マインドフルネス瞑想入門 ヨガ・瞑想講師吉田昌生のブログ

あなたの心と体を楽にする!!日常生活に活かせる「ヨガ」や「瞑想」、「スピリチュアル」、「心理学」などを紹介しています。
「1日10分で自分を浄化する方法 マインドフルネス瞑想入門」の著者、YOGA BEING代表/ヨガ・瞑想講師 吉田昌生のブログです。


テーマ:
こんばんは、マサオです。

暑い日が続きますが、
いかがおすごしでしょうか?

私は再び執筆中です。
次回の新刊は、また前回と違った感じ。
「女性のための自己啓発&瞑想本」
になりそうです。

お楽しみに!

今月までに、なんとか完成させるべく奮闘中。
精進してまいります。




さて、本日は、子育てして感じたこと。
そこから、仏教思想の「無分別知」について解説し、
結局、私たちは「粒、粒」であるという話をします。


最近、子育てして感じるのですが、
生まれたばかりの赤ちゃんは、ノージャッジです。
昨年うまれた次男には、まだ分別がありません。


鏡をみせても、「私」という認識がありませんし、
当然、「私のもの」という認識もありません。


そんななか、私の長男(3歳)には、自我が芽生え始めたようです。

徐々に、言葉を覚えはじめ、
「私」と「私のもの」という認識ができはじめています。


なので、それまで全く気にならなかったのに、
「私のおもちゃ」を次男(0歳)に触られると嫌がって泣くようになりました。


「これは自分のであ~〜〜〜〜るっ!!!」


と強く主張し始めるようになりました(笑)


でも、次男(0歳)には、自分と他人という分別もありません。

だから、自分がおもちゃを触ったことで
長男(3歳)がえんえん泣いている、その因果関係もわかりません。




「これは自分のであ~〜〜〜〜〜〜〜〜るっ!!!!!」



って長男(3歳)がいくら泣いても、
ゼロ歳児は、なんで泣いているのかわからないし、
そもそも悪いと思ってないのです。


純粋無垢です。

無邪気です。




そんな子供たちを見て、

「もともと善も悪も、正解も不正解もない」

「後天的に、親から、社会から教わった常識、価値観、
思い込みなんかで自分を縛っているのかもなぁ」

という思考が私の中に湧いたりするのでした。




毎朝、瞑想を続けていくと、
普段は自己同化している頭の中の声が静かになり、
自分という枠が広がった感じがするときがあります。

それは「自分」と「他人」の区別のない「無分別智」です。
「無分別智」とは「分離がない」ことに気づく知恵のこと。


つまり、

皮膚の内側と外側という境界線もなく、
大きな一つのエネルギーが移り変わっているだけ。
ずっと変わらない自分などいない。

そんな「縁起」や「空」、「無常」を
見抜く知恵のことを仏教では「無分別智」と言います。




簡単に言うと、
赤ちゃんのときの「自由」で「無邪気」な感じです。

頭蓋骨のてっぺん(サハスラーラチャクラ)が、
まだ開いていたときの「開放感」です。


大人になって、言葉を覚えて、
分けて世界を認識するのが当たり前になってるので、
一見、この分別智の世界が、真実なように見えます。

でも、実は、宇宙は一つの存在であり、
世界を、厳密に切り分けることなど出来ません。



これは別に、怪しい、スピリチュアルな話ではありません。


科学的に見ても、
世界は原子で出来ていて、
その「粒、粒」も絶えず入れ替わっていています。


その
「粒、粒、粒、粒、粒、粒、、、、、、、」

の総称を、「私」と呼んでいるわけですが、

それは関係性の中で仮に現れたにすぎず、

私だけを構成する「粒」などなく、
私のなかの「粒、粒」たちは瞬間、瞬間
川のように入れ替わり流れているだけなのです。


ああ無常。



川の流れのように無常。


あなたが今、吐いている空気も、吸っている空気も、
あなたが今日、食べたものも、出したものも、
それらすべて循環して、移り変わっているだけ。

それは、クラオパトラが吐いた息だったかもしれないし、
肉恐竜の歯の一部分を構成する「粒、粒」だったかもしれないし、
遥か宇宙の彼方で、超新星爆発によって生まれた結晶だったりするかもしれません。


これから、あなたになる「粒」や、
あなただった「粒」はあるかもしれませんが、
どこを探してもあなただけの「粒」など無いのです。


ということは、、、
あなたは「粒」ではないのです。


では一体、私は誰なんでしょう?

この肉体(=粒、粒の集まり)でないとしたら、
一体、私は誰なんでしょう?




何かのご縁で、
今、私を構成している「粒」たちも、
数年したら中身は完全に入れ替わります。

さらに、あと100年もすれば、
このカタチは崩壊し、違うカタチの一部として生まれ変わるでしょう。


でも、この宇宙の「粒」の総量は、減りません。
「粒」が形づくるものが変わるだけのことです。


このように「粒」のレベルでみたら、
自分と世界を切り分けることなどできませんよね。


ここからここまでが腕の細胞で、
ここからここまでが手の細胞だと厳密には定義できないように、

ここからここまでが私で、
ここからここまでが私で無いものと厳密には定義できないのです。


これが、科学的にみた「無分別智」の世界です。


植物も、昆虫も、動物も、人間、生きとし生けるもの、
すべてが分けることの出来ない、大きな一つの自然現象で、
最初から何も分離していないのです。

それが真実です。



「私」 = 「空」

「私」 = 「宇宙」


このように広がった、分別の無い私を、
東洋では「空」とか「真我」とか表現したりしますが、
これはある意味、最先端の分子生物学的な視点と同じです。



で、そんな「無分別智」の世界からみると、

時間も空間も内側も外側もなく、
いいも悪いもなく、善も悪もなく、
どんな「聖者」も「罪人」も等しく価値があって、
「煩悩」さえも、「悟り」のきっかけ(=煩悩即菩提)
となったりします。


だから、何も恐れる必要はないし、
最初から、許されているし、愛されているのです。

(感情的な愛ではなく、ひとつながりであるという意味で)


