幸せワインの達人講座♪林麻由美@東京青山・銀座

ワインのある生活を通して人生を豊かに輝かせ、毎日を美しく彩る秘訣をお届けします♪

企業、オンラインショップ、イベントにマッチしたワインセレクトやセミナーを行うワインスタイリング・ソムリエです。ワインの選び方でお料理をさらに美味しくさせる方法、実際にどんなワインがパーティやイベントでコーディネートされているのかなどの情報をお伝えしていきます♪




ベル林麻由美ホームページhttp://wine-style.jp/


ベル林麻由美Face Book http://www.facebook.com/Mayumi.Dohmen


ベル25ansのエレブロガーページ ワイン研究家・林麻由美の幸せワインな生活



ワインセミナーについてのお問い合わせは、メッセージでお気軽にどうぞ!





テーマ:

本日、アカデミー・デュ・ヴァン銀座校で、

ガストロノミック・エキスパートの山下早苗先生とのコレボレーション

「ワインにピッタリ♪TOKYOスタイルのおもてなし」が開催されました。

小雨の降る寒い日でしたが、道に舞い落ちたイチョウの葉っぱの絨毯が綺麗で、

なんだかウキウキした気分で、交通会館ビルに向かった私なのでした。

会場に到着して、早速準備スタート!

Musicは去年ZARAで購入した「クリスマス・ジャズ2」です。

ZARAはお手頃で、あの空間のセンスが好きで、よく覗いています。

こちらは去年お店に立ち寄った時に流れていた音楽。

 

クッキング講座の音楽を選ぶときの基準は

1、個性が強すぎない

2、その場のテーマに沿ったもの

3、セミナーの話の邪魔にならない軽やかさ

 

なのですが、これがなかなか見つからず(;'∀')

これは即気に入ったものなのですが、毎年ヘビロテしています。

早苗先生が準備されたテーブルは、ブラック&シルバー☆

いつもながらに、とってもシックで、大人のクリスマスですね♡

まずは皆様に、コルトンひでこ先生直伝ウェルカム・カクテルをお配りしました。

「エルダーフラワーブルーム」は、プロセッコにサンジェルマンというリキュールをちょっと加えるだけで、

簡単にできてしまうのです♪

瓶もお洒落で素敵♪

 

さて、今日の1品目は「あんぽ柿とブッラータの前菜」

ブッラータチーズ、煮詰めたバルサミコ酢、濃厚な柿、揚げクルミ、バジリコ、オリーブオイル、黒胡椒

すべてがきちんと自分を主張しながら、素晴らしく調和しています♪

これは美味しい!

ワインはカデルボスコのフランチャコルタ「キュヴェ・プレステージ」を合わせました。

私の大好きなフランチャコルタなのですが、このお皿には白ワインでも合いそうです。

2品目はサルティンボッカ。

滑らかな質感の子牛肉を、セージと生ハムが引き立てて、美味~♡

こちらには、神の雫第20巻で本間チョースケ氏がおすすめしていた

バスティアニッチのヴェスパ・ビアンコを合わせます。

ソーヴィニオン・ブランのハーブ香りとセージ、子牛の滑らかさとシャルドネの密度感がピッタリ合います♡

 

続いて、ブルネッロのリゾット♪

もうこれにはブルネッロしかないでしょ~

ということで、アグリコーナ・ヴァーヴェナのブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リゼルヴァを合わせました。

サンジョヴェーゼは完熟させるのが難しいのですが、モンタルチーノのエリアは秋の天候が良く、

完璧にブドウが熟します。

だからブルネッロ・ディ・モンタルチーノは、サンジョヴェーゼ(ブルネッロ)100%と決められているのですね。

完熟して濃厚、チョコレートのような強さと質感のタンニンを持つブルネッロは、私のお気に入りでもあります。

デザートは「サラーメ・ディ・チョコラート」

これ、全体像を撮るのをすっかり忘れてしまったのですが、まるでサラミそっくりなのです!

その姿が可愛く、驚きもあるので、パーティが盛り上がること間違いなしの一品☆

 

早苗先生のお料理は、初心者の私でも「作ってみようかな」と思えるほど簡単で、

なおかつ大好きなイタリアの風満載なので、旅好きにもピッタリですね。

 

さて、今宵の素敵なセミナーを盛り上げてくれたもの、もう1つが「プルミエール」のツイード・フレアー・ワンピ・フクシア

お子様体形で、既製服のサイズが合わない私のために、

デザイナーでオーナーの大岡加奈子さんが、いつも素敵なお洋服を作ってくださるのです。

ツイードのお陰か寒がりの私も、タイツとブーツ着用で、カーディガンなしでも大丈夫でした。

半年に1回開催されるこの講座、次回は2018年9月の予定です。

素敵なワインをご紹介させていただくのが、楽しみでなりません(^^♪

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)