1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-17 23:59:59

BORO

テーマ:Harold wrote

実は生まれも育ちも世田谷なハロルドです。

 

 

あ、産まれた病院の所在地は目黒区ですが…

 

 

この時期、世田谷といえばやはりボロ市ですね。

 

 

 

 

元来人混みは大の苦手なのですが、どうした訳か

今回実に久々に、フラッと行ってまいりました。

 

 

タマデンモズイブンオシャレニ

 

 

幼稚園までは駒沢在住でしたが、その後は二十歳まで

ボロ市通りから徒歩10分のあたりに住んでいたので

子供の頃は毎年放課後に必ず行っていましたね。

生涯初のタコスもボロ市の露天で食べました(笑)。

 

 

ヒトゴミデジドリノメイワクナヤツ

 

 

一度ボロ市で、ミニウサギを買ったことがありまして

『これは大きくならないウサギなんだよ』という

店のおっちゃんの言葉を信じて買ったのですが

飼い始めたところ、これがまぁ育つ育つ!!

買った時は子供の片掌におさまるサイズだったのが

あっという間に成猫並みの大きさになってしまいました…

 

 

で、ウサギと言えば…

 

 

カナヘイうさぎ Rabbitt てへぺろうさぎ

 

 

イエスのメンバーとして、マルチプレイヤーとして

お馴染みトレヴァー・ラビンが在籍していたバンドですね。

カナダやオーストラリアにも同じ名前のバンドが

いましたが、全くの別バンドです(共にスペリング違い)。

後にベイ・シティ・ローラーズにレスリーの後釜として

参加したダンカン・フォールも在籍しておりました。

要するにイエス、ローラーズを生まれ変わらせた

才人二人が同じバンドにいたという訳です。

 

 

そんな才人二人はルックスもまた抜群だったために

アイドルバンドとして売り出されてしまう訳です。

曲も基本的にはキャッチーで爽やかなんですけど

演奏のレベルはめちゃ高く、かなり小賢しいです(笑)。

 

 

Yes以降のトレヴァーしか知らない方にとっては

『トレヴァーがアイドルだと!?…』てな感じでしょうけど。

 

 

イヤァ、イショウガイイネ、イショウガ...

 

 

いやしかし、イエス脱退後は映画音楽家に転身して

もうロック界には戻ることは無いだろうと思われた

トレヴァー・ラビンが再び強力なメンツと共に

帰ってきてくれたのは、なんとも嬉しい限りですね〜

 

 

モチロンミニイクド

 

 

 

 

 

しかし、ボロ市でミニウサギを買ったのは小学生の時

なのでそれ以降に規則が変わったのかはわかりませんが

今回久々に行ったところ、生き物を扱ってるお店は

ほとんどありませんでしたね。

 

 

あ、ネコはいたか。

 

 

 

 

 

 

とびだすうさぎ2

 

 

 

 

 

サッ

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「Harold wrote」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-01-14 21:10:53

キツツキヘア

テーマ:お気に入り

鏡開きはお汁粉にしたハロルドです。鏡餅

 

 

さて、ちょいとばかし過ぎてしまいましたが

1月10日はこのお方のお誕生日でした!!クラッカー


 

 

よく意外がられますが、実は大っ好きなんですよ〜ドキドキ
中学生の時から幾度となく来日公演も行ってます。

 

 

彼の声って、ボク的には『突っ張っているけれど

隠しきれない男の弱さがどうしても滲み出ちゃう』

…ってな感じのイメージなんですよね。

 

 

"通"を気取るには「やっぱロッドはアメリカに渡る

以前のアルバムが良いよなぁ〜」的な事を言えば

良いのですが、やはりここは捻くれ者らしく

あまり他の人が取り上げないようなアルバムを…

(勿論、アメリカ渡る以前のアルバムも大好きです)

 

 

Rod Stewart - Tonight I'm Yours

 

 

1981年リリース、ロッド通算11枚目のスタジオ盤です。

以前にも書きましたが、このアルバム好きなんですよね〜

 

 

リリース当時は、ディスコに続いてニューウェーブに

走ったか!?なんてかなり酷評されたみたいですけど

それっぽいアレンジなのは、実は2曲くらいしかなくて

それ以外はロッドらしい、ゴキゲンなロックンロールと

胸に染みるようなバラードばかりなんですよね。

 

 

恐らくはその問題の2曲が、シングル第一弾とアルバムの

1曲目だったので、アルバム自体がそういったカラーの

イメージに思われてしまったんではないでしょうかね。

でも、その2曲だって決して悪くないと思いますよ。

 

 

エースの"How Long?"や、ノーベル賞でおなじみの

ディランの"Just Like a Woman"といったカヴァーが

収録されていますが、どれもロッドのオリジナルの如く

ぴったりハマった歌唱を聴かせてくれます。

 

 

そして、ラストの"Never Give Up On A Dream"は

第2の”Sailing”的な雰囲気もある、スレイドなどにも

通じるような、スコットランド的な名曲です。

 

 

ま、1曲1曲あれこれ語るのもアレなのでこちらで

まるっと聴いてください(途中針飛ぶけどw)。

 

 

 

 

 

 

なんかロッドとジュリーって色々似てると思うんですよね。

いや勿論、ジュリーがロッドから影響受けてるのは

わかっていますけど、それだけじゃなくてね。

 

 

自分で曲も作るけど、あくまでもアーティストと

言うよりは、シンガーであるというスタンスや

ライヴでは楽器を弾かないとことか、ついつい

流行りモノには手を出しちゃうところとか(笑)。

 

 

かたやセルティックFCの熱心なサポーター、かたや

阪神タイガースの熱心なサポーターってとこもか(笑)。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-12 22:00:28

英雄夢語り

テーマ:Harold wrote

そうか、もう一年経ったのか…

 

 

 

 

 

 

早いなぁ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-01-09 23:59:00

にっちもさっちもどうにもブルマーク

テーマ:お気に入り

先日、昭和歌謡ナイトでカヴァーを演った流れで
アルバムも引っ張り出してみました。





フォーリーブス+郷ひろみ ジョイント・リサイタル
'74年の大阪フェスティバルホールでのライヴ盤です。


2枚組で収録曲の約3/4が外国の曲のカヴァー。
パープルのハイウェイ・スターにファイヤー・ボール
ストーンズのジャンピン・ジャック・フラッシュに
アージェントのライアー etcとロックな曲が目白押し。
中でも白眉なのは、ヒロミGoが歌う7分半にも及ぶ
ユーライア・ヒープの7月の朝ではないでしょうか(笑)。


そんな中に混じって、数少ないオリジナルとして
先日の新しい冒険が歌われているんですよね〜


しかし、このジャケットで4人が着てるシャツ…
異常に大きい襟といい、訳のわからないガラ(馬蹄?)
といい、今見るとクラクラしてきますね(笑)。ホシイナァ...


いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-01-08 22:53:59

ものぐさ粥

テーマ:Harold wrote

もちろん昨夜の夕食は…





昨年つっこみがはいったので
今年はちゃんと正規価格で買ったぞ。





 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。