増田有華オフィシャルブログ「増田有華のにゃもしな1日」Powered by Ameba

増田有華オフィシャルブログ「増田有華のにゃもしな1日」Powered by Ameba

ファンクラブ限定イベント「masu mani C bithday LIVE」応募受付中!!


増田有華公式ファンクラブ「masumani」入会受付中!!
$増田有華オフィシャルブログ「増田有華のにゃもしな1日」Powered by Ameba

舞台「タンブリング FINAL」!

タンブリング FINAL」 大感謝祭トークイベントin東京抽選チケットmasumani先行予約中!

6月28日(土)~29日(日)劇場:大阪シアターBRAVA! おおきに千秋楽イベント開催決定!

7月16日(水)~21日(月・祝日)劇場:赤坂ACTシアター
※小学生以上有料(未就学児の膝上鑑賞可
ただし座席が必要な場合は有料)※公演に関するお問い合わせドリームプラス 03-6455-0051(平日12:00-18:00) 
リピーター特典!!詳細はこちら

モデルプレスhttp://mdpr.jp/interview/detail/1363787

オリコンスタイルhttp://www.oricon.co.jp/entertainment/interview/page/1183/

「呪報2405 ワタシが死ぬ理由~」 DVD発売中!詳細はこちら !!
アメーバスタジオ「ゆぎりっ!」月1レギュラー放送中!! 詳細こち !!

ニコニコチャンネル「ますだちゃん詳細はこちら !!

※最新のメディア情報はコチラ


NEW !
テーマ:
タンブリング千秋楽、終わっちゃったー。

ぽかーん


言葉が出ないよー。リアルに卒業式やったあとみたいな、なんだろうこの感覚。
あんなに嗚咽あげて泣いたのなんてほんとにない。ちっちゃいころみたいな泣き方しちゃって自分に引いた。笑
周りのキャストにも、増田めっっちゃ泣いてる!笑っていじられるくらい笑
それくらい心から感動しました。


タンブリングを見に来てくれた人たちみんな、まなみっちの役、ゆかそのまますぎて、笑っちゃったよーよくこの役に当たったねー!!って言ってくれたんだけど…
だって当て書きだもん!!!笑
わたしのことを考えて脚本をオリジナルで書いて頂くってなかなかない事なので、すごく愛着のある役でした。

最初はソロのナンバーもなくて。だけど追加で曲を作ってくださり、本当に恵まれた環境でした。

まなみっちは自分に近いものがありすぎるが故に演じることが難しかったりもしました。全く自分にはないものを演じる方が、お芝居はやりやすかったりするから。

けど当て書きで保健室の先生って自分ではなんか意外だったなぁ。もう生徒役じゃないんだ!ってw

まなみっちは強くて逞しくて。だけど繊細で。
ハリセン持つのが心地よかった。笑

いまでは家にハリセンがあります。
photo:01


本番使ったのと同じ物。新しいのをスタッフさんがこっそり入れてくださってました。
そしてファンのみんなで作ってくれた寄せ書き風ハリセン笑
蹴ってください!とかハリセンでひっぱたかれたい!とか、わたしのファンには何かとドM様が多くて笑ってしまいました。w
たくさんタンブリングにまつわるプレゼント、お花、お手紙、ありがとうございました。


本題に戻りまして…
タンブリングに出演が決まったとき、最初少し違和感というか、つっかえるものがあったんです。

大丈夫かなぁ。って凄い心配で。

先生役ってのもはじめてだったし、男性キャストに塗れて萎縮しちゃいそうな気がして。


最初はやっぱり萎縮してた。
半年前からみんなは新体操の練習してて、すっごい仲良くて。
うわぁ~!この中に混ざるの?無理!って笑笑
すごい正直に言ってるけどww

稽古おわったら誰よりもすぐ帰って、次の日もおはようございますの挨拶から周りともあんまり話さず。笑
人見知りレーダー炸裂してた。勝手に。

そのお陰でさいきんになって、まっすんははじめ、ツンツンしてる子だと思ってた!って言われて。
そうだよね、ごめん!って。笑

いつからだろ?
皆と話せるようになったの。
芝居の稽古が入ってからかな。
芝居の中では保健室の先生と男子生徒の関係。お前ら何やってんだよ!ってハリセンでバンバン叩いて、めちゃめちゃ口の悪い役。
その芝居をやってくうちに、役がこんなんなのに生徒役のみんなとコミュニケーションとんなくてどうする!って。
萎縮してる場合じゃないって思って、皆にとにかく話しかけるようになった。

