情報発信で地域を活かす!|メディカグループ代表イシザキのブログ

介護情報サイト『メディカサイト』『e-デイサービス.COM』『e-ショートステイ.COM』、子育て情報メディア『母子箱(もこぼっくす)』等の情報インフラ構築、ビジネスブランディング、ビジネスプランニングを行う、メディカグループ 代表 石崎 隆志の日々と思考。


$『介護』×『IT』 メディカ社長の活動日記
 
あなたの街にも『メディカサイト』を!

地域密着型の介護情報サイト運営をしませんか?

各都道府県における『メディカサイト』運営パートナーを募集中!!
http://www.medica-site.com/fvc


デイサービス・ショートステイの稼働率を高める「e-シリーズ」

全国に営業代理店を募集中!!

http://dairiten.medica-group.com/


介護事業所の設立・運営のコンサルティングも行っています。

http://www.medica-site.com/consulting/



愛媛県の地域密着型の総合介護情報サイト

『メディカサイト』 (愛媛県)
http://www.medica-site.com/
 

愛媛県の介護施設に入居が決まったら

『入居準備金』をプレゼント! (愛媛県)
http://www.medica-site.com/junbikin/

 

facebook メディカサイト公式ページ

http://www.facebook.com/medicasite


デイサービス・デイケア利用情報広報サービス

『e-デイサービス.COM』 (全国サービス)
http://www.e-dayservice.com/
 
ショートステイ空室情報広報サービス

『e-ショートステイ.COM』 (全国サービス)
http://www.e-shortstay.com/


デイサービス・デイケア事業所 配車・送迎管理サービス

『SO-GEI』 (全国サービス)
http://www.so-gei.com


あなたのブログが、そのまま新聞広報誌に!

『ブログ新聞maker』(全国サービス)
http://www.make-prpaper.com



ママがツクル 愛媛の子育て情報サービス

『母子箱(もこぼっくす)』 (愛媛県)

http://www.mocobox.jp


facebook もこぼっくす公式ページ

http://www.facebook.com/mocoboxehime



等を運営する、メディカグループ 代表 石崎 隆志 のブログです。


石崎 隆志 facebookページ

http://www.facebook.com/takashi.ishizaki.90






テーマ:





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
メディカサイト10周年記念!
メディカサイトコンサルティングセミナーのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇



おかげ様で、メディカサイトは10周年!

皆さまに感謝の気持ちを込めまして、
経営者・管理者向けのメディカサイトセミナーを開催させていただきます。

通常、2時間50,000円~のコンサルティングセミナーを、
1講座2,000円/事業所で開催させていただきます。

メディカサイト会員の事業所は、1講座無料でご参加いただけます。

少人数制で、じっくり聞いていただける内容の講座となっております。
皆さま、ぜひ、ご参加くださいませ。


【日時】
9月13日(火)9:30-16:40(各講座は1時間)


【場所】
愛媛県総合社会福祉会館 第1会議室
愛媛県松山市持田町三丁目8番15号


【講座1】 9:30-10:30 定員10名~20名 2,000円/事業所(1事業所3名まで)
 その場しのぎの対応はもう遅すぎる!
 「毎日取り組む、営業力・集客力・求人力を高める手法」


【講座2】 10:50-11:50 定員10名~20名 2,000円/事業所(1事業所3名まで)
 あなたの事業所の特徴は何ですか?
 「事業所のコンセプト(強み・特徴)の創り方」


【講座3】 13:00-14:00 定員10名~20名 2,000円/事業所(1事業所3名まで)
 地域のフリーペーパー程度の媒体なら半年~1年あれば創れます!
 「無料の広報媒体(ブログ、SNS)を強力な武器に育てる手法」


【講座4】 14:20-15:20 定員10名~20名 2,000円/事業所(1事業所3名まで)
 経費削減額=そのまま粗利
 「介護報酬削減時代に、利益を生み出す経費削減ノウハウ」


【講座5】 15:40-16:40 定員10名~20名 2,000円/事業所(1事業所3名まで)
 攻めるのか?守るのか?どうなる介護業界?
 「これからの介護業界の話をしましょう!」



【お申込み】

フォームからのお申込みはこちらから
https://ws.formzu.net/dist/S37595359/



FAXからのお申込みはこちら
http://www.medica-site.com/events/280913seminar.pdf



(電話でのお申込みも対応させていただきます。TEL 089-907-4056)


