$ぼくの「地球」を走る旅

*イベント出演情報



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-01 01:23:44

「どーなるこれから自転車旅!続報」

テーマ:カナダ

 

 

 

 

こんにちは!アメリカ入国拒否のことでは皆様にご心配おかけしております!励ましのメッセージやアドバイスのコメントほんまに心に響いとります。ありがとうございます!

 

「アメリカ入国どーなるの!?」の現状報告です。

要点から。【カナダ国内でアメリカ観光ビザ(B2)の取得】をするために動いています。昨日はナイアガラ・フォールズのユースの滞在を一日延ばして、オンラインでのビザ申請に必要な書類の作成と提出をしていました。それと同時に、すぐにビザが取得できることは困難(ビザ取得のための面接日程がなかなか取れない)なので、それまでの行動もパターンを考えておりました。

 

領事館ホームページによる「ビザ面接日の目安」とこれからの旅程を考えて「モントリオール領事館」にてビザの面接を受けるべく昨日も夜中までカタカタとやっており、また現地にパスポートの受け取りで協力してくださる方が必要なので、モントリオールでゲストハウスを営まれている日本の方に協力いただけないかご相談をさせていただきていました。

https://lapetiteprunejp.wordpress.com/

全く面識が無いにもかかわらず、協力OKですと連絡くださったオーナーの山田さん本当にありがとうございます!

 

「さあ、これでしばらくの予定の目処が立ちそうだ!」山田さんにご協力いただけることになったので、面接予約を取るためのホームページにアクセス。必要な情報を入力して、さあ面接日の設定!という段階になってびっくり!

 

【9月中旬まで面接予約が取れません】

 

(゚д゚)!

 

 

ビザ面接の予約は東海岸の領事館大使館は9月まで空きゼロ。唯一7月に面接予約をとることができるのは大陸の反対側、西海岸のバンクーバーのみ。すぐに交通費を調べる。飛行機で往復7万円・・・。

 

さあこれからどうなるのか西川のアメリカビザ取得へたれ旅。

とりあえずの対策として、非移民ビザに関する問い合わせが可能なトロント領事館、モントリオール領事館のメールアドレスに今回のアメリカ訪問の理由、ぼくの教育活動のこと、できるだけ早くビザを取得したい旨をメールしました。(通常こういった問い合わせはは電話や直接訪問では受け付けてもらえません)

そして、他の方のブログから日にちが経てば、面接日程に空きがでる可能性があると知ったのでこちらも継続でやってみます。

 

現時点でできることはやりました。

そして、ここに滞在したままでも前進はできないので、これからとりあえずトロントに自転車で向かいます。

 

先が見えなくても歩みは止めない。みなさんにたくさん元気をいただきました!ほんまにありがとうございます!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-30 01:08:46

「気負い。へたれ。そして現実。」

テーマ:カナダ

 

 

 

結論から。昨日アメリカ入国を拒否されました。

そのあといろいろ考えました。どうしたいのか。どうするべきなのか。

考えは至っているのか。久しぶりにほんとの徹夜をした。

 

出発前から懸念してたことが、現実になりました。

アメリカへのビザ無しでの渡航の規約変更。昨年末より2011年3月1日以降に

イラン・イラク・スーダン・シリアに渡航・滞在したことがある旅行者にはオンラインで申請できるESTA(電子ビザ)が取得できないようになりました。

そして僕は2012年のユーラシア大陸横断の際にイランを走っていたというわけです。

 

その規約変更を知らなかった僕は、日本出国前にESTAを申請。

当然この規約によりESTAは取得できず。しかし陸路で入国する際にはESTAの取得は必要ないことを入国管理局ウェブサイトで知り、そのまま日本を出国。

そして昨日カナダからアメリカに入国をトライしようとしたわけです。

 

入国管理局でオフィスに呼ばれ(やっぱり?)、

長いこと待合室で待って(あとから来た人がどんどん面接室に吸い込まれていく)、

それからオフィサーと面談(ここまで約2時間)。

 

