情報発信で地域を活かす!|メディカグループ代表イシザキのブログ

介護情報サイト『メディカサイト』『e-デイサービス.COM』『e-ショートステイ.COM』、子育て情報メディア『母子箱(もこぼっくす)』等の情報インフラ構築、ビジネスブランディング、ビジネスプランニングを行う、メディカグループ 代表 石崎 隆志の日々と思考。


$『介護』×『IT』 メディカ社長の活動日記
 
あなたの街にも『メディカサイト』を!

地域密着型の介護情報サイト運営をしませんか?

各都道府県における『メディカサイト』運営パートナーを募集中!!
http://www.medica-site.com/fvc


デイサービス・ショートステイの稼働率を高める「e-シリーズ」

全国に営業代理店を募集中!!

http://dairiten.medica-group.com/


介護事業所の設立・運営のコンサルティングも行っています。

http://www.medica-site.com/consulting/



愛媛県の地域密着型の総合介護情報サイト

『メディカサイト』 (愛媛県)
http://www.medica-site.com/
 

愛媛県の介護施設に入居が決まったら

『入居準備金』をプレゼント! (愛媛県)
http://www.medica-site.com/junbikin/

 

facebook メディカサイト公式ページ

http://www.facebook.com/medicasite


デイサービス・デイケア利用情報広報サービス

『e-デイサービス.COM』 (全国サービス)
http://www.e-dayservice.com/
 
ショートステイ空室情報広報サービス

『e-ショートステイ.COM』 (全国サービス)
http://www.e-shortstay.com/


デイサービス・デイケア事業所 配車・送迎管理サービス

『SO-GEI』 (全国サービス)
http://www.so-gei.com


あなたのブログが、そのまま新聞広報誌に!

『ブログ新聞maker』(全国サービス)
http://www.make-prpaper.com



ママがツクル 愛媛の子育て情報サービス

『母子箱(もこぼっくす)』 (愛媛県)

http://www.mocobox.jp


facebook もこぼっくす公式ページ

http://www.facebook.com/mocoboxehime



等を運営する、メディカグループ 代表 石崎 隆志 のブログです。


石崎 隆志 facebookページ

http://www.facebook.com/takashi.ishizaki.90





NEW !
テーマ:

今年は、最低賃金24円上げが答申されました。





介護業界では人件費の削減を目的とした、時給月給制がまだまだ多いのが現状です。


これに裁量労働制をプラスして、最適(最小)の人員配置を目指している法人もあります。


介護業界では、月給制と時給制が、金額的にほぼ釣り合う状況のため、特に違和感なく受け入れられていますが、経営側としてはいろいろと考えていかなければなりません。


例えば、グループホーム等の規模で、職員数が常勤換算で20名とします。


月給制の場合、年次昇給1,000円/月ぐらいが現状かと思います。


時給制の場合、年次昇給10円/時とすると、10円×1日8時間×月21日=1,680円/月となります。


1,000円/月、10円/時と、どちらの昇給も、職員側からすると「少ない!」と感じるレベルかと思いますが、実は1.7倍くらいの違いになってきます。


今回、最低時給が20円以上上がるということは、職員側からすると、最低20円は上げてほしいという希望が立つのは当然です。


年次昇給20円/時とすると、20円×1日8時間×月21日=3,360円/月となります。


わずか、3,360円/月/人ですが、常勤換算で職員20人として、12ヵ月で考えると、


3,360円×20人×12ヵ月=806,400円もの「利益」が吹き飛ぶこととなります。


これは、この規模の事業所の場合、1ヶ月分以上の利益となってきます。


1平成18年の平均最低時給は673円。


平成28年の平均最低時給は822円となり、


この10年で150円(22%)の増加となっています。


にも関わらず、介護報酬はどれだけ下がったのでしょうか?


