最近、あんまり手をつないで

 

くれなくなった息子に

 

密かにショックな母ですハートブレイク

 

5歳男子ってそんなモンですか?

 

 

駐車場とかは

 

チョロチョロ走り回られると

 

危なっかしくて怖いから

 

もう暫く手を繋いでて欲しいんですど

 

安全の為にも。

 

つい最近もフロリダの4歳の女の子は

 

30歳ぐらいの男に誘拐されて

 

何日か連れ回されてましたものね。

 

ちょっとの間なら

 

ママと離れても平気〜な感じに

 

なってきた頃が一番狙われやすいと思うの。

 

変なのが本当に多いから......ショボーン

 

 

 

例えば、下のビデオとか

 

めっちゃ怖いガーン

 

よーく見ててください。

 

一瞬です!!

 

母親がすぐそばにいるというのに

 

左端にいる女の子が誘拐されそうになった瞬間。

 

 

 

母親がすぐに気がついたから

 

よかったけど

 

もし数秒、いやたった10秒

 

気がつかなかったらと思うと

 

多分もうわかんなかったと思いますよ

 

どこに行ったか。

 

恐ろしい.....ゲッソリ

 

 

ホントに油断もスキも

 

あったもんじゃないと思うDASH!

 

 

ところで先週末

 

雪の結晶Disney on Ice が

 

Nashville に来たので

 

見に行ってきました。

 

 

子供向けのアイスショーでしょう?

 

と思ってたんですけど

 

結構 キラキラ素敵キラキラ

 

感動して

 

ウルウル目してしまいましたわ。

 

アイススケートって芸術よね。

 

美しいわ〜キラキラ

 

 

 

アナ雪のショーが始まると

 

会場も断然、盛り上がるビックリマーク

 

またアナ雪のキャストは

 

他のキャストたちより

 

ギャラが高いんでしょうかね?

 

他のスケーターより

 

明らかにうまいんですよ

 

演技も滑りも。

 

エルサもアナも

 

演技が光り輝いていて

 

素晴らしかった。

 

演出も凝ってて

 

氷の上で

 

炎がバーッと燃えたり

 

あと小規模ながらも

 

花火が上がったりして

 

なかなか楽しめました。

 

 

 

ちなみにここの会場は

 

Bridgeston Arena といいまして

 

普段はアイスホッケー場です。

 

 

 

さてカリブ海クルーズ旅行記の続きを......

 

海の旅2日目はSea Day で

 

一日中海の上です。

 

 

確か母の日だったんですよね、ちょうど。

 

部屋にパーティのお誘いがくるんですよ

 

ジュエリーストアとかから。

 

ふらふら行くと

 

お酒だの、食べ物だのを

 

出してくれて

 

ちやほやしてくれるんですよね〜

 

そして、もちろん買わされます.....

 

 

 

まぁNo Taxだしいっか

 

なんて

 

バケーション中で

 

こちらも気も大きくなってますし汗

 

いや〜笑い泣き

 

いい鴨になっちゃいましたね〜ハハハハ......

 

その後は

 

最上階のバーで

 

船長さんを囲むパーティです。

 

 

 

軽食やおつまみや

 

いろんな種類のドリンクが

 

常に置いてあって

 

いつでも24時間

 

好きな時に取って行って良いので

 

部屋からも近くて、大変便利でした。

 

 

 

スタッフの人たちも

 

すごくロイヤルに接してくれるし

 

音楽とかも生演奏だし

 

なんか優雅な感じでした。

 

 

2日目は船の中をさらなる探検。

 

広すぎて全部見て回れない感じ。

 

お買い物するお店も沢山あるし。

 

 

 

ちなみにかいぽんが腕にしている赤いのは

 

子供用の乗船タグです。

 

本人の名前や親の名前、船室などの

 

情報が記されており

 

また色で、船内のどのエリアの船室かが

 

分かるようになっていて

 

迷子になった時などに役に立ちます。

 

乗船してから船を降りるまでは

 

ずっと付けっぱなしにしておきます。

 

お酒をグラスで

 

船内どこへでも持ち歩ける自由が

 

すごくいいですね。

 

 

 

回転木馬なんかもあります。

 

 

あーそれから

 

何の番組か知らないけど

 

撮影クルーも乗ってましたね。

 

なんかドラマの撮影やってましたよ。

 

何回か撮影してるとこ見ました。

 

 

女優さんとか男優さんって

 

やっぱ綺麗だなー

 

ちょっとポーズ取るだけで

 

すごく絵になるっていうか

 

華があるなーって思いました。

 

さて夜は

 

かいぽんをぶーさんに預け

 

Erinと二人で

 

夜遊びに繰り出してきました〜音譜

 

 

クルーズは

 

夜もしっかり遊べるところが

 

いいですねドキドキ

 

前のクルースの時は

 

まだ授乳中だったんだよ

 

そういえば!