「どうしてESTAが下りていないのに入国しようとしたんだ」

「イランへは何をしに行ったんだ」

「君はアメリカへ入国できないと知ってやってきたのか?」

 

と質問を受けながら、こりゃもうダメだと確定。

どうする。せめて自分の目的は話そう。

と旅のこと、これから南米まで自転車で行くことなど質問のあいまに説明した。

 

「ほんとに自転車で?君の目的はよく分かった。しかし、ルールが変わったからしょうがないんだ。とにかく今日はビザがないことには入国を許可することはできない。カナダでトライするか、それとも日本に帰るか。それか君がアメリカへの入国を考えていたMAINEの国境で事情を話して判断を仰ぐかだ。トロントでは面接アポを取るのには時間がかかるらしい。問い合わせみるといい。」 

 

と、最後は丁寧に話をしてくれて。上司のところに僕のことを話しに行ってくれて、それから「入国拒否」のプリントアウトとともにパスポートが帰ってきた。それと、もろもろ質問された内容のコピーも。

 

ナイヤガラにかかる橋をカナダに向かってトボトボ帰りながら頭がグルングルン。自分ではどうしようもない現実をつきつけられた。どうする?一時帰国か?他のボーダーでトライか?それともカナダでのビザ申請にかけるか?

 

帰って調べた。考えた。気づいたら朝だった。

ちょうど結論を出そうかというときにお日さんが起きてきた。

青空が見えて外に出た。空が青ーくて、葉っぱがそわそわしてて、空を鳥が横切った。

 

そうか。どうするかよりも「どうありたいか」が大事やないのか。

 

ESTAのことは知らなかったのも含めて反省だけれど、嘘はついてない。オフィサーそれでも人情あったやんか。そして。ぼくの体はありがたいことに元気だ。

 

変えようのない現実も。自分がいただいている現実も。

受け止めるところからはじめたらいい。

 

いや~ただいまものすんごい現実感を受け止めてます!

非日常の旅のなかで、すんごい現実感を味わっております!笑

 

やろう。やってだめだったらそんとき考えよう。

よーし今日できることこれからはじめよう!

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-28 15:00:46

「気合い?気負い?いやいや・・・」

テーマ:カナダ

 

 

 

さて、前回の出発の投稿では、みなさん応援メッセージをほんとにたくさんありがとうございました。「みなさんの期待はずれのおもろないこと書き出したらすっかり失望されるんちゃうやろうか?」と自然体どころかものすごい気負ってしまうようです苦笑

 

さて、近況報告。カナダ・トロントに到着したのは夜。そのまま空港で夜を明かして、自転車組んでスタート!

 

いや~1日目から走りました。150km。目的地のナイアガラの滝に到着はなんと夜8時。12時間!

 

朝は良かったんですよ!朝は!さわやかな風と青空に迎えられ「やっぱ旅はこうだ。目的地までのルート考えながらドキドキ走るのがいいんだ!」なんて写真のように満面の笑みだったのですが・・・

 

【その1】

気持よく行き先表示に案内されるがまま走って自動車専用道に辿り着く北米トラップ!これ完全に忘れとった!汗 迂回路探してもとのルートに戻るまでほんま大変す。

 

【その2】

ニュージーランドの体力はどこ行ったんや!?スタート1時間後には手がしびれる・・・おしり痛い・・・昼過ぎにはしんどくて足にチカラが入らん。はい、自転車カラダづくりまたイチからでございます。時差ボケとセッティング調整まだなのを差し引いても情けない!

 

【その3】

そうなんよ!ここはどうしてもがんばりどころやから!と考えてるようなときほど向かい風!こういう世界でしんどいのきっと今の自分だけやわ!って思ってしまうくらいに精神的に削られていく向かい風パワー!

 

初日から旅のいろはを学び直すことができました。そうそう、ありのままを受け入れてそっからどう考え動くかが自転車旅。ことばで言うてても、やっぱりこうしてまた実感してこそですね。

 

さー明日もがんばるぞ!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>