1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2006-01-31 20:51:43

BSディベートまとめ 論評と感想

テーマ:プロ野球界の行く末…

<出演者の意見>

 
共通意見

 
・経営改善
もっと自治体に支援してもらって経営改善を目指す。というか自治体は支援するべき。
球団は収入を増やすべき
プロ野球人気の底上げが必要
 
・人気回復
地域密着を進める
緊迫感のある舞台を多く提供する
国際化や底辺の拡大などに努力する
 

 
意見の相違点

 

・経営改善
選手年俸について。高すぎると言う意見と下げてはならないとする意見。
収入分配と独自採算、どちらをとるか

 

・人気回復
試合やシーズンの価値を高めるために、規制に基づく戦力均衡か、自由競争に基づくそれを目指すか
そのためにドラフト、FAをどうするべきか
(本当は上記のそれは、経営面での収入分配も含めて考えないといけない)
国際化への対応。上を見て改革を進める(アメリカと勝負の舞台を作れればプロ野球人気回復!)か、足元を固める(底辺の拡大の方が先であるべき)か。
 
 
 
僕のとりあえずの感想としては、野崎氏、大坪氏は非常にまともなことを言っている(それだけに面白みはないw)ということと、実現性はないものの小林氏が極論をぶつけてくれなかったらとてもつまらない番組になっていただろうな、というところです。
 
視スレでの評判はよくなかったですね。プロ野球が生き延びていくためには経営規模を縮小し、Jリーグ的な地域密着型の運営に転換しないと生き残れない、という話は視スレでの共通認識として固まってしまっている(ここも含めて)ので、今更当たり前のことを話し合ってるなあ、という感想を持った人が多いのでしょう。
 
今の日本において、一番上手くいっているビジネスモデルはサッカー(代表を含めて)だと思います。少なくとも大坪、野崎、小林の3者ともある程度はそれを認めて、いい部分を導入したいと考えた結果が、番組中で語られた主張につながっているように感じます。
 
しかし、野球とサッカーは違います。その違いを無視して、サッカーのいいところ全てを野球に導入することは出来ません。
 
小林氏にはそれが見えていないように思えます。それで、熱弁を振るえば振るうほどに非現実的で、滑稽に見えてしまいます。
 
 
野球に比べてサッカーのいいところを挙げてみます。

 
・ 経営規模がプロ野球に比べ適正
・ そのため、クラブチームが多く成立する(=多産多死リーグの成立が可能)
・ 世界的な普及があるため、新規に市場やシステムを整備する必要性が低い
・ 『代表』が個別クラブに代わって全国展開の役目を担ってくれる
・ 『代表』が世界との戦いによりサッカーのブランドイメージを高めてくれる
・ 『代表』の存在があるため、選手の海外流出も一部自国の利益に還元することが可能

 

 

<完全自由競争は不可能>

 
野崎、大坪氏は、現状のプロ野球をうまくサッカー的にソフトランディングしていきたいのではないか、と感じました。経営規模を適正にした上で、地域密着による地道な個別球団の運営を行う、一方で世界への舞台を上手く整えてそれによる全国展開を狙っているように思えます。
リーグの形態については、サッカー的な自由競争モデルは考えていないようです。ドラフトや収入分配など、ルールで規制した上での戦力均衡による白熱を考えているようです。
 
一方で、小林氏はリーグの形態について完全自由主義が理想であるようです。そうしないとアメリカとの競争に勝てない、というのが根拠であるようです。
 
 
僕は前々から主張しているのですが、現状のプロ野球では、欧州サッカー的な自由競争を導入することは出来ないと思います。
自由競争の前提には「弱者は死ねばいい」という多産多死の思想があります。
日本のプロ野球では『多産』がまず有り得ないですし、業界全体で赤字となっている現状では『多死』ばかりが目立ってしまうことでしょう。
それにしても、小林氏は2004年の近鉄騒動真っ只中の時にでも、『いいじゃないですか、淘汰されれば』と言えたんですかねえ…。
 
 
番組の途中で何度か、スタジオに来たファンが意見を言う場面がありました。

そのほとんどが論評に値しないのでここではカットしましたが、『自由競争か、戦力均衡か』というテーマの時、多くのファンが『自由競争』を望んでいたというシーンがありました。自由競争がもたらす弊害を理解しているようには見えませんでしたが…。
 
