マットゥンの直感ブログ

僕自身が思ったままの事を書きたいと思います。

訪問していただきありがとうございます。(*^O^*)
野球(千葉ロッテマリーンズ)を中心にテニス、ラグビー
モータースポーツなどスポーツ好きで
好きなスポーツ選手はフィンスイミングの藤巻紗月選手
好きなアーティストは池田綾子さん(〃'▽'〃)
芸能人では日向千歩さんのファンです!!(≧∇≦)
ツイッターもやっておりアカウントはmattwun58です。
皆さんよろしくお願いします!

テーマ:


このブログでも何度か
紹介させてもらっていますが
私の好きなシンガーソングライターの
池田綾子さん得意げ

その池田綾子さんがパーソナリティを務めている
FM-Fujiさんで日曜午後6時から放送されている
Seed of Life

その番組でメール、FAXが番組内で紹介されると
池田綾子さん直筆サイン入りの
ポストカードが紹介された人に
プレゼントされるのですが
私の元にも届きましてニコニコ

ただ一つ悲しい事があせる
私、ここ数週番組を聞き逃して
自分のメールが紹介されたの聞き逃したショック!
(だってあんな内容の無いメールで
紹介されるなのて夢にも思わなくて…汗)

とりあえず再び今日からは聞こうべーっだ!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
このブログを読んで下さっている
心優しい皆さん、こんばんは

今回はプロレスの“夏の風物詩”
G1 CLIMAXについて
メンバー発表となったので
書いてみようかなと
今年は1月に中邑真輔選手や
AJスタイルズ選手などがWWEへ
だからこそ出場メンバーがどうなってくるのか
楽しみな側面もありました。

私が勝手に予想していた20選手では
(本隊)棚橋選手、柴田選手、永田選手、小島選手
天山選手、真壁選手、本間選手、エルガン選手
(CHAOS)オカダ選手、後藤選手、石井選手
矢野選手、YOSHI-HASHI選手
(ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン)
内藤選手、EVIL選手
(バレットクラブ)ケニー選手、ファレ選手
タマ・トンガ選手
あと2枠を現在、新日本の事実上の傘下である
NOAHから1選手(丸藤選手か潮崎選手)
共同大会を開催するなど
関係の深いROHから1選手と予想

そして発表された
G1 CLIMAX26出場メンバー&ブロック分け

<Aブロック>
“暴走キングコング”真壁刀義(13年連続13回目の出場)
“剛腕”小島聡(7年連続15回目の出場)
“CHAOSの特攻野郎”石井智宏(4年連続4回目の出場)
“混沌の荒武者”後藤洋央紀(9年連続9回目の出場)
“ジ・アンダー・ボス”バッドラック・ファレ(3年連続3回目の出場)
“バッドボーイ”タマ・トンガ(初出場)
“Cold Skull”SANADA(初出場)
“方舟の天才”丸藤正道(NOAH/4年ぶり2回目の出場)
“レインメーカー”オカダ・カズチカ(5年連続5回目の出場)
“100年に一人の逸材”棚橋弘至(15年連続15回目の出場)

<Bブロック>
“ザ・レスラー”柴田勝頼(4年連続6回目の出場)
“ブルージャスティス”永田裕志(18年連続18回目の出場)
“みんなのこけし”本間朋晃(3年連続3回目の出場)
“ビッグマイク”マイケル・エルガン(2年連続2回目の出場)
“崇高なる大泥棒”矢野通(10年連続11回目の出場)
“ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン”内藤哲也(7年連続7回目の出場)
“キング・オブ・ダークネス”EVIL(初出場)
“THE CLEANER”ケニー・オメガ(初出場)
“ジ・アグレッション”中嶋勝彦(NOAH/初出場)
“HEAD HUNTER”YOSHI-HASHI(初出場)

そうですね、予想と違ったのは
ROH勢の参戦なくNOAHから2選手
丸藤選手と中嶋勝彦選手だったこと
天山選手のまさかの落選
(これも時代の流れか…)
L・I・JからSANADA選手が入ったことか
(SANADA選手は全日本時代からの
推し選手の一人ですが
個人的にはYOSHI-HASHI選手と枠争いで
大阪でYOSHI選手からギブアップ負けで落選と
読んだがこれは大外しというか
棚橋選手の復帰戦のカードなど
やたら主要カードに名前が載っていて
)


にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村


千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
このブログを読んで下さっている
心優しい皆さん、こんにちは

今日は昨日の埼玉西武vs千葉ロッテで
初回アウト2、3塁の場面で
デスパイネ選手のショートゴロで
ホームに突っ込んだ3塁ランナー高濱選手が
三本間に挟まれてランダウンプレーに
そこでライオンズさんの守備が少しもたついて
高濱選手がホームへ
際どいプレーも審判はアウトの判定
そしたらロッテ伊東監督が登場し
実質チャレンジみたいな形となり
ビデオ判定に(監督が登場したらビデオ判定
これもどうかなと思うが
今回そこは置いといて)

審判の協議がやたら長い
そりゃビデオ見てもアウトかセーフか
何とも言えないプレー
ビデオ判定なのに10分以上時間が
経っていく…
(野上投手がかわいそうで汗)
結局、セーフに覆る

【ロッテ】“ビデオ判定”でロッテが先制
(スポーツ報知さん)

この記事の写真見るとアウトに見えるし…
結局今回何を主張したいのかというと

判定に時間を掛ける審判ばかりを
責めても解決にはならない
結局はビデオ判定するも
そのビデオの台数も精度と低くて
今のレベルではとてもじゃないが
チャレンジ制度導入なんぞ、無理無理パー

コリジョンルールもそうだが
MLBの導入したルールを上っ面だけ
マネしてもそれは今回の判定のように
時間は掛かるし、そもそもビデオ判定なのに
誤審にすらなるでは本末転倒だ…ショック!

そもそも今のNPBは
『ビデオ判定するほどのカメラの数がありますか?』

ホームランやフェンスへの打球と
ホームのクロスプレーでは
ビデオ判定導入されているけど
ビデオで見たってわからないことが
今回のケースのようにあり
ホームランとホームベース上のプレーでさえ
こうなのだから、MLBのような範囲となると
当然もっとカメラの数が必要になる。
簡単に「導入します」で出来るほど簡単なものではないあせる

メジャーリーグ中継を見ていると
1つのプレーに対して、色んな角度からの映像があり
それだけカメラの多いのですが
こういう状況に整備してこその
ビデオ判定導入の可否であり
最近野球ファンのブログ、ツイッターなどでも
チャレンジ制度導入の是非を語る
野球ファンも多いですが
チャレンジ制度導入よりも
まず中身の議論がスッカラカンの
現状の日本では論ずるレベルにない
と私は思っております!!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
このブログを読んで下さっている
心優しい皆さん、こんばんは

今回はここまでのマリーンズの一軍で
プレーした選手を私的評価していきたいと思います。

まずは捕手
田村選手 今年は昨年以上に正捕手として
チームに貢献の形、バッティングは送りバントは
ほぼ失敗なくよくやってくれており
後は昨日の走塁で二塁行き損ねるなど
集中力のないプレーは避けたいべーっだ!

吉田選手 逆に今年出番を減らしてしまっている
吉田選手、とにかくまずは一本のヒット
そこからスタートをビックリマーク

江村選手 今年はここまで3試合しか出場なく
なかなか大変なポジションだが
田村選手、吉田選手よりキャッチング能力は上
というアドバンテージを最大限生かしてチャンスをグー

続いて内野手
アジャ井上選手 開幕戦最初の打席で
大谷投手から2点タイムリー二塁打を
打って良いスタート、その後千賀投手から
ホームランを打つも不振で二軍降格
まずは二軍でもう一度バッティング向上をえっ

井口選手 まだまだストレートにも対応するなど
内容から衰えはまだまだなく
基本、代打の切り札で時々スタメンの使われ方も
ベテランの井口選手に合っているのかなとパー

高濱選手 開幕戦大谷投手から
初回送りバント成功でチームに流れを作った
その後なかなか率が上がらずも
札幌ドームでヒーローになり
今後の活躍期待の流れでまたケガ…
高濱選手はいつも大事な時期にケガをするのが
ファンの皆さんも惜しい気持ちなのではショック!

