$Times goes on


HPリニューアルしました、まだ製作途中ですがURLはこちらです!

                     http://www.fb-kakeroma.com/



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年02月18日

のんちゃんの恋人、数年ぶりの美容整形オペ

テーマ:子供たち
 
なんと、、
前回のオペから4年以上が経ってたなんて、、(汗)
一途なのんちゃんは未だ恋人を変えず、、
もうかれこれ?何年?
10年以上は経ってるよ!?
このカンガルーさんに一筋の男 → のんちゃん!
他のおもちゃなんて興味ないもんね、、
このカンガルーさんなんて、何度ものんちゃんの愛情の果て
ボロボロにされて、、
その度、天国に行きそうになっては
お母さん称するブラックジャック先生からなるオペにて
奇跡的な生還を成し遂げているのだ!
 
なかなかブラックジャック先生も忙しくてさ、
なかなかオペができなくて、、
今回ようやく夜な夜なオペに踏み切ったのだ。。。
カンガルーさんの顔も限界だったからね、、(>_<)
 
 
 
今回も毎度と同じオペの準備に
数日前にカンガルーさんには洗濯機に入ってもらい
よく乾かして準備に至る。
 
顔面が破壊してるから
お父さんの古いTシャツから用意された 「人工皮膚」 と、
顔の綿が飛び出してなくなってしまっているため、、
脂肪と肉のドナーとして、「ウサギさん」 をスタンバイさせた。
コレまで片目が義眼だったカンガルーさんは、今回のオペで
両目が義眼となる予定。
そして、義鼻&義口は変わらずだが、
のんちゃんからのリクエストで、前回は作りが雑だったから
もっと丁寧に作って欲しいとの要望が出ている、、(汗)
 
ブラックジャック先生もプレッシャーなのだ、、
 
 
手術前(↑)
 
古い皮膚と、残っていた片目を取り外し、
新しい人工皮膚と、ドナーからの綿を入れ輪郭を作る。
途中経過は、、深刻なオペのため記録写真はなしw
助手もいないしね。
 
 
新しい顔の皮膚再生と肉と脂肪注入完了(↑)
 
難しいのは顔は曲線だから、何枚かの皮膚をつなぎ合わせないと
うまく輪郭がとれない。
 
 
お次は顔のパーツ形成。
 
依頼人のんちゃんのリクエストは「丁寧に作れ!」との事、、
顔をどんな感じにするか?
相談しようと思ったら、依頼人、、
オペの途中に、カンガルーさんを連れ出し遊んでるではないか!!
「のっぺらぼうでいいんかーーーい?!」
 
 
オペの途中でカンガルーさん連れだし遊ぶ光景(↑)
 
すぐさま取り上げ、、
顔のパーツのカウンセリングをはじめた。
 
 
顔の下書き(↑)
 
可愛らしく。という要望から、、
こんな感じに仕上げる予定。
「丁寧にやれ」 と言われてたから、、
前回より一生懸命丁寧に仕上げたつもり。
 
オペ完了w
約2時間弱の深夜オペだった。
 
 
両目、鼻、口、全て糸で施されている。(↑)
 
術後はカンガルーさんも
顔色も良く笑顔なので、成功だったといえる。
 
しかしながらブラックジャック先生、このところ目が悪いため、、
オペはかなりハードワークです、、
 
 
オペ後の面会(↑)
 
 
依頼人ののんちゃん、恋人の出来はいかがでしょうか?
 
「の : いいでしが、おでこがひろいでしね!」
 
「私 : あああ、、やっぱり、、そこですか、、パーツが少々下過ぎましたか、、」
 
「の : じかいはきをつけるでしよ!!」
 
「私 : 次回、、って、、、 は、はい、、、」
 
 
そんなこんなで、オペはなんとか無事終わったのだ。
のんちゃん、カンガルーさん美人になって良かったね!!
 
 
これまでのオペの記録を下に貼っておきまーす。
のんちゃんもカンガルーさんも若くて面白いよ!
 