小林氏は『談合してる社会では若者が魅力を感じないのではないか』と、ルールでの制限による戦力均衡に反対しています。
 
大坪氏は『ファンが喜んでくれるために何をするべきかを考えないといけない』と、過程や思想ではなく、結果(魅力ある舞台を多く提供するということ)でアピールすることを主張しています。
 
 
僕は大坪氏の言うことが正しいと思います。2004年の球界再編時や、今回のディベートでも明らかなように、ほとんどのファンは事態を正しく認識できていないし、そこまで深く考えていません。ここや視スレで表現されるように、多くのファンは、目の前の娯楽に群がるだけの『豚』なのです。(野球に限らずね)
 
別に非難しているわけではなく、産業の規模が大きくなればなるほど、『豚』的なファンにも広くアピールして裾野を広げていく必要が出てきます。そういう状況では、共産主義はダメとか、談合では魅力が出ないとか、そういう細かいところはファンには見えやしないのです。
 
公式な立場で『たかがファン』とはっきり言ってしまうのはバカのすることですが、ファン=消費者の性質というものをしっかり理解して、実現可能な解決策を求めることが必要なのではないでしょうか。小林氏の意見は思考実験としては面白いですが、実現性が低い上に失敗した時のダメージが大きすぎるため経営者として選択することは出来ません。
 

 
 
<国際化と自治体の支援とわがままと>

 
小林氏の『自由競争・市場拡大』路線の一番の鍵は、

 
『アメリカと争う世界一の舞台を作り、プロ野球のブランドイメージを一気に引き上げる』

 
というものです。
逆に、その実現性が全く示されていないので現状では空論だということになります。
 
WBCの迷走一つとっても、世界一決定戦への道のりの遠さは実感できます。
日程の問題、選手の協力、利益配分の協議、権威付けの問題…。
FIFAの権限が強いサッカーでさえ世界クラブ選手権には苦労しているのに、全てがMLBの機嫌次第の野球世界一決定戦なんて、実現を前提にして議論するのは無謀過ぎます。
 
交渉ごとというのは、win-winな関係にならなければ成立しないのが普通です。それ以外には圧力をかけて従わせる方法もありますが…。
 
 
さて、現状で世界一決定戦を希望するのはNPBが一方的に寄生する行為に見えるのですが、番組の冒頭でテーマは違えど似たようなことを言っています。
 

 
自治体からの支援についてです。
 
『アメリカやフランスではタダで球場使わせてくれたりするのに、日本はまだまだ足りない。だから球団が赤字なんだ』
 
ということだそうです。
 
 
先ほど書いたように、交渉事はwin-winでなければ成立しないはずです。
 
自治体に支援してもらう代わりに、地域に何を提供できるか?
 
その提示もなく、上の『アメリカやフランスでは~』という態度は、交渉事のもう一つのやり方=圧力のように感じてしまいます。それでは、野球ファン以外の支持は望めないのではないでしょうか。
 

 
瀬戸山氏の地元商店に対する『何でもいいから勝ったら割引にしてくれ』という出方は、交渉の原則にかなったものだと思います。どちらにとっても得になる交渉です。

 

こういう地道な積み重ねから始めて、地域にとって球団が必要なものになって、その上で地域での立場に見合った支援を要望する、というのが正しい方向ではないかと思います。

 

 

プロ野球は70年の歴史があり、しかもプロスポーツの中では独占的な立場を築いていました。日本のスポーツ文化の多くは、プロ野球が作ったと言ってもいいと思います。

そうした歴史を無視して、社会のせいでプロ野球が苦境に陥っていると言われてもなあ…と思ってしまいます。

他スポーツファンのプロ野球への反感もその辺にあるのではないでしょうか。

 

僕ですか?僕も昔は『自業自得』と思っていました。今はかなり軟化して、日本のスポーツ文化をよい方向に進めてくれるのならば何でもやってくれればいいと思っています。時々他のスポーツに敵対することがあるので、それは困りますけど…。

いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)
2006-01-31 11:51:03

BSディベートまとめ第2部

テーマ:プロ野球界の行く末…

野: 野崎勝義氏(阪神タイガース取締役)

瀬: 瀬戸山隆三氏(千葉ロッテマリーンズ球団代表)

小: 小林至氏(福岡ソフトバンクホークス取締役)

松: 松原徹氏(日本プロ野球選手会事務局長)

大: 大坪正則氏(帝京大学教授)

永: 永谷脩氏(スポーツジャーナリスト)

 

 

第二部 プロ野球人気の回復のために、どうすればいいか?

