医療コンサルティング《ここだけの話》高野聖義

眼科、歯科医院、整形外科など診療所の株式会社医療コンサルティングがお届けする病院経営情報。医療コンサルティングにまつわる「ここだけの話」を紹介中。

医療業界の動向、医院経営のポイントや健康情報などをお伝えしております。

株式会社医療コンサルティングの高野聖義がお届けする最新情報をお楽しみ下さい。

テーマ:

医療コンサルティングSの高野です。

 

 

医療のコンサルタントをやっていますと言うと、経営についてではなく、健康面について良く聞かれます。

 

特にいい病院はないかという相談が多いですね。

 

今、こんな症状を持っていて病院に行こうと思うけど、どこがいいですかという質問です。

 

 

私は医師ではありませんので、診断もできませんし、治療もできないです。

 

しかし、持っている情報をお伝えすることはできますので、説明させていただき、どこの病院、医療機関にいくかどうかは、ご自身で判断していただいてます。

 

 

最近、週刊誌等で、こんな医療を受けたから、受けなかったから亡くなったんだというような話を見かけます。

有名なタレントの方が在宅で亡くなられたことが発端のようです。

 

どんな医療を受けるかどうかは、本人と家族の選択の結果です。その結果に対しては、意見を言えると思いますが、その選択が間違っていたということを殊更言う必要はないはずです。

 

マスメディアで報道されていることを見る度に、変な違和感を感じてしまいます。

本人とその家族の選択を認める必要があるはずです。

 

 

 

今までの社会と違い、死を迎える場面は十人十色になっていると言えます。

 

死を迎える場所も病院に入院して、自宅で、介護施設でというように様々です。

 

そして、その段階で、どんな医療を受けるのかということは、自己判断に委ねられます。

選択肢は無数にあります。

 

この時に選択しているのは、患者側です。

医療機関ではありません。

(当然、医療機関として受け入れられないというようなケース(救急など)もありますが、この場合でもいくつかの選択肢はあるはずです。)

 

 

通常の保険診療の範囲内で治療を受けるケースもありますし、自費治療として高額な治療を受けるケースもあります。

 

民間療法がいいということで、その治療を受けるということもあります。

 

この選択は、患者さん側が持っているのです。強制的に特定の医療を受けることはありません。意識がない状態であっても、家族の同意がなくては治療を受けることができない場合が多いのです。

 

この上で、医療を受ける側はしっかりとした知識を持つこと、しっかりと要望を医師に伝えることが必要となります。

 

知識と言っても、テレビや雑誌で聞きかじったような情報ではなく、バランスのとれた医療知識を持っている必要があります。

 

偏った情報で選択しても構いませんが、その選択はご自身が行ったということを忘れてはいけません。

 

 

後でこうした方がよかったということは簡単ですが、その時の選択をしているのはご自身であるということは、その選択には自己責任があるということです。

 

 

情報過多の時代では、自分の判断するための基礎情報があふれています。その基礎情報を、しっかりと見極めて、医療の選択をしていただきたいと思います。

 

代替医療で治る方もいます。厚労省の定めた医療で治らない人もいます。どちらにせよ医療の選択をした上で、今の状態があるということを忘れてはなりません。

 

後悔しないように、選択をしていただきたいと思います。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

医療コンサルティングSの高野聖義です。

 

 

経営を考える上で、収入を最大化し、支出を最小限することが必要であることは理解できます。

 

 

収入を最大化することは医療機関においても必須ですので、その点を目指すことは当たり前です。

患者さんに支持されて、多くの患者さんに来院していただき、適正な治療を行う必要があります。

 

 

その中で、コスト削減は十分ではない部分があります。

医療機関はどうしても高いコストを支払っているケースが多いようなのです。

 

これは、医療機関では、相場感はあまりないです。一般企業ですと、常にコスト削減が頭にありますので、低コストのサービスを提供する企業を探します。

そのため、相場感もよくわかっています。他社との比較も常に実施し、一番いい条件を引き出します。

 

この条件というのは、単に価格面だけではありません。

 

企業にメリットを出す、最良のサービスを判断していくということが経営者の仕事であるわけです。

 

 

さて、医療機関でのコスト削減です。

 

まずは現在の財務諸表を見ていただき、どの勘定科目が一番多く費用計上されているかを見ます。

 

人件費が一番目立って多いはずです。

 

医療はマーケティングの分野で考えればサービス業です。人の力で収益を上げていきます。そのため、当然のことながら人件費が一番構成比が高くなります。

 

この人件費を削減したいというのが、院長、理事長の一番の希望です。今一番の解決方法は、離職率を下げることです。

 

この方法の詳しい解説はまたの機会したいですが、少なくとも従業員の給与を下げることはやってはいけません。

 

あげることはあっても、下げるというのは、考えて考えて最終的にたどり着く結論です。

 

まずは勤続年数をあげることを考えてみましょう。

 

 

実は、人件費の削減よりも即効性の高いのが、固定費の見直しです。家賃、水道光熱費などの費用が下げられないのか見直すということです。

 

 

電気代はかなり高いはずです。毎月10万円程度の医療機関が多くありますが、かなりコストを下げられます。

 

 

このようにまだまだ見直しできる部分があります。

 

弊社でもコスト削減コンサルティングを実施しております。ご興味がございましたら、是非一度ご相談いただければと思います。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

医療コンサルティングSの高野です。

 

 

みなさんは、セルフメデュケーション制度と言うものをご存知でしょうか?

