まとりかりあ写真教室横浜ブログ

横浜駅東口徒歩5分、まとりかりあ写真教室横浜で『あなたの「好き」「美しい」と感じる気持ち』、写真で表してみませんか?




画像をクリックすると、HPに飛びます。



NEW !
テーマ:


カメラ女子仲間でCP+を見学!


教室生有志14名のみなさまと一緒に
みなとみらいパシフィコ横浜で開催中の写真の祭典CP+へ行ってきました、



今日は休日で大変な混雑ぶり!
会場内は熱気で溢れていました、コートがいらない暑さ!各ブースでは

写真家のトークショーがあちらこちらで開催されていました。


レンズの違いを感じる


まずは、老舗レンズメーカー・カールツァイスのブースへ。担当の方からの
お話を真剣に聞くみなさん。

 

IMG_20170225_183825576.jpg

このあとレンズを試着された生徒さんから、「色が鮮やかに撮れてびっくりした!」
という感想が聞こえてきました、レンズのちがいで写真の雰囲気が

大きく変わることを感じていただけたのではないでしょうか?
 

写真とタイトルの重要性


写真が展示されているブースでは想像が広がるタイトルの付け方を
みなさんにお話しながら鑑賞しました。素敵な作品がたくさん展示されていました!


私だったら、こんなタイトルにするかな?という作品もいくつかあり、
みなさんにレクチャーをいたしました。将来、グループ写真展に出展してみたい方にとっては

大切な課題になりますので、今からタイトルの勉強をしておきたいですね(*^^*)


 

紙の違いで奥行きが表現される


隣の写真用紙のブースでは和紙にプリントされた作品を鑑賞、
紙の違いで写真の質感が大きくかわるんですね。
実は、私自身も初めは全く紙に興味がありませんでしたが、

実はとても重要だということに気づいたので、ぜひ皆さんにもお伝えしたい!

そう思っていたんです。

特に女性の顔の肌質がきめ細かくてびっくりした!とお話下さった生徒さまも

いらっしゃいました。素敵に撮れたら次は紙選び!をおすすめします。
キレイにプリントしてたくさんの方に見ていただきたいですね!

 

見学後は撮影を楽しもう!♪


さて、大混雑のCP+会場をあとにし、有志の11名のみなさんでお散歩撮影会に

出かけました。歩いているとピンクに染まった緋寒桜が!!なんて素敵なんでしょう!
ルートを変更して、桜撮影スタート!




11名で一斉に撮影していると、通りがかりの方も思わず足を止めて

スマホで一緒に撮影されていました。






どの位置から撮影するのがキレイに撮れるかな?
できるだけ、いろいろな位置で撮影してみましょうね~!とアドバイス。

撮影しているとつい、同じ場所からしか撮っていないことが多いのですね。
夢中になってしまうからかもしれません。

 


ちなみに私はこんな風に撮りました。



 

 

こちらは万国橋からランドマークを撮影されている皆さん。
ここはガイドブックに乗っている写真のように撮れるお決まりの場所です。



撮影会終了後、有志メンバーでティータイム。写真やカメラ談義に花が咲きました。
そしてみんなで記念撮影!!

ハイチーズ!(*^^*)


こちらのカメラマンはゆみこさん。撮影ありがとうございます!

 


ちなみに一緒にお散歩撮影したときの、私の作例をアップしますね。
皆さんはどのように撮影されたでしょうか?
 

こんな風に光がキラリーンと、撮れたかな?


 

開港資料館で。ちょうど夕日が当たっている時間でしたね。




資料館内も撮影、ピンクの椅子が印象的でした。




撮影会にご参加くださった皆様は、レッスンの際に

写真を3枚プリントしてお持ちください。松田よりアドバイスを致します。


皆さんの作品を楽しみにお待ちしていますね。

 

CP+見学会、お散歩撮影会にご参加くださった生徒のみなさま、お疲れ様でした!
お休みの方、途中で帰られた生徒様、どうぞお大事になさってくださいね。
 

沢山の皆様のご参加、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 




CP+カメラの祭典・ヨコハマで開催中

毎年この時期に、ヨコハマみなとみらい、パシフィコ横浜で開催されている

CP+(シーピープラス)へ行ってきました。

 

12時30分ころ、会場に到着。毎年恒例、バーゲンセールのような会場です。

熱気がすごい!下の写真はまだ空いている様子です。


 

 

最初はレンズのブースへ


毎年必ずお邪魔する、ドイツの老舗レンズメーカー、カールツァイスのブースへ。

お目当てのレンズが1本あったので、早速試させてもらいました。


 

 