 

 
巨人戦の視聴率低下が目立ってきた、どうすれば野球人気は回復するか?

 

<地域密着でプロ野球人気回復>

 

瀬:地域の商店で、何でもいいから勝ったらちょっと割引してくれ、とお願いした。
  少しでも関心を持ってもらう。
大:今まで何で気づかなかったんでしょうか?フランチャイズなんだから地域密着は当たり前なんですよ。
松:試合を提供すればいい、ではない。「地域」ではなく「ファン」を大事にしよう。
  ファンが増えたら選手ははりきる。
永:物をあげるのがファンサービスではない。選手が一緒に何かをしてくれるのを待っている。
  ストライキが選手とファンを一緒にするいい機会だった。
野:ストライキがいいきっかけだった。まずはファンに来ていただかないと。
小:地域が大事、は共通意見。その対極として企業と捉えられるのはどうか?
  Jリーグはチケット収入の倍がスポンサー収入。その半分が親会社。
  だからJでも入場料と親会社は同じぐらい。地域と企業、どちらも大事なんですよ。
永:全国ブランドは大事じゃない?
大:それは大事。地域というのは『県』。地域だけでは日本で半分位の人は野球と関係なくなってしまう。
瀬:球団はまず地域密着、そこから情報発信をしよう。
  全国展開には、コミッショナーが中心になって新しいことを考えていかないといけない。
永:コミッショナーがだらしないということ。
松:ファンに改革している姿を見せないと。
野:今までは一つの球団の反対で出来なかった。

  これからは議論をした上で、最終的には多数決という形に持っていかないと。
小:ガバナンス(組織の統治)の仕組みを作らないと物事が決定できない。
 

 
<戦力均衡 ドラフト・FA>

 
去年から分離ドラフトが始まった
大リーグは完全ウェーバー。最下位から順に新人を採る。これを続けることで均衡が保たれる
FA 大リーグは6年間で取得。日本は9年間

 

宮本選手会長インタビュー
出来るだけウェーバーに近い形がいいと思う。今のペナントは夏前に脱落するチームもあるし、そういうチームが減る近道になると思う。白熱した試合が多ければ多いほどファンも球場に足を運んでくれると思う。
FAは短縮していった方がいい。他を見ても9年も拘束されるスポーツはない。選手としては一度しかない選手生活なのでそこを大切にしていただきたい。

 
 

<戦力均衡か、自由競争か?>

 
小:一般の世の中は自由競争、スポーツだけ特別というのは持たない。
野:アメリカのプロスポーツで成立しているんだから日本でも成り立つ。
  それで経営もすっきりして、均衡も成り立つ。
特にFAの短縮を経営側は怖がっている。望んでいる球団もあるが…。
永:FA短縮をすれば、年俸上がる前に外に出せるんじゃない?
大:FAやると年俸は上がる。大リーグもそうだった。次の手、課徴金とか考えないといけない。
松:移籍は必要。話題づくりのためにも。オリックスの清原、中村がいい例。
  FAを球団が拒否するのはおかしい。
(均衡か、競争か?)
小:私は競争だと思う。
日本は関東に集中している。だからそこを代表するチームが中心というモデルは悪くない。
瀬:均衡すべきで、入り口はウェーバーがよい。
  FAは短縮する必要があるが、この議論については12球団は真っ二つに分かれている。
松:契約金を払ってるから、と球団は言うが、9年も拘束されるのはおかしい。
瀬:ウェーバーにすればその問題は解消される。
 
ファンの声:均衡はいらない、自由競争がいい、という意見が多い…
 
(ウェーバーにすると競争はなくなるか?)
野:なくならない。選手の選択に個性があるし、地域差もある。
大:成績悪いチームは、経営者が厳しい評価を受けないと…。
小:談合してる社会では若者が魅力を感じてくれないんではないか?
大:プロ野球そのものが一つの事業、球団はディビジョン(部署)と思ってくれれば…。
小:選手を自由競争で取っても、獲得には切磋琢磨があるわけだから…
大:ドラフトの目的は二つあった。契約金を下げることと、戦力均衡。
小:サッカーの世界はドラフトないじゃないですか。
大:サッカーの話はしてない!
小:元々ドラフトを作ったのはNFLじゃないですか。
大:いいことだからみんなが真似した、反対する理由はない。
野:ドラフトのおかげで多くの球団に優勝するチャンスが生まれた。これはいいこと。
小:FAが始まって、巨人がずっと優勝するようになると言われたが、そうはならなかった。
野:それは編成の問題も…(笑)
松:自由競争がいいというなら、年俸が高いとか選手に言わないで欲しい。
大:普通は経営者が管理社会を好み、選手側が自由を要求するもの。
  今は逆で、経営者が自由がいいといって、選手がウェーバーにしてくれと言っている。
小:野球界全体を考えて、法律との整合性を考えて、どうするかが心配。
松:ウェーバーやっても完全に均衡にはならない。
  自由競争はあたりまえだが、それだけでは経営が成り立たないなら、
  みんなが一体になってどのようにするべきか、というのを話し合った方が早い。