職員にとっては時給が上がることは嬉しいことですが、それは未来の安定を削っていることにも繋がることをしっかり認識する事が大切です。


まぁ、最低時給が平均3%上がるのは良いことなのですが、(介護事業の人件費率を60%とすると)それとともに介護報酬が3%の60%で、2%は増加させないと賃金反映には結びつかないということですね。





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

本日の愛媛新聞1面。


「介護サービス縮小検討」




介護業界の人にとっては、今さらの内容ですが、
1年半かける国民への周知のスタートといえるかと思います。


あら?っと思ったのは、


「75歳未満は所得に限らず全員2割負担」


という内容を組み込み始めているということでしょうか。


・要支援の切り離し(日常生活支援なる謎の制度への移行)
・要介護1、2の切り離しの準備
・それに伴う、要介護認定の方法見直し
・医療度高、認知症、リハビリへの誘導(とりあえず数年)
・3大介護への回帰
・医療回帰
・前期高齢者2割負担の原則
・「高齢者」の定義の見直し
・「介護」の定義の見直し(介護保険が担うもの)
・社会福祉法人の統合
・民間はマネーパワーゲーム(統廃合)の加速


という点は、今後5年でほぼ確実かと考えます。


チャンスなのか、ピンチなのかは、法人の考え方次第です。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

愛媛県の高齢者(65歳以上)の割合が30%を超えてきました。

(65歳を高齢者というのも失礼な時代ですが、今回の記事は、以降、高齢者と記載させていただきます。)


介護業界にいると麻痺しがちですが、高齢者のうち介護認定を受けている方はわずか2割。

すなわち、8割の方は、とてもお元気に日々を過ごされています。


スーパーには朝一の行列から始まり、午前中は高齢者の方の独壇場ともいえる場所です。


病院・クリニックは昔から、サロン的な役割は変化がありません。大盛況ですね。



最近、年齢層が変わってきているなぁと感じる場所。


・コンビニ

・ゲームセンター

・スポーツジム


本当に、高齢者の方が増加しております。


コンビニでは、地元小スーパーが担ってきたお話し相手として、レジの前で長話を良く見かけるようになりました。


おぅ!来たぜ!という、通いの店のようになってきています。



ゲームセンターでは、コインゲームなどに特化すれば、低料金でかなり長い時間を遊ぶことが可能です。


反射神経系は難しいようですが、本当に人口が増加してきています。


私の子ども時代は、「ゲームセンターは不良が集まるところ」というレッテルを貼られた最後の時代ですが、そんなこと言ってたら、いまや、ゲームセンターは不良高齢者ばかりです。



スポーツジムでは、私なんか足元にも及ばないほど、体力ありあり、筋肉ムキムキな、程よく引き締まった体の高齢者の方々に刺激を受けています。


男前なインストラクターには、レディの皆さまが大行列を作っています。



高齢者の定義を、そろそろ後期高齢者へと変えてほしいと思う今日この頃です。



さて、今日、ご来社いただいた方に、

ローソンが、ケアローソンとして、居宅介護支援事業所とローソンの併設店舗を増やし始めているというお話をさせていただきました。

(正確には、介護事業者をローソンFC参加させるという手法ですが。)


先ほど書いたように、コンビニには高齢者が集まり始めています。


今後、この高齢者層をターゲットとするため、コンビニ業界はまだまだ伸びしろがあると言われています。


小さな店舗のため、今後は規制緩和で住宅街の中にも進出してきます。


ただ、集客数から見れば、コンビニはスーパーと比べるとはるかに及びません。


逆に言えば、スーパーの中に、居宅介護支援事業所を作れば、8割の元気な高齢者という巨大マーケットを獲得できる可能性があります。

(もちろん、お子さん層(40代~60代)もターゲットですね。)


それこそ、小スペースで良いですので、住宅改修から、配食サービス、配達サービス、保険外サービス、などなど、一括でご相談いただける可能性が高まります。


地元大手スーパーでは、介護事業も行っておられますが、いかんせん、連携が取れているようには見えません。


他の地元スーパーさん、委託でもよいので、きちんと取り組めば、本当に面白く、意味ある事業になるのではないのかなと思います。


なにせ、スペースいっぱいありますので。



ドラッグストア、電気店、百貨店、などなど、可能性は無限大です。


さてさて、どの業界から始めていくのでしょうか?




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。