今回のクルーズは7泊8日の行程で

 

航路は西カリブ海

 

出港場所はフロリダ州の

 

フォートローダデールでした。

 

 

まずは飛行機に乗って

 

フォートローダデールで前泊します。

 

出港日に飛ぶと

 

飛行機が遅れたり欠航したりすると

 

船に乗り遅れてしまうリスクがあるので。

 

出港日の朝には

 

港周辺のホテルなら

 

大抵ホテルからシャトルバスが出ているので

 

それに乗って出港場所に向かうと

 

港に停泊しているオアシスが

 

見えてきます。

 

 

恐ろしくデカイです。

 

船っていより、大きなホテルか

 

何かの建物かと思うっちゃうぐらい。

 

かなり遠くからでも目につきます。

 

その辺の普通のホテルより

 

余裕でデカイです。

 

よくこんなモノが水に浮きますね。

 

乗船場所はセキュリティにもの凄くうるさくて

 

セルフィーしてただけでも怒られたので

 

全然写真がありませんが

 

乗船手続きをして

 

荷物を預けて

 

船内のキャビンに入れたのが

 

昼過ぎでしたね。

 

2時間近くかかりました。

 

お部屋にあるバルコニーから

 

カリブ海を眺めつつ

 

スーツケースの到着を待ちます。

 

出港まであと2時間ぐらいといったところ。

 

 

今回は

 

Sky Loft Balcony Suite

 

という船室でした。

 

中が2フロアになってます。

 

シングルの若い人が好んで住みそうな

 

都会のマンションの一室のようです。

 

 

収納スペースもバッチリで

 

使い勝手が良かったです。

 

シャワーは2か所についていて

 

これは2階のシャワー

 

 

こちらは1階のシャワーです。

 

ブーさんがうんこした後

 

1時間ぐらい臭いから

 

シャワー2か所あるのは助かります。

 

 

2階からの展望はこんな感じ。

 

ベッドの上の天井に

 

収納式テレビがついています。

 

 

部屋には毎日

 

フルーツが届けられます。

 

早速味見してみるかいぽん。

 

 

しかし、なんといっても

 

この部屋の素晴らしいのは

 

このルームキーを見せることによって

 

いろんな特典が受けられるところ....

 

 

 

 

まず、アイススケートショーや

 

ミュージカル、アクアシアターショーなどの

 

すべてのショーに並ばずに入れます。

 

また、メインダイニング(夕食用のレストラン)で

 

沢山人が並んでいても

 

このカードを見せるだけで

 

どんなに混んでいようが

 

さっと入れてもらえちゃうんです。

 

要するに、横入りですよ、横入り。

 

何というえげつないカードなんでしょう。

 

こーんなものが存在するんですね。

 

初めて知りました。

 

ただ、メインダイニング以外の場所で

 

その効力があるかどうかは謎ですが。

 

(メインダイニング以外は

 

どこも並ぶほど混んではいないので

 

試すチャンスがなかった。)

 

その他にもですね、例えばデッキ。

 

プールサイドやバーなど

 

お天気がいいSea Day (上陸の無い日)などは特に

 

いい場所のデッキチェアーが

 

争奪戦になるわけです。

 

でもこのカードをゲートに差し込まないと入れない

 

特定のデッキエリアというのがありまして

 

そこはガラガラなんですね。

 

いつ行っても、デッキチェアもタオルも

 

沢山あって

 

専用のバーもあるし、

 

スタッフがちょこちょこ注文聞きに来てくれるので

 

並んで待ってカクテルを買う必要もなし。

 

本当に本当に快適ドキドキ

 

 

あまりの快適さに

 

浮かれるブーさん。

 

 

下のデッキを見下ろしたところ。

 

デッキチェアを見ると分かりますが、

 

ああやってタオルや私物を置いて

 

椅子取りをするんですよ、皆さん。

 

だから座れる椅子が全然、空いてないの。

 

 

前回のクルーズでは

 

この椅子とり合戦にほとほと疲れ果てたので

 

今回はその煩わしさから解放されて

 

有難かったです。

 

 

しかし、スカイクラスの上の

 

スタークラスというグレートの

 

船室に滞在すると

 

なんとRoyal Genie と呼ばれる

 