 

 

<WBC、国際化>

 
小:国際化の流れを止めるのは難しい。大リーグに負けないプロ野球を。
  そのために国際化、アジアシリーズを育てて、メジャーのチャンピオンと勝負したい。
瀬:日本のプロ野球に魅力はある。アジアシリーズは出来た。次は世界一。
大:国際化は端的に言うと、市場の拡大。「国外で売る」ということ。
  今、売る人がいますか?売るものがありますか?
  売るものと言ったらテレビ中継、商品化権料、それと広告スポンサー。
  それが整備されてますか?売ろうとしていますか?
  これをしなければ、ただ他所で試合してるだけですよ。
小:意思統一が出来れば、僕は作れると確信しています。
永:もっと足元を見なければいけない。アマチュアとも和解できずに何が国際化か。
野:その問題については、プロが悪かった。垣根を低くしていかないと…。
  国際化については、阪神は上海のチームと提携している。
  五輪の正式種目ということも含め、足元を固める、アジアでの普及を目指す。
松:構造改革はスピード化に尽きる。
  底辺の拡大、子供とキャッチボールをしたり、野球をやってもらわないと。

 

 

感想や論評についてはまた後で。

いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)
2006-01-30 22:02:14

BSディベートまとめ第1部

テーマ:プロ野球界の行く末…

1/29に放送されたBSディベート 可能な限りまとめです。

 

70年の歴史を持つプロ野球、これが変革の時を迎えている。

どうすれば野球離れを食い止め、経営を改善できるのか?

新球団の発足、交流戦、アジアシリーズ、ドラフト改革など、去年は改革元年と言われた。

いずれも道半ば。球団経営、人気回復をどうするのか?

 

<出演者>

野: 野崎勝義氏(阪神タイガース取締役)

瀬: 瀬戸山隆三氏(千葉ロッテマリーンズ球団代表)

小: 小林至氏(福岡ソフトバンクホークス取締役)

松: 松原徹氏(日本プロ野球選手会事務局長)

大: 大坪正則氏(帝京大学教授)

永: 永谷脩氏(スポーツジャーナリスト)

 

 

第一部は、プロ野球の経営改善について

 

日ハムの経営努力を取材

東京ドームは年間使用料が20億円→札幌ドームは4億4千万

収入の増加もあって、去年は17億円の赤字まで縮小した。

しかし球場で売り上げたお金は、球場を運営する第三セクターへ…。

 

小:アメリカでは自治体がお金を出して球場を作って、タダで貸すような例が多い。

  日本は球場に吸い取られている。もう少し自治体の支援があってもいいんじゃないか。

大:プロスポーツの原点はフランチャイズ、地域独占。この中で球団と球場の取り分をどうするか。

  野球をしない限り客は来ない。売る権利は球場ではなく球団が持っているはず。

(阪神は球場を持っていますが)

野:私としては、野球はフランチャイズを重視する方向に向かっていると思う。

  その中で、野球に税金を使ってもいいと思ってもらえるようにするにはどうすればいいか。

永:新しく移転した球団はいい関係を築いている。横浜、神宮は全く逆。

小:球場が黒字で、球団が赤字。笑えない話。

  フランスは市の予算の10%がプロスポーツに与えられるところもある。

瀬:これまでより球場の運営を球団に委ねようとする動きは大きくなってきている。

大:アメリカではプロスポーツ団体の収入計3兆5千億円。

  街に経済効果があるので球団の誘致合戦になる。

小:プロ野球が地元に訴えていく必要がある。もっと支援をと…

松:アマチュアとの問題、甲子園や神宮は学生野球もあるので…

 

 

(人件費、選手年俸が高騰しているが)

