るんるん社労士福島里加の毎日更新ブログ

るんるんメソッドでいきいき♪るんるん♪


るんるん♪メソッド ー幸せになる5原則

1)とりあえず笑顔。
  気持ちは後からついてくる。
2)自分自身と人を許し、
  マイナスの感情に縛られない。
3)比較するのは、人ではなく、
  昨日の自分ときょうの自分。
4)自分の身に起こることは、すべていいこと。
  試練は成長のチャンス。失敗は成功への架け橋。
5)日々感謝の“種”を意識的に見つけて、
  ありがたく感謝、感謝。

テーマ:
弁護士事務所は今も昔もブラック企業!? 若手弁護士たちは未熟なまま法廷へ…≪続きを読む≫
…… 「市民の司法アクセスを容易に」を旗印に進められてきた司法制度改革だが、その結果として弁護士の報酬は厳しいものとなっている。

では、この状況をベテラン弁護士はどう見ているのだろうか。……

基本的な研鑽を積めていない弁護士が粗製濫造されそうだと小川弁護士は指摘する。

「…… 弁護士は、弁護士になってから仕事のなかで職人の技を磨いていくものです。どこかの法律事務所に勤めればいいのですが、就職先がないと未熟なまま独立せざるをえないのでしょう」

弁護士の増加に伴い、一人前の弁護士に育つために必要なプロセスに乗れない者が、多々現れてしまったというわけなのだ。

「私が若手の頃は、勤務弁護士の待遇や拘束時間はブラックが当たり前でした。経験を積んで人脈を広げる修業をさせてもらっているのですから、給料をもらえるだけでも幸せですよ。……」

かつてはそんな知力と野心に溢れた者がのし上がっていった弁護士業界は、今や金持ちの子女しか生き残れない世界になりつつある。

「合格率が低い旧司法試験制度の下では弁護士は簡単に世襲できるものではなかったのですが、今は法科大学院に通えば2割弱は合格します。その学費と司法修習の経済的負担に耐えられる人たちに有利な環境になってしまったのです」

3年前に弁護士登録した○○さん(32歳男性)は、取材の最後に深い嘆息とともにこう漏らした。

「自分がこんなに弁護士に向いていないなんて思わなかった。一般企業に勤めるのが怖くて弁護士を目指した人間が弁護士になっても仕事にならない。……」




給料をもらいながらキャリアを積むイソ弁の需要と供給のアンバランスが悲劇を生み出していて、シビアですね。

私の場合、開業前に社労士事務所のスタッフとして、受験知識と実務の現場との差異も経験できてラッキーだったと、改めて思います。

それから、一般企業に務めたとしてもうまくやっていける人の方が、成功率が高い。

弁護士も社労士もそうではないでしょうか。



     
  下記の画像をクリックしてくださると、
  ランキングのポイントが入りますアップ
  励みになりますので、よろしくお願い致しますドキドキ

               

にほんブログ村

どうもありがとうございます。感謝のうちに。c
$東京・渋谷のるんるん社労士♪福島里加の毎日更新ブログ             労務トラブルを未然に防ぐ「転ばぬ先の杖」
お問い合わせはこちら
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。