今回はオーレックハンマーナイフモア HRC803納品前改造 (ノ゚ο゚)ノ

って言っても大した事しません (´□`。)

しか~し、これしてから納品しないと現場で「エンジンかからん」なんて騒ぎになります。

 

プロの業者様へ納品する機体には絶対必要な作業ですよ。

じゃー何するの?って言うと「キャブレターにホースを取付ます」 (ノ゚ο゚)ノ

↑の写真はHRC803のエンジン部分。

エアクリーナーケース吸い込み口に白い袋がかぶせてあります、最初から。

除草作業で舞い上がった草の切れはしや大きなゴミを吸いこむのを予防しています

ここまではイイんですが…

 

問題は↓部分

キャブレターの赤矢印の部分にご注目!

丸い筒状の部分があります「穴がむき出し

この筒「エアベント」といってキャブレターフロート室と外気圧を同じ圧力に保つ為の重要な通路 Σ(゚д゚;)

 

簡単に言うと「この穴はキャブ底、ガソリンが溜まっている部分に通じてます

*気化したガソリンはこの穴から絶えず放出もされてますよ。

 

当たり前ですが、ココからホコリや雨や細かな草の切れはしがキャブレター内部に侵入しちゃいます

何のカバーも無いんで当たり前ですよね。

実際現場で不具合出てます ヽ(`Д´)ノ

*キャブの反対側にもこの筒がありますが貫通してません、こちら側だけです。

なのでこんなビニールチューブを装着してから出荷しています。

たったこれだけの事なんですが凄い重要なんです。

オーレックのHR662なども同じ構造。

絶対に雨にあてない、ホコリの舞うところでは使用しないってならイイのですが無理ですよね。

 

皆さんのハンマーナイフモア、大丈夫ですか?

 

 

 

丸山BIG Mのエンジン整備 裏技

テーマ:

カルマーの整備も完了し、勢いでヘッジトリマー2台やっつけます。

丸山BIG M BHT600DR \(゜□゜)/

ホームセンター仕様BIG Mシリーズ。

 

ご用命は「エンジン不調」 (´□`。)

 

圧縮圧力と点火系を確認しましたが問題無し、オイル管理は良いですね。

クロスハッチも綺麗に残ってますし、カーボン堆積も無い状態。

でも、キャブの元気がありません (ノ゚ο゚)ノ

ハイ、分解完了 (ノ゚ο゚)ノ

内部に腐食が発生してます、ダイヤフラムは硬化してますね。

メタリングレバー高さも微妙、調整が必要です。

っていうかここ狂って事はその先に接続してあるパーツの寸法が変化したって事。

ニードルも要チェックです。

 

この機種のキャブは「ウォルブロー製のWYL型

刈払い機などでも当たり前に採用しているキャブです。

 

ダイヤフラムやガスケット類も製造元はウォルブロー社

ゼノアや丸山やホンダやその他いろいろなメーカーの部品も袋の中身は…

 

でも部品価格って各社で全然違うんですよね。

不思議です。

ちなみに桝屋本店ではWYLの整備には「ホンダ純正」の部品を使います( ̄□ ̄;)

理由は「安いから

中身が同じなら安いほうがいいに決まってます。

ちなみにゼノアの半値以下∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 

ユザーに無駄な出費をさせないのも我々の務めです

 

トリマー2台はダイヤルラム交換とロータリースロットル部のニードル高さ調整を行い調子を取り戻しました (ノ´▽`)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後からカルマーの整備

テーマ:

季節は秋ですが工場内は猛暑 (ノ´▽`)ノ

 

本日午後一番の作業はカルマー

ご用命は「異音がする」です。

 

簡易作動確認の為自作ツールでピニオンを回してみます。

ん~、まずい音がしますね」 ( ̄□ ̄;)!!

分解開始です。

汚いグリスでドロドロですがシール部分はカラカラ。

完全分解後洗浄して不具合の確認です。

綺麗になるろ悪い所がはっきり見えます。

ピニオン」が削れちゃってますね

これが原因でギヤ鳴きが発生、駆動不良が起きてたんです。

実はこのピニオン、ひっくり返して取り付けるともう一回使えるんです \(゜□゜)/

Proだけですよ、βはダメです。

 

今回は摩耗の有ったフリーローラーとリテーナーも交換。

調子よくなりました。

 

 

 

 

 

ここ最近修理の依頼が多いのが新ダイワエンジンカッター (ノ゚ο゚)ノ

 

エンジン吹けないとか焼付いたとかが多いです (´□`。)

今日のご入庫は「ECD757

 

作動確認すると「トップスピードが低い」「レスポンス悪い」って状況。

Hが濃い感じですがなんか変?

失火の様な、でもなんか変な吹け具合。

 

スパークプラグの焼け方は空燃比がオーバーリッチである事を教えてくれています。

でも回転低下や軽いハンチングっぽいフィーリングが気に入りません ヽ(`Д´)ノ

 

でもその前にベルトテンションのロックナット「緩々

全然張って無いんで調整してから診断に入ります。

 

圧縮と点火火花はOK (ノ゚ο゚)ノ

 

やっぱり「HDAが原因のアレ」っぽいんで分解診断をします。

私の大嫌いな「ウォルブローHDA」 ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

こまったチャンなキャブです。

ポンプダイヤフラムカバーを外すと「やっぱりね」です。

このキャブ、ダイヤフラムがボディーからはみ出てしまう欠点があるんです。

もう何台修理した事やら…

ゼノアのチェンソーG620も同じ現象がでますよ、HDAですから。

左が新品、右が機体から外したダイヤフラム。

上のはグニャグニャに伸びて膨らんで、下のは伸びてキャブボディーからはみ出る始末 ヽ(`Д´)ノ

こんなだからキャブレターからガソリンが滲み出てきます。

安全性にも問題ありだとおもうんですが…

 

こんな事が当たり前に起きるんです、この機種

新ダイワのエンジンカッターでエアクリーナーケース下が湿ってたら要注意です。

 

今回はダイヤフラムとスパークプラグを交換、空燃比調整をして快調に回るようになりました (ノ´▽`)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中古籾摺り機整備中

テーマ:

稲刈りが始まった (´□`。)

 

緊急納品に向けて籾摺り機の整備を超特急で作業中です。

大島農機人気商品ぶんぶん丸MR3α」ですよ。

 

この機種、私個人的にとても好きです。

これが「ぶんぶん丸」の心臓部、だっぷファン (ノ゚ο゚)ノ

回転するファン内部よりを放出して周囲に取り付けてあるライナーに籾をぶつけることで籾摺りをする構造。

ロールは使ってませんよ

 

シンプルで故障要因の少ない優れた構造だと思います。

修理屋としてはシンプルな構造が何よりありがたい。

 

電装部品もほぼ無し。

っていうか①モーター②スイッチ③電流計、たったこれだけ( ̄□ ̄;)!!

電子基板の類は一切ありません。

サタケの籾摺り機とは大違い \(゜□゜)/

 

超アナログですが農機具の場合はそこが優れた特徴となるんです。