 

宮本選手会長インタビュー

世界的に見て日本の年俸が高いとは思えない。球団の経営改革としても始まったばかりなので、流れを見ながら考えて行けばいい。選手会としては減額制限に協力するなど改革にいち早く対応しているつもりだが、経営側は選手会の構造改革案を引き伸ばしている感がある

 

永:トップは高くてもいいが、ファームの選手が高すぎる。

小:減額制限は撤廃していい。リストラは…長期で見るとブランドイメージが下がる。

  プロ野球は光ってないといけない。夢を与えられないと大リーグの二軍化してしまう。

松:高騰は選手会も望んでいない。システムを正さなければ永遠に続いてしまう。

  年俸の中央値は上がってない。一部の選手が高額化しただけ。

瀬:光ってるかどうかは年俸だけではない。長嶋、王のころはもっと光っていた。

  年俸は選手が悪いだけではなく、我々も経営者として適正な額を出していかないといけない。

  今は全体的に高すぎる。

小:大リーグはトップが30億。日本は6億。これでは世間は大リーグを上に見てしまう。

瀬:僕はシステムそのものを考えるべきだと思う。

  一生プロ野球の世界で役に立つ人になるんだ、という気持ち。

  今は、5年10年取れるだけとって、他の世界に行く、という気持ちが強すぎる。

大:球団の資源が少ないからたくさん配分できない。選手も寿命があるからたくさん欲しい。

  適正な額を探っていかないといつも争いになる。全体の収入も上げていかないと。

松:そのための球団の努力が少ない。

小:プロ野球の競合相手は沢山ある。その中での地位を高めていかないと。

  日本の広告費4兆円、その上位ベスト10の企業で、プロ野球を支援する企業はない。

  NBAには10年で100億出してる日本企業もある。それをこっちに戻していかないと。

野:国家戦略的に広告費の全体が違う。日本は日本にあったやり方があるはず。

小:プロ野球そのものの価値がなくなったら、阪神の勝ち負けもどうでもいい話になっていくと思う。

 

 

アメリカのプロスポーツは

大リーグは ・収入分配制度 ・課徴金制度 で大きなチームが小さなチームを支える仕組み

NFLは放映権料、商品化権料、スポンサー収入、チケット収入の40%をリーグが一括管理

これに習うことは出来ないか?リーグの管理と球団の独自性、どちらを取るべきか?
 

小:これは共産主義。末路がどうなるかは皆さんご存知だと思う。

  共産主義は外にもっといい世界があるとバレると終わる。試合自体に価値がなくなったらどうなるか。

  日本もオールスター、日本シリーズの視聴率落ちている。

  アメフトの人気はフットボールだから。あの国のアメフトの人気は異常。

大:アメリカのファンはどのスポーツも見る。その中でアメフトに一番お金を出すのはなぜか?

  32球団6600億円の収入、1球団あたり200億。日本は80億、半分の力もない。

小:それは、プロ野球と日本のラグビーを比べるようなもので…。

大:NFLは面白くするために工夫しているんです。共産主義とかじゃなく、ファンが喜ぶために何をするか。

小:まあいいや、議論をすりかえられちゃった。

野:12球団は運命共同体。ゲームの相手がなくなると成り立たない。

  どこが優勝するかわからない、手に汗握るシステムを作らないといけない。

小:手に汗握る二軍戦にお金を払う人がいるのか?

野:そこに、地域密着というキーワードがある。メジャーとは規模が違うから年俸の差はあるが、

  その中でもがんばる選手は出てくると思う。

小:そうなると、日本シリーズ、オールスターの視聴率低下は?ブランド価値が落ちていないか?

野:関西や仙台など、地方での視聴率はいい方向に向かっている。

小:日本の経済の6割は首都圏。

  サッカーのスペインリーグ、スペインは小さい国だがレアル、バルサみたいなチームもある。

大:欧州サッカーは上を見れば凄いが、下のほうは…

小:いいじゃないですか、淘汰されれば。

瀬:それで何を言いたいわけ?