お付きの人

 

ついちゃうんですよポーン

 

その人がべったりついてくれて

 

いろいろお世話してくれちゃうんです。

 

船内を案内や荷物持ち

 

ショーやレストラン、スパの予約や

 

上陸先でのアクティビティをコーディネート

 

パーソナルショッピングや

 

小間使いのような用事までなーんでも

 

やってくれつつ

 

四六時中、

 

ちやほや世話を焼いてくれるワケですよ。

 

素敵〜ラブラブ

 

一回、お世話になってみたいものだけれど

 

下船する時に幾らチップ払うんだろう?と考えると

 

ちょっと怖いわね滝汗

 

 

乗船 第1日目は

 

部屋での荷ほどきと

 

船内散策でほぼ1日が終わります。

 

オアシス広いんですよぉ

 

ほんっとにビックリマーク

 

まずはバフェで腹ごしらえ。

 

そんなにお腹空いてないのに

 

とりあえず行ってしまうバフェ。

 

いつでも空いてるし

 

種類もいろいろ豊富で

 

美味しいのよ〜笑い泣き

 

 

こちらは船内のメインストリート的な?

 

お店とかがいっぱい集まっている通り。

 

スタバもありますよん。

 

 

夕食の前にひと泳ぎしようと

 

デッキのプールでひと泳ぎ。

 

 

 

夕方になったので

 

部屋に戻ってシャワーをあびたら

 

夕食です。

 

本当に食べてばーっかりチュー

 

 

水平線に沈む夕日が素晴らしい。

 

クルーズならでは、です。

 

さて、クルーズの食事料金というものは

 

バフェもしくは、メインダイニングで食べる分には

 

クルーズ料金に含まれています。

 

それ以外の普通のレストランで食事をする場合は

 

別に食事代金をその都度発生し

 

ルームキーにチャージされていき

 

下船時にクレジットカードで精算します。

 

 

もちろん、バフェもメインダイニングも

 

十分美味しいのですが

 

船内にある数々のレストランがまた

 

超美味しいんですよ〜ビックリマーク

 

メインダイニングやバフェっていうのは

 

放っておいても沢山人が来るのです。

 

だってそこで食べる分には無料っていう意識が

 

乗客の中にありますから。

 

(無料っていうか、先払いしているワケだけど)

 

 

その他のレストランっていうのは

 

その無料のメインダイニングやバフェに

 

打ち勝つ魅力がないと集客できないワケ。

 

だから営業努力が物凄いんですよ。

 

とにかく美味しいし、

 

サービスも雰囲気も抜群なの。

 

そうしないと、お客さん集められないから。

 

バフェで食べてると

 

「うちの店にも食べに来て下さいませんか?」って

 

わざわざ営業しに来るんです。

 

何、その涙ぐましい努力は?!とか思っちゃって

 

思わず食べに行っちゃいましたわ、なんか可哀想で。

 

昔、自分も営業だったからさー。

 

営業されると弱いんだよねー

 

この人も家庭があって

 

奥さん子供いて

 

頑張ってるんだよなーとか思っちゃって。

 

 

初日の夜は、

 

鉄板焼きの日本食レストランに

 

行ってきました。

 

こういうの何故かアメリカでは

 

火鉢スタイルっていうんですけどね。

 

火鉢じゃねーし、コレ!

 

っていうツッコミは抑えて下さい。

 

もう手遅れです(笑

 

基本この火鉢スタイルというのは

 

芸人みたいなシェフがですね

 

いろいろと意味不明な奇声を発したり

 

こらっ、食べ物で遊ぶなーっと

 

頭ごっちんしてやりたくなるような芸をしながら

 

食材を目の前で調理してくれます。

 

そしてそれがまた、マズイんだ。

 

普通にその辺りで火鉢スタイルの店に入ると

 

あー騒がしいし、くだらないし、まずいし!

 

で、いつも疲れきっちゃうんですけど

 

オアシスの火鉢スタイルはレベル高かった。

 

芸もすごいハイテクニックだし

 

シェフのトークも上手だったし

 

味もすんごい美味しかった。

 

かなりお勧めです照れ

 

 

1日目はそんな感じで終了

 

二日目以降に続きま〜すグッド!

 

 

AD