子ども達の未来に大人が残すモノ@奈良 とと塾長

誰もが本来持っている力を引き出せる環境を、子ども達の未来に残すことを使命とし
『子ども教育』+『子育て支援』+『社会人教育』 を実践する 
塾長&教育コンサルタント 田中章友(まそとと)@奈良 の想い。

NEW !
テーマ:

 

あけましておめでとうございます!

・・・って遅いですね。超繁忙期につき ご容赦願いますm(__)m

 

今更のクリスマスの 当塾(親子と未来を創る塾『創』) での一コマを。

 

 

僕は毎年、生徒一人ひとりに、クリスマスの手紙を贈っている。

その目的には、自分なりのこだわりがある。

 

その目的とは・・・

続きはホームページのブログにて。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『伸びる子の親が実践している10コのあたりまえ』

 講演会で僕が伝えたかったこと。

 

 

10月28日(土)子育て講演会(NPO法人 奈良情熱学校 主催) 今年も無事務めさせていただいた。

4年前から毎年実施してきた情熱学校の子育て講演会「伸びる子シリーズ」。

去年・一昨年は親子ワークショップに切り替えたので、保護者の皆さんのみを対象とした子育て講演会は久しぶりだった。

自分自身の備忘録のためにも、今回僕が伝えたかったことを書いておこうと思う。

 

 

今回の子育て講演会のタイトルは、『伸びる子の親が実践している10コのあたりまえ』。

僕の子育てにおける最も大切な軸についての考えはまったくブレない。

だから話の構成はこれまで同様、下のような流れ。

 

 ①マクロな視点で子育てを捉える ~これからの時代に必要な力~

 ➁子育ての大前提 ~「あたりまえ」を疑う~

 ③家族の幸せの為に、親ができること ~子どもを伸ばす5つの要素~

 ④最後に伝えたいこと

 

冒頭には前回同様、経営者やビジネスパーソンに必要な3つの目(視点)の話を。

この3つの目:

・鳥(俯瞰して大きな視野で見る)

・虫(顧客・社員などの個々を観察する)

・魚(水:つまり時代やニーズの移り変わりをキャッチする感覚)

は有名な話なので知っている人も多いと思う。

 

しかし、経営だけでなくて子育てにも人を育てるという点では通じるものがある。

いや、正確に言うと子育ての場合は 上記3つの視点プラス・・・

 

4番目の目:親自身の道を常に意識する目

が必要であることを、私の持論としてお話させていただいた。

 

 

その上で、①マクロな視点をもってもらうためにも、

戦後から約20年スパンでの各時代で重要な働きをした「力」とは?

現代は? 次の20年間は? という風に皆さんに考えていただいた。

 

 

ここで僕が伝えたかったことは、あたりまえのことだけれど、

僕ら親世代が生きて来た時代とこれから子ども達が羽ばたく時代は全く別世界であること。

個性が異なるってこともその後話すのだけれど、そんなあたりまえな話よりも、

生きている時代、周囲や社会から求められる力が異なるってことは、

『人のお役に立つ』という仕事の目的、子ども達の仕事観に大きく関わることだ。

 

 

そこを親が本気で腹に落としてなければ、

結局はこれまでの自分の教育観や仕事観から抜け出せずに、

自分のこれまでの常識を正しいと誤認識して我が子に求めてしまうことになる。

だから、子育て講演会だけれども、僕はあえて最初に時代の流れを話すのだ。

 

 

 

こんな風に大きなテーマや軸は変えずに、今回はさらに

『子が伸び続ける10のあたりまえ 現状チェックシート』を作成配布し、

「あたりまえ」の重要性とその背景になる前頭前野の活性化方法を付けくわえて、実際にいくつかの脳活性方法を実践・体感していただいた。

 

脳活性の手法をふんだんに取りいれて体験いただいたことや、参加者の皆さんの脳年齢が若かったことにも助けられたお陰で、

2時間に大幅拡大した講演会だったが、皆さん非常に集中して最後まで前向きにお聴きくださった。

 

 

 

 

 

 

実は、この講演会に際しては、タイトルを一新したこともあり、

僕がこれまで関わった生徒の中で「とびきり伸びた生徒」とその保護者の特徴を、一からすべてPCに書き出していた。

逆にどうしても伸びなかった生徒の特徴も。

 

その結果、やはり あたりまえの生活習慣と、保護者の教育方針、

そして子どもの精神状態(精神的自立度)によって、大きく伸び方が異なることが分かった。

あらためて書き出したからこそ自信をもって事例や持論をお話することができた。

 

 

そのため話したいことがたっくさん!

