今日はかいぽんプリスクールだし

 

旦那もビジネスミーティングに出ていないし

 

生徒も今日はみんなお休み

 

特にせねばならぬ用事もなく

 

朝からジムになんぞ

 

行っちゃいましたわーーーニヒヒドキドキドキドキドキドキ

 

んまーー

 

なんて贅沢なっ音譜

 

考えてみれば

 

かいぽんが生まれる前は

 

毎朝ジムに行ってたんですよねぇ。

 

かいぽんがキンダーに上がったら

 

絶対毎朝ジムに行く習慣を

 

なんとか取り戻したいっビックリマーク

 

 

 

体重を増やさないようにするのは

 

そんなに難しいことじゃないんだけど

 

美しく引き締まったボディラインの維持って

 

相当、大変よ?

 

 

 

相当、相当ストリックにエクササイズして

 

口に入れる物のクオリティにも

 

気をつけていないとダメですからね。

 

 

 

若い時ってのは

 

カロリーにだけ気をつけていればよかった。

 

でも40代を過ぎたら、それじゃダメ。

 

食べないだけだと

 

しわしわのババァになるだけだから。

 

 

 

しなやかに引き締まった筋肉 キラキラ

 

キラキラ 活力と柔軟性のある身体

 

弾力と張りあるなめらかな皮膚 キラキラ

 

キラキラ 白髪のない艶やで豊富な毛髪

 

 

 

これらの要素をいかに保つかも

 

気にしないといけなくなってくるわけよ。

 

全てが重力に負けてくるから、段々。

 

 

思ったけど

 

ストレスって老化を促進させますね。

 

絶対。

 

 

 

適度なストレスが

 

人生のスパイスになるのって

 

若い時だけで

 

 

年取ってからの苦労は

 

シワが増えるだけで

 

何にもいい事ない。

 

 

 

あと、睡眠不足ダメ。

 

良質な睡眠って本当に大事。

 

だからうち

 

旦那にCPAPマスク買わせたもの

 

半ば強制的に。

 

continuous positive airway pressure

(睡眠中に気道が塞がって無呼吸にならないようにする機械)

 

 

だってうちの旦那

 

本当に熊だから。

 

同じ屋根の下では眠れない轟音。

 

 

いびきで一旦起こされたら

 

その後なかなか寝付けないじゃないですか。

 

 

 

マスク買ってからは

 

ダースベイダーばりに

 

スコーッ スコーッ 寝てますけど

 

轟音熊より全然マシです。

 

 

そりゃ嫌がってましたよ、最初は。

 

「俺のいびきはそんなにうるさくない」って

 

言い張ってましてね。

 

 

お前は聞こえてないクセに言うな

 

 

ってぶちキレそうになりましたけど

 

そこは我慢。

 

 

最近、ミドルエイジクライシスだか

 

なんだか知りませんけど

 

最近ほんと

 

めんどくせー頑固ジジィなんですよ。

 

 

 

うちの旦那、Sleep apneaの診断

 

出てるんです。

 

でも、検査に行かせるまでは

 

自分がそうだって認めたがらなくてね

 

大変でしたからもぅ。

 

 

「お前は気にしすぎだー」

 

とか言っちゃって。

 

 

 

気にしずぎっていうか

 

うるさくてこっちは

眠れねーんだよ

 

って思ってましたけどね。

 

 

そこで私は作戦を立てました。

 

 

作戦その1

女優になりきって、

夫の健康を心配しているふりをする

 

 

「昔の職場の人が

 

かいぽんと同じ年の子供と奥さん残して

 

Sleep Apnea (睡眠時無呼吸症)で

 

亡くなったのよ

 

あなたにそんなことが起きたら

 

かいぽんが悲しむわよ???」

 

 

 

などとですね、

 

さめざめと話するわけです。

 

いや本当にね

 

カリフォルニアで営業してた頃

 

顔見知りの営業の日本人男性が

 

亡くなったんですよ、それで。

 

かいぽんと同じ年の子供ってのは

 

旦那に危機感を持たせる為の脚色ですけど

 

小さなお子さんと奥さん残してね

 

亡くなられたんですよね。

 

その人もやはりいびきが轟音で

 

sleep apneaの診断をもらってたそうなんです。

 

「あなた考えてみて

 

子供の父親は、

 

あなたしかいないのよ???」

 

うちの夫

 

子供にはめっぽう弱いので

 

このポイントは

 

執拗に攻撃させて頂きました。

 

 

 

 

作戦その2

夜中に脅す

 

 

 

それでね、夜中に何度も旦那の手首を

 

ぐっと掴んで起こすんですよ。

 

でね、真剣な顔して

 

言ってやるんです

 

息が止まってたわよって。

 

2回でも3回でも

 

ちょっとでも息止まったなって思ったら

 

その後すぐに呼吸が回復したとしても

 

許してはいけません。

 

毎回きちんと起こして報告しましょう。

 

 

 

作戦その3

留守電で聞かす

 

 

 

本人の携帯に電話をかけ

 

留守電にいびきを録音してあげましょう。

 

手軽ですが、効果は絶大です。

 

しっかり携帯電話を口に近づけて

 

爆音を聞かせてあげましょう。

 

 

 

 

作戦その4

ビデオで教育する

 

 

You Tube なんかで検索すると

 

Sleep Apnea に関する教育ビデオが

 

沢山ありますから

 

機嫌の良い時を見計らって

 

そういうビデオを見せて

 

それとなく教育するわけです。

 

マスクをつけて寝ると

熟睡できるから

 

頭がスッキリして

仕事の能率が上がるわよ?とか

 

Sleep apnea の人は

普通の人よりも老化が激しいのよ?

