医療コンサルティング《ここだけの話》高野聖義

眼科、歯科医院、整形外科など診療所の株式会社医療コンサルティングがお届けする病院経営情報。医療コンサルティングにまつわる「ここだけの話」を紹介中。

医療業界の動向、医院経営のポイントや健康情報などをお伝えしております。

株式会社医療コンサルティングの高野聖義がお届けする最新情報をお楽しみ下さい。

テーマ:
元リッツカールトンの高野登氏をご存知でしょうか?

顧客対応力世界一のリッツカールトンホテル。
その日本で最初のリッツカールトンホテル大阪を作り上げた高野登氏。

現在は、医療機関(病院、クリニック、歯科医院、整骨院など)に向けた、おもてなし教育のためのセミナーを開催されています。

今回、医療機関アワードの表彰式では、高野登氏からの基調講演をしていただきます。

ぜひ、ご参加いただければと思います。

元リッツカールトンの高野登氏が、医療機関のホスピタリティを語る!
URL: http://medical-award.jp/event/

医療機関のホスピタリティ(接遇力・対応力)を高めるセミナーを同時開催!

一般社団法人 日本医療ホスピタリティ協会(所在地:東京都渋谷区、会長:安達
耕一、略称:JMH)は、患者満足度調査を基に、優れたホスピタリティを提供して
いる医療機関・治療院を称える『2016年度 医療機関アワード表彰式』において、
ホスピタリティ分野のトップお二人である、高野登氏(人とホスピタリティ研究所 代表取締役)と、鎌田洋氏(株式会社ヴィジョナリー・ジャパン 代表取締役)を招き、基調講演を同時開催いたします。

ホスピタリティとして世界的に有名なリッツカールトンホテル大阪。そのリッツを作り上げた元日本支社長の高野登氏、元ディズニーランドで清掃部門を立ち上げた鎌田洋氏から、医療機関のためのホスピタリティ、従業員満足度アップについて講演いただきます。

【基調講演1】
「ディズニー キセキの神様が教えてくれたこと」シリーズ90万部突破!
鎌田 洋 氏
商社、ハウスメーカー営業を経て、1092年㈱オリエンタルランド入社。東京ディ
ズニーランドの清掃部門の立ち上げを経験。その後、教育部門のマネージャーと
して、全スタッフを指導、育成。1997年「7つの習慣」で有名なフランクリン・
コヴィー・ジャパンの代表取締役副社長・セミナー事業部担当として、自らコン
サルタントを務める。1999年㈱ヴィジョナリー・じゃぱんを設立

【基調講演2】
日本国内のホスピタリティのトップランク!大阪リッツ・カールトン・ホテルを
作り上げた元日本支社長
高野 登 氏
1974年に渡米し著名ホテル勤務を経験。その後リッツ・カールトン日本支社開設
に携わり、94年日本支社長に就任。2009年退社後「人とホスピタリティ研究所」
を設立。著書「サービスを超える瞬間」「絆が生まれる瞬間」「おもてなし日和」
「リッツ・カールトン 形から入る仕事術」等多数。

表彰式、基調講演の参加は医療者以外でも問題ございません。
ホスピタリティを学ぶ機会としてご参加ください。


【2016年度 医療機関アワード表彰式&基調講演 概要】
日時:2016年9月4日(日)13:30~16:30
場所:ベルサール秋葉原 2F
   東京都千代田区外神田3-12-8

チケットのお申込みは下記専用ページよりお申込みください。
http://medical-award.jp/event/

マスコミの方々へ
当日はマスコミ席をご用意しております。ご希望の方は事務局まで直接ご連絡い
ただけますようお願い致します。


【日本医療ホスピタリティ協会(JMH)について】
正式名称:一般社団法人 日本医療ホスピタリティ協会
理事長 :安達 耕一
所在地 :東京都渋谷区恵比寿3-29-3
電話  :03-5768-1711(株式会社フィードバック・ジャパン内)


特別割引もございます。
ぜひ、弊社までご連絡いただければと思います。

メールはこちらまで↓
info@iryouconsulting.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
(株)医療コンサルティングs(www.iryouconsulting.jp/)の高野聖義です。


