和田正人オフィシャルブログ「だーわーブログ」Powered by Ameba

和田正人オフィシャルブログ「だーわーブログ」Powered by Ameba







D-BOYS 10th Anniversary Dステ15th「駆けぬける風のように」
【東京】2014年10月9日(木)~19日(日) サンシャイン劇場
【大阪】2014年10月24日(金)~26日(日) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
【名古屋】2014年10月31日(金)~11月1日(土) 名鉄ホール

Dステ15th「駆けぬける風のように」オフィシャルブログ更新中!

■その他最新情報はこちら


応援してくださっている皆様へのお願い


テーマ:
*****************

【出演情報】

★こまつ座第108回公演「小林一茶 」主演決定!「容疑者、その男の名は小林一茶」

★WOWOW「天使のナイフ 」出演決定!

★来秋公開予定、映画「ターミナル起終着駅」出演!

*****************



NHK「ひるブラ」に出演。



前回は、都内にある浜離宮からの生中継でしたが……



今回はなんと、地元の高知県から。



四万十市黒潮町から、日本一の鰹漁船「佐賀明神丸」に潜入しました。



生放送の前日に、高知入り。



さっそく、初めましてとなるNHK高知放送局の神戸アナウンサーや、スタッフの皆さんとの決起集会が開かれました。



{AD4667E9-2DE1-4191-A114-4457EFA0ED9D:01}



とにかく、まあNHK高知放送局の皆さんの、底抜けの明るさたるや。



さすが高知家の皆さん、と言わんかばかりの陽気さと飲みっぷり。



ウチの担当マネージャーは終始、腹を抱えて笑ってました。



笑。



{A2E550A9-E994-431F-807E-B385FF5CD840:01}




鯖の焼き寿司。



通は、頭と尻尾を好んで食べるそう。



ボリューム感がすごい。




{6F2AF919-1891-4EF6-BC19-2562BC1FDA55:01}




鰹の塩たたき。



タレがたっぷりかかってたんですが、そのタレが塩ダレになっていて、このタイプの塩たたきは初めてでした。



スタイリスト志葉さん絶賛。笑




{288E7D1F-50CC-46DE-A1AC-248DF27E1598:01}




寿司の盛り合わせ。



とにかく、魚の鮮度がいい。



鰻寿司、久しぶりに食べたなぁ。



{CAC1CC14-9F75-4C37-9561-53BF85466411:01}



至れり尽くせりの大宴会。



順番など関係なく、最初から一度にテーブルいっぱいに料理が並べられるのも、高知流。



久しぶりの高知の宴会は、血が騒ぐと言いますか……



そりゃもう、楽しかったです。



笑。



そして、生中継当日。



あいにくの雨で、リハーサルからバッタバタのてんやわんや。



何が一番焦ったって、スタッフさんが持ってるカンペが、雨でビチョビチョになって、ページがめくれなくなったこと。



しかも、本番の3分前くらいに。



泣。



あとは、ご覧になられた方は知ってると思いますが。



雨で、カメラのレンズが曇りまくって、映っている僕自らが、レンズを拭きながらリポートする、などなど……



笑。



とにかく、これまでに経験ないくらいの、ドタバタ生中継でした。



ただ、それでも「何とかなるだろう」と思えたのは、本番直前のNHK高知放送局の皆さんの雰囲気。



神戸アナウンサーも、ディレクターも、カメラマンさんも……



こんなにコンディションが悪くて、不安な状況にもかかわらず、満面の笑みで……



「もう、やるっきゃないでしょー!何とかなりますよー!」



って。



まさに、宴会の席そのままの陽気さと、勢いでしたよ。



笑。



さすが、プロだなーって思いましたね。



勉強させて頂きましたよ、ホント。



無事に生中継も終え、最後に「佐賀明神丸」の船長と専属シェフ、神戸アナウンサーと記念撮影。



{37F16CD3-E7CD-416E-A5E3-33ABE0A135CD:01}



ねっ、素敵な笑顔でしょ?



こんなにも良いチームで撮影が出来て、本当に良かったと、心から実感しています。



素晴らしい出逢いに、感謝ですね。



そして、いよいよ明後日から「佐賀明神丸」は、およそ300日の漁に出港します。



我々、高知ロケチーム一同、皆さんの安全と大漁を、心から祈っていますよー。



そして、今日の番組を観てくださった皆さん……



日本一の水揚げ量を誇り、日本全国の市場に鰹を降ろす「佐賀明神丸」ですからね。



きっと、どこかで皆さんのお口に運ばれる機会もあると思うんです。



なので、鰹を食べた際は「佐賀明神丸」の漁師の皆さんの笑顔を、ほんの少しだけ思い浮かべてみてください。



きっと、たぶん。



いつも以上に、美味しく頂けると思いますよ。

いいね!した人  |  コメント(54)
和田正人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事  もっと見る >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み