銀座一丁目の英語発音教室「メントール」のブログ

英語発音指導、英語学習、TOEIC、TOEFL指導、アカデミック英語、子供の英語教育・英語論文・銀座・新富町情報などFM FUJIのラジオ番組(レギュラー出演中)の記録的ブログです。


テーマ:

本日も、らっすぃー(水曜EVENING RUSHの通称)の英語発音コーナー ENGLISH RUSHを聴いてくださったみなさま、ありがとうございました音譜

3週間にわたり、待ちに待った自宅の冷房工事が、ついに本日行われました。

これで人間らしい生活ができる、、、。

扇風機の風に当たりまくって、サハラ砂漠かっていう勢いでカピカピに干からびている私の肌と喉もきっとご機嫌を直してくれるはず。

扇風機生活の間、顔が干からびるのを恐れすぎてシートパックを無駄に毎日使ったわりに、すぐ水分が蒸発する(扇風機にあたりながらだから当然)という、大変費用対効果が低い行為を行う日々ともおさらばです。

よかったー。
生きててよかった。

さて、ものすごく関係ありませんが、昨日、イギリス時間ではまだ7月26日は、ミックジャガーのお誕生日でした。

にゃんと73歳!後期高齢者ですよ。
あんなかっこいい後期高齢者なんてそうそういるもんじゃないです。


さて、前回English Rush 放送の後、英会話を習っているリスナーの方からメッセージというか質問が来ていましたよね。

英語であいづちを打つと、「あッはーん」とか「うッふーん」という感じで、ちょっとセクシー系な発音になってしまう、というような話だったと思います。



あまりセクスィーなイントネーションばかりだと締りがないので、今回は、よほどがんばって工夫しないとセクスィー系イントネーションにはならない英語のあいずち的なものを2種類練習しました。



ひらめき電球EVENING RUSHの番組ブログはこちら

イギリスの大人気コメディ番組、ミスター・ビーンのシリーズで有名な俳優、ローワン・アトキンソンが主演で、とっても笑えるコメディ映画、「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」の中からです。


{110A4905-9963-4D1D-BDFA-0D5B8C672DBA}



この映画、同じくイギリスの超カッコいい(ていうかダニエル・クレイグがかっこいい)007のパロディをふんだんに盛り込んでいて、007の製作スタッフも関わっているそうです。

そして、ご丁寧に、007 Die another Dayで、悪女役を演じたクールビューティなこの方も起用しています。





ミッションインポッシブルとか、諜報員モノの映画にでてくる女優さんたちは、みんな強くて美しくてかっこいい!私もあんなふうに壁をつたって走ったり、蹴りを入れたり人を投げ飛ばしたりできる強さを備えたいです。


いいなー、かっこいいの。
私の個人的な嗜好はさておき、

この映画、邦題では「どんな作戦もすべて不可能にする男!!」というキャッチコピーがついていましたが、内容もそのまんま。

イギリスの諜報機関MI7に所属するドジな諜報員ジョニー・イングリッシュが、あらゆるヘマをしでかして、笑わせてくれます。


しでかしたヘマのせいで停職処分になっていたジョニー・イングリッシュが、復帰後久々にMI7の本部オフィスを訪れて、女性スタッフから状況説明をされているシーンでWe have a situation. 非常事態なの。と、言われて返したせりふが、

Indeed. なるほど

です。

映画の中では、ジョニー・イングリッシュのキャラクター設定を考慮して、「ほほう」と訳されています。

Indeedという単語は、学校で習った時、「実際に」とか、「確かに」という意味だと習った人が多いと思いますが、あいずちとして、よく使われる表現です。

ほぼ同じ意味の I see.より、少しかため というか、上品なニュアンスです。

英語らしく発音するためのポイントは2つあります。




【発音ポイント1】単語の最初に出てくる、唇の周りの筋肉が緩んだ母音 /i/

この音は、それ、itの/i/と同じ音で、日本語の「い」とはぜんぜん違う音です。

人差し指の関節2本分くらいの縦幅に唇を開けて、軽く当てるような感じで前に出しましょう。舌先の位置は、上の前歯の裏側に近いところに持っていきましょう。

ちょっとやりにくいかと思いますが、唇の周りの筋肉に力が入らないように、ふわっと力を抜いておくことが重要です。

歯の治療で麻酔をかけられて、口が閉じられなくなった状態でしゃべっている人みたいな妙な音です。


【発音ポイント2】deedの、唇の周りの筋肉が緊張した母音/i:/の音

この/i:/は、単語の最初に出てくる、先ほどのゆるんだ/i/とは正反対で、唇の周りの筋肉を思い切り緊張させて発音します。indeedの中で、最も強く発音する母音です。

唇の両端を思い切り引っ張って、唇の周りの筋肉を緊張させて発音しましょう。
日本語の「い」を伸ばして「いー」と発音しても、この音には聞こえません。


今回は、3つ目のポイントはなく、もう一つの類似表現、I see.の発音ポイントを紹介しました。

【発音ポイント3】seeの母音/i:/

Seeの/i:/は、indeedの最も強く発音する、唇の周りの筋肉が緊張した母音/i:/と同じです。

通常は、Iよりもseeを強く発音しますが、Iを強くする場合もあり、少しニュアンスが変わります。


英語のあいずち的な表現は、Agree, Certainly, Right.のように、単語1つだけ、というパターンもたくさんあります。あはーん、うふーん、 だけでなく、いろいろと仕入れておきたいですね。

本当は、少し下品だけどよくネイティブたちが使うあいずち的表現を紹介したいのですが、ラジオで私が下品だというイメージが浸透するとよくないため、控えさせていただきます。

メントール英語発音教室では、せくすぃー系も、下品系もいろいろ取り混ぜてお教えしております。

俗世の英語は、教科書やノウハウ本に載っていようなこぎれいなものだけではないのです。



発音ポイントを文字で表現しきれないので、ぜひ番組ブログ内の音声ファイルを活用して復習してくださいね。


番組ブログの右側「カテゴリ」→Wednesdayに番組内のダイジェスト版が聞ける音声ファイルがあります。

ひらめき電球EVENING RUSHの番組ブログはこちら


※発音は、「英語らしく聞こえて、どんなレベルの人でも発音しやすい程度の英語らしさ」に調整してありますので、「うわ!ネイティブみたい」という感じにはしていません。

実際に話す時よりイントネーションをかなり大げさに強調していますが、日本人が練習する時にはあのくらいでちょうどよいと思います。録音するときちょっと恥ずかしいんですけどね、、、。

では、次回の放送もどうぞお楽しみに!
いいね!した人  |  リブログ(0)