神奈川県内で店舗展開する生活協同組合「コープかながわ」(横浜市港北区)のハーモス荏田店(同市青葉区荏田西)が、廃棄すべき売れ残りの豚肉をカツ重などに調理し、販売していたことが7日、分かった。

 コープかながわなどによると、同店は3月28日、冷蔵状態の豚カツ用の生ロース肉を仕入れた。消費期限は当日中で、売れ残りは廃棄する規則だったが、同店は残った330枚を冷凍保存し、4月24日までに調理して「茶美豚のとろとろかつ重」と「茶美豚のとろとろかつ丼」として250枚を販売。「茶美豚のとろとろかつ重」の購入者から「酸っぱい」という苦情があり発覚したという。

 また、カツ重などには食品衛生法で義務付けられている原材料名などの表示もなかった。

 コープかながわは今後、購入者を特定し、直接おわびする方針という。また、回収した商品を検査したところ、これまでのところ細菌数などについての問題はないとしている。同コープは店内調理を行っている他の64店舗で立ち入り調査を行ったが同様な事例はなかったという。

【関連記事】
コープにバイオディーゼル燃料のスタンド設置/横浜
ユーコープが22日に野菜大放出、2~3割引きに/神奈川
産学連携で高校生が「エコ中華まん」開発/相模原
親子連れらが正月飾り作りに挑戦/秦野
おせちに「神奈川の味」がぎっしり/横浜の弁当・総菜店が発売

<豊川一家殺傷>父の給料管理は容疑者の自立目的(毎日新聞)
参院選 与党、厳しい過半数 民主、候補者100人超に(産経新聞)
<鳩山首相>2大政党制「収れんしにくい」(毎日新聞)
日銀が2兆円を即日供給=昨年12月以来-市場に安心感与える(時事通信)
介護サービスへの苦情、1割減-東京都国保団体連合会が調査(医療介護CBニュース)
AD