さてと、今夜はどこ行く?

酒場であったあんなこと、こんなこと。そんなことを書いてます。ほとんど、妄想、作話ですが。

御訪問ありがとうございます。

どうぞ今後とも宜しう。


コメント、メッセージ下さる方、とても嬉しく感謝してます。

口下手な俺っち、気の利いた御返事できないかもしれませんが、

どうぞ、お気を悪くされませぬよう・・・ゴメンネ。


携帯電話からのコメントは制限される場合がございます。

御了承下さい。m(_ _)m

※もしもこのblogに使用されている写真や文章なんか欲しかったら、一言、断ってね。



テーマ:
「あなたにとって私は一緒に牡蠣鍋を食べる為だけの都合のいい女でしかなかったわけね。」
そう言い残し美紗子は去って行った。
それは違う。
そう言いたくても口籠り、ただ去っていく美紗子の後ろ姿を黙って見つめ続けるしかなかったのは、やはり結局のところそういうことだったのだろう。

付き合いはじめてしばらくして知ったが、妻は牡蠣が食べられなかった。アレルギーだった。
牡蠣料理専門店に行かないか、と誘った俺に彼女は、顔を曇らせると、
「ごめん、私、牡蠣だめなんだ。」
と言い、アレルギーで、以前それを食べて、生死をさまようほどの大変なことになったのだと教えてくれた。
それからというもの、俺は一切、それを食べることができなくなってしまった。
勿論、俺一人がどこかの店を訪れ、一人単品の牡蠣をこそこそ食うということはあったが、それは俺の望むところものではない。
よく言うじゃないか?
何を食うかではない、誰と食うかだ!
って。
一人でこそこそと食う牡蠣は、味気なかった。

美紗子が声をかけてきたのは、俺がいつもの居酒屋で一人飲んでいた時だった。
カウンターで酒を飲みながら、俺はふと店の壁に目をやり、それに気付いた。
いつの間に貼られていたのか、壁には、
「牡蠣鍋はじめました!(二人前から)」
とマジックで手書きされた、まだ真新しい半紙が貼られていた。
もうそんな季節か、と思うと同時に、しかし、やはり二人前からか・・・との落胆が俺に追い被さる。
最後にここの牡蠣鍋を食べたのは、いつのことだっただろう?
少なくとも妻と付き合う前の話だ。もう随分と俺はそれを食べていなかった。
以前、マスターに一人前でやらせてくれないかと頼んだことがあったが、それは受け入れてはもらえなかった。
でも、今は、あの頃よりもっと顔なじみだし、頼んだらやらせてれるかもしれない。
ダメ元で俺はマスターに声をかけた。
「マスター、牡蠣鍋っていうのは一人前からは、やらせてもらえないんですか?」
しかし返事は相変わらず同じだった。
「こればっかりは二人前からになってしまうんですよ。それにカウンター席にはお出ししてないんです。」
マスターは、申し訳なさそうな苦笑を見せた。
どうしても牡蠣鍋をしたければ、テーブル席に移動し、一人で二人前のそれを注文する必要があった。
テーブル席に移動するのは良いとして・・・
「一人で二人前は無理だしなあ・・・」
誰ともなしにそう呟いた俺に
「牡蠣鍋したいの?それじゃ、私、協力しようか?」
と声をかけてきたのが、その時、偶然隣に座っていた美紗子だった。常連のひとりで、女優の広田レオナに外見も声も性格(こればっかりはご本人を知らないから俺の想像の域での話だが。)もそっくりな女だ。
「いいの?」
と聞き返す俺に
「いいわよ。」
そう彼女は答えると、すかさず言葉を付け加えた。
「でも、あなたの奢りよ。」
それは全く構わない。
俺は、降って湧いたような幸運に声を裏返らせると、マスターに叫んだ。
「マスター牡蠣鍋、二人前!」
そして酒の入ったグラスを持つと、背後のテーブル席へと移動した。

