さてと、今夜はどこ行く?

酒場であったあんなこと、こんなこと。そんなことを書いてます。ほとんど、妄想、作話ですが。

御訪問ありがとうございます。

どうぞ今後とも宜しう。


コメント、メッセージ下さる方、とても嬉しく感謝してます。

口下手な俺っち、気の利いた御返事できないかもしれませんが、

どうぞ、お気を悪くされませぬよう・・・ゴメンネ。


携帯電話からのコメントは制限される場合がございます。

御了承下さい。m(_ _)m

※もしもこのblogに使用されている写真や文章なんか欲しかったら、一言、断ってね。


NEW !
テーマ:

作家でもありキュレーターでもあり、原田宗典さんの妹さんでもある、原田マハさんが書かれた「カフーを待ちわびて。」という沖縄が舞台の恋愛小説があるのだけれど、それは玉山鉄二さん主演で映画化されている。DVD化もされていて、俺はそのストーリーが好きで、当然のことDVDを購入、時々それを観ては沖縄に行った気になっていた。
しかし、この度、リアルに沖縄に行けることになった。
俺でなくても、ここはひとつ、そのロケ地に、是非とも行って、玉山さんが走ったように、俺も海岸を走りたい、となるのは、当然のことだと思う。
あれは沖縄のどのあたりで撮影されたのだろう?
早速、ロケ地を検索すると、どうやら古宇利島とその界隈で多くの場面が撮影されたらということだった。
古宇利島。
はじめて聞く名前だ。
どこにあるのだ?
さらに調べたところ、これが思っていた以上に、那覇から離れたところにあった。
歩いてはもちろん、モノレールもそこまでは行ってない。
リムジンバスがその近所まで出ているということだが、本数が限られていて、なにかと制限が多く、自由度は低い。
タクシーを1日貸し切るという手も無くはなかったが、それをするくらいなら飛行機で石垣島に行った方がまだ安かった。
つまるところ、レンタカーを借りて、自ら運転していくのが最善の策に違いなかった。
沖縄二日目、俺は早起きするとホテル近くのレンタカー屋に出向き、二番目に廉価な5人乗り乗用車を12時間契約で借りた。一番安い軽自動車でもよかったのだが、それらは既にすべて出払っていたのだ。
担当してくれた女性店員が案内してくれたのは、「れ」ナンバーの白色のトヨタヴィッツだった。レンタカーというと「わ」ナンバーだとばかり思っていたが、最近は「れ」もあるらしい。
俺はドアを開け運転席に乗ると、彼女の説明を聞いた。
エンジンのかけ方からナビゲーションシステムの使い方まで、彼女は丁寧、かつ簡潔に教えてくれた。
エンジンが、キーを差し込んで捻ることなくかけられたのにはびっくりだった。
ブレーキを踏みながらエンジンボタンを押すだけで、それは起動した。
駐車するときも同じ。ブレーキを踏みながらエンジンボタンを押せば、エンジンは停止するという。
俺が知らないところで、日本車は随分と近未来的に進化していた。
俺は言われるがままにエンジンをかけると、次にナビに行き先を入力した。
まずは玉山さんが愛犬カフーと一緒に走った海岸からだ。
それはあるカフェの目の前にある海岸だった。映画ではカフェは写っていなかったが、google mapで確認したところそこに間違いないはずだった。
店の名をナビに入力すると、驚いたことにそれだけでナビは目的地を同定し、瞬時にしてそこまでの道筋を提示した。
今までナビを使ったことは無かったが、俺が思っていた以上に、それは優秀で便利なものに違いなかった。
「これは凄いな。」
驚き、そう漏らした俺に、彼女は思い出したように言った。
「そうそう、沖縄の一般道は左車線走らないようにしてくださいね。この時間、左車線はバス専用なんで、走ってるのが見つかると警察に捕まります。」
どうやら朝の時間帯は、バス専用レーンというのが敷かれていて、一般車はそこを走ってはいけないらしい。それを知らない旅行者がたまにそこを走ってしまい警察の餌食になるのだそう。旅行者だからといって、罪が免れることはないらしい。
俺は、女性店員にOKの旨を伝えると礼を言って、アクセルを踏んだ。
平日の朝と言うこともあって、一般道は通勤ラッシュなのか、そこそこに混んでいた。
たしかに一番左車線は空いていたが、そこを走っている一般車は見当たらなかった。
しばらくナビに従って一般道を走っていると、高速道路に入った。
高速道路は空いていて、気持ちよかった。
生憎の曇り空だったのが残念極まりなかった。
時折思い出したかのように雨も降った。
その度に俺はウインカーを出し、慌ててそれを戻した。
俺が普段乗っている車と、ウインカーレバーとワイパーレバーの位置がまるで逆だったのだ。だから、車線変更しようとウインカーをだしたつもりがワイパーが動きだすなんて事態も当然起こった。その度に俺はワイパーはそのままに、慌てて逆の位置にあるウインカーレバーを操作すると、車線を替えた。
もし、雨でもないのにワイパーを動かしながら車線変更をしていた「れ」ナンバーの白色のトヨタヴィッツを今年の一月初め、沖縄で見かけた人がいたならば、その運転手は俺だったかもしれない。
なんだかんだ、ナビに従うことおよそ二時間、俺は目的の浜辺に辿り着いた。
何度かナビの言うことを誤認し、へんてこな小道に迷い込んだりしたという事実に関しての描写は、ここでは割愛する。


