読売新聞社が9~11日に実施した全国世論調査(電話方式)で、平沼赳夫・元経済産業相や与謝野馨・元財務相らによる新党「たちあがれ日本」に「期待する」と答えた人は18%、「期待しない」は76%だった。

 与謝野氏が離党届を提出した自民党の支持層に限ってみると、「期待する」は24%となったが、「期待しない」も71%に上った。民主支持層は「期待する15%―期待しない83%」、支持政党のない無党派層は「期待する18%―期待しない73%」だった。

 調査は無作為に作成した番号に電話をかける方法で行い、有権者在住が判明した1740世帯のうち、1037人から回答を得た(回答率60%)。

JR不採用の解決案、原告団側に提示(読売新聞)
今度は裁判官月給一覧表=阿久根市長、自身のブログに-「お金持ちが判決」・鹿児島(時事通信)
立教大生殺害事件 発生から14年 父親らJR池袋駅で情報提供求めビラ配り(産経新聞)
飲酒運転、免許再取得に「日記」義務化へ(読売新聞)
与謝野氏、新党結成で参院選後に言及へ(産経新聞)
AD