「予約制度で患者数が増加するんだよね」

という質問を受けましたので、この点についてお答えしたいと思います。



予約制度導入で患者数が増加するのは、すでに繁盛している医院です。



開業後、患者数が少ない状況で予約システムを導入することは、自分の都合の良い時間に来院したいという患者層を取りこぼします。


事前に予約を取るという作業は、一つの手間ですので、当然患者さんにとっては負担と感じる場合もあるのです。


開業後、すぐの段階で患者数が少ない状況では、来院患者をうまく調整するという必要はありませんので、予約制度で来院患者数が急激に増えるということは考え難いです。


しかし、待ち時間が発生し始める段階に来れば、予約制度は増患対策としても利用できます。
混雑する時間帯をうまく整理することができることや、予約枠をうまく作り出すことで来院患者数を増加させることができます。


開業後、患者数が増えていないのであれば、予約制度導入とともに、別のことをやらなくてはなりません。


純粋な増患対策をする必要があります。


では、繁盛している医療機関ではどうでしょうか?
すでに予約枠がいっぱいということであれば、しっかりとした予約システムを導入することで、患者さんを受ける時間を整理することができ、十分な効果を発揮することができます。


ノートを使って予約管理をする時代ではありません。
予約システムをしっかり導入していく必要があります。

できれば、電子カルテに付随している予約システムではなく、純粋な予約システムを導入する方が効果が高いそうです。


最近では、人工知能を導入している予約システムもあるそうです。
一度ご覧いただければと思います。

https://reserve.ne.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
株式会社医療コンサルティングsの高野聖義です。

まだ、記事を読んでいなくて恐縮なのですが、週刊誌での「薬は飲むな!」の記事はすごいようです。

調剤薬局や各医療機関でも質問が増えているようです。


薬には副作用があります。しかし、医師の診断の元に処方されているので、その点は信頼していただきたいと思います。

ただ、このような例もあります。

痛み止めのような薬を処方されたのですが、毎回飲んでいると量が足りないと、わざわざ他の医療機関に行って無理やり処方を受けるという患者さんがおられます。

医療機関が変われば、処方はしてくれますが、最初の診察の状態とは違っていますので、当然体に良くないというものです。


また、精神疾患を抱えている方が、自分でもう大丈夫と薬を飲まなくなるというケースもあります。
これはかなり危ない状況です。薬の処方量をできるだけ少なくしているドクターも多いのです。
どんな診療内科でも薬漬けにするために処方しているわけではないのです。


まずは、医師を信頼していただきたいと思います。
薬を飲まずに健康になる方もおられますが、症状が悪化する方もいます。
この点を理解して対応していただきたいと思います。

私もまずは記事を読み込みます。

「薬は飲むな」男性誌キャンペーンで診療不信の患者殺到、病院がパニックに…
今、あちこちの病院の診察室でパニックが起きている。オジサマたちの愛読誌が、メジャーな薬を片っ端から「..........≪続きを読む≫
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
医療コンサルティングSの高野聖義です。


新規物件として以下のエリアで医療用物件が出てきております。
ご興味のある方は、弊社サイトをご覧いただければと思います。


1.神奈川県メディカルモール

 ・人気の東急沿線
 ・駅近物件 2件


2.神奈川県メディカルモール

 ・駐車場ありのメディカルモール
 ・駅から少し離れていますが、バス停の目の前です。


ご検討ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
医療コンサルティングSの高野聖義です。


医療機関にとって、必要な視点として、患者視点に立つというものがあります。


ある医療機関では、患者ツアーとして、来院してから医院を出るまでを患者の立場で歩くという取り組みをしています。


待合室の椅子に座るということは通常スタッフはしません。


患者視点で椅子に座ってみると汚れなどを発見できるのです。


これは、本当に一部です。
最近のスタッフは、患者さんの立場に立ちなさいと言われても、全くわからないという話も聞きます。

スタッフとのヒアリングをしていると、「患者さんの考えなんて、こんなに年齢が違ったらわかりません。」と真顔で話してきます。
そして、本当にわからないということで、悩んでいるスタッフも多いのです。


これは核家族化の進展から周囲に高齢者がいない生活を送ってしまっていることも影響を及ぼしていると思います。


お年寄りが近くにいれば、普段の生活で難儀そうにしている部分を見ることができます。
身近に同様の人がいれば、すぐに気づくことがあります。
しかし、最近は同居していない家庭が多く、その点ではお年寄りの気持ちを理解することは難しいようです。


解決方法としては、医療機関で働いている人として考えてみると、まずは患者さんをしっかりみることではないでしょうか?


 ・受付カウンターで、ハンドバックを置く場所に困っている。
 ・待合室のソファーから立ち上がるときに苦しそうにしている。
 ・中待合室から呼び出しても気づかないことが多い。


などなど、患者さんが困ることを発見することで、患者視点を身につけることができます。
まずは、しっかり観察する力を見つけるように工夫をすることが必要です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。