久しぶりに食べる牡蠣鍋に俺は興奮した。
煮立ってきた鍋に具材を入れようと具材の盛られた皿を持ち上げた美紗子を「ちょっと待った!」と制すると、彼女に皿をもたせたまま、俺は鍋に入る前のプリプリの牡蠣達をiphoneで撮影した。
それから、
「久々、牡蠣鍋なう!(^0^)//」
のコメントを添えてインスタにアップした。
久々に食べた牡蠣鍋は美味しかったが、いま一つ感動が薄かったのはどうしてだろう?
牡蠣鍋を食べ終え、会計を終えた俺に、美紗子は、もう一軒行かないかと誘ってきた。
しかし、生憎もう持ち合わせの金は少なかったし、他の店に行きたい気分でもなかった。
「今日は、もう帰るよ。」
といった俺に、美紗子は「フッ」とどこか悪女めいた笑みを漏らすと、派手なネイルアートの施された人差し指を俺の胸に押し付け、ずりずりと上下させながら、上目遣いに俺をみつめ言った。
「そう、わかったわ。いいのよ。でも、結局のところ、あなたにとって私は一緒に牡蠣鍋を食べる為だけの都合のいい女でしかなかったわけね。」
そういい残すと、踵を返し、夜の裏渋谷の街に消えていった。

妻が、いい店があるのだけど行ってみないか?と誘ってきたのは、そんなことがあってしばらくした頃だった。
いい店?どこ?
と訊く俺に、教えてくれたのが、オイスターバーだったのが、俺にはあまりにも意外だった。
「オイスターバーって、牡蠣大丈夫なのかよ?」
驚く俺に、彼女は、その店は牡蠣以外にもおいしい料理がたくさんあるのだ、と教えてくれた。
「それに、オマイさんには、長いこと牡蠣、付き合ってあげられなかったからね。まあ、アタシからの、夫なぐさ飯だよ。」
そういうと妻はくすっと笑った。
「オットナグサメシ?なんだそれは?」
不思議がる俺に彼女は、その店を知った経緯を教えてくれた。
なんでも「女くどき飯」というテレビ番組で紹介された店なのだという。
幸い、家の近所だし、テレビで紹介された料理も、牡蠣以外は彼女も食べられそうなものばかりで、美味しそうだったし、店の雰囲気もよさそう、ということで、一緒に行ってみたくなったのだという。
いうまでもないが、夫なぐさ飯は、そのきっかけとなった「女くどき飯」を妻なりにアレンジしたものだ。
いずれにせよ、そういうことなら吝かじゃない。
俺は、店に空席を確認すると、妻とともに家をでた。

























妻がiphoneに映し出されたインスタの画像を、
「ところで、これなんだけどさ。」
と俺の前に差し出してきたのは、俺が多種多彩な生牡蠣を一人で食べ終え、満足気なため息を吐いた時だった。
そこには、俺が美紗子と牡蠣鍋を食べた時に俺がアップした写真が写っていた。
「久々、牡蠣鍋なう!(^0^)//」
のコメントが添えられている。
「なんだ、俺のインスタじゃないか。これがなに?」
尋ねる俺に、彼女は言う。
「なんだか、先に牡蠣鍋、楽しまれたみたいですね。」
にこりともせずにそう言う口調は、これもまた抑揚が無かった。
黙っている俺に、妻は続けた。
「まあ、それはいいとして、これなんだけどさ、ほら、ここ。」
牡蠣の写真だけを拡大してインスタにアップしたはずだったが、写真の端に、皿を持つ誰かの指先がちょっと顔を出していた。派手なネイルアートが施されていた。
「これは、どういうことなのかな?」
言いながら、組まれた妻の両手の指がポキポキと音を響かせた。


※フィクション
AD
いいね!(40)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

元気いっぱいなあなたにぴったりなキャラは…

元気いっぱいなあなたにぴったりなキャラは…

そうなのか?
AD
いいね!(35)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
バッテリー。
電池。
それが何の為の電池だったのかはわからない。
まだ電池としての役割を果たせるものだったのか、それともその働きを終え後は特殊産業廃棄物取り扱い業者がそれを引き取りに来るのを待つだけだったのか?何れにしてもそれは俺以外の者に依って家のキャビネットの上にポツリと置かれていたに違い無いのだ。

