和田正人オフィシャルブログ「だーわーブログ」Powered by Ameba

和田正人オフィシャルブログ「だーわーブログ」Powered by Ameba


テーマ:
走る。



この事について、深く考えたことが何度かある。



如何に、速く走れるか。



如何に、効率よい走り方ができるか。



如何に、丈夫な脚が作れるか。



もちろん、競技者として走ることに携わっていた時のことだ。



彼此、10年以上も前のことである。



競技者。



あえて、この言葉を使ったのには、理由がある。



高校生の時。



所属する部活動の名前を記入する欄に「陸上部」と、何の疑いもなしに書いたことがある。



後日、顧問の先生に注意を受けた。



「我々は、趣味で走っているのではない。競技をしているのだ。陸上競技を、だ」



競技。



技術や運動能力の優劣を、互いに競い合うこと。



つまり、我々は競技部である、と。



自らが、勝負の世界に身を置いていることを、高校生ながら、実感した出来事だった。



細かい事ではあるが、他者と競い合う事とは。



そして、勝つ事とは。



つまり、そういう事なのだ、と。



心底、実感した出来事だった。



振り返ると、これまでの半生。



高校進学も。



大学進学も。



一流企業への就職も。



全て、脚だけで得てきた。



速く走ることだけが、自らの存在意義を、より確かなものにしてきた。



自らにとって、12年間の競技者人生とは、そんな事だった。



そして、陸上競技を引退後。



走ることを、やめた。



競技者でなくなる以上、走る理由がないからだ。



走ることは、決して、楽しい事ではない。



面白いものでもない。



修行のように、苦しいものだ。



もちろん、それは僕にとってのこと。



競技者として、走り続けたせいかもしれない。



とにかく僕は、走ることをやめた。



如何に、速く走れるか。



如何に、効率よい走り方ができるか。



如何に、丈夫な脚が作れるか。



そんな事を、考えなくてよくなった。



考えなくてよくなって、10年以上。



そして、考えなくてよくなった、今。



別のことを、考えるようになった。



走ることの理由、である。



実はいま、再び、走ることを始めている。



ほぼ毎朝、10kmほどのジョギングを、2年ほど前から続けている。



理由を聞かれることもあり、その都度、それらしい事は答えている。



体型維持のため、とか。



規則正しい生活リズムを作るため、とか。



ストイックになるため、とか。



どれも正しい理由である。



表面上は、だ。



ただ、本当のところは、どれも違う。



どこかもっと、違うところにある気がするのだ。



走ることの、本当の理由が。



地球を2周するほど、競技者として走ってきたのだから。



競技者を卒業した上で、再び、走り続ける理由があるはずなのだ。



もっと、深いところにあるはずなのだ。



PRAYING RUN。



先日、友人から送られてきた、曲である。



世の中には、まだリリースされていないものらしい。



走ることを一つの側面だけで、捉えてきた僕にとって。



この曲のメッセージは、新しかった。



いや、新かったと言うよりも、走ることの本来の姿や、形に、出逢わせてくれたと言うべきか。



深層にある、走ることの意味が。



その理由が。



ようやく、わかったように思う。



仏に祈る、僧侶のように。



日々の御勤め、かのように。



人々の夢や、平和への願いを込めて。



人生の先にある、飛びっきりのサプライズを、受け止めるために。



走る、走る、ただ、走る。



それが、僕の理由なのだ。



Thank you.UVERworld



{B3822739-CF41-43FB-B62B-DFD8AAF461E4:01}



走ること。



それは、美しく。



走ること。



それは、尊い。
和田正人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇

Amebaで芸能人・有名人ブログを書きませんか?

アメーバブログでは、芸能人・有名人ブログとしての登録をご希望される
著名人の方/事務所様を随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み