  パリーグの20億しか稼いでなかったチームは、コンセプトがなかった。努力すれば倍にはすぐできる。

  しかしそれでは足りない。全体での努力、アジア全体で話し合い、お金を持ってくる必要がある。

松:日本シリーズ、オールスターは低くなったというが、プレーオフの視聴率は上がっている。

  面白い試合を用意すればいい、そのためのシステムを整えないと。

小:世界のマーケットを見せれば、日本の企業はお金を出してくれる。

  だからアジア、それからアメリカに行く仕組みを作らないと。

永:アメリカばかり見てないで、アジアを固めないと。

  普段からいいプレーを見せることが必要。選手はお客さんがいればいいプレーを見せることが出来る。

 

 

第二部はプロ野球人気回復について。疲れたので明日。

 

小林(笑)さすが。

いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)
2006-01-29 19:31:44

今日は見られない

テーマ:ブログ

今日は注目のあの番組が放送されます。

 

 

BSディベート どこへ向かう プロ野球改革 BS1 1/29(日) 22:10-

http://www.nhk.or.jp/bsdebate/index.html

 

 

うちではBSは入るのですが、今日はBS入らない職場にお泊り勤務なので見られない。

 

例によって録画してあるので、明日見ると思います。

 

すばらしいサイト で内容の先読みが行われていますが…果たしてどうでしょうか?

 

 

 

実は、今朝は早起きしてハンターマウンテンに行ってきたわけですが、そんなアルペン豚に悲しいお知らせがあるようです。

 

163 名前: 名無しさん@恐縮です 投稿日: 2006/01/29(日) 13:35:52 ID:ZwKBpn9t0
  いや~今朝の御意見番スポーツ 扱いひどいね~

 
  関口「この人は一発勝負の・・・」
  親分「・・・・・まぁ優勝じゃないんだろ?」
  (映像見ながら)
  関口「どうかなぁ~ この人失敗しないといいらしいんだけど。結果は二位」
  一同「シ~~~~~ン」
  親分「昔イワヤってのがいたなぁ~」
  関口「では次です」

 
  ひどいよ。F1で表彰台上がるようなことなのに。しかもイワヤって・・・。
  やっぱ優勝しないといかんし、アルペンの身分を向上してほしい。

 

 

ま~ね。二位だけどね。

でも、オリンピックで二位だったらまた違うんでしょ。

だから、歴代日本人のトップレーサーはみんなオリンピックに気合を入れてきた。

 

今回は…?佐々木のキャラなら、結果を出せば注目は集まると思うが…。

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2006-01-28 16:14:19

野球雑誌?

テーマ:今日のホームランレス

視スレまとめをやってて、どうしても気になるレスがあったので紹介。

 

 

 

744 名前: 代打名無し@実況は実況板で 2005/07/04(月) 00:39:14 ID:dzFmZBT20

  野球専門雑誌とサッカー専門雑誌ってどっちが多いの?
  もちろん野球だよね?週刊ベースボールと...


791 名前: 代打名無し@実況は実況板で 2005/07/04(月) 00:48:04 ID:TUPalG+n0

  >>744
  「皮下脂肪公論」「月間賭博の友」「週刊サッカー批判」「危険球マガジン」
  「季刊ドーピング」「怠慢プレーダイジェスト」「水増しai」「ラビットピッチング」
  「弁解生活」「野球防衛白書」


805 名前: 代打名無し@実況は実況板で 2005/07/04(月) 00:49:57 ID:bWhKLj0z0

  >>791
  その豊富な語彙


  あなた、まさか小田島隆ですか?

 

 

 

 

こんな流れの早い時期に、まさかとは思うが…。

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2006-01-28 15:55:47

視スレダイジェスト 新着記事

テーマ:視聴率ニュース

新着記事の記事はこれまで使い回ししていたのですが、これからは新しいのを貼るようにしました。

 

<2005年7月その1 セゲオロボ降臨>




10 名前: 代打名無し@実況は実況板で 2005/07/01(金) 10:25:12 ID:nExUMwUi0
  
  26日 *8.0 バレー
  28日 *9.8 くやしい
  29日 *7.6 南無
  30日 *9.9 救急

  四日連続一桁 


     ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (∩・∀・)< もしもし、プロ野球が死にかけてます。大急ぎで9.9車を・・
□……(つ   ) \___________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
             |
             |

 

 

 

 

6月後半から、目立って一桁が多くなってきた巨人戦視聴率。

 

7月3日、最終兵器ともいえる『長嶋復帰』で勝負を懸ける。

 

