食材を活かす調理って。

テーマ:

最近はいろいろな催しに伺うことも多くありまして。

美味しいものにたくさん出会えてうれしい限りです。

さて、あるイベントにお誘い頂き伺ってきたのですが、思うところがいろいろとありまして・・・

ある地域の食材のPRをするセールスイベントが各地で行われていると思います。

僕の知人もお互いの専門分野でコラボレーションしながら、非常に高いレベルで来場者を楽しませているんです。

実際に知らなかった味、その後ろのストーリーを味わって幸せを感じる事が多いです。

ところが、なぜかしっくりこない時もありまして。

まず食材が活かせていない時は戸惑います。

自分ならどう使うかなー?と想像しながら食べていました。

仲間と食のイベントをする時には全てを委ねられるので、考えた事もなかったのですが・・・

自分ならどう調理するだろう?とか、あのシェフならどうずるやろ?とか、あの大将ならどう仕上げるやろ?とか、ずっと考えてしまいました。

誠に申し訳ないのですが、「その食材を使っているからこそ」を感じられないので、感想を書くこともできず・・・アンケートには「今日の料理では食材自体の違いを感じる事が出来ませんでした。」と正直に書きました。

生産者の皆様には申し訳ありませんが、これが本音です。

生で食べたら充分に美味しい。
シンプルに焼いて塩で食べれば美味しい。

 

それを越えられない調理なら必要無いのだと思います。