さてと、今夜はどこ行く?

酒場であったあんなこと、こんなこと。そんなことを書いてます。ほとんど、妄想、作話ですが。

御訪問ありがとうございます。

どうぞ今後とも宜しう。


コメント、メッセージ下さる方、とても嬉しく感謝してます。

口下手な俺っち、気の利いた御返事できないかもしれませんが、

どうぞ、お気を悪くされませぬよう・・・ゴメンネ。


携帯電話からのコメントは制限される場合がございます。

御了承下さい。m(_ _)m

※もしもこのblogに使用されている写真や文章なんか欲しかったら、一言、断ってね。


NEW !
テーマ:




松見坂にある和菓子屋さん。
飲んだ帰り、店頭に掲げられた「イチゴ大福あり〼」の張り紙につられて寄ってみた。
レジには先客のおばさんがいて、店のおばさんと喋ってた。
他に対応してくれる店の人はなく、俺は、彼女達の会話が終わるのを待つしかなかった。
どれくらい待っただろうか?
その間、俺は店の陳列棚にある煎餅の類を丁寧に眺めた。
セブンイレブンでも売っているようなものもあれば、ここでしか販売されていないようないかにも手焼きっぽいものもあった。
煎餅以外に、クッキーやビスケットのようなものまで売られていた。
煎餅の陳列棚の向かい側には、ガラス張りの冷蔵ケースが置かれ、そこには、常温では保管できないような、生菓子の類が陳列されていた。
おそらくに目的のイチゴ大福も、その中に収められていると思われた。
生憎、先客のおばさんがその冷蔵ケースを目の前にして、それを挟んでケースの向こう側に立つ店のおばさんと話しているから、そっちは遠目に眺めるしかできなかったが。
漸くおばさんは話を打ち切り店から出て行った。
ついに俺の番だ。
俺はさっきのおばさんがそうしていたように冷蔵ケースに近寄りその前に立つと、向こう側の店のおばさんに声をかけた。
「すみません。イチゴ大福2個ください。」
そんな俺におばさんは苦笑すると言った。
「ごめんなさいね。さっきの人で終わっちゃった。」
苺、一会もできず・・・



というわけでオミヤはおこわになりました。
ちなみにここのおこわも絶品です。

ではまた。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>
NEW !
テーマ:










この日はずっと朝から飲みっぱなしで、夜、飲みに出るなんて無理!と思っていたのだが、マリイが「行くよ!」と言ったので、仕方なく飲みに出かけることになったのだった。
店に着くと、姉さんが
「いつものでいいのね。」
と言ってくださったのだけれど、いつものっていうのはつまり俺が凍結酒、マリイがレモンサワー(話が逸れるが、レモンサワーのことエグザイルっていうらしいけど、なんで?)なわけだけど、俺はとても凍結酒って気分ではなくて、
「いや、今日は生ビールで。」
と言ったのだった。
しかし、この生ビールが実に旨かった。
気のせいか、気分もすっきりした。おそらくに迎え酒効果ってものなのだろうけど、何はともあれ、蘇った。
というわけで、これからは生ビールのことを隠語でヨミガイルって呼ぶことにするけど、いいかな?
ってのは、ちょいと無理がありましたね。
ではまた。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

いつの日か、渋谷から吉野が消えていた。
厳密に言えば一軒残っているが、悪いが風前の灯と言った印象をぬぐえない。
あそこもいつしか無くなってしまうのではないか・・・
そう思うと俺はたまらなく寂しい。
俺は吉野が大好きなのだ。
そんな吉野に代わって、最近幅を利かせているのが「すき」だ。犬も歩けば「すき」に当たるというくらい、渋谷の街にそれらは蔓延っている。
聞けば「すき」なんと牛丼チェーン店舗数日本一というじゃないか。
たしかに味は悪くない。いや、悪くないどころか旨い。
ときおり限定メニューで販売する、思いもよらないコラボメニューもある一定のファンの心をとらえて離さないと聞く。
たしかに憎めない、愛すべき店だ。
しかしだ、しかし。
築地に一号店を構えた昭和の時代からの長い時間を、今までともに励ましあいながら付き合ってきた俺としては、やはり吉野の肩をもってしまう。
吉野よ。
今再び、渋谷に戻ってきておくれ!
聞くところによれば、他の地じゃ、吉呑みなる、居酒屋メニューもそろえた店舗も展開しているというじゃないか。
なぜ、それを渋谷でやってくれないのだ?
是非ともそれを渋谷でやってくれ!

