JR西日本は19日、JR福知山線脱線事故を教訓に安全性を高めて設計した新型近郊電車「225系」の試験走行中、車両の屋根上にあるヒューズの収納箱からふたが落ちてなくなったと発表した。ふたは強化プラスチック製で縦約40センチ、横約60センチ、重さ約3キロ。沿線でけが人はなかったが、ふたは見つかっていない。新型電車は17日、報道関係者に公開されたばかり。JR西は車両の製造元での取り付けが不十分だったとみて詳しい原因を調べている。

<サクランボ>4年ぶり豊作 山形県の対策推進協予測(毎日新聞)
小沢氏「疑惑がないこと明確にして頂いた」(産経新聞)
ソニー銀元行員を逮捕=口座から4000万詐取容疑―警視庁(時事通信)
石垣市長、小田原市長の所信表明演説を引用(読売新聞)
農家支援の低利融資拡充=口蹄疫問題で―農水省(時事通信)
AD