旅人フォトライターのウエミチメグミです。
 
ストーリーのにじみ出た、心の奥を刺激する写真を目指し、日々精進。
 

 あなたの日常に、非日常の感動を。

 

ロケーション撮影、承ります。お申し込みはこちらから

 

かなりの愛情を注いでいる、 インスタグラムはこちら

 

 あたたかな地中海の色。きっと同じ色だろうなあ。

 

こんにちは!

10年ぶりに、39℃まで達する高熱を出しておりました。

しかも首を寝違えたり、肩こりによる頭痛も併発していたらしく・・・

 

ひたいの上に何かが乗ってやしないか?というくらいの

頭の重さでございました・・・。

 

回復したら、3月の撮影OK日をアップしますね。

それまで、もう少々お待ちくださいませ!

 

風邪をひくと、いつも読むのは「どくとるマンボウ航海記」。

著者の北氏がこの航海に出たのは、もう60年近く前なので

まだシンガポールが独立していない頃の話が出てきたりしますが

ユーモアたっぷりにお話が進む展開は、決して今読んでも

色褪せないものだと思います。

呆れちゃうような事件、チクっと刺さるような面白い表現。

そしてどんどん次に読み進めたくなる、キチンとしていなくてゆるい流れ。

 

見かけたら、ぜひ手にとってみてください!

下のインスタ同様、これも春のニースです^-^

 

 

50年、たっても。 ・ ・ 先週、(仕事上)いいことがありすぎた。 気持ちの高ぶりそのままに原稿を書こうとして、見事に熱を出す。 ・ 平熱が35℃台の私には 体温が36℃を超えるともうザワザワしてしょうがない。 が。 今回はテンションが上がっているので・・・ これは、チャンスだ。 本屋にもあるじゃないか。 「体温を1℃上げて代謝アップ!」これに体を慣らせばいいんだ。 ・ 大人しく寝ていたらいいのに、ストレッチしたり部屋の掃除をしたり読書をしたり。 ・ ・ 結果 見事に39.1℃の大台へ。 翌日は反省して、大人しく布団にくるまってお茶を飲んで過ごす。 体温は順調に下がる。 ・ ・ 以上、 無駄なあがきのお話でございました。 ・ ・ 熱を出すと(なぜか)いつも読むのは、北杜夫氏の「どくとるまんぼう航海記」。 三月三日、ニース沖を通過、とある。 どくとる・まんぼう・きーたも、この景色を見ていたかな? きっと50年の時間があいだにあっても、変わらず春の地中海は優しい青だろうなぁ。 ・ ・ #大好きな本 #ニース #南仏 #風邪をひく #どくとるマンボウ航海記 #北杜夫 #旅行記 #ユーモアたっぷり のこの本、ゆるく読めておススメです。 #変わらない景色 #nice #地中海 #medeteranian

ウエミチメグミさん(@megmixweb)がシェアした投稿 -

 

 

↓色鮮やかなラトビアの街。写真を見ているだけでも楽しめます♪↓

 

AD

ニセコのジャガイモで、フライドポテト。 おいもの品種は「レッドアンデス」。赤い皮と黄色の中身、甘みが強くてホコホコ系なので、めちゃくちゃ気に入っている。 ・ ・ そして。 不精な私は、生のおいもを油に放り込むなんてことはせず おいもは、まるごとオーブンで7割がた焼いてから、カット。 小さなフライパンの底全体に、広がるかな?というくらいの量の油を入れて 焼いて表面をカリッとさせる。 おいもさえ焼いておけば5分。 ・ さて、塩だけじゃなく 私はブラックペッパーも振るのだ。 ・ ・ さかのぼること12年前 勤め先の食堂で、おじちゃんがそうしていた。 ・ 関係者が1000人いる職場で いつも開店と同時にポテトを買いにくる私。 おじちゃんも「また来たか!」と言いながらポテトを差し出してくれた。 えへ、と笑って100円を渡し ブラックペッパーの香りに我慢できなくて、歩きながらカリッといっちゃう日々だった。 ・ ・ #あたたかい思い出 #フライドポテト #ニセコ産 #じゃかいも #手作りごはん #ブランチ #今日のお茶 は緑茶にしました #塩こしょう #時短レシピ #localpotatoes in niseko #じゃがいも料理 #農業 の大切さ #chips in niseko

ウエミチメグミさん(@megmixweb)がシェアした投稿 -

AD
 
 旅人フォトライターのウエミチメグミです。
 
ストーリーのにじみ出た、心の奥を刺激する写真を目指し、日々精進。
 

 あなたの日常に、非日常の感動を。

 

ロケーション撮影、承ります。お申し込みはこちらから

 

かなりの愛情を注いでいる、 インスタグラムはこちら

 

 冬は外国の、ニセコヒラフで。

 

