阪神シーバス釣査隊

おそらく釣れない方が多いシーバス釣行記 主に西宮や尼崎に出没します!


テーマ:
12/24
ものすごく久しぶりのボートシーバス
ImpactにTATSUOさんと行ってきました!

この時期は産卵期であり苦戦を予想していたのですが、3年前にちょうど同じ頃に爆発したこともあったので、少しの期待も入り混じっての出発!

最初のポイントは不発でしたが、大きく移動した先で幸先良くヒット!
船横でのジグゲームでした。
しばらくポツポツと拾い釣りの展開。
ミノーや鉄板でも釣れますが、やはりジグが強い。
サイズは産卵に関係のないチビばかりです。
ベイトはイワシと思われます。

少し移動してディープゾーンに行くと。。。

見つけました! アフター戻り組みの群れ!
ジグに絶え間のない反応
場所によってはワンキャストワンヒット状態です
こちらは底バチパターンと思われます
ナナマルも混じってました

まだかなり深いところなので、湾奥まで来るのには少し時間がかかるかもしれません。
陸っぱりのみなさんは沖堤からボトムスローな釣りをすると良い事があるかもしれませんね。
(本当は冬の岸ジギをお勧めしますが内緒です)

きちんと数えてませんが、二人で50本以上は釣ったと思います!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
別に慌ただしかったわけではありません。
てんやわんや言いたいだけです。

久しぶりにたつおさんとインパクトに行ってきました。
この時期そんなにシーバスも釣れないので、最近賑わい出した沖のタチウオも狙いに。
ついでに新たな夏の風物詩となったデイアコウにも。

5時半出船し、まずはアコウとシーバス狙い
アコウ釣る気まんまんで、明石でアコウキラーとして一世風靡した某ネクタイを装着した鯛ラバで挑みましたが、1バラしに終わる。
シーバスも湾奥は不発。

早めに見切りをつけ沖のタチウオへ。
噂を聞きつけた船が集まり船団ができています。

たつおさんはテンヤで
私はジグで狙います。

定番のブランカピンクからスタート

しばらく当たりがありませんでしたが、色々試してみて、早めのワンピッチ&ストップ&軽くフォールがハマり連発!
たつおさんのテンヤにも乗り出します。
活性の高い時は手返しの良いジグが有利でした。

ところが、フォールを入れるもんだからラインブレイクも連発!
当たりジグを次々に失って、、、
更に活性が低くなってくると、テンヤの一人勝ち状態!
しかも買ってきたイワシが無くなったので、たつおさんは去年の赤キビナゴをつけると、そっちの方が釣れるという。笑
いとしきりサーベリングを楽しんだあと、シーバス拾いながら帰って行きますが、これがなかなか厳しい。
バース系、トウフ系不発
壁のジグゲーム中心でした。
結構なサイズも出て、最後にプチラッシュで美しく終了!でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
5/28(土)夜

久しぶりにイカパターンで釣ってみたくて、Impactの鍛冶町船長と夜の神戸ボートシーバスに行ってきました。
釣りの結果は、まあそこそこ釣れたのですが、そんなことより、衝撃の経験をしました。

夜8時過ぎ、ポートアイランドの南東バースに停泊するコンテナ船のライトを目指し、六防と八防の間を通り抜けようとした時、六防の先端にいる二人組がなんやら大声で叫んでいます。

仕掛けを投げ込んでいるのに通り過ぎたから文句でも言ってるのかと思いきや、どうも様子が変

引き返して話を聞くと、対面の八防から人が落ちたので助けてくれとのこと。
直ちにその場所を目指す。

目をやると、真っ暗闇の八防には人影がポツポツと浮かびあがる。
特にパニックになって様子はなく、人が落ちたのにも気づいていないようだ。

ゆっくり堤防に近づくと、水面にヘッドライトの光が見えた。

おった!

ヘッドライトに近づくと、膨張式のライフジャケットに身をつつみ、右手にはロッド二本、左手には折りたたみバケツをもったおじさんが何とも言えない表情で浮かんでいた。

「大丈夫やからな、落ち着いて」
かじやんと私でボートの後ろの低いところから引き上げる。

助かった。。。


まだ落ちてから時間がそれほど経っていないようで、震えもなく体力が残っていたようだ。

もうすぐ渡船の迎えがくるということなので、防波堤の低くなっているところから堤防に返し、我々は釣りを続行した。
もちろんしばらく釣りに集中できなかった。

その人は友人と来ていたようだが、友人も落ちたことに気づいていなかったようだ。
また、発見場所のすぐ近くにも釣り人はいたが、全く気づいていないか、気づいてもどうすることもできないので気づかないふりをしていたのか、とにかく同じ八防の上にいた数名は何事もなかったように釣りをしていた。

ライフジャケットを着用していた、単独は避け、複数で行動していた
一見、一般的に注意すべきとされていることを守っていても、現実は誰にも見つけてもらえず、自分でもはいあがることのできない夜の沖堤防

我々が偶然通りがからなかったら・・・
八防の人が気づいてくれなかったら・・・
もしもう少し水温の低い時期だったら・・・

もちろん、沖堤防に限らず、岸壁でもどこでも危険はある
しかし、人が通りがかる可能性を想定した岸壁と、普段人がいないことを前提としている沖堤や渡船で行く岸壁とでは危険の度合いが全く違う

岸壁なら、必ず一定間隔で水中まで伸びたハシゴがついている。

ところが、沖堤防には一切ついておらず、1箇所階段で低いところに降りられるのみ。
しかも、その階段は船から渡ることを想定しており、水面から這い上がってくることは想定していない。
事実、水面から30センチほどの高さ
もし干潮時ならもっと高くなるだろう
しかも、水に浸かっている状態で、ライジャケや服を着ている状態で、体力を消耗した後、その30センチの高さが絶望的な場合もあるだろう

夜の沖堤防からの転落は死を意味する、それぐらいに思った方が良さそうだ。

自己責任だからいい?
決してそうは思わない、確実に周りに迷惑をかける
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。