11月ももう終わりなのですが、自己管理不行き届きにて寝ております。

全然良くなりません。。。

 

やらないといけないことはたくさんありますが、

パタンキューでございます。

 

形だけ更新して、今週はお茶を濁させてください。

ご迷惑おかけしている皆様。本当に申し訳ございません。。。

AD

今年もおかげ様で来年3月くらいまで仕事はお腹いっぱいになってます。亀谷です。いつも皆さまありがとうございます!

 

さてさて、今日はお恥ずかしながら、10年以上広告業界にいまして、やっと最近広告ってこうだったんだぁ。って感じている「認知と獲得」の話を書いていこうと思います。まだ、完全に理解できているわけではないので、ぼやっとしていますが、お時間あればお付き合いください。

 

商品を売ることを考えたときに

 

「認知や理解度が上がれば商品が売れる(※売れる可能性があがる)」

 

これは理屈としては簡単で、誰でも理解できますよね?

 

ただ、

 

「認知や理解度って、いくら広告費をかけて、どうプロモーションすれば上がるのか?」

 

こうなると途端に質問のレベルが上がります。おそらく広告業界にいる人たちですらほとんど具体的には理解できていません。実際、私もその一人でした。

 

派手はCMやイベントなど見てブランディングとかをイメージしていると“なんか凄そうに見える”広告ですが、実際に現場で働いてみるとブランディングとか、認知という指標はとてもふわふわとしていて、その評価する指標の定め方が非常に難しいです。

 

若いころは何度かチャレンジしているのですが、人には失敗できる回数は決まっています。何度か挑戦し、お客様からは評価をしていただきましたが、私の中で自分の提案に対して確固たる自信が持てず、結局この分野からは一時撤退することを決めました。

 

その反動もあり、

 

費用対効果が明確なダイレクトレスポンス広告の世界に身を投じ、広告を投資と考え、費用対効果だけを追い続けて10年以上働いてきたわけです。

 

ただ最近、ダイレクトレスポンス案件やっていると、あぁ、ブランドとか認知ってこういうことだったのかっていうのを感じる瞬間がでてきました。

 

数字追いかけていると、

お客様の欲しいものが見えてきて、

あぁ、この商品ってこういうところで欲しがられていたんだ。

って気づいて、

 

その気づきに合わせて、数字をひっくり返すとやはり数字にも出ていて、その数字に基づいて商品のブランディングをやり直し、出稿量を増やしていくと、商品自体の魅力が増し、さらにレスポンスが伸びていく。しかも媒体に縛られることなく、全体的に伸びていく。

 

凄い!これがマーケティングかと(笑)!

やはりブランドとか認知が上がれば売上って上がるのかと(笑)

 

今まで何やってたんですかねぇ。

 

多分、ブランドとか認知とかいうものを本気で理解しようとしていなかったことが原因だと思います。本質を何もわかっていなかったです。

 

今の感覚は、まだまだ経験知で、逆算的に効果を突き詰めてきた結果、得ている感覚に過ぎず何か発表できるわけではありませんが、職人的な何かを得つつあります。苦しい時期もありましたが何事も諦めずに続けてみるものですね。今は適当な提案ではなくなった、自分の考えをテストし、結果につなげていくことが楽しいです。

 

また自分の頭の中が整理できたら、その辺もここで書いてみたいと思います。

それでは本日はこの辺で、皆さま良い週末を!

 

P.S.

本当に趣味のことしか書かないLINEブログもはじめてみました。全く仕事と関係ないことしか書きませんが、よろしければどうぞ!

http://lineblog.me/metanika/

 

AD

もう11月も中盤戦です。早い。本当に。

 

さて、今週はこれも迷いに迷い、結局普通の結論に辿りついてしまった

「会社の目標は分かりやすくすべきなのか?」

という当たり前のことについて書きます。

 

※かなりこの文章だらだらします。すみません。※

 

結論から言うと

「分かりやすくしないと駄目だよね。」

という超当たり前な結論にだけは落ち着きました。こんなことに悩み続けていた自分は馬鹿なのかと、これまた反省です(笑)

 

一人で会社やっていると、自分はぼんやりだけど走っている方向見えてるし、変に言葉で明確化するのも手間だから、このまま突っ走ろう。むしろ変に固めた方が変化しにくいしリスクがあるよね。なんて思ってました。

 

うちへの入社を検討しているひとも、とりあえず俺の目標読み取って信じてついてこい!みたいな(笑)こんなん誰もついてきませんね。

 

組織として一緒に前に進んでいくためには、全員が確認できる明確な目標が必要です。その目標を、全社員に対して「明確にできない」ということは、結局、自分自身が「目標」を詰められてない(もしくは決められていない)だけなのです。

 

決断って難しい。。。

まだ社員いないのにここで躓く社長ってどうなのか。。。

 

会社としては、確固たる目標はあり、それに向かって現在突き進んでいるつもりなのですが、誰にでも分かるようにシンプルな言葉で正確にまとめるのが本当に難しいのです。

 

エイヤー

 

で分かりやすい、薄っぺらい言葉を書くことはすぐできるんですけどね。それでも組織を作る上では意味をなすとは思うのですが、そんなの自分の目指す会社を作っていくためには意味をなさないというかなんというか。

 

本当に自分は何を実現したいのか。会社に関わる人たちが自由に働ける目標の作り方ってどうなのか。もう少し賢く生まれたかったと思いながら、とりあえずは引き続き走りながら考えます。

 

2016年もラストスパートだ!

 

AD