無邪気で自由な子供達の姿を観察していたら、
そんな「無分別智」と「粒、粒」の世界に思いをはせる吉田マサオなのでした。


今日は、なんだか、
かなり抽象度が高い話になりましたが、
子育てしながら、そんなことを考えていますw


最後に、メッセージ紹介します。

ーーーー ここから ーーーーーー

初めまして。
毎朝、マインドフルネス瞑想通信ありがとうございます。

マインドフルネスというものを知りたくて、
書店で片っ端から手に取ってみたのですが、
どれが一番自分にピッタリくるのかが分からなくてやめました。


いきなりマインドフルネスの世界に没入したいというより、

日々の自分のブレや揺らぎの延長線上に
マインドフルネスという在り方をちょっとずつ滲ませていきたかったで、

こうしてちょっとずつ心地良いお話を聞き流しているようなメールというスタイルは、
なんかいいな~という感じがしてきた今日この頃です。 

この瞑想通信を入り口に
いろんなことを深めていくことが出来ればいいなぁと思っています。
よろしくお願いいたします。

ーーーー ここまで ーーーーーー

メッセージありがとうございます!
お役に立てて私も嬉しいです。

瞑想は一回やればいいってものでもなく、
日々、続けていくなかで習慣化され、深まっていくと思いますので、
このようなメール講座形式で運営しています。


オンラインコースを始めたのも、
メールや動画を定期的に配信すれば、
瞑想を習慣化していただけると思ったからです。

これからも一緒に瞑想を深めていきましょう!
応援しています。


こんな感じで、応援や感想などありましたら、
このまま返信してください。

文章を書く励みになります。
それでは、ありがとうございました。



~現在受講可能な講座~


■ 湯河原で一泊二日の合宿を開催!
マインドフルネス瞑想リトリート@湯河原
→ http://ma30.xsrv.jp/Retreat.pdf

瞑想のためにつくられたお宿で一緒に瞑想しませんか?


■ ヨガフェスタ横浜2016
日時 9月19日15:00~16:30
『yogaを深めるマインドフルネス瞑想』
→ http://www.yogafest.jp/2016/wp/?p=21840



■ 吉田マサオと行く!インド瞑想の旅
インドツアー2017年詳細はこちらから
2017年2月19日(日)~2月25日(土)
→ http://masaoy.com/india!!.pdf



■ 100%集中できてストレスをためない脳の鍛え方 ( WAVE出版)
→ http://www.amazon.co.jp/dp/4866210109




PS.

明日は大学時代友人の結婚式。
いつもTシャツにタイパンツでいることが多い私ですが、
久しぶりにスーツを着てまいります。
(クラスは代行になります)

それではまた来週。
あなたとのご縁に感謝しながら。

マサオでした。


★ 初めての方は、こちらの記事もどうぞ

→ このブログの目次 / 人気記事ランキング



★★ 無料メール講座を運営しています。

すでに2000人近く方に読んでいただいています!
→「マインドフルネス瞑想入門メール講座」の詳細はこちらです。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



こんばんは、マサオです。

ここ数日暑い日が続いていましたが
いかがおすごしでしょうか?

今日の真鶴は涼しいです。
目の前の森から心地のいい風が吹き抜けています。


さて、前回の記事が結構好評で、
たくさんのメールをいただいています。
(メッセージありがとうございました)

前回の記事はこちら
→http://ameblo.jp/masaonoblog/entry-12187612850.html


せっかくなので、
二つほど読者様からのメールをご紹介しながら、
「ありのままの自分を受けいれる方法」についてお伝えします。


ーーーー ここから ーーーーーー


おはようございます。
メルマガ、読みました。

今朝 瞑想をしていて、あることに気づきました。


雑念が浮かびます。
その度に「雑念」とラベリングして、
「戻ります」と言って息に戻っていたのですが、

今朝は雑念が浮かだら、
まず「~って考えてたね」と気づき、

「それでいいんだよ」と認め、
「じゃあまた息に戻ろうね」」と戻る、
というようにしてみました。

それを雑念が浮かぶたびに繰り返していると、
いつもより息に戻った時の感覚が素直であるのに気づきました。

すーっと息に集中できるのです。


さらに繰り返していると、
だんだん満たされたような気持ちになってきました。

そしてとても気持ちよくなってきました。
その気持ち良さの感覚はとても深くて広がりがありました。


で、気づきました。
これは自己受容のトレーニングでもあるんだな、と。




どんな雑念に対しても全て受けとめ許す。



それはどんな自分でも受けとめ許すことになる。



その結果、深い安らぎと喜びが得られる。




そんなことを日記に書きました。
で、メルマガがきていることに気づき開くと、今日の文章です。
リンクしていて驚きました(^o^)/


受容、大事ですよね。自己肯定感のひどく低かった私が、
ここまで浮上できたことに感慨を覚えます。

まだまだ学んでいきたいと思っています。
オンラインコース、楽しみにしています。


ーーーー ここまでーーーーーー



こんにちは。
メッセージありがとうございます。

すごいシンクロですね!

私自身、自己肯定感がひどく低く、
マインドフルネスや心理学を学んで高まったので
共感していただき嬉しいです。



そうなんです。

マインドフルネスは、

「今、ここ」 & 「ジャッジしない」

そんな在り方のトレーニングです。
つまり、自己受容のお稽古なんです。




おっしゃる通り、
自分が感じていることに気づき、
その感覚や感情をありのまま受けとめていくことが、
実は、どんな自分でも受けとめ許すことにつながっています。
(シンプルですが、奥深いですよね~)


今この瞬間、自分が感じていることをジャッジしないとは?

=ありのままの自分を受けいれる

=自分を理解してあげる

=自分を責めない

=思いやる

ということにもつながってきます。



自分がそうだったからわかるのですが、
自分を責める癖がある人は、

瞑想が深まった自分はオッケー。
結果を出している自分はオッケー。
かっこいい自分はオッケー。

でも、

瞑想が深まっていない自分はNG。
結果をだしていない自分はNG。
チャレンジして失敗したダサい自分はNG。

となって、そうじゃない自分を責めています。

「こんな自分じゃダメだ!まだまだだ!」
っていう懲罰的な声と一体化しています。


だから、瞑想でも、日常生活でも、
マインドフルに内側を観察していって、
受けいれたくない自分に気づいてオッケーを出す(=受容)ことで、

自分という、存在そのもの(BEING)を
まるごと認めていくとにつながるのです。


こんな風に、マインドフルネスを実践し、
「気づき」と「受容」を繰り返すことで、

何をしようと何をしまいと自分は大丈夫!
存在そのもの(BEING)に価値があると思えるようになります。




すこし本質的な話になりますが、

よくよくみていくと、
私たちの悩みや、苦しみの根本原因は、
大きく分けて二種類です。



「過去」や「未来」に意識が向かって、
「今、ここ」に心が定まっていないとき。



自分自身や現状に、
「抵抗」し「責め」ているとき。



つまり、人が悩んでいるときは、
未来や過去のことを頭の中で妄想し、
「こんなの嫌だ!」って思っているときなんです。



つまり、悩みとは、

「思い通りならない!
こんなの受け容れられない!」

と思ってる状態のこと。


もちろん、別にそれは悪いことではありません。
誰にでも受け入れがたいことや、受けいれるのに時間がかかることもあると思います。

でも、過剰に嫌がりすぎる人は、
いつもイライラして、エネルギーが漏れてます。

自分責めが癖になっている人は、
人からどう見られるかが気になり、
ありのままの自分に自信がもてなくてしまっています。
(※ 経験者談)