 
=============================
 
● のんちゃんの恋人、深夜の緊急オペ<2012年12月>
 
● 昨晩のオペ <2011年6月>
 
● 恋人の変貌 <2010年8月>
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年02月13日

久しぶりのシシ汁

テーマ:食べ物
{2FF5B50C-73A4-45D4-BDDD-C2A5FEB70FCF}

久しぶりのシシ汁でルンルン♪
このところ寒い日が続いてるので、汁物はサイコーです〜


最近は著しくシシ被害があちこちの奄美加計呂麻地方、、
ウチの駐車場(空き地)にまで出て来て土をほじくり回し、
家裏のヤブにはシシが通る獣道が数カ所できている。
夕方家に居ても、裏のヤブから何か獣がが歩いてる音がしたり、
時に『ブーブー』と鳴き声まで聞こえる始末(汗)
近所で畑をしてる人なんかは、かなり荒らされてる様子だし、
昨年植えたサトウキビも全滅状態の畑もあるほど。

目撃例も頻繁で、
車で峠を越えれば、超大判のシシを見かけたり、
子シシが数匹で車の前をずっと一緒に走ったりもする。
散歩で山に行けば、『ブーー』って聞こえるのは当たり前、
2日前なんて目の前にシシが2頭いて、逃げもせずキョトンとこっちを見てるほど。
私が連れてる犬のラモーンまでキョトンと見てるだけ〜

こんなにその辺にシシがいるのに!
その割に最近はシシ肉食べてない!!と思ってたところ。

昨日近所の裏山で猟師の方がシシを獲ったとの事。
それをおすそ分けで頂きました。
嬉しい〜ありがとうございます!

こういうの『ジビエ』って言うのよね?
なんか最近よく聞く。
私はシシ肉は好きで、焼肉とかよりもっぱら汁が好き。
もちろん作るのは旦那ですがw
塩味でクセのないいい出汁。
この汁でうどんを食べるのが好きなんです♪



{810A5E84-999F-4927-BCE3-1CDE3E252B83}

1杯目は赤ワイン飲みながら汁の肉と大根をつまみ、
2杯目はシメでうどん!
これがメチャメチャ美味しいんだ〜。
で好みだけど、このうどんにはコショウが最高には合う!

今日はずっと食べたいと思っていたものが食べれたから大満足なのだ♪
まだ汁残ってるから、明日もうどんして食べよーっと!







AD
2017年02月12日

PK

テーマ:
 
私の読書記録は自分の記憶のために書いてるので
下の方にある 「※記憶のメモ」 は完全ネタバレです、、
本の内容を知りたくない方は読まないでください。
というのも勝手なのですが、、(>_<)
すみません、そうしてください。。。
 
 
気がついたら伊坂本を読み始めて30冊ほど読んできてるが、
最近は初期と違ってこれといった感動と驚きがあまりないのが残念。
でも、伊坂本は好きだ。
今回の「PK」は私の中での伊坂本上位にはならないけど
なかなか深い内容の本だったと思うので、読んでおいて良かったと思う。
 
この本は、随分前に一度手を出したのだけど、複雑そうだったので
途中でやめた本、、
今回は夜な夜な集中して3日ほどで読み終えた。
 
読み終わっての感想は、まあ、、
伊坂幸太郎の想像力の深さと複雑さをさらに思い知らされた1冊だった。
彼の本の中でもかなり高度な(難しい)レベルだと思う。
タッチとしては少し「フィッシュストーリー」的な時空間の流れと展開を感じたけれど、
それより複雑。
読み終えた後に何度も自分の理解不十分なページを
読み直し完読できた感じだ。
それでも私の理解力は95%くらいだろうか?
最後の3ページの判断が私にはどう理解したら良いのか?しばらく考え込んだ。
最終的に私の受け止めたメッセージは「勇気は未来を変える」って事。かな。
この本を読み終えた読者は、どれだけどんな理解をできたのだろうか?
 
薄いこの本(250ページほど)の中身は、3部のストーリーからなっていて
本の帯にもあったように一筋縄ではいかないお話。
少し時間のズレはあるけれど、繫がっている。
はじめの 「PK」 「超人」 までの内容、リンクについてはわかりやすかった。
しかし最後の章の 「密者」 が前章とのリンクに重要な内容であって、、
何から何まで繋げようとしてしまうと混乱するから、、
柔軟な頭でこのフィクションを読み上げていくのがスッキリできるだろう。
とりあえず、記憶のメモにまとめてみようと思う。
まとめられるかな、、(>_<)
 
 
 
 
※ 記憶のメモ
 
●PK
 
誰かに勇気の量を試される。。。秘密結社のような。
 
* 小津 :
  サッカーのワールドカップ予選で最後のPKを決めた。
  PKの直前にチームの宇野が小津に何かを語りかけた。
  PKを決めた裏の謎の数々。
  ある日背広を着た男に拉致され、「次のPKのチャンスで外せ」と言われる。
  外さないと「大変なことになる」と。
  子供の頃、宇野とサッカーを辞めたいと嘆いた頃、目の前で落ちてきた幼児を
  男が救ったのを目撃して勇気をもらった。  
  
