皆さん!こんにちは松崎です。

 

「ベルサイユのばら」の舞台となった18世紀のパリはウンコだらけだったそうです。

 

18 世紀のパリは街が整備されておらず、おまけに一般家庭にトイレがなかったため、市民は毎日おまるの中身を窓から通りに投げ捨てていました。

 

街中ウンコだらけで、強烈な臭いの中で生活するって、どんな世界でしょうか?

想像しただけで、笑いが込上げてきます。

 

まるで今売れに売れている『うんこ漢字ドリル』の世界が本当にあったのですね。

 

みんなで少しずつ分タンして、うんこを持ち帰ろう。

うんこパーティの費用は父が負タンしてくれた。

うんこファンにはたまらい本が出パンされた

すもうのタイ戦相手がまわしにうんこをつけている

きょうのうんこはとってもオイ味しい

AD