こちらがお目当てのカールツァイスMマウント
(ライカカメラ用のレンズをMマウントと呼びます)50mmf1.5で撮影。

 

IMG_20170224_201202834.jpg

 

 

そしてこちらが、私が持っているライカのレンズ、50mmf1.5で撮影

IMG_20170224_201202612.jpg
 

背景のボケが違っているのですが、いかがでしょうか?
カールツァイスはスーと溶けるように、

ライカのレンズはレモンのような形や、はっきりとした玉ボケが見られます。

 

 

最近、少し自分に素直になってきたので、ツァイスレンズに

変えようか・・・と思案中。もう強い表現はそろそろいいかな。自分に素直になると

撮る写真も変わってくるので。

 

 

こんなレンズもありました。すごい~!重そうだな。

ますます二の腕がマッチョになるかも(笑)

 

IMG_20170224_195806503.jpg

 


カメラメーカーのブースへ
 

マニアのうんちく独り言はこの辺りにして(笑)、キャノンのブースへ。




いやはや、モノすごい人、ひと、ヒト・・・汗だくになりました。

毎年の風物詩、コンパニオンガール撮影大会もあちらこちらで

見かけることができました。
 

おへそ出しのコンパニオンガールもいらっしゃり、アラフィフの私には刺激的でした・・・


気を取り直し、こんなブースもあります。歴代のカメラが勢揃い!
見ていて楽しいブースです。






Nikonのブースは必須。教室生の人気No.1メーカーですから外せません!


 

 

このあと、写真用紙メーカーやプリンターなども見て回りました。

 

 

今年のCP+を見て感じたこと

 

今回私なりに感じたのは、初心者用カメラが少なくなり、

真剣にカメラを楽しもう!というユーザー向けに商品が変わってきたこと。

 

特にキャノンEOSKissは、操作性は初心者向けながらも、
長く写真を楽しんでもらえるような機能が搭載されているような気がします。

 

可愛らしい女子向けのカメラが影を潜め、レトロボディにフィルムカメラを

彷彿とさせる操作ボタンなど、凝った作りのものが多く見られました。

 

また、コンパクトデジカメも、リコーのGR、カシオのエクシリムなど
マニアが使っても満足のいくような内容が搭載された物が多く見られました。

 

流行は一旦落ち着き、真剣にカメラを楽しみたい方むけに

メーカーもシフトしているのではないでしょうか?

 

初心者の方は、やはりスマホのカメラに移行しているのだと感じます。


 

別会場では写真展も開催中

 

ここ、パシフィコヨコハマ以外の会場、BankARTスタジオでも
写真展が開催されていますので、ぜひ行ってみてくださいね。

 

CP+(シーピープラス)は

2月26日(日)~17:00まで、パシフィコ横浜で開催中

(入場券が必要。ネットで申請すれば無料→HPより申請してください)

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


自宅のリビングには、すぐに写真集が楽しめるように平積みにしています。
飾っているのは、版画家・中川健二氏作 「卓上の泉に」

 

パリの風が聞こえる写真

初めて買った写真集は、大好きな女性風景写真家

テリ・ワイフェンバックの写真集。

 

勧められてなんとなーく買った1冊が、今では私の宝物。それから数年たち、

自宅と教室にはいろいろな写真集コレクションが増えました。

 

風と音が聞こえる写真

そんなたくさんの写真集のなかで、特に大好きな1冊に仲間入りしたものがあります。

 

Paris Images et  Souvenirs

パリ、記憶と回想の風景


清水 茂 著
齊木 あゆ子 写真

 

購入してからベッドサイドに置き、寝るまえに眺めて床につきます。

文章と写真がなんとも心地よく、優しい気持ちになれるんです。


とくに著者の清水氏も書いていましたが、ポストカードにあるような

何か目的があって撮られる写真とはちがい、斎木さんの目で

 

「パリの素敵な場所をご紹介するわね」とさりげなく、さらっと

シャッターが押された1枚には、なんとも言えない柔らかさが感じられます。

 


 

こんな風に写真が撮れたらいいな。

ぜひ斎木さんにお会いして写真を拝見してみたい、そう思っています。

 

 

明日から写真の祭典がスタート!
 

カメラの祭典CP+がパシフィコ横浜でスタートします。

私も期間中、1日はリサーチに、もう1日は生徒のみなさんといっしょに

行く予定です。

 

新しいカメラ、レンズはもちろん魅力的ですし、

主張の強い写真もひと目を引きます。流行に乗っていろいろな技法もやってみるのもOK。

 

でも、私自身、どちらかというとサブカルチャーのタイプなので、

注目されているものよりは、自分が良いと思えるか、で物事を決めたいですね。

 

またCP+の報告ができたらお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)