土曜のメガネ

テーマ:
筆者は今から四年前に人生初のメガネを作った。

本当は30代はじめから視力はヒドく落ちていて、運転時には信号機下の矢印信号が見えなかったが…

勘で運転していた


このままではイカンと思い、また免許更新も近かったのでメガネを作った訳だ。


…そのメガネを先日、尻で踏んでしまいフレームが壊れてしまった。


尻で踏む

という言葉に国語的違和感を覚えるが、そんな事はこの際どうでもよろしい。

要するに椅子に放置したメガネの上に座ったのだ。

まあ4年も使えば壊れもする。


で、この連休を使って、買った店・ススキノの某メガネ店へ。

ここで四年前に接客してくれた店員はキングボンビーに似た女性だった。

さすがにもういなかった。
寿退社でもしたのだろう。

世の中にはキングボンビー好きの男性だっている。

実は筆者もファンだった。


さて
今日の担当者は「き」を「し」と発声する滑舌不具合の20代女性。
しかし一生懸命な接客に好感を持てた。


筆者のメガネはレンズは無事だったので、フレームだけ交換するつもりだったが、このレンズに合うフレームは現存しない、と申し訳なさそうに言う。

規格のバージョンアップを頻繁に行うのも企業の知恵。仕方ない。

そこで新たにメガネ一式を作ることになった。

店員の顔が俄然として明るくなる。

よし、それならば…

調子に乗った筆者はオプションでレンズにカラーを入れてもらうことにした。


店員には「ゴルフに使うんで」と告げた。


本当はパークゴルフに使う


初見の女性の前では格好つけるのが男の悲しい性質である。



筆者の特殊な頭骸骨(推定IQ250)に合わせるため、何度もフレームの調整を繰り返す店員。

その都度、店員の胸元が目の前に。
なにやらちょっぴり興奮←IQ80に降格だな


だが自称ジェントルマンの筆者は極力目線をそらす。えへん。


そんなこんなでフレームは出来たが、レンズのカラー入れには10日ほどかかる、と言われた。

なんだ。今日持って帰れないのか。

カラーなんぞやめておけば良かった。


それにしても

4年でまた視力が落ちていたのには愕然とした。

このままでは近いうちにまたメガネを新調しなければなるまい。

そうなるとまた目の前に店員の胸元が…←IQ50以下












AD

メタルの基本

テーマ:

昨日、メタルアルバムの紳士録のような本をいただいた!
(紙飛行機様、ありがとうございます)






…なかなか凄い本です。


そこで、筆者も真似して選んでみた。


「村上的・メタルの基本10枚」がコチラ↓




アイアンメイデン
「パワースレイブ」

メイデン5枚目で初期の最大傑作。
1曲目「撃墜王の孤独」があまりにも有名だが、むしろ「老水夫行」を曲にした超大作にスティーブハリスの天才を感じる。
もはやプログレ?







ラウドネス
「サンダー イン ジ イースト」

本邦が誇るラウドネスの5枚目。
冒頭「クレイジーナイト」は米チャートに載った(日本人としては坂本九の次。宇多田ヒカルの前の快挙)
ギターの音が実に硬い。決してヤワなメタルではないのだ!







インペリテリ
「アイズオブハリケーン」

世界一早いギタリストと言われたインペリテリだが、決してクラシカル寄りにならない楽曲はメタルの王道。
やはりロブ・ロックのボーカルがイイのだ。







カーカス
「スワンソング」

カーカス1~3枚目のアルバムはジャケットに死体や肉塊の写真をちりばめたグロいもので、当然内容もグロいメタルだったが、4枚目「ハートワーク」で世界的メロディックデスに進化した。
5枚目の本作は更に楽曲が良い。







アモルフィス
「テイルズ フロム ザ サウザンド レイクス」

北欧メタルはメロディックなのだ。
中でもこれは代表格。フィンランド叙事詩「カレワラ」をテーマに、やたら頭に残るメロディを繰り返すデスメタル。
中でも⑥「Drowned Maid」はメロデスの最高峰。聴くべし!







メタリカ
「メタルジャスティス」

メタリカは2または3枚目がイイとされるが、筆者は断然これ。
長尺な大作曲が多く、中でも「One」はドラマチックてすらある。







ブラックサバス
「Vol.4」

古い作品(1972)だが、今なおメタルの祖として多くのミュージシャンが崇拝するサバス。どのアルバムも必聴だが、4枚目の本作は特に評価が高い。実に重い曲が多い。それもそのはず、ギターは1音半下げ。
このベロンベロンの弦でなくては、一曲目冒頭のギターの雰囲気は出ない。







アンスラックス
「アマングザリヴィング」

メタリカあたりと比べると、良くも悪くも「ふざけた」感のあるアンスラックス。
スラッシュメタルが、メタルとパンクを合わせたもの、と言われるようになったのはアンスラックスが原因だと思う。
「One World」の咆哮がカッコいい!







スコーピオンズ
「暴虐の蠍団」

これまた古い。ウリロート時代のスコーピオンズ。
このアルバムの良さは、名曲「カロンの渡し守」に尽きる。
後にイングヴェイもカバーしてるが、ギターは完全コピーに近い。それだけ完成度が高かったということだろう。







オジーオズボーン
「ダイアリーオブアマッドマン」

ブラックサバスのボーカルである。
つまりオジーこそがメタルの帝王。
オジー作品中、最も「暗い」のがこのアルバム。
悲劇の予兆?
というのも、リリース後ギターのランディ・ローズは飛行機事故で他界。

AD

併せ技一本酒

テーマ:
「赤ワインにはチーズ」

これはわかる。
赤ワインの渋みをチーズが和らげて、赤ワインがスイスイ飲める。

しかし逆は真ではない。

つまり
「チーズには赤ワインではない」


我々は固定観念に縛られて、何の疑いも持たずに、チーズに赤ワインというが、チーズを引き立てるのは絶対に白ワインである。

実際、チーズフォンデュで、チーズを伸ばすのには白ワインが使われてる。

つまりどちらを優先するか、という話。

チーズ側から見ると白ワインのほうが合うのだ(←反論ありそう)


ではジンギスカンはどうか。

あの脂っこい、濃い味の肉料理。口中をサッパリさせるにはビールが合う。

…と言われているが、だからといってジンギスカン自体とビールが合うことにはならない。

ただサッパリさせる、という消極的理由で疑いも持たずにビールを選ぶのは、「常識」という単なる多数説に踊らされて、何も自分で判断していないということ。

まあ味が損なわれないから、とりあえず「ビールと合う合う~」と納得する情弱(←イヤな単語だ)は多い。
そういう人にこの話をするとムキになるからやめている。

サッパリさせるだけなら、むしろ甘味もあるコーラのほうが合う。

極論だが、ジンギスカン肉をビールに浸して食べたらたら味は変わるが、コーラだと整う(←これまた反論ありそうだな)

本当はジンギスカンという料理に味覚として合うのは日本酒である。

日本酒は調味料でもある。
ジンギスカンのタレの材料にも日本酒が使われている。合わないハズがない。

問題は、ジンギスカンの量とバランス良く飲むと日本酒は最低でも4合は必要なこと。
酔って味覚を失っては本末転倒である。

どこかにノンアルコール日本酒ってないか?

※筆者は絶対に飲まないけど




AD