Mr.vinの食べ過ぎ日記

食べる事に命を賭ける!ABC級なんでも来い!


テーマ:

始めましての方、ご訪問いただきありがとうございます!

いつも来てくださってる皆様、本当に感謝です。

最後まで 美味しく 読んでいただけたら嬉しいです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ご無沙汰しております。

 

自分のブログもですが、

皆さんのブログ訪問も滞ってしまい申し訳ありませんあせる

 

ボチボチ時間を作ってご無沙汰してた分、

まとめて読みに伺いますね 笑い泣き

 

 

さて、

先日スッゴぉーく久しぶりに映画を観たので

みなさんにもご紹介したくブログ再開。

 

 

重い腰を無理やり上げて観にいったのは、

 

フランス映画

「ブルゴーニュで会いましょう」

 

物語は、ブルゴーニュの聖なる丘コルトンで

代々ワインを造る一家の話。

 

 

主人公はワイン造りが嫌で実家を飛び出し

ワイン評論家になったドメーヌの長男。

この俳優さん、ちょっとフレディマーキュリー似です。

 

 

息子が世界的に名声を得てパリで活躍していた頃、

実家では父がワイン造りに情熱を失ってしまっており

ドメーヌも荒れついに人手に渡る寸前の状態に。

 

 

そんな実家の窮状を救うべく、実家に戻った長男。

しかし彼はテイスティング能力は超一流でも

畑仕事と醸造はドがつく素人。

 

 

ド素人だからこその失敗を重ねながら、

ド素人だからこその現状に囚われない発想で

挑戦を続ける長男。

 

 

そんな彼を支える家族と仲間たち。

 

 

そして恋 ラブラブ

 

 

果たして出来上がったワインは家族を救うのか・・・

父は息子のワインを飲んでどう評価するのか・・・

 

 

ストーリー的には・・・まぁ月並みなんですが、

 

前編ブルゴーニュでロケしたという映像美と

季節ごとの畑作業やワイン造りの様子、

ブルゴーニュという土地の呪縛から逃げられない

人々の物語はワインラヴァーにはたまりません。

 

 

ワイン好きのみなさん、ご興味があればぜひ ♪(ᴖ◡ᴖ)♪

観たらワインが飲みたくてたまらなくなりますよ~

 

上映館と予告編はコチラ下

http://bourgogne-movie.com/

 

ちなみに渋谷文化村ル・シネマは火曜日、

ヒューマントラスト有楽町は水曜日がサービスデー。

一般1800円のところ1100円ですよ~

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

こちらは先週の事、

チョイと日帰りでブルゴーニュへ。

 

 

神楽坂にある フランスフレンチビストロ

 

その名も「ブルゴーニュの家」

メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ

 

 

この日は、

昨年のブルゴーニュ旅行で仲良くなった4人で結成した

チームパトリアッシュの結成1周年会。

 

夢のような旅から日本へ帰国したのが、

ちょうど1年前のこの日。

 

 

1人気持ちが逸って早く到着してしまったら、

フランス人のイケメンギャルソンが

「ひまつぶしにどーぞー」

って、こんな本を。

 

 

そうこうしてるうちに全員集合。

 

乾杯はモチのロン!ブルゴーニュ。

ムルムルムルソーの2001

 

不覚にも後日発覚したのですが、

このムルソー、前回4人で銀座のジロンドさんで

飲んだのとヴィンテージまで全く同じものでした。

 

無意識に選んだのに、なんか不思議な縁を感じます。

 

 

ディナーはプリフィクスメニューで、

4300円5400円6300円

の3コース。

 

私たちは真ん中のコース、

アミューズ+前菜2品+メイン+デザート+コーヒー

を、それぞれ6種類のメニューから選択できます。

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

アミューズ

エスカルゴのプチシュー包み

 

 

 

前菜ひとつめ、

 

コンテチーズのムース、

ビーツのカラメルとハーブのサラダ

 

 

 

ドメーヌK当主が注文した前菜もパチリ CAMEDIA SO-570UZカメラキラキラ

 

ムール貝と緑の野菜、蜜柑のスープ

 

 

 

私の前菜二品め

 

ズワイガニ・アボカドのムース、

林檎と赤ワインのピュレ

 

 

 

みんな

「年とると魚と肉でメインが2皿はキツくなってきたよね~

 前菜2つのほうがありがたいよねぇ」

などと言いつつ前菜はペロリとクリア。

 

いよいよメインを前に赤ワインが登場アップ

 

アラン・ビュルゲ

ジュヴレ・シャンベルタン

メ・ファヴォリットVV 2011

 

 

このワイン、

昨年のブルゴーニュの旅で訪問した造り手さんで、

その時に試飲させていただいた想い出の1本。

 

コチラ ドメーヌ・アラン・ビュルゲ訪問記 コチラ

http://ameblo.jp/masseto87/entry-12113722921.html

 

 

ではでは改めまして、1周年に

クラッカークラッカー 乾杯ぁーーーーーーいっ クラッカークラッカー

 

 

 

メィンディッシュは、

 

ウズラのファルシ、

蓮根とヒヨコ豆のピュレ、

人参とマスカルポーネのソース

 

 

楽しい思い出話も尽きず盛り上がってると、

ギャルソンが目の毒なプレートを持って登場!

 

 

実はこちらの店、

キッチンもフロアサービスもスタッフのほとんどが

フランスフランスなんです。

 

この日は日本人スタッフは1人だけ、

日によっては全員フランス人って日も。

 

でもご安心ください。

全員日本語ペラペラですから。

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

 

こんな 悪魔 悪魔の誘惑に抗えるはずもなく・・・

 

 

ブルゴーニュ産のウォッシュチーズエポワスと

コンテをチョイス。

 

 

ワインも無くなってしまったので、デセールへ。

 

ラム酒風味の栗のパイヤッソン、

ミルクのアイスクリームと

コーヒービスキュイ

 

パイヤッソンってどういう意味ですか?

ってギャルソンに聞いてみたら・・・

 

 

「パイヤッソンは

   足ふきマットのことだよ~」

 

ゲッソリえぇーーっ?

でも、確かに足ふきマットっぽいかも wara

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

 

ブルゴーニュで始まった大切な出会い。

これからも仲良くしてくださいね~。

 

そしていつの日か、

また4人一緒にブルゴーニュで会いましょう ラブラブ

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「東京食べ歩き」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。