で、なんのはなしだっけ・・・・

あ、久々に紅丼で呑りました。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:









ホワイトアスパラ。
この店のホワイトアスパラは美味しい。
牛蒡顔負けの太さのホワイトアスパラを薄いパイ生地で包み、それをさっと油で揚げたものに、生ハムがふんだんに巻かれている。
フォークとナイフを使って上品に食べてもいいが、ここは多少行儀が悪いが、手づかみで頭からぱくっと食らいついたほうが、美味しさも一入だと、俺は思うし、オーナーのニシさんもそう勧めてくれる。
もう3月も下旬に近いし、そろそろホワイトアスパラがメニューに載る頃だろう。
そう踏んで、久々に店を訪れたのだけれど、生憎それはまだ入荷されていなかった。
市場に出回っているにはいるのだが、彼の期待に沿うほどの太さまで成長したものはまだ無いのだという。
「来週くらいかな、入るの。」
ニシさんは、どこか遠い目をするとそう言った。


ちなみにコレがホワイトアスパラ。↓


もう入ったかな?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



これ、今日のGoogleのロゴなのだけれど、おそらくに、この絵の中にGoogleの文字が秘められているのだと思うのだけれど、どうしてもそれがわからない。
誰か読めた方いますか?
教えてくれたらlove。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:







金曜だというのに、カウンターはガラガラだった。
そのくせ背後のテーブル席は見ない顔の団体が占めていて、けっこうなざわつきを見せていた。
ほぼ毎日来る店に居ながらの、このaway感。
なんだろな。
他に話し相手もなく、日本酒三杯飲んだところでお会計。
もう一軒行こうかと、宇田川町にむかって歩き出したものの、途中で、こういう日はどこ行ってもだめなもの、という考えがもたげてきて、思いとどまり結局家へ引き返した。
家に帰ると、妻は寝ていて、俺はウイスキーのロックを作ると、ソファーに座り、久しぶりに松田優作主演の古い映画を観た。
風吹ジュンが若くて可愛かった。今も魅力的だけど。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

円山町あたりを歩いていると、否が応でもラブホテルの前を通らざるを得ないのだけれど、そこでよく目にするのが看板に書かれた「全室カラオケ完備」の別表記。
ここでひとつ皆様にお聞きしたい。
「ラブホでカラオケしたこと、ある人?」
実際のところどうなんだろう?
仮に俺が、いや、別に俺でなくてもいいが、
「ちょっとカラオケ歌ってかね?」
とラブホの前で立ち止まり、クイッと突き立てた親指をラブホの入り口側に差し向けたとして、
「いいね!」
とそっちに足を向ける人はいるのだろうか?
ちなみに昨夜、偶然ラブホの前を通りかかった際、その「カラオケ完備」が目に入り、隣を歩く妻に「どうよ、カラオケ、歌ってく?」を言ってみたのだが、
「オマイは馬鹿か?」
と一蹴された。
実の妻ですらこれなのだから、これがよく知らない女性とかだったら、どういうことになるかは想像に難くない。
しかし、逆に、「これからラブホどうよ?」と誘って「いいよ、行く行く!」となったとして、二人でラブホに入ったものの彼女そっちのけ、ずっとマイク離さず歌い続けっていうのも、なんだかとんでもない結末に至りそうな気がする。
しかし、あれかな?
他の女性とラブホから出てくるのを偶然、本命に見つかった場合の言い訳としては、
「ちょっとカラオケ歌ってきた!」
って、良い言い訳にはなりそうではある。(←たぶんならない。)
つまるところ、なにが言いたいって、カラオケはやはり、カラオケスナックで歌うのが無難だな。






無難にカラオケスナックで歌ってきました。

「どうよ、今度、俺と一緒にカラオケスナック?」

ではまた。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。