* 小説家の父親(大臣の父親) :
  子供の躾に友達の次郎君の話を聞かせる。
  原稿の改稿を背広の男に相談される。
  嫌だと言えば「大変なことになる」と。
  昔、浮気相手の女から自宅に電話があり、ゴキブリが出たために
  妻は電話を取らずに事済んだ。
  「臆病は伝染する」とよく言っていた。
  先行きは癌で闘病。→この程度で済んで良かった。と。
  
* 大臣 :
  子供の頃、父親に躾のため次郎君の話を聞かされた。
  幹事長より「言う通りにしないと君や君の周りの人が大変なことになる」と。
  (してもいない破廉恥な行動が公表される。とか)
  27年前議員に成り立ての頃、マンションから幼児が落ちてきたのを救う。
  父親の本をよく読んだことはない。
 
* 大臣の秘書 :
  大臣からサッカーのPKの裏側について調査を頼まれていた。
  昔大臣の父親(小説家)のファンだったと若い頃の大臣に打ち明けたことがある。
  大臣の父親の小説に「勇気もまた伝染する」と書いてあったことを教える。
  秘書の指の傷、首の後ろの傷、などその他諸々。(次郎君に当てはまる)
 
●超人
 
* 三島 : 作家
 
* 田中 : 浮気をこじらせ妻と別居中、三島の友人
 
* 本田 : 警備システムの営業マン
  三島の作品を読んで最後の台詞に勇気づけられた。と言う。
  サッカーの結果報告メールに未来の犯罪予言情報が入る。
  その犯罪を防ぐため、犯罪するであろう人物を殺し続けている。
  →三島に打ち明ける。
  幼児の頃、母を探しベランダから落ちた際、「君には役割があるからね」と
  風が囁いた記憶が残っている。
  その際に若い頃の大臣に救われる。
  10年後に1万人の被害者が出る予告メールを受け取る。
  加害者の名前は大臣だった。がその後誤報と知る。
    大臣と会食中、席を外した際背広姿の男に襲われる。
    →誰かに救われる。空飛ぶ青い服のマントの姿を見たような。
       「君も戦っているのか?俺たちは楽じゃない」
       とメッセージを聞く。
   「自分の過ちを認めるのは何より難しいこと」
   「過ちを認める事から物事は始まる」
 
* 大臣 :
  秘書に27年前に助けた幼児の調査を依頼し、本田と会食をする。
    昔、父親の浮気相手から自宅に電話がかかってきて、
  母親が電話に出てしまい大騒ぎになった。
  父親は堂々としていて、「落ち着いていればどうにかなるものだ」と語る。
 
* 俺 : 
  本編最後に出てくる俺とは?
  大臣と本田の一部始終を見て、空に消えてく。
  本田が大臣と会ってる際に背広姿の男達から救ったスーパーマン?
 
●密者
 
* 僕 : 
  学生時代に「時間スリ」ができることを知る。
  (一人と握手するとその人から6秒間をもらえる→深夜直前)
  もらった時間を有効に使うため、たくさん握手できる仕事に就く。
  戦隊物のヒーローになり握手会で子供達とたくさん握手できる。
  ショーの途中で「あなたの力が必要です」と声を聞く。
  その後メールが届くようになり、「とある仕事にもらった時間を使って欲しい」と。
  仕事を引き受ける。
  自分だけの時間を使って「密者→特別なゴキブリ」を盗み出す。
  施設からゴキブリを盗み出した直後(時間は動き始める)を目撃した人がいる。
  →その証言は、緑色の戦隊ヒーローを見かけたと。
 
* 私 : (本田)
  本田豊計測技師長と会うことになり
  「あなたの知っているやり方よりもっと効率的な方法がある」と説明を受ける。
  説明→タイムパラドックス、パラレルワールド、タイムトラベル
  タイムパラドックスさえ起きなければ現世界を維持したまま歴史が変えられる。 
  逆算に逆算を重ね、最初のドミノを倒す必要がある。
  過去に密者を送り込む。
  →タイムトラベルに耐えられる。ゴキブリなら人の行動に影響が出る。
  どんな薬にも副作用があるように、時間の流れを変えることにも望まざる影響も出る。
  「良い変化」「悪い変化」「絶望的な変化」
  「全世界の絶望を逃れるためには、過去に密者を送り世界を救う。
   ただし一人だけ絶望的な変化が訪れる(副作用)→死→本田」
  (本田の死によって世界を救う)
  ゴキブリが過去に行き、時間の流れが変わり、本田は死ぬ(救い上げられた)
 