細谷選手 開幕スタメンこそ逃したものの
開幕3戦目に代打で一発回答のヒット
そこからスタメン獲得すると
4月中旬頃には首位打者に
そこから全然ヒットが出なくなるも
昨日久々のヒット、もう一度ここから反撃だ!!

根元選手 昇格時は成績からいっても
香月良投手同様謎昇格でしたが
ここまでスタメン時は恐怖の9番打者として
素晴らしい活躍、ただここ出場2試合無安打
好調を継続出来るかべーっだ!

ナバーロ選手 実弾所持による4週間の
出場停止が明けて一軍昇格してきたナバーロ選手
打点をそれなりにあげるなど
悪くはないですが、
ホームランはなく、打率もまだまだ
守備走塁に緩慢な部分はあり
ある意味評判通りでもある。

三木選手 基本的には代走なり守備固めの使われ方
スタメンチャンスで結果を残していると
更なる飛躍になっていたかなと思いますが
まずは出場した場面で仕事して
信頼を勝ち取っていこうビックリマーク

中村選手 最近特に結果を出して
1番打者定着しつつある中村選手
走塁、守備に大きなミスもなく
2年目の飛躍のシーズンに
ここまでなっていますねグッド!

鈴木選手 今年はより一層の飛躍の
シーズンとなっている大地選手
打率も3割をほほキープしつつ
守備も頑張って全体的に頼れる選手に
格が上がっています得意げ

外野手
清田選手 今年はここまでは苦しいスタートと
なりましたが昨日は同点ホームランに
サヨナラヒット、ここから昨年のような活躍をべーっだ!

角中選手 ここまで悪くないものの
得点圏打率の低さから
必要以上に悪い印象ですが
3割前後打っており
印象の悪さで損しているイメージ

岡田選手 今年はバットを長く持つなど
バッティングスタイルの変更
それが力強い打球に繋がっており
打者として一皮向けたかな
守備は相変わらずさすがの一言べーっだ!

荻野選手 今年は打撃もイマイチだった上に
お約束?のケガ、外野手争いの中で
存在感が薄くなりつつある
まずは復帰を待ちます。

伊志嶺選手 今年もなかなか出番が
与えられなく二軍降格後
二軍でも基本9番打者か…

加藤選手 昇格後まずまずの活躍
送りバントも失敗した後に
次はバント成功と同じミスはせず
これからレギュラー獲得なるかビックリマーク

指名打者
デスパイネ選手 今年は不動の4番として
開幕からいてくれるニコニコ
これだけでマリーンズには大きく
要所で存在感も発揮してくれていますし
あとはシーズン通して疲れが出た時だけかな
心配な事といえば

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
マリーンズの話をする前に
錦織圭選手がATPマスターズシリーズ
自身2度目の決勝進出
を果たしましたクラッカー

これは凄い事でトップ選手が集まる
マスターズシリーズですからね!!

特に準々決勝の
モンフィス戦は凄い試合
でした。

錦織選手とモンフィス選手の戦いは
今年のスポーツ名勝負に間違いなく入るよなぁ

試合後のモンフィス選手の笑顔も
またこの試合の素晴らしさを改めて強調


負けたしまった後にあのような
対応をしたモンフィス選手に
解説の辻野隆三さんが
(モンフィス選手を)人として尊敬すると
発言していましたが私も同じ気持ちになりましたビックリマーク

残念ながら決勝で世界1位の
ノバク・ジョコビッチ選手にストレート負け
となりましたがマスターズシリーズの決勝進出は
今後の錦織選手に期待します得意げ

それでは週間マリーンズ
3月29日~4月3日編行きましょうべーっだ!

