ありがとうおじさんの話

幸せは探し求めたら逃げていくんですよ、
待ってたらいいんです、待ってたら。

「ありがとうございます」を唱えて待ってたら寄ってくるの。
寄って来るって、もう既にあるんですね。
もう既にあるのに気づくだけなんですね。

特に「思いの心」というのは霧のように立ち込めて、
まわりを見えなくしてるんですけど。

先ず「ありがとうございます」で、自分の心に溜めた思いが
ぜんぶ消されていくんですね。それで、

まわりが霧が晴れたように見えだすんですね。
そしたら「無限の幸せが一杯あった」

というのに気づいていくんですね。

不思議なんですよ、この「ありがとうございます」はね。
一日に何万回か何ヶ月か唱えてみるとよくわかるんですね。

本当にまわりが輝いて見えてくるんですね。
最初から輝いているんですよ、みんなね。

それが見えてくるように、
気づくようになってくるんですよね。
AD
ありがとうおじさんの話

この「ありがとうございます」を唱える時は、
もう純粋な心、無心の心でいいんですね。

神様の最高のプレゼントを受けるために、
その心を調(ととの)えるために「ありがとうございます」

を唱えるの。そうすると、自然に神様からのプレゼントを
無限にいっぱい受けられるように変わるんですね。

もう、今更願うことは何も無いんですね。
既に与えられてるのに気づいていけばいいという、

気づきが増えてくるんですね。
「ああ、こんなにも与えられていた」
というのがよくわかってくるね。

幸せは探し求めたら逃げていくんですよ、
待ってたらいいんです、待ってたら。「ありがとうございます」

を唱えて待ってたら寄ってくるの。寄って来るって、
もう既にあるんですね。もう既にあるのに気づくだけなんですね。

特に「思いの心」というのは霧のように立ち込めて、
まわりを見えなくしてるんですけど。先ず

「ありがとうございます」で、
自分の心に溜めた思いがぜんぶ消されていくんですね。

それで、まわりが霧が晴れたように見えだすんですね。
そしたら「無限の幸せが一杯あった」

というのに気づいていくんですね。
AD

愛語

ありがとうおじさんの話

本当の愛語は「感謝」なんですよ
「ありがとうございます」だけ。

「ありがとうございます」が、神さまと一体化する言葉ですよね。
「愛」というのは神さまとの一体感の言葉ね。

「愛はすべてと一体」という意味でしょう。
一つに合体して合ってるっていう、合一してるという意味ですよねえ。

「愛」が一体感だったら「ありがとうございます」
が全てと一体化する言葉なんで「愛語」というと

「ありがとうございます」だけよね、本当はね。
AD
ありがとうおじさんの話

一言「ありがとうございます」を
繰り返し繰り返し使ってるうちに、

心の向きが「ありがとうございます」という方向へ
向くんですね。「ありがとうございます」

という言葉の本体が宇宙の大神さまなのね。
無限に無限に輝いた姿をとる宇宙の大神さまを

指し示してるのね。だから「ありがとうございます」で、
スーッと心が神さまのほうに向いてしまうわけですね。

そうするといつの間にかプラスの感謝の心になって、
無限の無限の輝きが一杯!という状態を感じる心の状態に

入っていくわけですね。だから、言葉の繰り返しと
いうのがやっぱり大事なんですね。

掃除

テーマ:
汚れた部屋にはマイナスエネルギーが
充満してしまうそうです

だから住んでいる人の運気をどんどん
悪くしてしまいます。

悪い気を払い、プラスのエネルギーを取り込む
そのための最も簡単で

効果的な方法が掃除みたいです

さて、今日はどこを掃除しようかな・・・

捨てる

テーマ:
捨てる!と
とっても気分がいいです

また
禅は「捨てること」を良しとするそうです

場所の清算、記憶の清算、関係の清算、
捨てて清算することで、土壌が肥えて、

新しいスペースも生まれて、
また新しい芽が育つという発想のようです

ありがとうおじさんの話


眠るのは魂が肉体から抜けて神さまの
大きいエネルギーを受けるために高い次元へ

上っていく為に眠るんですね。
その寝しなにありがとうございますを

しっかり唱えて寝るといいです。
そうすると高い世界へスッと上るんです。

高い世界へ上がるということは
ありがとうございますを唱えて上っているんです。

それで大きい光を受けていることになります。
だから寝しなにありがとうございますを

一生懸命唱えて寝ると寝てる間
ずーっと唱えているんです。

自分が気付かないだけです。
表面の意識で気付かないだけで奥の意識では

ハッキリ判るんだけどズーッと祈っているんです。