※定員に達し次第、その講座は受付終了となりますので、ご了承くださいませ。


皆さま、ぜひ、ご参加くださいませ。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、松山市の日常生活支援総合事業について学ばせていただきました。

今回の話は、あくまで「松山市」についてです。

 

結論から言いますと、とにもかくにも、摩訶不思議な事業です。

 

この仕組みを考えた人は、よほどのバカか、よほど頭が良いか、ということになりますが、

仕組みをつくる厚生労働省のお役人の方が、前者であるとは考えにくいため、後者ということで考えていきます。

 

まず最初に、私、どうも勘違いをしていたのですが、

要支援という仕組みをなくすのではなく、

介護予防事業を介護保険から外して、日常生活支援総合事業という市町村管轄の事業に移行させる、

ということですね。

すなわち、要支援認定は今後も続いていくということです。

 

これまで自立の方のために行われていた、
旧2次予防事業や、ふれあい・いきいきサロン事業等は、

日常生活支援総合事業B型に組み込まれると予想されるのですが、
(間違っていたらすみません。)

 

なんとなんと、

 

利用する場合は、とりあえず「要支援認定」を受けなければならないとのこと。
(松山市の場合)

 

Q&Aでは、事業対象者は従来の要支援者に相当する方であり、要支援者より軽度の方まで対象にすることは想定していないとのことで、

基本チェックリストという仕組みが導入されますが、新規の場合は要支援認定を受けなければならないとのこと。

 

今現在、旧2次予防事業や、ふれあい・いきいきサロン事業等を利用している方は自立ですので、継続して利用するためには「要支援」にならなければなりません。

そんなアホな???という状況です。

 

介護予防デイサービスや訪問介護は、一応、現行相当のサービスとして移行されますが、
1月あたりから1回あたりの報酬へと変更になります。

 

1回あたりになると、おそらく1ヶ所の事業所に縛られることはなくなると想定されるため、これはこれでは賛成なのですが、1回あたりの単価は約10%下がります。

 

これまでの介護予防は、介護事業者にとっては、

「サービスを利用してもしなくても同額の報酬がもらえる!」

ということが魅力であったため、ビジネスモデルは大幅に転換していかなければなりません。

 

ただ、多様なサービスにあたるA型、B型、C型に関しては、単価が安すぎて、まず手を上げるところは皆無に近いと考えられます。

 

ボランティアの人を使えば、人件費は無料または超低賃金で可能!なんていう馬鹿な発想はしていないのとは思うのですが、この単価で運営しようという方はよほど奇特な方と言わざるを得ません。

 

(ちなみに、松山市の介護事業所へのアンケートで「A型に取り組む予定はありますか?」という質問に対して、ほとんどの事業所が「不明」または「行わない」という回答でした。)

 

以上から、現在の介護容貌サービスは「現行相当のサービス」へと移行するのみとなり、

A型、B型、C型のサービスは存在しませんので、要支援の方は、必然的に「現行相当のサービス」を利用することとなります。

 

その結果、「単価はちょっと下がったけど、結局、これまでと同じだよね」という感覚での事業運営が継続されることになります。

 

(仮にA型、B型、C型のサービスが存在したとしても、現状のケアマネジメントは事業所抱え込み型が多数のため、自社のためにも、利用者のためにも、わざわざ他社の単価が安い「中途半端」なサービスをプランに組み込むことは考えにくいのが現状です。)

 

日常生活支援総合事業は、介護保険制度から外れた市町村の独自運営となりますので、

社会保障審議会介護給付費分科会の意見とは別に、単価も独自に変更していくことが可能となります。

 

現在の介護予防事業の単価で、市町村が独自運営することは財政的に難しくなるため、自然な流れで、今後単価は下がっていくはずです。


厚生労働省は、これを狙っているのかな?と考えています。

 

松山市の場合、平成29年4月より「現行相当のサービス」と「A型」がスタートする予定です。

 

ちなみに、平成28年3月までに事業所の認可がおりているところは、日常生活支援総合事業は見なし指定となりますが、平成28年4月移行に認可された事業所は、再度、申請が必要とのコトです。

 

個人的な予言ですが、日常生活支援総合事業のこの仕組み、4年後には崩壊するか全く違う制度になると考えています。

というか断言に近いですね。

 

介護療養病床の廃止や、老人保健施設の医療機能強化型介護老人保健施設への移行など、どれも不可能だったように、無理な制度はどうやっても無理です!