だから、、、
心の平安を得たければ、
自分に自信を持ちたければ、
自分自身と現状をありのまま受けいれることが大切です。

受けいれるだけでも、不思議と心が落ち着きます。


心が落ち着き、冷静になると、
ものごとをありのまま観ることができます。


すでに終わったことをクヨクヨ考えたり、
自分を責めたり、人のせいにしていることに気づいたら、
今、自分が変えられることに専念していった方がいい。

今あるものに感謝して、
「今できること」に意識を集中させたほうがいい。


そのほうが、成長できるし、
現状を変えていくことができると私は思ってます。

すこし話が自己啓発的なテーマに広がりましたね。


ちなみに、10月からのオンラインコースでは、
こんな感じで質問にもできるだけ答えていきます。

本だけでは伝えられなかったことや、
普段のクラスや講座では伝えられないヨガ以外のことも、
動画や音声をつかって、さらに詳しく解説していくつもりです。
楽しみにしていてくださいね!

それでは次のメッセージです。



ーーーー ここから ーーーーーー

20代女子です。

今回のメルマガよかったです。
やさしい文体で、心に染みました。

以前の私なら、

「そうなれたらいいけど、
実際はありのままの自分を受け入れるなんて難しいなあ~」
と思っていたと思います。

でも、瞑想でネガティブな感情を受け入れるようにしてから、

体と心のこわばりがとれてきて、
ありのままの自分でいいと思えるようになってきました。

吉田さんの本に出会い、
1ヶ月続けていますが、色んな変化を感じてます!

また、こんな吉田さんの文章読みたいです!
瞑想これからも続けてみます!


ーーーー ここまでーーーーーー


お気持ちよくわかります。

私も瞑想やヨガの実践中に、
「受容」的な在り方を意識していったことで、

ネガティブな感情を受けいれられるようになり、

「ありのままの自分で本当にいいんだ!」
と思えるようになってきました。


心と体の余分な力みが抜けると、
心身が柔らかくなり、人間関係も楽になり、
仕事も流れにのるようになりました。


振り返ってみると、
結構、私も自分自身を裁いていたように思います。
それゆえ、体も緊張していました。



そもそも、マインドフルネスを実践する前の私は、
自分が自分を裁いていることにも気づいてませんでした。


そんな経験からわかったことがあります。



それは、、、

自分を責める声をとめるには、
まず「気づく」必要があるということです。


「自分が自分を責めている」

そんなマゾ的なところがあることを自覚することで、
自分責めの癖が激減していきます。


体を緩めるのも同じですね~。
大切なのは「気づき」と「受容」です。

まずは緊張に気づいて認めることが大切です。


小さな「気づき」を繰り返すことで、
それが自己理解、洞察、智慧に変換されます。
余分な力み、ブロックが緩んでいきます。



で、次に大切なのが、
「ジャッジしない」こと。


さらにいうと、
責めている自分を責めない。
受容できない自分を責めない。

つまり、ジャッジしている自分をジャッジしないってことです。


なんでこういうことを繰り返し言うのかと言いますと、
「ジャッジしている自分をジャッジする人」が結構いるからです。

とくにマインドフルネス瞑想をはじめたばかりのころは、
それまで見ないようにしていた自分に気づくようになります。


例えば、

ずるい自分

せこい自分

しょうもない自分

愚痴を言っている自分

他人の成功に嫉妬する自分

それらを受けいれられない自分など。

いろんな自分に気づきます。


それは、もともと内側にあって、
気づく力(アウェアネス)が高まって、
無意識が意識化されていっただけのことですが、

そんな自分の影にも、過剰に反応しないようにしましょう。


ジャッジしている自分に気づいたら、
それをさらにジャッジしないこと。

ジャッジの無限ループを止めること。
それはつまり、ありのまんま受容することです。


自己受容は、
自分を肯定できなくてもいいんです。

ありのまんまの自分を愛せなくてもいいんです。
そんな自分をそのまま受けいれるのが、自己受容です。




例えば、

「ありのままの自分を受け入れるなんて難しいなあ~」
と思ったら、

「ありのままの自分を受け入れるなんて難しいなあ~って思っちゃうよね~
そうだよね、難しいよね~、それでいいんだよ」

「それが今この瞬間の自分なんだね」

ってそんな自分をそのまんま受けいれていきます。
無理にポジティブに捉え直す必要もありません。


『それでいいんだよ。以上。』

です。



こんな風に、
「自分を肯定できない自分」も、
「ありのままの自分を受け入れるのが難しい自分」も、
ありのまま受けいれていくと、それだけでも気持ちが落ち着いてきます。

どんな自分がいたとしても、
何をしようと何をしまいと存在そのものを認めていくと、
徐々に、自分との親密度が増していきます。

自分との親密度が増していくと、自分を肯定したり、
ありのままの自分を愛せるようになるかもしれません。

でも、今の自分を肯定できなくてもいいんです。
ありのままの自分を愛せなくてもいいんです。

自分を責めてもいいし、ぶってもいい。

まずは、そんな自分を素直に認め、
受容的なまなざしを向けていきましょう。


それが現在地に足をつけることにつながります。

現在地に足がつくと、
できないことや、変えられないところは受けいれ、
今、できることをやろう!自分の分を果していこう!
そんな在り方にシフトしていきます。

内側の穴を埋めるための
駆り立てられるような衝動ではなく、
自然な向上心、情熱とつながることができます。


さらに瞑想を習慣化して、深めていくと、
心の働きが静まり、揺るぎなく安定した
ニュートラルな意識(=本当の自分)にリセットできるようになります。


今、ここに100%覚醒して、
現実をありのまま受け容れているとき、
私たちは、悩み、苦しみから完全に解放されます。


それは一時的かもしれませんが、
そのような意識状態にシフトすることは、
慌ただしい日常の中、心身のバランスをとる上で、
非常に重要なことであると思うわけです。



そんなわけで、クラスでも本でも、
今、この瞬間に気づいている在り方を練習し、
どんな自分がいたとしても、認めてあげることをお伝えしています。
(さぁ、また次の執筆の続きにとりかかります)

ではまた!



