今日はあまりにもいい天気だったので、勉強もせずずっと街をふらふらしてました。

そこで、あまりにものどかな光景を見かけたので、ビデオにしてみました。


One Day in Wellington


興味のある方はぜひのぞいてみてください。



AD

ポカポカ。

テーマ:

先週金曜日にMaraeへ行ってきました。

今回は学校の団体というわけではないので、先生のお母様からいろんなお話を聞けて大満足!

中国から来た先生も、暖かいおもてなしにとても感動していたようです。

このMaraeは、コフィー アナンさんも訪れたのですね。壁に写真が飾ってありました。

そのほか、姉妹都市である大阪方面からも日本人もたくさん来るようですし。

とってもインターナショナルなMaraeでした。



後は、週末から今週にかけて、とにかくお天気がいいです。

クララも家にいるより、外のほうが気持ちがいいことに気づき、草むらでお昼ね。

「ゆびぱっちん」をすると、もうダッシュで草むらから飛び出してきます。


このお天気いつまで続くのでしょうか。。ポカポカしてとっても眠いです。


AD

Maraeへ行こう!

テーマ:

今週もお休みモード続行中ですが、宿題たまってます。今日は、そろそろ始めないと後が恐ろしいです。。

私の頭の中はまだまだ休み足らないようで、遊びに行くプランばかりを考えてます。


昨日は、J君に中国人の教授をMaraeへ誘ってみてはどうか聞いてみました。

せっかくNZにいるのですから、車に乗って少し足を伸ばしてみるのもいいのですよね。

もちろんJ君は大賛成。


早速、学校の先生にメールを出して、どなたか案内していただけないか聞いてみました。

すると、先生は電話を下さり、「出張なので私は案内できないのだけれど、母があなたを待ってるから!」と。

しかも、今週の金曜日。ドライブがてら行ってきますよ!


余談ですが、私の行くWaiwhetuのMaraeのそばには、Puketapuという名前の通りがあります。私の先生の姓もPuketapu。

その名前はマオリとヨーロピアンセトラーとの条約 「Treaty of Waitangi」にもあります。

先生の先祖はWaiwhetuで暮らし、この地の代表的な存在だったようです。


Maori人はヨーロピアンがNZに来る前は、言葉だけでで文化や歴史を受け継いでいました。

書いて記録する、というより子供から孫へ、そして代々と語り継がれるのですね。

先生の授業では、そういった語り継がれた話をいくつか聞きました。私は、こういったストーリーにとっても興味があります。


日本にも、いろんな土地に様々な言い伝えがありますよね。

子供のとき奈良の吉野にある父の実家へいくと、お寺へ行って和尚さんにいろんな話をしてもらっていました。

あのときの気持ちにとっても良く似ています。

金曜日も先生のお母様にいろんなお話を聞かせていただけるのではないかと、今からわくわくしています。


後は、今後の新たな目標が出来ました。それは、語学の勉強です。語学が好きで好きでどーしよーもなかったので、来月から夜間でマオリ語を習おうかと思っています。テキストのない、言葉だけで教えるMaori語。


勉強も中途半端にならないよう気をつけますが、これはどちらかというと趣味の世界。

せっかくNZで暮らしているのでNational Language(英語・マオリ語)をどちらもチャレンジしてみたいと思っています。


あ、野望ばかりで現実がついていってないかも!

今日は、しっかり勉強します。



AD

ぐうたら。

テーマ:

今日は、思い切りオフで久しぶりに家でぐうたらしてます。

このところあまりの忙しさに、自分が好きな一人のぐうたらワールドをすっかり忘れてました。


ぐうたらワールドでは、部屋の普段見ない押入れの奥、引き出しなどを引っ掻き回します。

掃除するわけではなくて、「なんかないかな。。。」と、本当にひっくり返すだけです。


意外なところで、意外なものを発見!(もともと自分のものなんですけれどね。)ということもあります。

さっきは、お気に入りの耳かきを発掘しました。


何もなければ、ずっと家でこもっていたい、と思うくらい家好きなのですが、やっぱり外には未知の世界もあるわけで。。

そこに、惹かれるように学校へ行ったりしてるんですね。


まだまだ課題が山積ですが、今週日曜までは自由にのびのびするつもりです。

お気に入りのパン屋へ行って、カフェへコーヒーでも飲みに行こうか。。


掃除は。。。。。。

週末に2人で協力してやります。一人のときは、一人を満喫したいのです。。



                    <ぐうたらワールドの相方クララ>

引き続き、多忙な日々。

テーマ:

日曜日ブレナムから帰って、メールを開くと、妹からのメッセージが。

「おじさん亡くなったよ。」


そうか、入院生活も続いていたし、気持ちの上ではある意味覚悟もしていたのですが、やっぱりショックです。70歳にもなっていなかったですし。。。。


妹は日曜日に身内だけの結婚パーティーを予定していました。

これは、知らなかったのです。母や私に伝えたつもりでいたのでしょうけれど、日曜日父の携帯に電話すると「パーティーは、キャンセルしたけれど、白無垢を着て写真撮ったから!」と。


そして、妹からはその夜に白無垢姿の写真がメールに添付されてきました。

なかなか良く撮れてました。お腹も少しだけふっくらとして。。。


体力的にも精神的にも疲れていたのですが、妹の写真を見たtらなんだか元気が沸いてきました!

おじは、病院が大嫌いな人だったから、もう苦しまないでいいのだと思ったら、気持ちも楽になりました。


月曜のプレゼンテーションは、いろんな思いを胸に抱えながら挑みました。

自分の道を選んで生きられる幸せや、大変だからこそ感じる充実感も。。。


多忙ですが、へこたれません。へこたれても這い上がろう!


多忙な週末。

テーマ:

金曜日は授業の後、飛行機(20分、帰りはフェリーで3時間半ぐらい)でブレナムへ行って来ました。

あわただしくパーティー会場になるJ姉のおうちへ向かいます。


当日は、25人ぐらいになると聞いていたのですが、なぜか家族を含めて10人ちょっと。。ちょっと寂しい気がしたのですが、J父はもっと落ち込んでいました。J母の同僚を10数人招待していたのに、そこがすっぽり誰一人来てれなかったのです。ま、それでも久しぶりにロンドンからやってきたJ兄とその奥さんと、2年ぶりの再会を楽しんだりもしてました。


後片付けをして、その日は姉の宅に泊めていただいて、翌日J父母の家へ。

先週からの忙しい日々もあり私はかなり疲れ気味だったので、土曜日はただただ暖かい一日をのんびり過ごしました。

ウェリントンではまだ味わうことのない春です!(いや、夏に近かったかも。。)


夜8時ごろ夕食の後片付けをしていると、なにやら来客の模様。

一気に10数人がやってきた!


ここで、発覚。

J父は、パーティーの日にちを伝え間違えていたのです。。みんなで大笑いしてましたが、何よりもうれしそうなJ父母の姿がほほえましかったです。


ここで、夕食を食べ終えてしまったことに気づき、Jはフィッシュアンドチップスとビールを買いに走り、私は飲み物やスナックを用意するので大慌て。深夜まで、楽しいひと時は続きました。



月曜日の今日は、グループプレゼンテーション。

昨日帰宅してからちょっとしか練習していなかったので、どきどきしていたのですが、いざ始まってみると今までになく落ち着いて出来ました。(疲れていたので肩の力が抜けたんでしょうか。。)クラスメートからはポジティブなコメントをもらったので、まず一安心。



私が大忙しの日々を送る中、日本でも色々ありました。

今日は、早めに寝るのでまた後日Upしますね。