一大スキーリゾートのニセコエリアの中で

もっとも賑わっているのが「ヒラフ」地区です。

看板はすべて英語、というくらいに外国なニセコヒラフ。

もっとも、私が高校生の頃まではこんな異国感はなく

日本のどこにでもある「スキー場のある街」という感じでした。

 

30代になって北海道に戻り、ニセコで一冬過ごしてみようとやってきた4年前。

街の変わりように、のけぞるほどびっくりしたのを覚えています。

 

・・・そんなヒラフで30年以上営業している、老舗ジャズペンション「fullnote」。

冬は、1階のバー「halfnote」で生演奏をやっています。

今回、知り合いのTちゃんのお誘いで

これまた知り合いのピアニストYUさん、トランペットのKOくんのジャズライブを撮らせてもらいました!

 

音楽、いいな〜。

 

最近思うことですが、その場を心から楽しめるようになってきた。

以前は一つのことに没頭するのが苦手でした。

映画のDVDを見ながら本を読もうとしたり、楽しい席でも他のことを心配していたり。

・・・だからこそ、一期一会の瞬間を切り取るために神経を集中する、

その力がつけられたのだと思います。

 

 

インターナショナルなニセコヒラフで、ジャズナイト。 ・ ・ 17日の夜に、ヒラフのジャズバーで撮影させていただきました。 完全なる外国となる冬のヒラフ。 海外で飲んだことがないので、本気でドキドキしながらバーに向かう。 ・ Tちゃんが待っていてくれたおかげで、ビビり払拭。お誘い本当にありがとうございました^_^ ・ この日イチバンの歓声は、ベースのR isaさんへ! 小柄でキュートな外見からは想像もつかない、アグレッシブな低音に外国人ゲストたちの惜しみない拍手。 ・ 一期一会の、音の重なり。 観客の歓声すら1つの構成要素。 その場に立ち会えたことが嬉しくなるのは、ライブも写真も同じだと思った。 ・ ・ ここ、halfnoteは老舗のジャズバー&ペンション。 夏に開催されるライブも愛されているので、ニセコエリアの楽しみ方の1つになっていけばいいなと思う。 YUさん、KOくん、演奏お疲れさまでした! Tちゃん、素敵な機会をありがとうー! ・ ・ #ニセコヒラフ #pensionfullnote #halfnotejazzbar #ヒラフ #nisekohirafu #jazzbar #hokkaido #hokkaidowinter #ジャズライブ #一期一会 #拍手喝采 #低音好き #ライブ写真 #ライブ撮影

ウエミチメグミさん(@megmixweb)がシェアした投稿 -

 

外国のバー気分を日本で味わえるおもしろいスポットです!

冬のニセコに行くなら、音楽好きの方はぜひ行ってみてください♪

 

AD
 
 旅人フォトライターのウエミチメグミです。
 
ストーリーのにじみ出た、心の奥を刺激する写真を目指し、日々精進。
 

 あなたの日常に、非日常の感動を。

 

ロケーション撮影、承ります。お申し込みはこちらから

 

かなりの愛情を注いでいる、 インスタグラムはこちら


 


 いいものを少し、も素敵です。しっかり準備も、もちろん大事。

 



写真がご入用としても、一度にたくさん欲しいわけじゃないこともありますよね。


プロフィール写真が何枚かでOKだったり


一気にたくさん撮ってしまうより、季節ごとに少しずつ撮るほうが良かったり。


私のロケーション撮影では、そんなリクエストにもお答えしまして、

15枚/1時間以内 のプランから、80枚以上/3時間以内までご用意しています。


↓お値段表はページ下へ↓


 


枚数が少なくても、時間が短くても。3時間のフル撮影だったとしても。


みなさん、撮影時間をめいっぱい楽しんで


ステキな表情を見せてくださいます。


撮っているときも私はめちゃくちゃ楽しいのですが


記事を書きながらまた写真を見て

ううっ、感動の涙が出そう!!!


 




 


フィットネスインストラクターの林美紀さん


名古屋市内、朝の久屋大通公園で撮影でした!しなやかに体を動かしているご様子は、本当に心地よさそう。


ブログで拝見した、美紀さんのダイエット歴にびっくりです!Facebookで、日々のトレーニングを紹介していらっしゃいます。


 




 


ドリームボード講師のemiTさん


この笑顔にカメラを向けているだけで、私まで笑みがこぼれてきます!!!ノートを活用した自己の振り返りもされているそうで、イキイキとそのお話を聞かせてくださいました。


 




 


「北海道でビジネスを加速させるPRサポートサービス」を展開されている、乙川あさみさん


穏やかでおおらかにお話をされ、初対面でも相手を緊張させない印象と


的確な分析でクライアントの道を切り開く、クールな思考をお持ちです♡


 