〜その他の講座〜

■ ヨガフェスタ横浜2016
日時 9月19日15:00~16:30
『yogaを深めるマインドフルネス瞑想』
→ http://www.yogafest.jp/2016/wp/?p=21840



■ 湯河原で一泊二日の合宿を開催!
マインドフルネス瞑想リトリート@湯河原
→ http://ma30.xsrv.jp/Retreat.pdf



■ 吉田マサオと行く!インド瞑想の旅
インドツアー2017年詳細はこちらから
2017年2月19日(日)~2月25日(土)
→ http://masaoy.com/india!!.pdf



■ 100%集中できてストレスをためない脳の鍛え方 ( WAVE出版)
→ http://www.amazon.co.jp/dp/4866210109

前著「マインドフルネス瞑想入門」よりも、
心理学的なテーマに関してより深めた内容です。



CDに入りきらなかった誘導瞑想を、
購入者限定特典としてプレゼントさせていただきます。


下記ホームページから、

・ 20分のマインドフルネス瞑想(説明多)

・ 30分のマインドフルネス瞑想(説明少)

・ 片鼻呼吸ロングバージョン

・ 夜寝る前に! ストレスを手放す呼吸

の4つのトラックをダウンロードできます。
すでに購入された方、予約されている方も、
こちらからプレゼントをゲットされてください。



購入者限定の特典ページはこちらです。
http://www.masaoyoshida.com/#!blank-1/u5s5p



参考までに、付属CDの音声を一部、公開します。



トラック1 「瞑想に適した姿勢」



トラック13 身体を感じる(ボディスキャン)

最初の一分間だけですが、
雰囲気だけでも感じていただけたら嬉しいです。

~ 追伸 ~

クラスのおやすみについて。
8/16. 17. 18はお盆休みで休講とさせていただきます。

また少し先になりますが、
10月の第2週と第3週は、すべてのクラスをお休みさせて頂きます。
(2年ぶりに実家福岡に帰ります)

スケジュールはこちらからもご確認できます。
→http://www.masaoyoshida.com/#!schedule/cfvg


それではお知らせは以上です。
ありがとうございました。

素敵な週末を!




★ 初めての方は、こちらの記事もどうぞ

→ このブログの目次 / 人気記事ランキング



★★ 無料メール講座を運営しています。

すでに2000人近く方に読んでいただいています!
→「マインドフルネス瞑想入門メール講座」の詳細はこちらです。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは、マサオです。

暑い日々が続きますが、
いかがおすごしでしょうか?


私は、再び本を書いています。
今度は女性のための瞑想本です。

朝、瞑想で得た感覚やひらめきを、
文章に変換していくこのプロセスが好きです。

(と言いつつ、
最近なかなかスイッチが入らなかったのですが、
やっと執筆モードに切り替わったところナウw)

10月あたり夏休みをとって、
沖縄、福岡に出かけたいなぁ〜と思ってます。


さて、今日の記事は、

「そのまんまのあなたが素晴らしい」


ってことを書きます。


もっと自分を愛したい方、
もっと自分に自信を持ちたい方、
に役に立つと思います。


それではいってみましょう!

今日は、ちょっと気分を変えて、
ダイレクトに思いつくまま書いてみます。
(ゆえに、すこしいつもと文体を変えてお届けします)





誰に何を言うかによって、
真実は玉虫色に変わる。


例えば、

南にいて暑いと言ってる人には、
北にいったほうがいいよ~~と伝え、

北にいて寒いと言ってる人には、
南にいったほうがいいよ~~と伝えるわけで、

どっちに行ったらいいのかも、
その人が、今どこにいるのかによって違う。


またこれは言葉の性質上しかたないのだけど、
一方を◯にすると、対極が×のように捉えられがち。


そもそも絶対的な正しさなんてない。

どっちも○




例えば、
気づきを深めよう!

成長しよう!

貢献しよう!

思いやりをもとう!

って強く思いすぎると、
それにとらわれてしまって、


気づいてない自分はダメ!

成長してない自分はダメ!

貢献できていない自分はダメ!

思いやり深くない自分はダメ!

って捉えられることがある。
でも、伝えたいのは、


気づいてない自分もオッケー。

成長してない自分もオッケー。

貢献できていない自分もオッケー。

思いやり深くない自分もオッケー。

どっちの自分もオッケーで、
全部まるごと、それでいいってこと。



伝えたいのは、どっちも◯で、
さらに◎になってもいいってこと。


大きな宇宙的視点でみたら、
どっちでもいい。全部いい。


「めんどくせ〜」

って思われたかもしれませんが、
なぜこんなことを言うのかというと、

瞑想やヨガ、修行系にはまる人にありがちなのが、
よりよい自分になろうと頑張りすぎるから。

その努力の背景に、
「今のままではダメだ」

という不足や恐れ、焦りがあったりすると苦しくなるから。


って、

こんなことを書いている
私の中にもそういうところがあって、


私自身、
二十代で俳優になろうとしてうまくいかず、
その経験を引きずって、どこかに劣等感があって、
今のままではダメだと思って、一生懸命がんばった時期があって、


ヨガや瞑想に出会ってずいぶん楽になったけど、
気づけば今度は、精神的な側面で、成功しようとしていて、

もっとヨガを深めよう、すごいポーズができるまで頑張ろう、
悟りを得よう、もっと素晴らしい自分になろう、とがんばったりした。


でも、ある日、
どこかに正解があるわけじゃないって気づいた。

いつか、もっとがんばれば完璧な自分になれると思っていたけど、
なれないことがなんとなくわかってきた。


どこまでいってもこのダメな自分はずっとあるし、
未熟なところはずっとある。

エゴもなくならない。
(瞑想すると、一瞬なくなった気はするけど)