酸素がきちんと行き渡るようになるから

細胞が活性化されて若返るわよ?とか

 

私もよく眠れるようになるから

私も若返るかもよ?とか

 

キラキラもう、マスクをつけたらキラキラ

ブーケ2ブーケ2ブーケ2バラ色の人生が待ってるブーケ2ブーケ2ブーケ2

 

と本人が勘違いするほどの勢いで

 

話を盛りましょう。

 

 

というわけでですね、

 

うちはそれで旦那が重い腰を渋々上げて

 

Sleep Test を受けに行ってくれて

 

診断が出たので保険がきいて

 

結構安く機材一式が届きました。

 

インストラクターのお姉さんが来てくれて

 

使い方とか教えてくれてましたね。

 

Sleep apnea は怖いんだよーっ

 

ちゃんと毎晩マスクつけてねって話も

 

してくれていい感じでした。

 

しかもこのマシンの凄いところは

 

シグナルがセンターと交信していて

 

マシンを使用した日数が

 

全体の70%を切ると

 

罰金請求されるんですよ!

 

 

これってすごくないです?

 

もう強制です、強制!

 

アメリカ人って

 

エキストラチャージすることにかけては

 

天才的にうまいですね!

 

 

だからぶーちゃん毎晩

 

ちゃんとつけて頑張ってますよ。

 

クルーズにも持参する徹底ぶりドキドキ

 

 

 

若さや美しさを少しでもキープしたいというのは

 

女性の普遍的な願望ではあると思いますが

 

いやホント、楽な道じゃありませんわね〜DASH!

 

 

周りからしっかりベースを

 

固めていかないと。

 

 

 

そして、夫の理解は大事です。

 

 

さて日本滞在記13日目ですが

 

息子と父と3人で

 

姫路城に行って参りました。

 

 

花曇りでしたけれど

 

桜がとってもキレイでしたね。

 

季節感ない記事でホントすみませーん。

 

 

出店が城下に出てまして。

 

イカ焼きとか、唐揚げとか

 

いっぱい買っちゃいました音譜

 

 

こういうのアメリカでは買えないから。

 

焼きたてホカホカの鈴カステラとか。

 

日本の食べ物って、本当に美味しい。

 

 

お掘りの中で船に乗れるんですね〜

 

面白そうニコ

 

 

それにしても

 

もの凄く混雑していましたねぇ。

 

春休みですし

 

世界遺産に指定もされましたし

 

補修工事も去年終わったばかりですしね。

 

去年の春に来た時は

 

きっと大混雑だろうなと思って

 

城の中までは行かなかったんですよね。

 

 

中も階段の周辺とか

 

満員電車みたいにおしくらまんじゅうで

 

結構大変だったあせる

 

 

外国からの観光客が

 

とっても多かったのが印象的でしたね。

 

 

 

天守閣から姫路駅方面を望む。

 

桜が美しいですね〜

 

 

そして石垣がまた

 

素晴らしい。

 

どうやってこんなに美しい曲線に

 

大きな石を積み上げることが

 

できたのでしょう。

 

電動のストーンカッターなんて

 

なかった時代ですよ?

 

昔の人って凄いねぇ。

 

 

どこで見てきて

 

覚えたんだか

 

侍っぽいポーズをしちょります。

 

 

そして自販機でアイスを買う。

 

セブンティーンアイスってまだあるんだ?

 

懐かしすぎるっ。

 

子供の頃よく食べたなぁ。

 

 

小学3〜6年までは

 

姫路市のお隣のたつの市に住んでいたので

 

姫路城は子供の頃よく来たのですが

 

あの頃よりお城全体が

 

とても良く整備されて

 

素晴らし買ったです。

 

今度はブーさんも

 

一緒に連れてきたいですね。

 

 

姫路まで来たついでにと思って

 

たつの市にも寄ってきました。

 

ここが父が若い頃

 

務めていた朝日生命の営業所が

 

そのまま現存していたので

 

記念写真を撮ってきました。

 

ここで営業所長してたんですよ。

 

 

ちなみにここで若い職員の女性とダブル不倫して

 

2度目の妻と離婚になったんですけどねビックリマーク

 

一度めの妻も二度めの妻も

 

不倫の相手も

 

みんな朝日生命の元職員!

 

毎回職場で調達しすぎなんだよパパ!

 

ちなみにこうやって企業名出しちゃうと

 

朝日生命という検索ワードで

 

この記事が出てきちゃったするようになったら

 

朝日生命に会社のイメージ悪くなるとかって

 

文句言われそう。

 

現に割礼で検索かけて

 

ここにいらっしゃる方多いですから。

 

いやいやたかがブログ、されどブログですよ?

 

ここ過去5年の間に

 

なんと総勢2万6000人以上の方に

 

ナニの好みの形状を

 

ぶちまけてしまったわけですからね。

 

これは相当に恥ずかしいですよ?

 

しかも教員ですからね、一応。

 

これが日本だったりしたら

 

速攻で、教育委員会とかに

 

呼び出されるんじゃないんですか?

 

 

ところで

 

父が立っているすぐ足元は

 

溝だったんですよ、昔。

 

綺麗な水が流れていて

 

フナ、メダカ、ザリガニ、タガメなんかが

 

沢山いまして

 

友達とよく捕まえたものです。

 

今は上を歩道で舗装されちゃって

 

思い出の溝が姿を消していました.....

 

さて、ここには実は

 

ちょっと怖い思い出がありまして。

 

長くなったので次回に続きます。

 

(怖い話が苦手な方は読まないで下さいね〜)

 

AD