稽古も誰よりも早く帰るのをやめて、みんなが帰るまで残ってみた。
それをしただけで見える世界もぜんぜん変わって。皆も話かけてくれるようになったし、稽古後にみんなでご飯いくのが恒例みたいになって。

稽古が終わっても退館の時間ですよーって言われるまでみんな自然と新体操の練習をする。その姿勢に打たれて、気づけば心から皆のことを愛おしいと思えるようになってました。

本当の部活動だった。

保健室の先生をやったからか、みんなの体調とかも普段よりも気になるようになって、周りを気遣うことを学習し、思いやりに溢れた現場でした。


いままで舞台に立つ度に予想外なことがたくさんあったんだけど
今回のタンブリング、予想外とかいうレベルじゃないくらいいろんなところから変化球が飛んできて、毎日が刺激的でした。

わたしが感動したのは、何より新体操。

新体操をやったことない人がみるとバランスなんかの動きは、簡単そうに見えるんだけど、実際はその簡単そうなことこそやるのがすっっっっごい難しい。何度みてもみんなの筋肉がプルプルしてるのが見えて、めっちゃキツイんだ。って。普段使わない筋肉を駆使するからね。

マットがすごい跳ねるから、その上で片足でバランスをとるってすごい難しくて。
わたしもヒールでその上を歩くシーンがあるんだけど、フラフラして最初ちゃんと立てなかった。芝居中も常に足元意識しないと足首から持ってかれちゃうくらい。
実際、バランスをやってみたんだけど、何回やってもできなくて、みんながやってることって、本当に凄いんだなって、感じました。

ここまで一丸となれたのは、紛れもなく新体操があったから。
目指すものが明確にあり、みんながそれに向かってリアルに突き進む。挑む。

できなかったらみんなで悔しがり、できたら、大声あげて手叩いて喜んだ。
ただシンプルなこと。

共通した気持ちを持つだけで、これだけ仲が深まることに、驚きました。

ほんっっとに仲良しだったんだよなぁ…


いま文章を書いてて、あっちこっちに感情が行き来してるのを感じて、この熱い想いを文章にすることが逆に勿体無い気がしちゃってるくらい。ただただたくさんのことを感じた毎日でした。


わたし、本当に意味のある出逢いとか作品が終わると、顔がぜんぜん変わるの。自分でもわかるくらい、不思議と。
千秋楽終わって鏡前でメイクなおしした瞬間に自分の顔が全然違ってることに気付いて手が止まった。オーラの色も人相も。わぁ、これ運命的な作品だったんだなぁって思いました。


見える世界も感じる色も温度も、どんどん変わっていく2014年。

これからどんな風に変化していくのか楽しみで仕方ないです。



ほんとはあと100倍くらい言いたいこと、書きたいことある。けど、このへんで。
自分の中にしまっておこうとおもう。


たくさん見にきてくださった方、応援してくださった方、本当にありがとうございました。
素敵な作品に巡りあえたことを幸せに、そして誇りに思います。

タンブリングがみんなの心の中で生き続けますように。

ありがとう。

photo:02


photo:03


photo:04


photo:05


photo:06


photo:07


photo:08


photo:09


photo:10


photo:11


photo:12


photo:13


photo:14


photo:15


photo:16


photo:17


photo:18


にゃもし(*´ω`*)



゜+。Chiro。+゜
PR
いいね!した人  |  コメント(52)
増田有華さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事  もっと見る >>

Amebaおすすめキーワード

Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み