むしろ、日常生活では、
自分のエゴ的な欲求や衝動を否定していくと、
別の見えないところのエゴが強くなっていく。


そもそも、
エゴをなくそうとしているのも、エゴ。
精神的なことを追求しだした時におちいる、おっきな落とし穴。


私自身、常日頃、

「人生の目的は、魂の成長」


だと思っているし、
成長するために努力してるし、
思いやりや貢献することを大切にしてる。


また本来、瞑想で、無我になるために、
クラスでは、怒りや過剰な欲を手放そうと言ったりもする。


でも、その反対に、
成長しなくてもいいし、
思いやり深くないときもあっていいし、
怒っても、欲にまみれてもいいって思う。

そんな緩さや適当さも大事だなぁと思ったりもする。


とくに現代人の多くが、自己肯定感が弱い。

私は私でいいんだって思えていない(=自我が確立ができてない)。

自分の気持ちを押し込めて、嫌だと言えない(=他人との境界線がひけてない)。


ってことがよくある。


「どうせ自分なんか」

「自分なんてまだまだだ」


そんな前提で、
エゴをなくそうとすると余計苦しくなる。


頑張って、頑張って、
他人と比較して、うまくいけば舞い上がり、
うまくいかないと、落ち込み、疲れたりもする。


だから、まずはまるごと自分を認めてあげることが大事なんだと思う。
自分を責めない。肯定することが大切なんだと思う。


そもそも、
「どうせ私なんて」とか、
「今の自分はダメだ」
という前提が勘違い。


問題の核はここにある。

この根っこから変えていかないと、
長期的な心の平安は得られない。

ビジネスの成功も恋愛もうまくいきにくい。


でも大丈夫。
色眼鏡は付け替えることができる。
自分で自分をどう捉えるのかは自分で決めることができる。

それが大人になるということだし、
精神的に自立するということ。


そのためには、
まず自分が自分のことをどう捉えているのかに気づくこと。

自分を縛り付けるルールや
無意識の思い込みや考え癖に、
意識の光を当てて気づくこと。


といっても、
それはあまりに当たり前になっているから、
なかなか自覚できてなかったりする。



冷蔵庫の、


ぶ~~~~~~~~~~ん


って音くらい、
常に響いていて気づかない。


そこで、役に立つのが、マインドフルネス。
無意識のノイズや思い込みに気づくのにマインドフルネスが役立つ。


小さな気づきを繰り返すことで、
脳のプログラミングや、体と心の癖が変わり、
自然と、ポジティブな体質に変わっていく。

健康状態、姿勢や呼吸、
価値観や信念、セルフメージを変えることで、
幸せな在り方にシフトすることができる。


こんなことを書いている私も、
やはりネガティヴな自分に気づく。


でもネガティヴな思考に気づくと、
そのパターンから自由になれる。
(これは本当にすごい!!)



無意識を意識化することで、
エネルギーを下げる思考を手放せるようになる。
それと一体化している時間が短くなる。

ポジティブな側面でいうと、
自分の好きやワクワクに気づきやすくなる。

今ここにある時間が増えて、
何もしていないのに、幸せだなぁ、
自分は自分でいいんだって思えるようになる。

考えないで、感じているだけの時間が増える。


さらに面白いことに、
意識的に自分を認めいくと、
外側の人間関係も変わっていく。

心が変わると、現実が変わる。
これは体が変わるよりも、面白い変化!!

その変化が面白くて、
あなたと共有したくて、
今もこの文章を書いている。





瞑想で感覚のセンサーを高めるのも大事。
さらに感受性を高めるために大事なのが、、、

自分の正直な気持ちに気づき、
自分の気持ちを大切にしていくこと。

そのために自分のいろんな側面を許して認めること。


好きなことを好きといっていい。

嫌なものは嫌だっていっていい。

他人に迷惑をかけてもいい。

批判されてもいい。

嫌われてもいい。

もっと幸せになっていい。

豊かさを受け入れていい。

怠けてダラダラしててもいい。

エゴエゴな自分でもいい。

そんな風に、
ありのままの自分を許し認めていくと、
皮膚の内側に安心できるスペースが広がっていく。


自分らしく生きれるようになる。

好きなことができるようになる。
すると、どんどん内側が満たされていく。

心に余裕ができる、ゆとりができる。
受容&許しを繰り返すことで器がどんどん広がっていく。


その安心感、一体感がさらに幸せや豊かさを引き寄せる。
周りからも大切にされるようになる。

すると、それに比例して、
自分の外側の世界も満たされてゆく。

体の血液や気の流れ、
仕事、お金、人間関係の流れ、
いろんな流れがドッとやってくる。

閉ざされていた門が開いて循環しはじめる。

そもそも自分で門を閉ざしていたことに気づく。


それは、首の緊張を緩めるのと同じ。
無意識の癖に、ただ気づいて緩めるだけでいい。

例えば、
自分を責めたり、まだまだだなぁと思ったら、

「そんな自分もかわいいよね」

って、
大きな愛情あふれる視点で自分を見つめてみる。
愛ある視座にシフトする感じ。


あるいは、朝起きて、夜寝る前、
鏡に映った自分の瞳をしっかり見て伝えてみる。

そのまんまのあなたが素晴らしい。

愛している。

って(照)


あなたが自分のことを大切にすればするほど、
周りに人もあなたことを大切にするようになる。


反対に、
自分のことを大切にしていないと、
周りの人からも大切にされにくくなる。


だから、まず自分から。
鏡にうつった自分自身に伝えてあげるのもいい。

自分を愛すると現実も鏡のように変わっていく。
(すこし時差はあるかもしれないけど)


最初から
そのまんまの私に価値があるってことにしておこう!
何をしようと、何をしまいと素晴らしいってことにしておこう。
ってこと。

足りないところも、抜けているところも、
あなたの魅力。


その欠けているところが人を和ませ、
周りの空気を緩める柔らかさだから。


マインドレスネスな自分も、
自分の子供っぽいところも、
愛する我が子を見つめるように眺めてみる。


何をしようと何をしまいと関係なく、
最初から、あなたは愛されている。

(思えなければ、そう思ってみるだけでいい)


何をしようとしまいと最初から許されている。
存在そのものに計り知れない価値がある。

(思えなければ、そう思ってみるだけでいい)


そんな風に、
自分のエゴ的な衝動も
思いやり深く、受けとめてあげると、
逆に、それにとらわれにくくなる。


不完全な自分を許していくと、
自分の中の両極が統合されて、光になる。
一体感、純粋性が高まっていく。


だから、
もっともっと幸せになってもいい。
あなたの幸せは全体とつながっているから。

マサオでした。



〜追伸〜

本日は、いつもと違った感じで書きました。

いかがだったでしょうか?