俺がその存在を知ったきっかけは飼い猫のキョンだった。 キャビネットの上に飛び乗った彼女は、暫し何かを前脚でチョイチョイしていたかと思ったらそれをキャビネットの上から落下させた。フローリングの床に落ちたそれは、カツンという硬化的な音を響かせた。
高い所に飛び乗り、そこに置かれていた何かを前脚でチョイチョイして落っことす、というのは別にキョンに限った話でも無く、猫を飼っている人ならば誰しもよく目にすることだと思う。問題は落とされたのが何かをということだ。コインや消しゴムの類であれば、「ま、いっか。」で片付くが、聖水の入った高価な盃やら、精巧、取り扱い要注意な必要以上に秒針の付いたクロノグラフなんかだったりすると目も当てられない事になる。 しかし幸い今回彼女が落としたものは音からして小さな小石のようなものに思われた。 それの落下と間を置かずしてキャビネットの上から床に飛び降りて来た彼女は、さらにそれを前脚で蹴飛ばし、まるでアイスホッケープレーヤーがパックを追うかのようにそれを追いかけ回した。こういう一人運動会も猫を飼っている人ならばほぼ毎夜、体験していることだと思う。 ドタバタうるさいのを別にすれば、飼い主に散歩をせがむわけでもなし、実に心温まる愛くるしい光景だ。
しかし、キョンは何を追いかけ回しているのだ?
立ち上がり近寄ってわかったが、それは小さな、それこそ直径が5ミリメールも無いような円盤型の電池だった。
「そうか、キョンは電池で遊んでいたのか。いいじゃ無いか。満足いくまで遊べ。」
そう言って彼女の頭を撫でて、そこを立ち去り、またソファーに戻り映画の続きを観はじめた俺だったが、それからしばらくして、今度は妙に静かになったキョンが部屋の隅に小さく丸く蹲るのを目にし、妙な不安に包まれることになる。
実は先日、電池を誤飲した乳児の話を耳にしたばかりだった。
もしキョンがそれを追いかけ回した挙句、飲み込んでしまっていたとしたら・・・
「キョン、お前電池どうした?」
しかし、そう尋ねても彼女がそれに答えてくれるわけも無く、だが、さっきまで元気いっぱい走り回っていたはずの彼女がこうも急峻に静かになるというのは、よくあることと言われればそうなのだけれど、おかしい、異常だと言われればそうも思えた。
とりあえず電池だ。
床に転がっている電池が見つかれば安心だ。
たから、それから30分、血眼になって床を這い蹲って探した結果、漸くベッドの下にそれを見つけた時の俺の心の晴れ晴れ感ったら!
俺は電池を拾い上げると蓋つきの箱にそれを入れきっちりと蓋を閉じた。
関係あるのかわからないけど、昨夜見た夢は、可愛い女と知り合い、ドライブに行こうって流れになるのだけど、いざ車のキーを回してみたら、キュルルルっと心細い音しかエンジンは上げず、つまりバッテリーがあがってたというものだった。