 
23 名前: 代打名無し@実況は実況板で 2005/07/01(金) 10:28:20 ID:nExUMwUi0

  迫るサカヲタ大群。ついに切り札セゲヲロボ登場!
  「セゲヲロボだ!やっつけろ!」
  しかしセゲヲロボはまだ完全ではなかった
  「…駄目だ!腐ってやがる!早すぎたんだ!」
  「焼き払え!どうした?それでも世界で最も視聴率を取った者の末裔か!」
  セゲヲロボの口から高視聴率砲炸裂!吹き飛ぶサカヲタ大群!
  「ううお!!!」
  「すげえ…!視聴率が20%を超えちまう訳だ…!」
  「ツネヲ殿下万歳!」
  しかしまだ完全ではないため崩れ落ちるセゲヲロボ
  「だ、駄目だ!逃げろお!」
  「セゲヲロボ氏んじゃった…!」
  「その方がええんじゃよ。サカヲタの怒りは視聴者の怒りじゃ。あんな物にすがって生き延びてなんになろう…」



35 名前: 代打名無し@実況は実況板で 2005/07/01(金) 10:30:32 ID:p+DKECmF0

  >>25
               ワー
   ワー         ─、、            ワー 
   <`∀´>     (゚皿゚ O) <アアアアアアアアアア   <`∀´>
   <`∀´><`∀´> / ̄/ >>       <`∀´><`∀´>
   <`∀´><`∀´> | ̄| 3.| | <`∀´><`∀´><`∀´>
  ─────  @/\ \@/──────────
              /'/ /'/  SECOM
             | |  | |
            -┛ -┛                
  '''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
                                
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            O   その者、青き衣を纏いて
              。         緑色の野に降り立つ…はずだったんじゃが

                    ::::::::::::::::::::::::::::::
                    ||       :::::::::::::::::::
      ∧_∧        ||   ∧ ∧   :::::::::::
      <;`ш´ >       i   <`□´>∧ ∧::::::::::
     /::: Y i     ,-C- 、( y <`ш´> ::::::::
    /:::: >   |    /____ヽ (___、|_y∩∩ ::::
    |::::: "   ゝ   ヽ__ノ   (__<Д´ > ::
    \:::::__  )//    // っ⊂L∧ ∧
                      ∧ ∧ <  ;;;;;;>

  長嶋氏復帰は文字通り「顔見せ興行」に…完売寸前も
  「グラウンドはとても無理、最後まで観戦も微妙」
  http://www.zakzak.co.jp/spo/2005_06/s2005062901.html

 

 

続きはこちら

 

視スレダイジェスト もくじ

 

 


 

 

バナー


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-01-28 13:17:28

広島 05年度は黒字

テーマ:臨時ニュース

広島、05年度収支は黒字=赤字懸念も観客増とコスト削減で
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20060128-00000011-jij-spo.html
広島の2005年度の球団経営収支が、開幕前の赤字懸念から一転し、数千万円の黒字となることが27日、関係者などの話で明らかになった。
観客動員数が3年ぶりに100万人を突破。広告、スポンサー収入増などの要素も重なった。昨季は交流戦の実施に伴い人気カードの巨人戦、阪神戦の試合数が減ったため、開幕前は「3億円ほどの減収で赤字転落もあり得る」(球団関係者)とみられていた。
球団は昨年、地域担当部を新設し、地元商店街への球団ロゴの無償提供や各種イベントへの協力活動などを積極的に展開。これが観客増につながった。主力だったシーツ内野手を阪神に放出したことや査定の厳格化により、選手年俸の削減にも成功したという。

 

 

 

コスト削減に成功。とはいえ、今後も 放映権料減=収入減 は続くだろう。

現状では、巨人戦の放映権料は10億程度と見られている。

つまり、まだ10億程度削減しなければこの先生きのこりは約束されないわけだが。

とりあえずまだ、努力次第で何とかなるということは示された。

 

広島に出来るんだから他の球団にも出来るはず…。

だけど、そうなるとソフトバンク に選手が集まってしまい、毎年優勝してしまいそうだが。

それで結局、業界全体が沈没してしまうかも。

 

 

球団に出来るのはここまで。ここから先は指導者の仕事…。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-01-28 00:14:50

エムブレム

テーマ:ブログ

巨人が2月から新エンブレム

http://www.giants.jp/G/gnews/news_20060127_0002.html

読売巨人軍は、これまで使用していた「ジャビットエンブレム」に代わり、球団名である「巨人」をイメージした新しいエンブレムキャラクターを作成しました。2月1日のキャンプインと同時に、「YGマーク」「GIANTSロゴ」と同様、球団商標として様々な形で活用していきます。

