滋賀県近江八幡市から日本国のリフォーム              ブログで言うDay 一級建築士・松井秀夫 

滋賀県近江八幡市から地域の文化価値を活用し地域の活力を作る
近江の町家活用の事は、一級建築士・松井秀夫にご相談を。ID:yqy414

私は自分を愛しています

私は日本を愛しています

私は近江八幡を愛しています


松井秀夫のブログで言うDay


このブログはリンクフリー(至らぬ点御容赦)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ID:20i8d5
 


テーマ:
”国連は成立時から偏り腐っている”というのはGHQの時代からそうなんですね

国際連合は平和に貢献できない組織という事を戦争が起こっても話に入るだけで何にもできない、難民問題でも結局各国任せで何にも核心的な事ができないという現状から多くの方が確認されているのではないでしょうか

戦後70年たっても世界から戦争や軍事的脅威は無くなっていません、国際的にも日本が未だに不安全な状態から抜け出る事が出来ないでいます。

そこには未だに戦争の原因も国際連合の本当の姿も知らずに正しい政策を打ち出そうとする矛盾が存在しているからにほかなりません、つまり原因を知らずして悪いところを直そうという事をやっている様なもので正しい政策を打ち出すことは出来ません

ですから今の日本には間違っている事を正しいと信じ続けている、あるいは思い続けている事からの脱却が必要なのです、その一つに国連があるわけです。

お伝えしたいことは本当にたくさんあります、なぜなら70年前からの真実が未だに伝わっていないからです。

例えば大戦後ソ連がポツダム宣言違反の不法なシベリヤ抑留を行っていたわけですが、GHQで活躍したウイロビー少将が回想録(P92)に書かれてあるところを転記させて頂きます。

始め>
「(シベリアでの日本兵は)帝政ロシア時代よりもはるかに過酷な奴隷的労働条件の下でこき使われた結果、死んでいったのである。

ソ連の残虐行為の一つ一つが。わがG2(民生局)の調査の結果明らかにされ。ワシントンに報告された。

これらすべての顛末(てんまつ)は、のちの「シベリア戦争捕虜収容所における生と死」というタイトルをつけられ、目撃証言による報告書として国連に提出された。

報告の一つ一つは、どれも身の毛のよだつものである。


ところが国連はこの報告書を無視してしまった(以下略)」

この様な事実が全く日本人には伝えられていません。

もともと偏った視点で作られた国際と名乗る団体組織であるわけです。

特にウイロビーの回想録が40年位前に出されていますが、ウイロビー氏の

ソ連の捕虜収容所で日本軍捕虜たちがいかなる扱いを受けてきたかいまや日本の人たちで知らない者はいないと思う。(以下略)

この発言をどの様に聞かれるのでしょうか

元GHQ(G2)のウイロビー氏はすべての日本人が知っている事だと思っておられる、しかし戦後70年たった私の周りも全く知らない事実であるというのが、偽らざる今日の日本の現状ではないでしょうか

また、ページを改めてソ連に抑留された日本兵がソ連で、死ぬ思いをさせられて、ソ連を祖国としソ連の為に働きますという誓約をしてして返されていることなど、ウイロビーの回想録からお伝えしたいと思っています。



今回曼荼羅さんの「国連は成立時から腐っている」という表題は共感するものがありますのでリブログさせて頂きます。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。