2時間たっぷりとお話し、さらに終了後にアンケートを書いてくださっている間も、伝えきれなかったことを追加でお話するほど(笑)

 

これまで単独講演会を30回程(対経営者/保護者合わせて)登壇してきたけれど、未だに講演が始まるまでの緊張が物凄いことと、どれだけ忙しい中でも下準備で自分を追い込まないと本番を迎えられない性分であるため、本当は講演会が嫌で仕方がない。意外とまじめなんですよ(笑)

 

本番前には毎回、「もう二度とやらない!これで最後にする! 僕はセミナー講師になりたいんじゃない。実践人だ。」と自分に言い聞かせるくらい(笑) だけど講演会がいざ始まるとお客さんの表情に元気をいただけて楽しくて、さらにたくさんの有り難い感想を目にする度に、またこれからも必ず登壇させていただこう!と決意する

 

 

伝えきれなかったこと、

うまく表現できなかったこと、

この社会の流れと子育ての関係、

新たに出逢った素敵な親子さんの事例、

新たに思いついて実践している脳トレや勉強法、

そして 今回新しい脳(特に前頭前野)の特徴と活性方法が中心となったため、とっても大切な古い脳(動物脳)についてはほとんど説明する時間が無かったのも心残りだ

 

・・・など、伝えたいことがすぐに山積みになるからだ。

 

 

あらためて、今回も20名を超えるたくさんの皆さんにお越しいただき、本当に感謝申し上げます。

2時間の講義中ずっと集中をきらさず、脳トレワークでも脳年齢の非常に若い素晴らしい皆様が多かった〜‼

そして感想も用紙いっぱいに残って書いてくださり、本当にありがたいですm(__)m

 

一部ですが、ここに皆さんからのありがたいお声を抜粋して掲載させていただこうと思う。

 

 

 

(講演会後の感想より抜粋)

 

すべてわくわくして聞けました。あっという間の時間で楽しかったです。

子どもは私を成長させるためにうまれてきてくれたんだなぁーと感じました。自分の考えを押し付けるのではなく、子どもの個性をしっかり伸ばしていってあげたいと思います。

 

早く帰って我が子をぎゅーーーーっと抱きしめてあげたくなった。

 

あたりまえのことが大切であることの理由も含めて、納得できました。

こんなに濃い、深い、熱いセミナーは初めてでした。うわべの手法や考えだけでなく、ととさん自身の経験から紡ぎ出された考え方がすごく心に響きました。結局、自分の進むべき道は自分自身の中にあり、決意をもって前に踏み出すしかないんだと、改めて覚悟が決まりました。「子育て」だけど、やっぱり「自分」。もっともっと勉強して向上していきます。

 

「子育てに大切なのは、不変の基本的なことだ」という話が印象的でした。だけど、自分が親としてできていないことが多くて、子どもに求める前に自分が変わらなければいけないと思いました。

 

子どもを見える部分でしか判断していなかったことを猛反省しました。

 

忙しさやストレスの中で現在の子どもの姿に怒りや不満の気持ちばかりが目立っていたが、心を落ち着けて、幸せを感じていた自分を見つめ直すことができたと思います。

 

 

 

まだまだたくさんのご感想をいただきました!!
本当にありがとうございます!!!

お陰様で、また次回や続編の講演会をやろう!という気持ちにさせていただきました(笑)

 

来年は、実例などを交えると1回では収まらないので、3回連続講座にすることも検討中。

さらには父親編も実施したいなぁ…と。 またご希望がありましたら連絡くださいね~^^

 

 

➡ 親子と未来を創る塾『創』 田中章友 のホームページ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

『創』教育コンサルタントの田中章友です。

久々のブログですが、昨夜息子が風呂でおもいついた天才的な思考問題をご紹介します(笑)

 

 

Q 『3人で競い、誰がぴったり2時間後にボタンを押せるか?』

 ・2時間経過した瞬間に、終了の合図がある 

 ・2時間を少しでも超えたら、失格

 ・2時間以内で 最も2時間に近い人が勝者

 ・誰がいつボタンを押したかを見ることができる

 

 

これ、高3受験生の息子が自分で考えたらしい。

風呂から出てすぐに、僕に勝負を挑んできた。

『この問題で、俺以上に良い答えが出せたら、仕事できる人間やわ」とのこと。

めっちゃ上から目線(笑)

 

 

僕は ありきたりの回答しかできなかったんだけれど、

その後、「まだまだ甘いな・・・」の言葉の後に彼が言った自分の答えは、

なかなか素晴らしい見解だった。

 

