラチナも侮れないかも知れません。また,このサービスは,アジア・パシフィック地域中心であるため,VPCCを付帯したAsia-Pacific VISA Platinumを意識しているように感じます。


 The MasterCard Moments Concierge ServiceのWebを見る限り,個人的にはVISA PlatinumのサービスであるVPCCとほぼ同様のサービスではないかと感じております。このあたりはSBIプラチナの使い倒しをやってみるとパフォーマンスが分かるかも知れません。


 さて,こばさんからのコメントもあったMasterCard Blackですが,ブラジル発行のBlackはかなり直接的です。


https://www.security.cl/PrivilegiosMastercard/tarjeta_black/index.asp



 上の画像は,当該Webの画像をリンクにより表示しています。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。