何か気づきや響くものがあれば嬉しいです。


■ マインドフルネス瞑想リトリート@湯河原
→ http://ma30.xsrv.jp/Retreat.pdf
15名以内の少人数制のリトリート。
一泊二日の合宿でマインドフルネスを凝縮して学びたい方へ。
基礎コースに参加したいけど、日程的に難しい方にもオススメです。


■ 吉田マサオと行く!インド瞑想の旅
インドツアー2017年詳細はこちらから
2017年2月19日(日)~2月25日(土)
http://masaoy.com/india!!.pdf
(現在6名の方にお申し込みいただいてます。
9〜10月あたりにこちらからメールさせていただきますね!)


■ ヨガフェスタ横浜2016
日時 9月19日15:00~16:30
『yogaを深めるマインドフルネス瞑想』
→ http://www.yogafest.jp/2016/wp/?p=21840

90分でマサオワールドを凝縮させます。

それでは幸せな週末を!!


すくすく成長中!






いやぁ〜夏っていいですね!!



クラス前の風景。(だいたいウネウネしております)


本日、お伝えしたような内容や瞑想に関して、
さらに細かく、具体的にお伝えしていく企画が10月からスタートします。
メルマガ読者限定で、マインドフルネス瞑想入門コミュニティメンバーを募集しています。

ご興味ありましたら、メルマガにも登録してみてください。
きっといいことが雪崩のように起こります。(たぶん)

ではまた!



★ 初めての方は、こちらの記事もどうぞ

→ このブログの目次 / 人気記事ランキング



★★ 無料メール講座を運営しています。

すでに2000人近く方に読んでいただいています!
→「マインドフルネス瞑想入門メール講座」の詳細はこちらです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
こんにちは、吉田マサオです。

先日、綿本ヨーガスタジオのメールニュースにて、
「私と瞑想との出会い」について書きましたので、
こちらでもシェアさせていただきます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   綿本ヨーガスタジオ メールニュース
                         2016.7.15. 第216号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



こんにちは
土曜日のクラスを担当している吉田昌生です。

メールニュースで皆さんへ何かをお届けするのは2度目で、
どんな話を書こうかと、迷いましたが、
本日は私と瞑想との出会いについて書かせていただきます。


今から10年ほど前のこと。

役者を志して福岡から上京してきたものの、
厳しい現実にぶち当たり、すっかり自信喪失していました。

すべてがうまくいかず、自分が本当は何がしたいのかも、
人生の方向性も見失っていました。

「自分は何がしたいのだろう?」

「どう生きたらいいのだろう?」


未来に対する不安や過去への後悔、
自分を責める声でいっぱいで、
何もする気が起きませんでした。

人生がただの真っ暗闇に感じられ、とても孤独でした。

一人でずっともがきながら、
でも、どこかにあるだろう光を探して、さまよっていたのです。


そんなある日、新宿の紀伊國屋書店で一冊の瞑想の本と出会いました。

「Yogaではじめる瞑想入門」綿本 彰 (著)


早速、まだ大きかったiPodに
付属の瞑想CDを入れてやってみたところ、
心がとても穏やかになりました。

そんな穏やかな気持ちになったのは、
とても久しぶりのことでした。

毎日CDを聞きながら瞑想を実践しました。

瞑想を続けるにつれて、
呼吸や姿勢を意識するようになり、

自分のネガティブな思考の癖に気づいて、
ものごとの受け止め方が少しずつ変わっていきました。

姿勢や呼吸、考え方や行動が変わると、
人生の流れそのものが大きく変わっていきました。

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、
真っ暗闇の人生にやっと一筋の光が差し込んだように感じられたのです。


瞑想の効果に感動して、
それから様々な瞑想を実践するようになり、

そしてやがて興味はヨガへと広がり、
ヨガ講師への道を志すようになりました。


一冊の本との出会いが、
私を人生のどん底から救い、
その後の人生を方向づけてくれたと言えます。



今でこそ、こうして綿本ヨガスタジオでクラスを担当させて頂き、
神奈川県(真鶴)でもヨガクラスを主催するようになりましたが、

ヨガ講師になったばかりのころは、
生徒さんが誰もこない日が続くこともありました。

そんな時は悲しみや無力感、寂しさ、不安、
などの感情に襲われたりもしました。

「私はヨガ講師には向いていないんじゃないか」

と悩み、諦めかけたこともあります。



でも、そういった時にこそ、
瞑想の実践がとても役に立ちました。

瞑想を習慣化し、自分の思考や身体感覚を客観視する時間をもつことで、
いつも頭の中で考えている思いや考えに「気づく」ことができるようになりました。

もしも自分や他人を責める声に気づいたら、意識的に手放し、
自分を肯定する言葉をかけるようにしました。

また、それまでは当たり前だと思っていたような小さなことにも、
意識的に感謝するようしていったことで、
何気ない日常の幸せに気づくことができるようになっていきました。


落ち込んだ時も、無理にポジティブに考えるのではなく、
その不快な感覚や感情をしっかりと味わい、
自分自分に対して受容的、共感的な眼差しを向けるように心がけました。



こんな風に、
日常生活で使う言葉や考え方を変え、
すでにあるものに意識的に感謝していき、
ネガティヴな感覚や感情もありのまま感じるようにしていくと、

少しずつですが、
まだ何の実績もない不完全な自分に対しても、
オッケーを出せるようになっていきました。

逃げたくなるときも、そんな自分自身を勇気づけ、
ヨガや瞑想を伝えたいという思いを大切にクラスを続けていたら、
ヨガ講師としての経験も積まれて、自分に自信をもてるようになりました。