image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

カフェには浜辺に降りられる階段もあって、俺は若い女性店員に断ると、浜辺におりた。
真夏の暑さと言うほどではなかったけれど、そこそこに気温は高く、シャツ一枚でも寒くはなかった。いや十分に暖かかった。
衣類を脱ぎ捨て、海に飛び込みたい心境にも駆られたが、服を着たまま、裾をまくり、靴を脱ぎ、裸足で浅瀬を歩くのみにとどめておいた。
波打ち際に立ち、ただ無心と地平線をながめた。
さざ波がザブンと両足をつつみ、それから、サアッとひいていった。
波がひく際、足元の砂を持っていかれ、足がちょっと砂に沈む感じ、なぜか俺はあれが好きだ。
しばらく俺はその小気味よい感触を楽しんだ。
ひいてはよせ、ひいてはよせるさざ波をひとしきり楽しんだ後、さて靴を履こうという段階になって思い出したが、俺はタオルの類を持参してなかった。
俺は靴を手に持つと、裸足のままところどころ貝殻や流木やらが転がる砂浜を、それらを踏まないように気を付けながら、カフェへとゆっくり戻っていった。
そういや、誰かが言ってたな。
沖縄じゃ、ビーサン、水着、サングラスは必需品だって。

次、古宇利島!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

マリイの要求に応え、たまさか目に入ったステーキ屋に入ったものの、マリイがそれに満足したかどうかは別として、俺は全く腑に落ちなかった。
決して美味しくなかったわけでは無いのだけれど、別にこれだったら沖縄でなくても食べられる。いや、厳密に言うならば、東京には無い、沖縄限定のステーキ屋だったのだろうけど、だから沖縄でなければ食べられなかったということになるのだろうけど、なんだろな、アグー豚の生姜焼きであろうが、無名豚の生姜焼きであろうが、俺にしてみればそれはどちらも同じものなのだ。
なんで沖縄くんだりまで来て、生姜焼き食わなければならないのだ?の不可解さをぬぐい切れなかった。
マリイが食べた牛ステーキにしたって、本日のサービスメニューのアメリカ産牛肉使用。沖縄名物の石垣牛のステーキもあるにはあったが、値段がおよそその5倍。とても手を出せたものじゃなかった。
おまけに周りの客はそのほとんどが観光客。日本語以外の言葉を話す人も目立っていた。
俺は、あまり観光客が来ない、観光ガイドブックには載っていないような、地元の人に愛されているような酒場に行きたかった。
だからステーキ屋を後にしたものの、「あー美味しかった。」と満足気にはしゃぐマリイとは反対に、俺は口数少なく、うつむいて、モノレールの駅までの道をトボトボと歩いた。
しかし、俺は見放されたわけではなかったのだ。
駅までの途中、ふと目を上げると、大通りから外れた路地裏に、なんともよさげな赤提灯が揺れていた。
「これだ!」
俺はそう叫ぶと、
「アタシもうお腹いっぱいだよ。」
と溢すマリイを無視し、店の扉に手をかけた。

image

image

image

image

image

image

image

image
image

これにて一件落着。
「また来るね!」
と泡盛キープして店をでた。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

夜になると、マリイが「肉が食べたい。」と言いだした。
沖縄で肉。
なにを食べるべきなのだろう。
ここはやはり山羊だろう。
実は山羊肉って食べたことがなかった。
東京の沖縄料理の店で、かつて「山羊肉ってありますか?」
と聞いたことがあるのだが、店のオーナーがいうには、
「山羊肉は臭くて、東京では流行らん。」
とのことだった。
だから、敢えて取り寄せてないという。
しかし、そうは言われても、ここは怖いもの見たさで、一度は口にしてみたい。
せっかく沖縄にいるのだから、ここは是非とも山羊肉に挑戦してみるべきだろう。
「よし、行くか!」
俺はそう言うと立ち上がりホテルの外に出た。
繁華街に出れば、山羊料理の店の一つに巡り会うだろう。
しかし、モノレールに乗って国際通りに出てはみたものの、山羊料理の看板は一向に目に入ってこなかった。
俺の予想では、月島のもんじゃ屋のごとく、沖縄の繁華街じゃ、山羊料理の店が軒を連ねているものだと思ったのだが・・・
隣では、「お腹減ったよ、肉、肉!」とわめく女一人。
うるさいったりゃありゃしない。
そんなわけで・・・

image

image

image

image

image

image

image

image

米牛ステーキと豚生姜焼きとなりました。

image

しかし、なんだろな、この不完全燃焼感・・・
せめて石垣牛のステーキにしとけばよかったな。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

