ハイブリッド機が主流になりましたが「」はまだまだ現役です (ノ゚ο゚)ノ

ベルト系が不調で引取修理です。

確認したところベルトは限界をはるかに超えてます。

摩耗したベルト(↑)と純正新品ベルト。

LB-37スーパーゴールドですが強度はA-10です。

弱いタイプのスーパーゴールド性能低下になります。

A-6やA-8はやめときましょう、純正なら安心です。

 

オペレーターさんがオーガレバーがロックしないと言っていたのも修理します。

この部分、鉄のカバーを外すとこんな感じです。

オーガレバーをロックする鉄の爪の動きが渋くなるんです。

この構造はホンダ小型機HS80~970シリーズも共通。

指で押さえてるがスプリングの力で引っかかるんですが、汚れやグリスの劣化で動かなくなるんです。

清掃してエンジンオイルを塗布して完成 ヽ(゚◇゚ )ノ

グリスは固くなるんでダメです。

作業中気づいたんですがHS1390Zの弱点が… Σ(゚д゚;)

分かります????

チャージコイルから出てる配線です。

焼け焦げてます

 

バッテリー上がりで交換したけどまたすぐにバッテリー上がったよ ヽ(`Д´)ノ

って電話がよくあります。

原因は充電配線焼損 ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 

この機体もヤバい状態ですね。

修理が必要です。

 

プロの目で見ると色々手が掛る所が見えちゃいますね。

トラブルで困る前の点検が重要です。

 

 

 

 

 

今回の大寒波、凄かったですね (´□`。)

 

今回のトラブルは第一世代ハイブリッド機HS1390i」です。

症状は作業中に突然停止、警告灯が点滅します ( ̄□ ̄;)!!

走行できなしし、パワーハイトも動かない ヽ(`Д´)ノ

こまったもんです。

早速故障診断を開始します。

不具合を再現する為に試運転をします。

作業開始後1分位で症状が発生、エラー表示も発生しますね。

オレンジ色のランプの点滅回数で不具合系統が分かります。

 

表示される点滅回数は「8回」 (ノ゚ο゚)ノ(ノ゚ο゚)ノ

右電磁ブレーキ断線」のエラーコードです。

 

ハイブリッド機は停止時にブレーキがかかります。

坂道で止めても勝手に落ちてこないのはこのブレーキのおかげ。

 

でも、このコードが表示されたからって電磁ブレーキが壊れてるとは限りませんよ。

犯人探しは慎重に行います。

電磁ブレーキシステムはECUからの信号を矢印↑のコネクターを通してブレーキユニットを制御します。

ECUや配線がダメでもエラーコードが表示されます

じゃーどっち?ってのが診断です。

 

↑の白いコネクターと緑のコネクターが左右の電磁ブレーキコネクター。

この差し込みを左右逆にして表示が8回から9回に変化すれば電磁ブレーキが犯人 ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

*9回点滅は左電磁ブレーキ断線の合図

ECUの神経を左右入れ替える診断です。

配線を入れ替えた結果「8回点滅」 Σ(゚д゚;)

変化無しですね。

 

って事はコネクターから上流に問題があるんです。

配線類を確認しますが問題無しです。

 

って事はECUの不良です。

バッテリー右上に付いてる黒い箱がECUこれを交換します。

↑が新品のECU (ノ゚ο゚)ノ

交換後正常に動作するようになりました

 

週末の寒波に間に合ってよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はMS201M無しC無し)のスパルタンなモデル ヽ(゚◇゚ )ノ

リコイル部分がすっきりしててカッコイイですよね”C無し”。

今回はクラッチドラムを交換します。

今回は訳あってマフラーを外してます。

本来は外さなくてイイですよ

ついでなんでマフラーの無いMS201のエンジンです。

白いマグネシュームクランクケースにシリンダーをボルト固定してます。

マフラーを外した訳はコレ (ノ゚ο゚)ノ

純正のピストンロックツールはプラスチック製の細長い棒。

今回の作業で「ポキッツ」と先端が折れました (-_-メ

折れた先端が中に残ったんでピストンを下げ、排気ポートから摘出する羽目に…

 

たまにあるんですよね。

 

リコイルロープの端切れを燃焼室にスルスル入れてロックするのが一番ですね。

無事クラッチが外れました ヽ(゚◇゚ )ノ

ゼノアの工具みたいに金属製ならイイのに。

 

PLOW上越店にて1/29()AM11:00より目立て講習会を開催します \(゜□゜)/

 

ひごろ目立ての仕方が分からん ヽ(`Д´)ノ って方や、初めて目立てをする方も気軽に参加して下さい。

参加費は無料です (ノ゚ο゚)ノ

試し切りスペースもご用意しますのでご自身のチェンソーを是非お持ち下さい。

デモ機もご用意しています。

STIHLチェンソーは15日まで初売りセール特価でお待ちしています。

 

新年よりSTIHL商品が価格改定、ビックリするほどのスペシャルプライスに ( ̄□ ̄;)

人気機種MS170が何と!¥19,800(税別) ((((((ノ゚⊿゚)ノ

さらに、初売りセールでは¥3,300のソーチェーンも1本プレゼント

実質¥16,500(税別)で買えるんですSTIHLが ヽ(゜▽、゜)ノ

 

まったく修理屋泣かせな値段ですね (-。-;)

 

皆さんのお越しをお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

ブロガー「こせき」は本店を離れ、先月よりPLOW上越店にいます。

 

今まで以上に皆さまに喜んでいただける整備を目指します。

店舗では大量のSTIHL製品をご用意してお待ちしております。

 

今日はチェンソー整備の見積り出し中 (ノ゚ο゚)ノ

STIHL製品だけではなく、国産メーカー品も整備しますよ (ノ´▽`)ノ

これ、ゼノアG375P、ドライブスプロケットが消耗。

交換作業中です。

もちろん専用特殊工具で分解整備します。

ココまで使っちゃダメですよね ヽ(`Д´)ノ

普段は店内で整備作業しながら

ハンドルを本革巻きにするなどカスタムもしてます。

週末は遊びに来て下さいね。