おはようございます。では、皆様良い1日を。( ^ ^ )/□




いいね!(47)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

バッテリー。 電池。 それが何の為の電池だったのかはわからない。 まだ電池としての役割を果たせるものだったのか、それともその働きを終え後は特殊産業廃棄物取り扱い業者がそれを引き取りに来るのを待つだけだったのか?何れにしてもそれは俺以外の者に寄って家のキャビネットの上にポツリと置かれていたに違い無いのだ。 俺がその存在を知ったきっかけは飼い猫のキョンだった。 キャビネットの上に飛び乗った彼女は、暫し何かを前脚でチョイチョイしていたかと思ったらそれをキャビネットの上から落下させた。フローリングの床に落ちたそれは、カツンという硬化的な音を響かせた。 高い所に飛び乗り、そこに置かれていた何かを前脚でチョイチョイして落っことす、というのは別にキョンに限った話でも無く、猫を飼っている人ならば誰しも経験済みのことだと思う。問題は落とされたのが何かをということだ。コインや消しゴムの類であれば、ま、いっか。で片付くが、聖水の入った高価な盃やら精巧、取り扱い要注意な必要以上に秒針の付いたクロノグラフなんかだったりすると目も当てられない事になる。 しかし幸い今回彼女が落としたものは音からして小さな小石のようなものに思われた。 それの落下と間を置かずしてキャビネットの上から床に飛び降りて来た彼女は、さらにそれを前脚で蹴飛ばし、まるでアイスホッケープレーヤーがパックを追うかのようにそれを追いかけ回した。こういう一人運動会も猫を飼っている人ならばほぼ毎夜、体験していることだと思う。 ドタバタうるさいのを別にすれば、飼い主に散歩をせがむわけでもなし、実に心温まる愛くるしい光景だ。 しかし、キョンは何を追いかけ回しているのだ? 立ち上がり近寄ってわかったが、それは小さな、それこそ直径が5ミリメールも無いような円盤型の電池だった。 「そうか、キョンは電池で遊んでいたのか。いいじゃ無いか。満足いくまで遊べ。」 そう言って彼女の頭を撫でて、そこを立ち去り、またソファーに戻り映画の続きを観はじめた俺だったが、それからしばらくして、今度は妙に静かになったキョンが部屋の隅に小さく丸く蹲るのを目にし、妙な不安に包まれることになる。 実は先日、電池を誤飲した乳児の話を耳にしたばかりだった。 もしキョンがそれを追いかけ回した挙句、飲み込んでしまっていたとしたら・・・ 「キョン、お前電池どうした?」しかし、そう尋ねても彼女がそれに答えてくれるわけも無く、だが、さっきまで元気いっぱい走り回っていたはずの彼女がこうも急峻に静かになるというのは、よくあることと言われればそうだけれど、おかしい、異常だと言われればそうも思えた。 とりあえず電池だ。 床に転がっている電池が見つかれば安心だ。 それから30分、血眼になって床を這い蹲って探した結果、漸くベッドの下にそれを見つけた時の俺の心の晴れ晴れ感ったら! 俺は電池を拾い上げると蓋つきの箱にそれを入れきっちりと蓋を閉じた。 関係あるのかわからないけど、昨夜見た夢は、可愛い女と知り合い、ドライブに行こうって流れになるのだけど、いざ車のキーを回してみたら、キュルルルっと心細い音しかエンジンは上げず、つまりバッテリーがあがってたというものだった。 おはようございます。では、皆様良い1日を。( ^ ^ )/□

@mariruu11が投稿した写真 -

いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

妻と二人店を出たはずが、駅に着いた時は俺一人になっていた。理由は思い出せないのだけど、駅への道すがら喧嘩になったのだ。喧嘩したという事は覚えているがそのきっかけが思い出せない、夫婦喧嘩あるあるだ。まあいい、理由なんて。兎に角一人自由が丘に着いた俺は東横線に乗ると中目黒で降りて家へ向かった。家に帰ると既に妻はいて、ルコルビュジエの、正確に言うとまがい物のルコルビュジエのs字型の長椅子に横たわりテレビを見ていた。テレビはインターネットVODって奴で月々1000円かそこら支払うと映画や過去のテレビドラマが見放題っていう、代官山あたりに広大なオシャレ本屋を作った会社が提供してくれているものだ。しかし、これが全く使えなくタダで観れる映画はつまらないものしかない。それはここで言及することじゃ無いからこれ以上は言わないが、妻はそれで、過去のテレビドラマを観ていたのだ。しかし、俺はテレビドラマが概ね嫌いだ。こういうところ、妻とは合わない。nのために、とかいう名のテレビドラマを見続ける彼女を残し俺はベッドに入ると寝た。そして朝起きて、ちょっとしたバイトに行き帰ってきて、例のインターネットVODで、唯一と言っても過言では無いお気に入りの無料映画をビールを飲みつつ観る傍ら、昨夜iPhoneで撮った写真を見直しながらインスタにアップしていたのだが、最後記憶に無い写真を見つけ、なんだこりゃ!となったのだ。きっかけは思い出せないのだけれど実は食べてた。酔った帰りの深夜のラーメンあるあるだ。しかし、ホントに食ったのか? なんだろな、色々ごめん。誰にってわけじゃないんだけど。 さてと久々に揚げピザの店に行くか。ではまた。