あれから10年余り。



こうしてこのお手紙を書きながら、振り返ってみると、
まさか自分がヨガ講師になるなんて思ってもみませんでした。

あの日、
一冊の瞑想CDブックに出会うまで
私は瞑想ともヨガとも無縁でした。

今では、瞑想やヨガの無い人生は考えられません。

今では、これこそが自分の天職(天命)だと確信しています。


だから、過去の自分と同じように、
瞑想やヨガにまったく興味がなかった人たちの「きっかけ」をつくりたいと思ってます。


もちろん私自身、まだまだ課題はありますし、
すべてを受け容れているとは言えません。

それでも、自分自身の心と身体がすごく楽になったので、
自分がヨガ、瞑想から受けた恩恵を、
ご縁ある皆様と分かち合っていきたいと願っています。


最後は宣伝になりますが、
私の新しい瞑想CDブックが発売されます。

今回は、とくにビジネスパーソン向けの瞑想本です。

彰先生から教わって、日々のクラスで培った瞑想の誘導スキルに加え、
自分が自分の心を理想的な状態へと導くために
実践して効果のあったものを抽出しました。

ヨガや仏教以外にも、心理学、自己啓発のエッセンスも織り交ぜたので、
他には無いオンリーワンの瞑想CDブックになったと自負しています。


この本が、多くの方が瞑想を始める「きっかけ」になればうれしいです。
気になった方は下記詳細をチェックしていただければ幸いです。


また ヨガフェスタ横浜2016に出演させて頂きます。
こちらも日程が合えば、ぜひ遊びにいらしてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
吉田昌生の瞑想CDブック第2弾!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これ一冊で瞑想の基本的姿勢、呼吸法、マインドフルネスの理論と
実践方法が分かります。

「100%集中できてストレスをためない脳の鍛え方」
吉田昌生著 WAVE出版

約1時間の瞑想誘導CD付き。朝から寝る前まで、
1日のあらゆるシーンに合った瞑想を収録。
スマホやオーディオプレイヤーに入れればいつでも好きなときに瞑想できます。

■書籍の詳細はこちらで確認できます!

100%集中できてストレスをためない脳の鍛え方 ( WAVE出版)
→ http://www.amazon.co.jp/dp/4866210109


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヨガフェスタ横浜2016出演決定!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


マインドフルネス瞑想のエッセンスを凝縮してお届けします!

■ ヨガフェスタ横浜2016
日時は、9月19日(月/祝)の15:00~16:30
【yogaを深めるマインドフルネス瞑想】

クラスの詳細、ご予約はこちらから!
→ http://www.yogafest.jp/2016/wp/?p=19556



ヨガフェスタ横浜 2016

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後まで読んでくださりありがとうございました。

吉田マサオでした。



〜追伸〜

この記事を書いたあと、ぶらり新宿@紀伊国屋書店
私の本が、どんな感じで並んでるのか見てきました。







新刊、
『外資系エリートが実践する 100%集中できてストレスをためない脳の鍛え方』は、
話題の新刊コーナーと、自己啓発、ビジネス棚に置いてあり、


『1日10分で自分を浄化する方法 マインドフルネス瞑想入門』
は、心理学、精神世界に置かれてる様子。

同じ瞑想本でも、置いてある場所によって、
雰囲気も、手にとる人も、全然変わりますね。


私の瞑想CDブックが、必要な人に届きますように。 ^ ^




〜追伸2〜

先日、取材を受けた内容が記事になったのでシェアします。
眠れない方のためサイト『フミナーズ』

■話題のマインドフルネスって?眠れない夜に心強い「自分と向き合う心の整理術」
http://fuminners.jp/newsranking/3658/


■マインドフルネスで睡眠前のネガティブ思考をコントロールする方法
http://fuminners.jp/newsranking/3945/

私も寝る前、お風呂上りに、緩めのヨガや瞑想をするのですが、
心身がリセットされて、朝までぐっすり熟睡できるのでオススメです。



〜追伸3〜

湯河原でのリトリート&インドツアーのお申し込みもスタート!
続々お申し込みいただいております。詳細はこちらから。


■ 瞑想を深めるために必要な知識と実践を2日に凝縮!
マインドフルネス瞑想リトリート@湯河原
→ http://ma30.xsrv.jp/Retreat.pdf



■ 吉田マサオと行く!インド瞑想の旅
インドツアー2017年詳細はこちらから
2017年2月19日(日)~2月25日(土)
→http://masaoy.com/india!!.pdf




〜追伸4〜

マインドフルネス瞑想入門も9刷目、新たに5,000冊印刷されます。
たくさんの方に手にとっていただけているみたいで、本当にありがたいです^ ^



購入してくださった皆様ありがとうございます!!



〜追伸5〜

ビジネス瞑想の平本あきおさんと食事しました。

今度、コラボセミナーを開催する予定です。
詳細が決まったら、お知らせします。


〜過去の人気記事〜

無条件の愛とは?自分を愛する方法(アドラー心理学 承認欲求)
http://ameblo.jp/masaonoblog/entry-12041887164.html




★ 初めての方は、こちらの記事もどうぞ

→ このブログの目次 / 人気記事ランキング



★★ 無料メール講座を運営しています。

すでに2000人近く方に読んでいただいています!
→「マインドフルネス瞑想入門メール講座」の詳細はこちらです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、吉田まさおです。


瞑想を深めるために必要な知識と実践を2日に凝縮!
『マインドフルネス瞑想リトリート@湯河原』
参加者募集のお知らせです。




このリトリートは、
こんな想いをお持ちの方にオススメです。

・ 瞑想をこれから始めたい

・ 瞑想を習慣化したいけど、なかなか続かない人

・ 私の本を読んで、さらに瞑想について知りたい方

・ 深い瞑想状態を体験したい方

です。

この講座は、初心者から中級者向けの講座です。

(反対に、瞑想を何十年もやっている方、
自分は瞑想の達人、上級者だと思っている方には向いていないかもしれません)

合宿開始までに、拙著

「マインドフルネス瞑想入門」


もしくは、
「100%集中できてストレスをためない脳の鍛え方」


のどちらかを読了されることをお勧めします。
内容について触れることも多いと思いますし、
付属の瞑想CDを実践していると、より講座の内容を理解しやすいと思います。
(強制ではありません)