 

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html

 

厚生労働省が認めている、スイッチOTC薬品を年間使った金額に応じて控除することになるというものです。

 

年間10万円を購入した場合、1万2千円を超える部分、8万8千円まで控除できるという制度です。

 

 

 

 

ごくごく一部のメディアで報道していますが、それほど盛り上がっていません。

これから盛り上がるのかなあという状態です。

 

ではどんなものが認められるのかということなのですが、現在は1500くらいの薬品です。

 

例えば、これから出てくる花粉症の点鼻薬では、

 

アスゲン点鼻薬AG

http://www.asgen.co.jp/product/nasal/post.html

などが適用となります。

 

 

他には、

歯医者に通っている方であれば、サンスターのフッ化物洗口剤エフコートとかが適用です。

http://jp.sunstar.com/company/press/2015/0713_2.html

 

残りの薬品を詳しく知りたい方は、以下のPDFを見てください。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000145909.pdf

 

 

 

 

この制度ですが、色々な健康保持のための対策をした証明書が必要になります。

インフルエンザの予防接種を受けるか、がん検診をうけるか、会社の健康診断をうけるかなどの健康に対しての一定の取り組みをしているかです。

 

インフルエンザ予防接種を受けて、がん検診を受けて、健康診断をしてという全てを行う必要はありません。

 

何か一つ取り組みをすればいいということになります。

 

 

 

 

 

証明書が必要となりますので、書類の保管が必要なりますが、しっかり保管して来年の確定申告を実施していただきたいとおもいます。

 

 

 

この制度の目的は自分の健康に気をつけて、重度の病気になる前に予防してくださいというものです。

 

 

さて、本当に予防効果があるかどうかですが、これはこれからのことなのだとおもいます。

 

 

ビジネス的に言うと、OTC薬品を製造している会社にとっては、ビックチャンスになります。

現在、そのように指定されている医薬品を持っている会社でも十分な対応ができていません。

 

結構なビジネスチャンスだと思うのですが、、、。

 

 

色々な対策ができますし、、、、。

 

 

今後色々対策を検討していきたいとおもいます。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

医療コンサルティングの高野です。

 

学校法人の承継案件の情報がきました。

医療関連のM&Aに関して仕事をしていると色々な情報がきますね。

 

ご興味がある方がおられましたら、お問い合わせください。

 

 

M&Aの案件は、情報の秘匿が大切です。

もし、情報が変な形で出てしまうと、それだけで信用をなくしてしまいます。

 

事業継承に関しては、いくつもの事情が重なって出て来ます。

その情報が現在の事業を揺るがす情報ですので、噂が流れただけで話が進まなくなってしまいます。

 

特に株式会社以外の法人では、元々が収益を高めるために存在しておらず、公益性を保つ必要があります。

 

事業収益が見込めるというだけで売買に参加してくるような企業には情報提供できないということもあります。

 

 

現在、医療業界に参入したいという株式会社が多数あります。

しかし、医療とはなんなのかということを塾考していただき、本当に参入する意味があるのかを理解していただきたいとおもいます。

 

 

医療法人の理事長に株式会社の社長がなることは難しいことです。

本来は医師免許を持っている人しかできないという仕組みです。

仕組み自体を変えるという改革の動きも当然ありますが、医療という極めて公共性の高い業界の持つ意味を考えていただければとおもいます。

 

もし、収益性だけにこだわって経営を行った場合、現在の仕組みではおかしくなってしまうことも多々あります。

 

 

色々な側面から考える必要がありますが、多くの方の医療保険料を元に報酬が払われるという業界では、どうしても公共性を保つ必要があります。

 

 

医療とは何かという倫理的な問題だけではなく、患者さんを軸にして考えていただきたいとおもいます。

 

現在の制度が最高ではないと思いますが、一定の効果を上げているのが医療業界です。

塾考することも必要です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

医療コンサルティングの高野聖義です。

 

 

医療機関でSNSを活用するケースが増えています。

facebookでは、fanページを作成し、twitterで医院としてつぶやく手法です。

 

 

SNSの場合、あくまでも対象は特定多数となり、見てもらいたい人に伝えることが

できます。

そのため、すでに医療機関名を知っている、院長と仲がいいというような方に情報伝達を行うことになります。

 

 

SNSは、自医院のHPやブログを見る時と違い、様々な情報が流れてしまいます。そのため、その瞬間の情報提供となるため、じっくりと内容を見てもらうということができなくなってしまいます。

常に投稿し続ける姿勢が求められるため、活用が難しい面もあります。

 

 

しかし、facebookなどは、対象ははっきりとわかるため、反響があるのかどうかも判断することができます。

 

 

今後はfacebookなど、SNSを活用したWEB対策が効果を発揮すると予測されます。まずは、スタートを切る必要があります。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。