そろそろ春の花かしらヽ(^o^)丿

テーマ:

先日、待ち合わせ場所に飾られていた花。

 

 

 

可憐でパステルな色の花。

春を感じさせる色と感じるのは世界共通なのだろうか。

四季のある日本人だけの感性だろうか。

 

洋服でも装飾でも、四季の季節を先取りするのがお洒落といった感覚も日本人独特なのかもと思う。
春らしい花を見てきっと来るだろう春を待ちながら、あと1カ月は寒いだろう期間を頑張ってやり過ごそうっと。

 

読者登録してね

AD

小倉山荘リ・オ・ショコラ

テーマ:

小倉山荘リ・ショコラ のお菓子をいただいた。

小倉山荘は、平成生まれの企業だが、何処の百貨店にも入店しており、価格帯も広い事から人気の菓子メーカーである。

長期休暇前になると、お店の前に列をなしている事も少なくない。

おかきは軽いし甘いものを好まない人も食べられる、といった事もあり、私も何度かお土産にした事がある。

お味ももちろん美味しいが、味で言えば同レベルで歴史のある他メーカーにもあるのに、何故小倉山荘がこんなに売れるのか。
やはり、包装紙であったり組み合わせの工夫であったり価格の幅広さ、ということだろうか。

 

今回のリ・ショコラもそういった工夫から生まれたブランドだろう。

包装紙は季節を感じさせる素敵な和紙風。

そのまま捨てるのが勿体ない様な雰囲気であった。

そして、和洋折衷のお菓子。

 

なぜだか小倉山荘のお菓子をいただくと、いつも「たいした会社だなあ」と感心してしまう。

経営者として、営業努力を含めて見習うべき所が多い会社だと思う。

 

 

 

 

ご馳走様でした<(_ _)>

 

どくしゃになってね!

 

AD

北新地「おおくらの」で女性会

テーマ:

個室が充実しているので何度か訪れた事のある、北新地の「おおくらの」で女性経営者仲間の食事会をした。
数年前までは、男性グループとばかり食事会をしていたが、最近は女性グループの会が増えてきたなあ・・・

 

税込1万円で日本酒(数種の地酒)飲み放題、という新地、また高級店では破格の価格でのお食事であった。

気の置けない仲間なので、しゃべりが多くて、食事量は少なくてもゆっくりと食するのでお腹は満たされる。
皆さん酒豪の割りには、おしゃべりに忙しくてさほど量は飲まず。

そういった事もあってか、時間外でもお酒のお代わりを料金込みとして出してくださった。

 

 

 

 

 

 

おしゃべりは楽しく、料理とお酒は美味しく、本当に楽しい会だった。

仲間からパワーをもらい、「仕事、頑張ろう!」という気になれた。

 

AD

今年3月23日が、弊社「株式会社中央情報センター」の満20年の日となる。

 

「ロゴなんて別に必要ないわ。社名と住所で分かるでしょ」と、

いい加減な私はずっと思っていた。

しかし、社員に何気なく聞いてみると「ロゴ、あると良いですよね」との回答ばかりとなった。

「あっ、そう・・・。ロゴ、要るの・・・」

といった思いで、世の中の企業のHPを見ると、確かに殆どの会社にロゴがある。

そこで、作ってもらった。

 

 

何となく爽やかな雰囲気でしょ!!
これから、名刺やHPにアップしていきます。

今後とも、株式会社中央情報センターをよろしくお願いいたしますm(__)m

 

 

読者登録してね

「妻に捧げた1778話」 眉村卓 著

テーマ:

この本だけでなく、眉村卓氏が、妻ががんに侵され余命を宣告されてから

毎日、妻の為に短編を記したという事は、結構、話題になった。

そして、他の出版社からも色々な形で小編集が出版されている。

その中の新潮新書版を購入した。

 

正直、この中の小編は「これ」といった面白いものはなかった。

説明がくどすぎたのもあるだろう。

眉村さん自らが記されているとおり、売り物というより妻の為だけに書いたものだからだろうか。

今までの面白い眉村さんの作品を読んでいた筈の奥様は、どう思われたのか。

毎日、夫が自分の為に書いてくれている、といった愛情が感じられる為、内容の深さも嵩増しされたのかもしれない。

 

説明なしに小編だけがあれば、別の感じ方が有ったかな。