プライドと偏見

テーマ:

kira


キーラナイトレイって割とアゴなのね。

普通にしてるとえらい可愛いんだけど、ちょっとしゃべるとニョキってなる。でも許せるアゴだ。


世の中には許せるアゴと許せないアゴがある。

例えば綾瀬はるか。彼女は許せるアゴに分類される。


ayase

普通にしてたらアゴだってこともわからない





マニアックなところで、Berryz工房の夏焼雅。

これもギリギリ許せるアゴだ。



miyabi

普通の顔でも若干アゴだということがわかる






おいおい、許せるアゴばかりじゃないか!

お前はアゴに優しすぎる!






落ち着け。









俺のボーダーはここだ!






hamada









そうだ、プライドと偏見の感想を書こうと思っていたんだった。

モダンでチョキチョキなアゴを批判している場合ではない。


この作品、なんとも平和な映画であった。


下流貴族の4姉妹が年収の高い男にキャーキャーいって、

すったもんだがあって、玉の輿に乗るという話。

文字にすると酷いな…。リズムがいいので、2時間は退屈しないが

終わったあと何も残らない。男が結局金で解決しているのが気に入らない。でもきっとロマンチックな婦女子にはウケるのだろう。


ラストの父ちゃんがオイシイ。

結果的にあの父ちゃんが印象を全部持っていったなぁ。

60点。

AD

コメント(21)