 

(間違いがありましたら、どんどんご指摘くださいませ。)

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

前回は、「懐かしい」の定義も「モノ」や「コト」から考えてみました。


今回は「ウタ」から考えてみたいと思います。


「歌」ですね。



若かりし頃、年配の方々とお酒を飲みに行った際に、カラオケとなると、


いわゆる「知らない歌」ばかりを聞かされておりました。


当時としては「古い歌ばかりだなぁ。知らないなぁ。」などと考えておりましたが、


よくよく考えると、その年代の方々の「青春時代の歌」ばかりです。


私は1973年生まれですが、カラオケで歌う歌といえば、もう20年以上前の歌ばかりです。


今の若い方にとっては、「古い」「知らない」「何それ?」という歌ばかりになってきます。



このことから考えて、「懐かしいと思える歌」を定義してみると、


15歳~22歳 あたりの8年間の歌ということになるのかと思います。



同じく第2次世界大戦(戦争)は、


1941年~1945年、昭和16年~昭和20年


という期間だったことを一つの目安としてみてください。


→ 昭和19年の歌謡曲はこちら


→ 昭和20年の歌謡曲はこちら


さすがに、戦争終盤の歌のタイトルらしきものが並んでいますね。


自由に歌うことも許されなかった時代と推測されます。




例えば90歳のおばあちゃんの場合、1926年、大正15年生まれとなります。


「懐かしい歌」の期間は、昭和16年~昭和23年。


→ 昭和16年の歌謡曲はこちら


→ 昭和23年の歌謡曲はこちら


昭和23年には、「東京ブギウギ」や「憧れのハワイ航路」などがありますね。


時代が変わってきていることを感じます。


ちなみに、美空ひばりさんの「悲しき口笛」の大ヒットは昭和24年、「東京キッド」は昭和25年です。




例えば80歳のおばあちゃんの場合、1936年、昭和11年生まれとなります。


「懐かしい歌」の期間は、昭和26年~昭和33年。


→ 昭和26年の歌謡曲はこちら


美空ひばりさん、高峰三枝子さんらの時代です。


→ 昭和33年の歌謡曲はこちら


石原裕次郎さん、三橋美智也さん、三波春夫さん、小林旭さん、美空ひばりさん、雪村いづみさん、島倉千代子さん、五月みどりさん、ミッキー・カーチスさん、フランク永井さんら、錚々たる方々のお名前が出てきます。




例えば、70歳の女性の場合、1946年、昭和21年生まれとなります。


「懐かしい歌」の期間は、昭和36年~昭和43年。


→ 昭和36年の歌謡曲はこちら


昭和33年の面々に、かまやつヒロシさん、ジェームス三木さん、植木等さん、坂本九さん、村田英雄さん、らが登場してきます。


→ 昭和43年の歌謡曲はこちら


ヴィレッジ・シンガーズや、ザ・タイガース、フォーリーブス、ピンキーとキラーズ、ロス・インディオスなど、グループサウンズやデュオが登場してきます。


伊東ゆかりさん、いしだあゆみさん、北島三郎さん、千昌夫さん、美川憲一さんらのお名前が出てきます。




うわぁ、このリサーチ、面白すぎます!!


こうしてみると、「歌の10年」の世界は、まったく異次元の世界になっていることがわかります。


80歳の方と、90歳の方の知っている歌は、かなりの開きがあるということですね。


もしかすると、もしかしなくても、今も昔も「カラオケ」というのは、同年代以外では、歌っている人意外は楽しくないのかもしれません。


10歳年下の方々の歌っている歌が、知らないものばかりになっているのは仕方ありませんね。




少し話は飛びますが、今の時代、「卒業ソング」も全く違うものになってきているそうです。


「仰げば尊し」が歌われなくなっていることに、先日、驚愕してしまいました。


時代は移り変わりますね。




ちなみに、私が80歳ぐらいのときには、デイサービスのカラオケにて、


GLAYの「Winter,again」 や、B'zの「LOVE PHANTOM」 などを熱唱して、


脳血管が切れかけて、救急車で運ばれていることが想定されます(汗)



さらに下の世代が高齢者になるときには、すべて歌詞がラップだったりして、職員の方がついていけなかったりして(笑)




いずれにしろ、いつの時代も、歌っていうのはいいものですね!





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。