  ※「あなたの今までのやり方よりもより効果的に求めていた結果が得られます」
  
 
キーワード的言葉
「PK」 → サッカーのペナルティーキックの事。サイコキネシスを表す超能力の事。
「臆病は伝染する」 「そしてまた勇気も伝染する」 
「君も戦っているのか?俺たちは楽じゃない」
「あなたの知っているやり方より、もっと効果的なやり方があります」
タイムパラドックス
パラレルワールド
タイムトラベル
分岐点
未来人(文章には出てこないが所々で意味してる)
 
 
------------------------------------------------
 
ここまで自分の記憶のために綴ってみたら
ストーリーの縦横がキレイに収まった気がしてスッキリした。
 
 
 
 
 
 
 
AD
2017年02月06日

のんちゃんとエビ!

テーマ:子供たち
 
↑写真は、船の生簀に入った大きなエビを見せてもらっている、のんちゃん。
 
先日、旦那が夜の漁でニシキエビ(トラエビ)を捕ったから見せてくれた。
そのエビは生簀の中で偉そうに威張ってた、、
 
 
 
の : 「また、、このかたち、、、 」
    「ぼくちゃん、このかたちまえにもみたことあるでしよ。」
 
私 : 「おお!のんちゃん覚えてるんだ!!すごーい!!」
 
そう。のんちゃんは数年前も
コレと同じ種類のエビを見せてもらった事があったのだ。
 
 
 
の :  「きみはだれでしか?」
 
エビ : 「・・・・・・・・・」
     「わしはエビじゃ。。。」
 
のんちゃん、、何気にエビの髭踏んでるしw
 
 
 
のんちゃんは生き物として認識してるのだか?
してないのだか??
このトラエビ5キロ弱だった。
ちなみにのんちゃんは2キロw
モンスター級のエビねー。
生簀から出す時大暴れして大変だったんだ。
生簀から出しても威張ってる風貌。
 
 
 
他にも、ゴシキエビ(シロエビ)。↑
こっちのエビはもっと小さい。
 
 
 
さっきのトラエビと比べるとこんな感じ。
 
この種類のエビは島で捕れる
シマイセエビ(アオエビ)やカノコイセエビ(アカエビ)より
値段も安いので漁師はあまり漁協に卸したりする事もないそうなんですが
今回はご縁があって水族館に買い取っていただく事になりました。
なんか嬉しいな。
 
このモンスター級のニシキエビは色もキレイだし
珍しいので、標本にする人も多い?そう。
 
 
 
よく、古仁屋に来てるこの車。
福島から走ってきてるんだって。
移動費用も1回で100万くらいかかると言ってましたが、、
凄いね。
エビさん達、達者で暮らしてな!
 
 
 
 
 
2017年02月03日

節分

テーマ:子供たち
 
今日は節分ですねー。
豆まきとかなんて子供の頃の遠い記憶。
恵方巻きは、食べたりもしますが
そのまま1本かぶりついたことはありません、、
 
 
 
鬼のお面があったので、
せっかくの節分、ラモーンに鬼をやってもらいましたw
 
「ラ : なんでオイラが鬼なんだよー、、」
 
「私 : 豆投げないから大丈夫だよ~!可愛いし似合ってるよ♡」
 
 
 
 
 
しかし、なんで鬼って悪党の象徴なんですかね?
昔話でも鬼がやってきて村を荒らして去って行く、、とか、、
鬼退治とか、、
私には鬼って悪者のイメージではないんだけどな。
ただ顔が怖いだけなんじゃないの?
 
 
 
「の : ぼくちゃん、きょうはおにといっしょにおさんぽでし!」
 
「ら : アニキ!おいら鬼じゃないっす、、」
 
 
 
「の : なんだ、、おとうとでしか、、、」
 
「ラ : アニキ、気づいてくださいよー、、」
 
「私 : のんちゃーんはウチ!、ラモーンもウチ!!帰るよ~」
 
 
今日は大活躍の鬼のお面だったのでした♪
 
 
 
 
 
 
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。