 

なので赤ちゃん置いて

 

夜遊びに繰り出す訳にも

 

いかなかったのよね笑い泣き

 

 

聞いた話によると

 

こういうクルーズって

 

高級コールガール的な存在も

 

乗ってるみたいです。

 

組織で雇われてるらしい。

 

接待なんかに需要があるそうで。

 

みたいっていうか

 

実はクラブで偶然

 

Erinと意気投合して飲んでた子が

 

まさにってやつで

 

いろいろ話聞いちゃった。

 

同じ航路を2周するそうです。

 

当たり前だけど旅費は無料。

 

で、ついでにジャマイカで葉っぱを

 

仕入れるそうです。

 

ちなみに前述の

 

撮影クルーの監督さんもお客さん

 

っぽい発言してましたね。

 

うーん

 

クルーズのナイトライフの

 

ワイルドな一面を

 

垣間見てしまったような〜滝汗

 

 

 

さて3日目は

 

ハイチに上陸でございます。

 

 

 

ぶーさん、キャロルは

 

ジカ熱が怖いと下船拒否。

 

エリンは二日酔い。

 

ということで

 

かいぽんと私のみの上陸でしたが

 

ボートに乗って

 

小さな無人島へ行ってきました。

 

 

小さな島なので

 

徒歩約10分弱で

 

周囲を1周できちゃいます。

 

 

なんて美しいビーチ

 

なのでしょう......

 

 

 

島には美しい花も

 

咲いています。

 

 

 

地元の漁師さんが

 

いろいろ売りにやってきます。

 

 

でも生物はクルーズ船に

 

持ち込めないので買えません。

 

 

漁師などで生計を立てているような

 

現地の住民は

 

英語が通じないので

 

なかなか理解してもらえません。

 

 

クルーズ客に

 

何か買ってもらおうと

 

かなりの距離を

 

この手漕ぎボートで

 

彼らはやって来ます。

 

ハイチは発展途上国で

 

人々の平均年収は

 

150ドルほど。

 

 

生ものは買えませんので

 

貝殻を5ドルで

 

買わせてもらいました。

 

これで彼は半月ほどは生活できるわけだ。

 

すごいな。

 

アメリカじゃ5ドルなんて

 

1日分の生活費ものならない。

 

なんという経済格差。

 

この人たちは普段どんな食事をして

 

どんな生活をしているのでしょう。

 

 

たとえハイチに上陸したとしても

 

ロイヤルカリビアンの敷地から

 

出ることのない私たちは

 

そういった現地の人々の生活を

 

見ることはできません。

 

そういえばこの間

 

ハイチに大きなハリケーンが直撃してましたが

 

この人たち大丈夫だったのかなぁ。

 

 

無人島からまた

 

本島のビーチに戻って

 

しばしの磯遊びです。

 

 

水の透明度が高くて

 

素晴らしいです。

 

 

ビーチには

 

クルーズ客船用の

 

バフェが用意されていて

 

そこで昼食を好きな時間に取ります。

 

 

ラバディと呼ばれる

 

この半島一帯を

 

ロイヤルカリビアンが所有しており

 

従業員以外の

 

一般のハイチの人たちは

 

立ち入ることができないそうです。

 

 

 

ラバディにはお土産やさんがあり

 

ここで働いている人達は

 

ほぼ皆さん方ことですが

 

英語を話すことができます。

 

 

 

商売に対して

 

ものすごく

 

ものスゴーーーーーく

 

アグレッシブです。

 

何が何でも

 

買ってもらおうとします。

 

 

 

皆さん、生活かかってるから

 

必死です。

 

これは絵描きさんの青年。

 

この絵も含め

 

3枚買いました。

 

 

なかなか良い絵が

 

たくさんありました。

 

次回行った際には

 

もっと大きな絵を買いたい。

 

 

ハイチ音楽を演奏する方々。

 

 

ハイチのダンス?をされている方々。

 

 

ぶーさんは絶対ダメっていうんだけど

 

私はいつかハイチの

 

市街地を回るツアーに

 

参加してみたいと思っているんです。

 

でも実はこの後、

 

ハイチに上陸すると

 

1年間はアメリカで

 

献血ができないことを

 

知ったのでした.....ゲッソリガーンッ

 

クルーズ4日目に続きますビックリマーク

 

AD