僕もなるほど!と納得した彼の回答は、「このブログの最後」に

 

 

こいつ やるな~。

こういう脳トレの思考問題を自分で創って誰かに出題するのって、

前頭前野を鍛える事ができる。

 

僕はよく授業で子ども達に、近況をスピーチや「3拓問題を作って僕に出題する」という遊びをその場でさせる。

要領は こんな感じ。もちろん僕のオリジナル授業。

・自分の近況の中で 楽しかったことを思い出す

・それを2分で話せる構成にする

・その中にクイズを入れ、3拓を考える(もちろん僕を騙すこと、そして楽しい問題を目指す)

・以上の内容を1分程度で、その場で瞬時に創る

 

土曜日の子育て講演会でもお話したけれど、

これからの時代は、古い動物脳(大脳辺縁系)と新しい人間脳(大脳新皮質 前頭前野)を

どちらも意識的に鍛えることが大切。

上記の授業課題にも、その要素がたくさん詰まっている。

 

 

前頭前野を鍛える方法で、先日もお伝えしたのは次の通り。

読書(音読)・計算・暗記・抑制・表現(対話)・笑い

実際にその場でお父さんお母さんにも 実践してもらって盛り上がりました^^

講演会のご報告については、また別のブログででも(*´▽`*)

 

__ __ __ __ __

 

さて、息子自身の回答。

 

俺なら、始まってすぐにボタンを押す。

そうすると、残されたのは2人。

先に押した方が負け。

先にどちらかが押せば、その瞬間にすぐ もう一人が押せば最後の1人が確実に勝利者となる。

 

だから、残された2人は、確実に『相手よりも一瞬だけ遅く押せば勝利だ!』という欲が働くがゆえ、

自分から先にはボタンを押せず、結局は2時間が経過してしまい、2人ともが失格となる確率は非常に高い。

 

だから、俺は(一見あきらめたかのように)先にボタンを押すのがベストだと思う。

 

 

この問題には正解は無いのだと思う。

(実験で統計を出せば、より良い答えというのは出るんだろうけど)

だからこそ、自由な発想で問題を創り、多角的な視点で考える能力が必要。

 

それを風呂場でなんとなく思いついて、嬉しそうに父親に出題してくる息子。

そして「この問題が解けたら、仕事ができるやつ」って、自画自賛している息子(笑)

(センター試験まで76日:笑)

 

将来が本当に楽しみで 嬉しくて仕方がない親バカである。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年も無事終えました★

WFC (women's future center)主催  ワクワク夏フェスタ2017 in奈良イトーヨーカドー

 

 

僕は その中の子どもが自分で考えた店を企画出店して販売する

『こども店長』の事前研修講師 と 当日フォローを、毎年お手伝いしています。

 

 

 

子ども達の『遊び』を『仕事』に変えたい!

 

 

話は変わるが、、、

 僕は最近、奈良にオルタナティブスクールを創るべく 動きだした。

 そのコンセプトは、『遊び』『学業』『仕事・農業』『探究』『表現』を柱とした 学びのバリアフリー化。

 それらすべての壁を取り払う中でこそ、子ども達のフロー状態が最高潮に達し、

 彼らは自分達で様々なことを創造・吸収していく。

 教科の枠や、学年の枠を取り払う。  そういう多様性を大切にした学校を目指している。

 

 

このイベントや研修も同様で、

遊びのフロー状態と同一線上に、仕事があればいいなぁ と思っている。

 

 

 

 

↓ この写真の子ども店長は、去年赤字経営となった悔しさからリベンジ!

他の子どもが楽しめる企画と商品陳列と飾り付けを研究し、

大きな声で集客していました!! スゴイ!

 

ワクワク夏フェスタ2017 こども店長 開店準備中♪

 

 

 

 

 

本番までには3回の研修を行い、まったく初めての子ども達のお店づくりを手伝います。

まずは、緊張や不安でカチコチの子ども達を、おもしろアイスブレイクや脳トレで解きほぐし、

ブレインストーミングで やってみたい店を出していく。

 

マーケティング用語を使わずに、子どもに理解し行動してもらう挑戦は楽しい!

 

 

 

 

 

そして、どうすれば喜ばれるか? 

どのような言葉で 楽しさを伝えるか?

 

何が必要か? どうやって準備するか? 予算は?

 

売上・利益とは何か?

適切な客単価は? 目標集客数は? 利益予測は?       

 

 

・・ と研修は佳境へ!!