@mariruu11が投稿した写真 -

いいね!(46)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
そこを最初に訪れたきっかけがなんだったのかは、今となってはもう定かではない。
でも、妻が言うには、
「あの角にできた店、美味いらしいよ。」
そう俺に誘われ来たのが最初だというのだから、で、俺は俺で、友人や知り合いの誰からもそれを教えてもらった記憶もないし、ここ数年、東京レストラン的な雑誌はもちろん週刊文春すら読んでないし、テレビも久しく観ていないわけだから、インターネット経由でたまさか知ったのがきっかけだったとしか結論付けられない。
結局のところ、なんだかんだ情報の出所の大半は、行き着くところ、ネットなのだ。
だれかがブログに挙げていて、それを読んで知ったというのが、おそらくのことなのだろうけど、改めてよく見る友人たちのブログを読み直してみたのだけれど、そういった記事にはまったく行きつかないのだから、それこそ「はろー」ってスペル、hallowだっけ?harroだっけ?いやhellouだろ?いやいやuは付かないだろう・・・ええい面倒だ、ネットで調べっちまえ!と「はろう」で検索した結果、意外なところでそこに行き着いた、なんてのがきっかけだったのかもしれない。
まあ、きっかけはなんでもいいけど、ここ美味しいです。おすすめ。
ではまた。

I say goodbye and you say hello♪









































いいね!(42)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


俺の左隣に座る妻が、すでに乾きかけている寿司の回るベルトコンベヤーの向こうに立つ板前に特上ウニを頼んだのと、俺の右隣に座る知らない青年が
「あとウニ下さい。」
と板前に呼びかけたのは同時だった。
ベルトコンベヤーの向こうで板前が、間違いを防止するために、そうするように店のオーナーから指示されているのだろうか?
「はいよ!特上ウニにウニ!」
と復唱する。しかし、聞いている俺にはどうにもそれが気まづくて仕方がない。
メニューに記載されたそれらの値段は、特上ウニ500円、そうで無いウニは240円とその半分もしないのだ。なんだか我々がたかが回転寿司屋で高いネタを頼み悦に入っている成金に周りから思われそうで気が滅入った。
そんな不安を払拭するように俺は努めて明るい声で妻に笑いかける。
「特上って、普通のと何が違うんだよ?」
言っている傍から板前が握りたての寿司が乗った皿を渡してくる。
「あいよっ!こっちが特上でお姉さん。こっちは・・・」
と一瞬口籠ったあと、
「こっちのミスカナダはお兄さんだ!」
なるほど、特上は国産で、そうで無いのはカナダからの輸入ものなのだろう。
しかし、咄嗟にそんな気の利いたフォロー、漫才でいうならボケをかませられるとは、板前さん、只者じゃ無い。
思わずクスッと笑いながら、ちらりと目をやった右隣の兄さんが食べるミスカナダは左隣の妻が受け取ったものと、乗せられた皿の模様こそ違えど上に乗ったものはそう大差無く俺の目には映った。
俺は目をベルトコンベヤーの向こうに移すと声を上げた。
「すみませーん、こっちにもウニ!◯◯◯◯◯で!」

◯◯◯◯◯に何が入るかは、想像してみて下さいね。ではまた(^_-)-☆
いいね!(42)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。