 


コーチングを取り入れたエレクトーン・ピアノ教室を主宰していらっしゃる、山本久仁香さん。親子リトミックなどの音楽教育にも取り組まれています。


(リトミックといえば、黒柳徹子さんが通われたトモエ学園で取り入れられていた教育法ですね)


この日は手すりを鍵盤に見立て、指先をお撮りしました。


 




 


子ども未来がっこう、TCSコーチングを通して


子どもの可能性を引き出す活動をされている、福海ゆかりさん(みやっち先生)


真摯に教育に向き合うお姿は、元・教育業の人間として、ものすごく心打たれました。


 




 


コーチングで、ひとの持つ(or隠し持つ)悩みを整理してくださる、くろかわあいりさん


お話を聞きながら課題を浮き彫りにし、鮮やかなまでに道を示してくださいます。


現在、シンガポールにお住まいのあいりさん。2月17日には名古屋で、鈴木実歩さん出版記念セミナーを主催されました。会場は60名様満席と、大盛況の1日だったそうです!!!


 


 




 


ワークライフスタイリストの水野まほこさん。


4月から、初の名古屋開催「ワークライフスタイリスト養成講座」の講師を務められます!


後ろに飛行機が写っているとおり・・・この写真は中部国際空港でお撮りしました。


飛行機に「夢へ向かって羽ばたく」イメージを乗せて発信したい、というリクエストにお応えしたものです。


 





 



皆さま、お撮りするシーンはいろいろです。



でも、共通するのは、熱い想いをお持ちで



語るときの表情は明るく、にこやかで、しかも目に強さが宿っています。



写真を見ながら思うのは



「私に伝えてくださったあの思いが、どうか未来のお客さまにも伝わりますように」ということです。



写真には、ないものは写りませんから。



 






【Story Photos】ロケーション撮影



◉15枚(撮影時間 〜1時間)    ¥5,000+交通費



◉30枚(撮影時間 1~2時間)   ¥10,000+交通費



◉80枚以上(撮影時間 〜3時間)  ¥25,000+交通費



 ※税込価格&事前の振り込みをお願いしています。



 ※撮影日前に打ち合わせをし、当日もリクエストを確認してから撮っていきます。



 ※時間内のメイクお直し、場所移動、お着替えはもちろんOKです。



お申し込みは、こちらから



写真のアフターフォローについて



 



 



 



via 32 Photography

Your own website,

Ameba Ownd


 

 
 旅人フォトライターのウエミチメグミです。
 
ストーリーのにじみ出た、心の奥を刺激する写真を目指し、日々精進。
 

 あなたの日常に、非日常の感動を。

 

ロケーション撮影、承ります。お申し込みはこちらから

 

かなりの愛情を注いでいる、 インスタグラムはこちら


 


 卵とヨーグルトを買いに行きたいんですけど・・・。

 


こんにちは!今日もしんしんと雪が積もるニセコです。


 


おとといのブログ記事 【2月撮影レポ】まゆこの歌は、希望の光だった。




 

 


記事の中でご紹介している、鍵盤うたうたい・大廣まゆこさんの歌は


本当に心にしみるので、ぜひ聞いてみてくださいね♪


次回ライブは3月25日(日)です。


 


*  *  *  *  *


 


さて。


今日、写真を撮りながら、お話ししたくなったことを。


 


「どうやったらうまく撮れますか?」というご質問には


「どういう感じに撮りたいです?」とさらにお聞きしています。


 


その中で・・・大きなポイントになるのが「光の向き」です。


 



 


↑上の記事では、画面の向かって右に窓があり


右から左に、光が射すようになっています。


 


朝ごはんの写真だから、横から光が射しているほうがピンとくるな、とか。


朝だから、高いところから日は射さないので、その角度がわかったほうがいいかなとか。


そんなことを考えて撮りました。


 


(感覚人間なので、あとは「ピンとくる」まで撮りこんでいます。


 撮った写真を見て「ピンとくる」要素を言語化して、次に意識する。この繰り返しです)


 


写真は視覚に訴えるものですが、ポイントを自分の中で言語化し


蓄積することって大切だな、と思っています。


「光の向き」を意識して、お気に入りの写真になったポイントを


コトバにしてみてください♪


 


参考に^-^ 正面から光の当たる「順光」で撮った写真がこちらです。


(窓を背にして、自分の影で暗くならない位置で撮っています)


 


{05BA8A57-658B-4758-90BF-B3A87CEFE1A7}
 

うん。やっぱり横から光が当たるほうが好き。


(↑このフィーリングの蓄積ですね^-^)


 


気になることがある方は、ぜひ聞いてください^-^


 


*  *  *  *  * 


 


 

写真撮影、郵送による商品撮影、iPhoneカメラ講座