加藤一実@加藤クリニック麻布 総院長のブログ

日々の診療のことやプライベートなど素顔のDr.Katoを公開します!


テーマ:
Aは小鼻、Cは鼻柱、Rは関係性のことです。

まず、正面から鼻を観察した時

鼻尖部(鼻の一番高いところ)と鼻柱の最下点を通る水平線を

2本のラインの中間ラインが鼻腔の上端に接するのが理想です。

鼻腔が縦長でなく横に張っている

変形の多いアジア人ではこの関係が築けません。

次に真横から小鼻と鼻柱の位置関係を見ていきます。

この際、鼻腔の前端と後端を結ぶラインを中心に

上下3ミリくらいの楕円状に鼻腔が見えるのが理想ですが

鼻柱が引っ込んでいたり小鼻が垂れ下がっていたりすると

鼻腔が隠れて見えますし、

小鼻や鼻腔縁が引き上がっていたり鼻柱が下方へ垂れ下がっていると

鼻腔の露出が増します。

ACRの改善の重要性は

鼻の美容外科手術において近年注目されるようになりました。

最近、シリコンインプラントと耳介軟骨を用いて鼻の手術を受けられた

患者さんのビフォアアフター写真を見て下さい。

ビフォア
鼻尖+隆鼻 before 正面

アフター
鼻尖+隆鼻 2W 正面

ビフォア
鼻尖+隆鼻 before 左斜

アフター
鼻尖+隆鼻 2W 左斜

ビフォア
鼻尖+隆鼻 before 左

アフター
鼻尖+隆鼻 2W 左

鼻柱を下方に出したのでACRが改善されています。

また、顔に対する鼻のプロポーションの改善点として挙げられることとして、

鼻根から鼻背にかけてのオーグメンテーションと

それに合わせて鼻尖の位置を決め調整することにより

ナゾフロンタルアングル、ナゾフェイシャルアングル

鼻長鼻高比、コルメララビアルアングル、ナゾラビアルアングル、

コルメラロビュラーアングルなどの

顔と鼻のプロポーションを表す指標がすべて改善されました。

こういった裏付けがあって鼻の形がリファインされたと感じる訳です。

因みにこちらの患者さんは

美容医療に携わっておられるナースさんでしたー。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先ずは術前と術後1か月の写真を供覧します。

ビフォー
鼻尖+隆鼻 before 正面

アフター
鼻尖+隆鼻 1M 正面

ビフォー
鼻尖+隆鼻 before 右斜
アフター
鼻尖+隆鼻 1M 右斜

ビフォー
鼻尖+隆鼻 before 右

アフター
鼻尖+隆鼻 1M 右

鼻根から鼻背にかけて鼻を高くする必要がある場合には、

人工素材だとシリコン、

自家組織だと耳介軟骨や鼻中隔軟骨、

側頭筋膜、真皮脂肪、肋軟骨などを当院では用いますが、

今回は術前の3D画像シミュレーションで

最大で4ミリ以上の鼻根部増量の必要性が認められた為と

他院修正で組織の瘢痕収縮が強かったので

肋軟骨と側頭筋膜の自家組織を用いることにしました。

一般的には肋軟骨のカービングは難しく

術後のワーピング発生が懸念され敬遠されがちで、

肋軟骨を用いるとしても砕片化して筋膜に包み込む方法などもありますが、

今回は僕の信頼する先生の手技を採用することにしました。

鼻尖部位は他院術後の影響で瘢痕が更にキツく展開が困難でしたが、

無事乗り越えて鼻尖を前下方へ延長形成すべく、

また術前に見られた斜鼻の改善も目指せるように考慮して

鼻柱部に肋軟骨を移植して

鼻尖形態のリファインメントの目的でシーングラフトも行い

カバーリングとして筋膜移植をしました。

術後1ヶ月でやや浮腫がありますが

患者さんの満足度は上々です。

肋軟骨採取部位も問題なく痛みも強制吸気時以外は全くないそうです。

今後も経過をしっかりとフォローしまーす。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
明日からしばらくブログお休みなので本日2度目です。

今日はオペ3件でしたが、

いずれも目や鼻の他院修正手術でした。

僕が修正手術を引き受けられる要件として、

患者さんが術後結果に抱いている不満な訴えの中に、

日本人のアイデンティティーを踏まえた整容的観点及び

患者さん本人のフェイシャルプロポーションから見て

客観的な妥当性が認められることがあります。

美人顔は平均顔なのです。

平均的なプロポーションから逸脱した

一見派手にみられるな鼻や目元を求めるのは

基本的に慎まなければならないと思うのです。

今日もそんな術後結果に悩む患者さんが相談にいらっしゃいました。

だからといって

変化量は控えめであればあるほど良いと言っている訳ではありません。

結果に対する妥当性が重要なのです。

以前にも紹介させて戴いた患者さんで

肋軟骨と側頭筋膜を用いて

鼻の修正手術を受けられた方には

リカバリーの為にある意味大きな変化が求められていました。

その方が昨日術後経過の検診にいらっしゃいました。

術前3D画像で術後の仕上がり予想図をシミュレーションしましたが、

ほぼ目標通りの結果が得られてホッとしています。

患者さんに5点満点で満足度を伺うと5点満点の評点を戴きました。

近々ホームページ上にも写真アップします。

ありがとうございます。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先ずは下の写真からご覧下さい。

ビフォア
ミッドCL before

素敵な笑顔ですが、患者さんの悩みは

上まぶたの落ち窪みと目の下のクマが

年を追うごとに顕著になってきているというものでした。

で、治療後のお写真です。

アフター
ミッドCL 1M

術前と違って笑顔じゃないのが残念ですが、

形態的には老化サインは無事に解消されました。

因みに笑顔になると涙袋もできますよー。

ヒアルロン酸注入などを行わずに

自然な涙袋を作る手術も行っていますので、

興味のある方はご相談下さいね。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
当院ナースさんの紹介で

鼻の美容外科手術の相談にいらした患者さん。

お顔に対して鼻がやや小さく感じられるのがコンプレックスでした。

例によってベクトラ使って

3次元写真画像作って術後のシミュレーションして

手術計画を作成しました。

今回は患者さんと協議の上、

鼻根から鼻背にかけてはシリコンプロテーゼを使い

鼻尖形成には耳介軟骨を使って

理想の形に近づくように手術をクローズ法で行いました。

ビフォアと術後5日目のアフター写真を供覧します。

ビフォア
鼻尖 before 正面

アフター5日目
鼻尖 5D 正面

ビフォア
鼻尖 before 左

アフター5日目
鼻尖 5D 左

ビフォア
鼻尖 before 左斜

アフター5日目
鼻尖 5D 左斜

丁寧な手術を心がけた御蔭か

術後5日目としては腫れも少なくてすみました。

顔と鼻のバランスも改善され患者さんも納得の笑顔でしたー。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。