また二日間だけですが、
タバコやお酒を摂らないで大丈夫な方だけお願いします。




〜頭での「理解」と、体での「実感」を大切にしたリトリート〜


この講座に参加すると、
瞑想の効果、メカニズムを頭で納得するだけでなく、
深い瞑想状態を身体で「実感」できます。

瞑想の正しいやり方、続けるコツがわかるので、
一人でも自信をもって続けることができます。

この講座では、10分〜30分の瞑想を、
自分一人でできるようになるところを目指します。



なぜこの講座で瞑想は深まるのか、
その理由を三つあげるとすると、、、


瞑想が深まる理由1
瞑想を深めるための簡単なヨガをご紹介。
呼吸法やヨガをして、身体面と呼吸面で調整すれば、
誰でも深い瞑想状態を体験しやすくなります。


瞑想が深まる理由2

瞑想のために特別に作られた空間で、
みんなでやることで、瞑想が深まりやすくなります。
一人でやるときより、格段に高い集中力が持続します。


瞑想が深まる理由3

大切に育てられた野菜から作られる食事と、芯から心身がほぐれる温泉で、
ストレスから解放され瞑想が深まりやすくなります。


そして、この合宿に参加し、瞑想が深まることで、

・ 思考と距離がとれるようになり、
  次から次に湧いてくる思考を選べるようになる

・ 「感情=私ではない」ということがわかるので、感情のコントロール能力があがる

・ 自分の思い込み、仕事や人間関係でうまくいかないパターンに気づける

・ 「今の状況も、人間関係もすべては心の表れである」ことがわかるので、
  他人を通して、自分の価値観、理想に気づけるようになる

・ 自分のワクワク、ときめき、好き!に敏感になれる

・ 今、私は幸せであるということが体感としてわかる。
  前提が変わることで、外側の状況も変わる。

・ 人生の流れにのる。シンクロが起こる。直感が目覚める。

といったような変化を体験されるかもしれません。

この講座で瞑想を深め、その感覚を日常生活にも広げていくことで、
結果として、あなたの精神面、健康面や経済面、人間関係など
すべての領域で、よりよい方向へ向かっていくでしょう。



〜このリトリートでやる内容〜


瞑想と言っても、地に足のつかない内容ではなく、
「日常生活ですぐに活かせる内容」ばかりを紹介します。

またこの講座では、
講義のみでなく実践的なワークを豊富に盛り込んでいるのが特長です。

実践では、

グループ瞑想
マインドフルヨガ
歩く瞑想
食べる瞑想
慈悲の瞑想
感謝の瞑想
サイレントで朝日をみる

などなどを実践します。

講義では、瞑想を深めるためのメカニズムや、
その背景にある心理学や東洋思想も紹介します。


また今回は、
講義と実践だけでなく、ディスカッションで
理解を深める時間も持とうと思っています。

例えば、

・すっごく嫌な奴がいる場合

・休みになっても仕事が気になる、過去の失敗を後悔してしまう場合

・大勢の人の前で話す時、緊張して話せないかも、と不安になる場合

などのケースを取り上げ、

いつもの自分ならどう反応するだろう?
マインドフルな自分になったらどう反応を選択するだろう?
とディスカッションしながら現実的なレベルでも理解を深めていきます。

この2日間で、得たことを日常で実践したくなる!
そんな「日常生活で活かすためのマインドフルネス」を紹介します。

日常生活でどう役立つのか、学びを実践で活かすための
一人一人の気付きの場になればすごくいいなぁと思ってます。

また、会場となるお宿は、ヴィーガン料理も有名です。
そして、やっぱり湯河原の温泉は最高です!
ぜひこのリトリートで身も心も癒されてください。


〜〜 注 意 〜〜
今回の内容に関しては、この講座で完結したものです。
そのあとの営業や売込みは一切しません!
また当たり前ですが、宗教とは一切関係ありません。
(反対に、宗教の勧誘などを目的にされる方はお断ります)


詳細をまとめます。


セミナー名  マインドフルネス瞑想リトーリート@湯河原


開催日時   2016年9月22日(木)23日(金)一泊二日

開催場所  湯河原リトリート ご縁の杜 -Goen no Mori-

       神奈川県足柄下郡湯河原町土肥5-4-6
      (電話)0465-64-0150


参加費   68,000円 (宿泊費、食費込み)
      早期割引  58,000円  (7月31日までのお申し込みに限ります)
      ペア割引  63,000円  (ご夫婦やお友達など、2名様でお申し込みの方)

定員    15名

参加申し込み方法   お申し込み、お問い合わせはこちらまで

masaoyoga@gmail.com

  (タイトルを「リトリート2016参加希望」として下さい)

申し込み締め切り日時  2016年9月1日まで
            (定員に達し次第締め切らせていただきます)


以下、旅館と瞑想ルームの写真です。













だいたいの一日の流れはこんな感じです。


スケジュール Day1 現地集合、チェックイン
            午後のヨガ、講義
            夕食、休憩
            夜の瞑想
       
Day2  朝日を見ながら瞑想(@真鶴の三ツ石)
            朝ヨガ
            遅めの朝食
            チェックアウト
            午前の講義、瞑想
            現地解散
    (プログラムは現時点での予定です)
            



〜追伸〜


どうやったら初心者の方でも深い瞑想状態を体験してもらえるだろう?

そんな問いかけをしながら、
私は、日々クラスを開催し、瞑想CDを収録したりしています。

もちろん、メルマガやブログで、
講座など理論的なことはシェアできますが、
クラスの空気感は、音声や動画だけでは伝えられません。


瞑想的な場の空気感は、
体験していただく以外には伝わらないのです。

もちろん理想は、
継続的にクラスに通っていただくことですが、
場所的にも、時間的にも、なかなか通えない、
という方がほとんどだと思います。

そんなわけで、
一泊二日の合宿を開催しようと思いました。


リトリートなら、旅行気分で遠方の方にも、お忙しい方にもご参加いただけるし、
非日常的な時間のなかで、仲間と一緒に行えば、瞑想はより深まります。

ぜひ、瞑想のために用意された特別な空間で、
普段とは違う意識状態を体験していただきたいと思います。
そして、リトリートが終わった後もぜひ瞑想を続けていただきたいと思ってます。

最後にはなりましたが、
このリトリートを開催するきっかけについてお伝えさせていただきました。
私のリトリートに興味を持ってくださり、ありがとうございました。

あなたのご参加をお待ちしています。

吉田昌生




★ 初めての方は、こちらの記事もどうぞ

→ このブログの目次 / 人気記事ランキング



★★ 無料メール講座を運営しています。

すでに2000人近く方に読んでいただいています!
→「マインドフルネス瞑想入門メール講座」の詳細はこちらです。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)