まずは3月29日の試合
ロッテ12-2楽天さん

この試合は先発石川投手がまずは
粘り強く投げて7回1失点
打線もなかなか辛島投手を攻略出来ない中
1-1の同点6回2アウト満塁のチャンスを作って
辛島投手を降板させて代わった直後の横山投手から
岡田選手が勝ち越しの走者一層
タイムリースリーベースで勝ち越し成功すると
7回と8回には鈴木大地選手のパ・リーグ1号となる
ホームラン&2号ホームランなどで最終的には
12得点の猛攻で素晴らしい勝利でしたニコニコ

この試合のマンオブザマッチ
岡田選手、満塁のチャンスに勝ち越し
スリーベース&3安打猛打賞

技能賞、石川投手7回1失点で
今シーズン初先発で
期待通りの勝利投手

殊勲賞、鈴木大地選手
本人もビックリはてなマークの1試合2本塁打

敢闘賞、細谷選手
今シーズン初スタメンでマルチ安打

続いて3月30日の試合
ロッテ0-5楽天さん

この試合は楽天美馬投手に完敗でしたね
見事なまでに完封されてしまい
ロッテ期待の先発投手の
二木投手も10安打打たれるなど
とにかく完敗でしたショック!

マンオブザマッチ
美馬投手(楽天さん)
わずか3安打での完封勝利

殊勲賞、今江選手(楽天さん)
古巣相手に猛打賞

技能賞、ゴームズ選手(楽天さん)
来日初猛打賞

敢闘賞、南投手
1イニング3三振の完璧リリーフで
アピール成功

続いては4月に入り
京セラドーム大阪での
オリックスさんとの3連戦

まずは4月1日の試合
ロッテ4-3オリックスさん

この試合はマリーンズ内野陣にミスが
多かったのですが涌井投手の粘りの投球と
大地選手の見事な勝ち越しホームランで勝利

マンオブザマッチ
鈴木大地選手
3打数3安打に決勝ホームラン
送りバントもきっちりで完璧な仕事

殊勲賞、涌井投手
味方の守備の乱れもありながら
粘り強く投げて開幕2戦2勝

技能賞、岡田選手
猛打賞で1番打者のレギュラーへ近づく

敢闘賞、内投手、西野投手
1点リードの8回と9回をきっちり抑えて
チームに勝利をもたらす

続いて、4月2日の試合です。
ロッテ6-2オリックスさん

こちらは前半は大嶺祐太投手と
オリックス近藤一投手の投げ合いとなり
5回に細谷選手と清田選手の
連続タイムリーツーベースで2点先制
しかしオリックスさんもすかさず
西野選手と糸井選手の連続タイムリーで同点
リリーフ勝負となりますが
マリーンズは7回に角中選手の
2点勝ち越しツーベースでリードすると
8回にも代打井口選手の2点タイムリーツーベース
マリーンズは7回から
藤岡投手→松永投手→益田投手で逃げきり
結果的に益田投手に久々のセーブが付きました。

マンオブザマッチ
細谷選手、プロ初猛打賞

技能賞、藤岡投手、松永投手、益田投手
藤岡投手は7回をきっちり3者凡退
松永投手は8回、西野選手と糸井選手の
左打者をきっちり抑えて
益田投手は久々のセーブ

殊勲賞、大嶺祐太投手
今シーズン初勝利!

敢闘賞、角中選手
3安打猛打賞で開幕から絶好調

最後に昨日の試合です。
ロッテ1-3オリックスさん

この試合はオリックス
ディクソン投手に抑えられて
今回もスタンリッジ投手を援護出来ず
非常に残念でした。

マンオブザマッチ
ディクソン投手(オリックスさん)
9回1失点完投勝利

技能賞、ボグセビック選手(オリックスさん)
見事な猛打賞でモレル選手もそうですが
今年のオリックスさんの外国人選手は当たりかな

殊勲賞、糸井選手(オリックスさん)
7回に試合を決める
2点タイムリーツーベース

敢闘賞、スタンリッジ投手
今回も味方の援護が無い中
7回3失点としっかりゲームを作る

一応混戦パ・リーグの中で
単独首位のマリーンズですが

明日からはパ・リーグ優勝候補の
福岡ソフトバンクホークスさんとの3連戦
よーし、石川投手に
あれっ、予告先発は二木投手!?
ナニナニ、石川投手は寝違えた
こりゃ明日からは厳しい試合かなあせる

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ<
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。