予定では昼前に到着し、ホテルのチェックインの14時までの間を、昼食がてらぶらぶら観光していたはずの沖縄だったが、飛行機の遅延の影響で、人生初の沖縄に降り立った時は、もう午後2時近かった。
ランチタイムはとうに過ぎていた。
前向きに考えるならば、チェックインまでの間を慣れない土地をぶらぶらあてもなく歩き回らずに済んだ。
空港からタクシーで直にホテルに向かう。
当たり前だが、ロビーで待たされることもなく、我々、つまりマリイと俺とは、すんなり部屋へと通された。
しかし、ゆっくりくつろいでいる場合ではなかった。
はるばる沖縄くんだりまでやってきたのだ。
ただベッドに横になってテレビを眺め時間を過ごすわけにはいかない。
取り敢えず外に出て、沖縄の大地を踏みしめなければ。
しかし、実際ホテルから外に出てみたものの、選択したホテルが繁華街から外れたところにあったせいもあって、あたりには沖縄らしいカフェやらレストランやらは見当たらなかった。唯一、二車線道路の中央分離帯に立ち並んだヤシの木が、ここが南国なんだということを物語っていた。
港が近いのか、無機質な人気のない倉庫が道路側に大きな鉄扉を向けて立ち並び、空はどんよりと曇っていた。
波の音は聞こえず、時折主幹道路を走る、バスやらトラックやらの物々しいエンジン音だけが、近づいてきては遠のいていった。
10分ほど歩いた頃だろうか。ただ黙々と歩いていた俺の目に、一つの看板が飛び込んできた。
「こっち」というように矢印が太く書かれ、その上に「お食事処」の文字が見えた。
「お、食堂があるっぽいよ!」
俺は目を輝かせ、隣を歩くマリイに声をかけた。
羽田での待ち時間、ずっと酒を飲みつづけていたとは言え、腹はそこそこに空いていた。
それはマリイも同じだったようで、行ってみるかの俺の意見が却下されることはなかった。
矢印の方向に曲がってみた我々だったが、向かった先には港があって、多数のコンテナが積み上げられていた。そしてその一角に目的の食堂があった。
恐らくに、港で働く人をターゲットにした食堂なのだろう。
無駄な装飾は一切ない、「お食事処」の看板が無ければ、ただの倉庫にしか見えないトタン張りの建物だった。
しかし、建物の中に足を踏み入れれば、そこはとっくにランチタイムは終わっているというのに、そこそこの盛況ぶりで、空いている席のほうが少なかった。
先客の様子から察するに、セルフサービス。注文を厨房の店員に告げ、出来上がったら呼ばれ、自ら取りに行き、食べ終えたら、厨房に下げに行くというシステムのようだった。
壁には沖縄らしいチャンプル系や、ラフテー、ソーキソバなどのメニューがめだっていた。しかし、焼きそばやらチャーハン、かつ丼などのメニューもある。
ここはチャンプル系を二品、それにソーキソバでオリオンビールとするか。
と、腹を決め、注文を告げようとして、「えっ!」と目が飛び出した。
ちょうど出来上がったチャーハンが先客に出されたのだが、その量がまるで山だったのだ。どうみても4人分はある。
あらためてあたりを見渡し気づいたが、テーブルに乗った料理はどれも大盛りだった。
一人一品食べきれるかも疑問だった。
中には一家四人で一つの皿を囲んでいるテーブルもある。
チャンプル二品にソーキソバ各自一杯なんて無謀もいいところだった。
そんなわけで、マリイがゴーヤチャンプル、俺が焼きそばをたのみ二人でそれを折半しながら飲もうということになったのだが・・・・

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

翌朝もゴーヤチャンプルと焼きそばになったのだった。

以上、持ち帰りOKで助かったという話でした。

※タイトルはtake outをローマ字読みしただけで、特に深い意味はありません。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

実は生まれてこの方、沖縄って行ったことがなかった。
しかし、今年の俺は今までとは違う。たぶん違うはずだ。
そんなわけで、初の沖縄上陸を目論んだわけだが・・・・

張り切って搭乗時間の二時間前に羽田に着いたというのに、着くや否や目に飛び込んできたのは、我々が乗る予定の沖縄行きの便の遅延情報。
本来の出航時間より2時間遅れの出航となるらしい。
ということはだ。
我々は空港でおよそ4時間、過ごさなければならないということだ。
エコノミーな我々、ファーストのラウンジでくつろげるわけもなく、できることと言えば空港備え付けの店舗のどこかに入りだらだら酒を飲むことくらい。
だが、一つの店にそう長い時間引き籠ることもできず、当然梯子。
なんだかんだ、搭乗までに一万円以上の金を空港に落としていた。
まったく、風がふくと桶屋が儲かるとは、よくいったものだ。
違うか?
まあ、いい。
なんだかんだ、無事沖縄に着くことができた。

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

待たせてごめんね、って、穴がみんなに2000円づつくれた。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

▼ゲッターズ飯田が占うあなたのタイプと2017年の運勢

2017年の運勢をもっと詳しく占う

 

 
偶然かな?
このサイトを俺に教えてくれた方と同じ運勢!
まさか誕生日も歳も同じとか???
 
感謝と恩返し、義理と人情忘れずに今年一年乗り切ろうと思います。
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。