 

 

ワクワク夏フェスタに向けた子ども店長研修。
写真は2016年子ども店長研修1回目のもの。

 

 

 

 

 

これだけの内容を3回だけの研修で仕上げるのには、まだまだ課題も多い。

 

子ども達が一回でも休んだり、準備を失念してしまうと、本番多くの人に喜んでもらうことが難しくなる。

だけどまぁ、そのあたりの失敗や足りない点も含めて、彼ら自身の学びだと思っている。

大人があれこれ智恵や指示を与え過ぎることが、最もしてはいけないことだ。

 

僕らは、彼らに問いかけるのみ。

 

 

●来年はもっと運営面で工夫をして、より楽しく学べる場にしたいと思う。

 こども達が もっと冒険心を刺激されて、オリジナリティ溢れる店舗づくりを経験させてやりたい。

 

●限定募集した子ども店長以外の こども市民(アルバイト)までもが 

 大人の店舗でさらに主体的に働けるための企画になればいいなぁ、、、 と。

 

 

 

素晴らしいイベントを無償で主宰してくださっている

WFCの 栗本さん、水垣さん 本当にありがとうございますm(__)m

ボランティアスタッフの皆さん、ありがとうございました!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

子どものやる気が無いことや反発に対して…

①子どもを100%責める親

②自分の責任だと感じ不安で悶々とする親  もいらっしゃる。

結論としては、どちらも良い結果を引き寄せない。

 

どちらのタイプ(時期)か、そして子どもさんの特性によって僕の対応・アドバイスは異なる。
先日ある生徒保護者へ近況報告をしたところ、

ご返信をいただいた(②の状態になってらっしゃった)保護者へ、以下のメールを送付したところ、

ずいぶん心の負担が軽減されたとのことだった。

 

もしかしたら、同じように悩む他の方にも参考になればと思い、一部掲載しますね(*´▽`*)

 

____________________________

 

お返事をありがとうございます。

 

まず、思春期の反抗や 現在やる気が出ていないのは、

お母さんのせいではありませんよ。

 

彼は甘えんぼうで褒めてもらいたがり屋さんな面と、思春期による反抗と自立とが、ぶつかっている時期ですから、誰が育てても そうなるものです。

 

ずいぶん以前にも、彼はそれまでの子どもらしさから、 親からの自立・反抗へと急激に変化する個性だとお話したと思います。(←※生年月日からの算命学鑑定による。) 

  ➡➡➡ 算命学については、こちらの記事 をご参考に。

 

ですから、彼の個性では健全な成長だと私は思いますよ。

 

ですから、お母さんの子育ての責任ではありません。安心してください。

 

 

褒める点は褒め、

ここに一緒に存在できているかけがえのない存在であることを忘れずに 愛情を伝え、

あとは 彼の人生の責任は彼にとらせる。それに尽きます。

自立したがっているのですから、彼の人生の課題は彼に解決させるべきです。

親が代わりに解決してはいけない時がこれからたくさんやってきます。

 

 

実は、この時期の子って、

どれだけ我が子のために手取り足取り構っても、

親が全く関与しなくても、

結果はそれほど変わらないものなんです。 

 

 

つまり、構っても、やらない時は やりません。

 

 

ただ、関与してしまうと、親はその見返り(結果)を子に求めてしまいます。だから前者の方がどちらかというと課題が多いものです。

 

いつでも相談にのってあげること、いつでも一番近くの応援団であることだけを常に伝え続け、

あとはどんな行動を選ぼうと 本人に選択させることが、今の彼にはぴったりだと私は考えます。

 

 

母が不安になると、その通りに子は育とうとします。

母は 子を信じてどーんと構えて、そばで笑顔で笑っていることです。

 

そうして初めて、彼が自分の人生を考え始めるのではないかと。

親以外の先生に頼ったり、友達の習慣を意識したりし始めるのかと。 私は思っています。

こういう時期は、他人の大人や頼りになる友人達の言うことを 子どもは聴きますから。

 

 

・・・・・ 以降省略。

 

____________________________

紹介はしたが、上記は単純に①か②かという分類では決して済まない。
お子さんの特性やタイミングをちゃんと把握していないと、

非常に無責任な発言にも転じる恐れもある。

 


この子の個性・状況を私が理解しており、 かつ このお母様が本当に一生懸命で 自分に矢印を向けて子どもを責めないように子どもに気を遣いながら努力されている方なので、上記のようにアドバイスした。

どのご家庭も状況は必ず異なるもの。 
だからあくまでも、ご参考までに★

 

親子と未来を創る塾「創」 田中 章友

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。