プロの業者様よりの整備依頼品 ヽ(゚◇゚ )ノ


アイデックのヒット商品「カルマーPro」!

カルマーβも合わせて整備します。

職人の道具は気合が入ります。

↑は新品の写真、綺麗です。


石跳ねが心配な作業はこれ以外無いですね。

ナイロンカッターの時代は終わりました (ノ゚ο゚)ノ

普段着にスニーカーで砂利場や畦を除草しても服が汚れません。

↓youtubeの動画です

https://www.youtube.com/watch?v=dgbyoIwm9_k


チョッとあり得ない性能です、ナイロンカッターなら「顔にビシバシ」「服は緑の染みだらけ」。

カルマーは超快適、全然平気です。


今回の機体はプロの草刈り職人が酷使した機体を分解整備します。



これ、カルマーの裏側。

地面と擦れる部分。

今回のご依頼は「上刃と下刃に隙間が出来る」です。

これは「Pro」の分解写真 \(゜□゜)/

内部のグリスにはジャリジャリ感があります。



分解部品を洗浄するとピニオンに摩耗が ( ̄□ ̄;)!!

本来は段付きはありません。

回転不良も併発してたんです。



左はProの分解部品。

Proは刃を外し11個のナイロンナットを緩めると分解出来るんです。

もちろん部品も単品供給してます。

βは内部部品は一体物、単品部品交換はできません ( ゚ ▽ ゚ ;)

でもご安心、底板や刈刃は交換出来ます。


逆に、ユニット交換なんで一般の方でも手軽に交換できるんでこっちの方がイイかもって思ったりします。

整備に要する時間も超ショート ((((((ノ゚⊿゚)ノ


でも自分でじっくり整備したい人にはProの方がイイかな?


しか~し「β」は生産終了 ヽ(`Д´)ノ

私的には「ベータ」の方が良かったんですが(βユーザー談)

残念です。



これはβのギヤユニットを交換してる最中の写真。

凄く簡単なんですよ、整備が。


カルマーの修理でお困りの方は弊社に宅配便で送って下さい。

喜んで整備させていただきます。










業務用芝刈り機「バロネス LM80TA-R」の整備中 (ノ´▽`)ノ


商社さまよりの依頼品、中古機納品前整備です。



ヘビーデューティーなバロネス芝刈り機 (ノ´▽`)ノ

鉄の固まりっぽくていいですね。



機構は至ってシンプル。

耕運機に近い構造です。


リール式芝刈り機刈刃のお手入れが非常に重要

っていうか難しい機種です。

ゴルフ場のグリーンみたいに刈りたいって人以外はやめといたほうが…



コレが回転刃、切れなくなったら「ザラザラ」のコンパウンドを塗って軸を逆回転して擦り合わせるんです \(゜□゜)/


塗っては「グルグル、ジャリジャリ」の繰り返し。

真夏には絶対やりたくない作業ですね ( ̄□ ̄;)!!


月末納品に向け頑張ります。


新品 STIHL MS170Cが不調です

テーマ:

先日販売したSTIHL MS170Cが不調で入庫 ∑(゚Д゚)



コストパフォーマンス最高MS170C (ノ゚ο゚)ノ

¥29,800は破格のお値段、性能も十分です。


今回は納品直後のクレームです。

高速が吹けない」 ( ̄□ ̄;)!!


確認すると確かにフルスロットル域が不調

エンジンストールします。


この現象、たまにあります「新品で」\(゜□゜)/



点火系はOK。

キャブですねこれは。



キャブレターの分解図。

メタリング側に問題があります、こんな時は。



矢印はメタリングレバーと言う部分。

ここの先端高さには規定値がありますが、このキャブはダメですね。

キャブレター工場の組立精度に問題ありです。


新品のキャブは結構狂ってる事ありますよ

体感出来る不調が無くても分解測定するとおかしなのがしばしば。


ニードルの戻し回転が大きくずれる場合にもココをチェックして下さい。

空燃費制御に重要な個所。


MS170は調整ニードルはありません、ジェットで燃料供給量を決めてます。


レバー調整し試運転したら「絶好調」 (ノ´▽`)ノ




毎度おなじみ、新ダイワエンジンカッターが入庫 ヽ(゚◇゚ )ノ


他社販売品の整備依頼です

ブロワーベアリング破損修理とその他悪い所点検整備がご用命。

ブロワーを分解するとベアリングが粉々 ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


インナーレースが軸に残ってます。



玉はバラバラ、コレじゃーダメですね(ノ´▽`)ノ

アルミのアウターケースごと交換です。


他に悪い所整備して」ってご用命。

それじゃーアラさがししますかね。


試運転すると「エンジン快調」「クラッチより鳴き少々」程度です。


でもこの機種、あのキャブレターが付いてるんです

そうです、「ウォルブロー HDA」 ( ̄□ ̄;)!!

過去記事にも書いてます

http://ameblo.jp/masu-hon/entry-12148408565.html


私の大嫌いなキャブです

ッて言うか、このキャブ付いてる機種を買った人は幸せにはなれませんな。

転ばぬ先の杖」、点検しときましょうって事でキャブ分解です。



色々外して行きます、シリンダーにダメージ無し (ノ゚ο゚)ノ



ポンプ部を分解すると「やっぱりネ」 (_ _。)

矢印の部分「はみ出てます」 ヽ(`Д´)ノ


ココから燃料にエアーを噛み込み空燃費が希薄になり「焼付くんです」 ∑(゚Д゚)

この機体もヤバかった、もうちょっとで御臨終でしたね。


ウォルブローHDAを装備した機種で高速が妙に吹け上がるとか、エンジン不安定なんて時は迷わずキャブレター分解です。

焼付いてからじゃ遅いんです


時限爆弾みたいなもんです、このキャブが付いた機種は定期的にダイヤフラムのチェックをして下さいね。













取引先のプロ業者様2社よりご注文 (ノ´▽`)ノ

STIHLBG56」です。

柏崎市と上越市に納品です。



重なる時は重なるものです。

2台ともバキュームアタッチメントセットのご注文。


BG56¥29,800! \(゜□゜)/

凄いプライスです。

バキュームアタッチメントは¥10,000


でも、2013年カタログでは¥46,800だった機種

凄いプライスダウンですね。

お買い得です。



右が標準状態、左がバッグキットのダクトを付けた状態です。

セットを持つと凄く軽い (ノ゚ο゚)ノ



長いノズルから落ち葉なんかを吸い込んで、肩にかけたバッグに集めます




チェンソーで出た木屑や、生垣の刈りこみ屑を簡単に集める事ができるんです ( ̄□ ̄;)!!

凄く便利!


薪割りで出た細かな木屑もコレでバッチリ片付きますよ。