 

 

うそですよ~

 

 

 

うはwwwwwww

本物はリンク先を参照してください

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2006-01-27 21:04:21

視スレダイジェスト 新着記事

テーマ:視聴率スレの物語

何とか二日連続で。今日だけで20スレ=20000レスは読んだ…

<2005年6月その6 一桁マーチ>

   /|:: ┌──────┐ ::|     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /.  |:: |  前半終了  | ::|   /  ブラジルあと5点は取るなw 
  |.... |:: |  日1-2ブ | ::|   |  あー早く視スレでサカ豚笑ってやりてえ。
  |.... |:: |         | ::|   \_  _________ 
  |.... |:: └──────┘ ::|      ∨
  \_|    ┌────┐   .|     ∧∧
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .∬  (  _)
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄旦 ̄(_,   )
     _____________
   /|:: ┌──────┐ ::|
  /.  |:: | ロスタイム直前 | ::|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |.... |:: |  日2-2ブ | ::|   | ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  |.... |:: |大黒同点ゴール| ::|   \_  ________
  |.... |:: └──────┘ ::|      ∨
  \_|    ┌────┐   .|    ∧∧
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .   (  _)
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄旦 ̄(_,   )

     ./\        /\
     /:::::::ヽ____/::::::::ヽ、
    / ::. _  .:::::::::::::  _::::ヽ_
  / / °ヽ_ヽv /:/ °ヽ::::::ヽ   ふ、ふざけんな・・・っ ブラジル豚・・・つ、使えねえ・・・
 / /.( ̄( ̄__丶 ..( ̄(\  ::::|
. | .:::::::: )  )/ / tーーー|ヽ)  ) .::::: ::|

 

13.4% 27:35-29:45 CX* コンフェデ「日本×ブラジル」
*6.9% 18:55-21:04 TBS 野球烈闘2005「横浜×巨人」

 

こうして視スレは数スレ分荒れた・・・

 

 

 

 

この数字が発表された週末、コピペ荒らしや電話男の大暴れなどもあり、

視スレはメチャクチャ荒れる。一日5スレ進行することもザラだったりした。

 

コンフェデは終わったが、次の敵?は女子バレー。

気の抜けない戦いが続く。
 
 
 
 
 
27 名前: 代打名無し@実況は実況板で 2005/06/23(木) 22:54:19 ID:1Bo5kMD/0


   |  |__∧
   |_|д´> < 女子バレー...
   |野|⊂)
   | ̄|∧|


 

 

続きはこちら

 

視スレダイジェスト もくじ

 

 


 

 

バナー


いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)
2006-01-25 13:33:12

【重要】セ・リーグ試合日程発表

テーマ:臨時ニュース

ついに出ました、セ・リーグ試合日程(開始時間含む)

 

 

巨人戦のデーゲームに注目しますと…

 

4月 8日(土) D-G 3:00

4月 9日(日) D-G 2:00

 

4月16日(日) YB-G 2:00

 

6月24日(土) D-G 3:00

6月25日(日) D-G 2:00

 

7月8日(土) C-G 3:00

7月9日(日) C-G 3:00

 

9月16日(土) YB-G 2:00

9月17日(日) YB-G 2:00

 

の9試合になりました。

 

 

昨年度のデーゲームは6試合だったのでそれほど増えていないという見方も出来ますが、

昨年のデーゲームは4月に2試合、あとは9月以降に4試合だったので、事態が進行している気もします。

 

 

 

注目点としては、

 

・巨人ホームのデーゲームはなし。それどころか去年あった5時試合開始もなし

・視聴率が高めに出る4月、しかも開幕直後にデーゲームが3試合ある

・阪神とヤクルト主催では巨人戦のデーゲーム無し

 

さて、これは…?

 

 

4月にデーゲームが多い理由は、おそらくテレビ局の改変期だからでしょう。

巨人ホームのデーゲームがない理由は、やはり日テレ捨て身の防衛作戦なのでしょう。

ヤクルトについては、フジテレビがかばった?とすると横浜哀れ。

(いや、それ以前にフジはライブドアで大穴を開けて、そんな余裕あるのか?)

 

 

この辺りに、野球中継について放送局の側がある程度イニシアチブを握っている、という事情が伺えます。

 

 

 

ということは、放映権料が1億で維持されたという可能性は低いように思うのですが…。

 

 

 

どこかに情報出ないかな。

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。