1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-07-07 17:30:01

カウントダウンは始まっているのに・・

テーマ:わんこ

すでに、月一更新になりかけてますが・・汗

 

  

 

先日、Youtubeで、

『あなたにおすすめの動画』ってことで、お勧めされました(笑

 

  

15歳を祝って作った動画♪

 

  

  

ぽんBDまで、2週間を切りました。

 

ありがたいことに、

このまま、無事に17歳を迎えられそうです。

 

 

が。

今年は、まだ、なーーーーーんも、準備してなくて。あせる

 

 

というか、

準備してないことを思い出さされた感じで。あせる 

  

 

はっ!これは、ぽんからのプレッシャー???

 

 

  

何か、記念になることを考えようと思うけど、

7月22-23日のイベントの準備でいっぱいいっぱいなのですーーーあせるあせるあせる


にほんブログ村

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017-06-06 23:18:59

Happy♪ Happy♪ うちの子記念日2017♪

テーマ:わんこ

ぽんのその後のご報告もそのままになってますが・・

 

 

今日は、

 

 

 

更新、ギリギリになりそうですが、

 

 

 

6月6日は、

 

  

 

Happy Second birthday。

  

 

6月6日は、猫たちのうちの子記念日。

く~&る~が、9年前に預り親さんのところから我が家に来た日。

マウを、6年前に、ご近所で保護した日。

 

 

そんなこと、もう覚えてないよね(笑

 

 

 

 

できるだけ長く。

 

一緒に。

元気で。

 

 

私の願いは、それだけです。

 

 

 

マウには、ぽん石けんモニター、これからも頑張ってもらわなくちゃだし(笑 


にほんブログ村

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2017-05-11 13:09:16

天使が大活躍した日。

テーマ:わんこ

ご心配おかけしているぽんですが、

抗生物質が終了しました。ヽ(´▽`)/

    

アクシデントから1週間。
化膿もなく、傷口が開いたりもなく、ホッと一安心の飼い主です。

 

完全に傷口がふさがるまで、あと、約2週間。

引き続き、気を抜かず、がんばります。٩( 'ω' )و

   

*****

 

 

今回は、たくさんの人に助けていただきました。

たくさんの幸運に守られました。

感謝を込めながら、あのとき、なにがあったか、の話を。(文字多めです。ごめんなさい)

  

   

   

耳って毛細血管が多いから、出血が派手&止め難いのね。

 

ビーチで怪我したぽんを、とにかく病院へ!と抱えて走って、私の腕もTシャツは血だらけ。

ぽん自身も、耳を振って、自分の血しぶきを浴びる。( ̄(工) ̄)

咄嗟に、カイカイ止めに首に巻いてた乳児用腹巻を耳にかぶせてました。

 

血が流れないようにしてからかかりつけの病院に電話するも、

その日は休診日!( ̄(工) ̄)  (←連休だからのお休みじゃなく、いつもの休診日)

  

とりあえず、病院の留守録に、伝言と携帯番号を残し、

さぁ!どうしよう? そうだ!保育園が近かった!と、さくら先生にも電話。

事情を説明して、今日やってる病院を尋ねる。

近隣の病院名をいくつか挙げてもらったけど、「そこダメ。そこも無い」と却下する私。

緊急なときだから病院を選んでる場合じゃないのだけど、

緊急のときだから病院を選ばなくちゃ、というワガママを押し通す。( ̄(工) ̄)

 

さくら先生、ぽんの心友チョコちゃんの主治医のK先生につなげてくれて、

さらに、ぽんと私を病院まで連れて行ってくれることになりました。

   

海でさくら先生を待っている間に、「留守電を聞いた」と、かかりつけのO先生から着信。

出先から戻ろうとしてくれていたO先生に、「K先生のところに行きます」 と伝えたら、

なんとO先生とK先生は知り合いで、「じゃぁ、大丈夫」って心強い言葉と、細かな指示をもらいます。

 

 

 

病院に着いて、すぐに診察室に通されて、診察台に乗せられて、

(*写真のぽんは、綺麗に拭いてもらった後です)

     

保定は私。( ̄(工) ̄)

「この子は、お母さんの方が安心するだろうから、よろしくお願いしますねー」

優しい笑顔と、穏やかな口調。でも、指示はキッパリ。 (ちょっ!ちょっと! 心の準備がーーー

  

 

先生は、ゆっくり静かに手を動かしながら、傷口を丁寧に診つつ、消毒と止血。

(*写真のぽんは、綺麗に拭いてもらった後です)

 

手は休みなく動きながら、

「あぁぁ。。」

「これは痛い。。。」

「これ。。 これは繋がらない、なぁ。。」

と、ブツブツ。

    

止血の後に聴診。

「持病ありますか? 心臓? 薬飲んでる? 何かわかります?」

 

私が答えられずにモタモタしてるのに関係なく、

「あ。これは。。ダメだぁ」

「この心臓に麻酔する勇気、無いなぁ。 うん、できないできない」

「さぁ、どーしよう。 落ち着け? 考えろ? 考えろ、考えろ・・」

と、さらにブツブツ。

 

O先生も(O先生の先輩の眼科の先生も)、考えてるときにブツブツ言うタイプ。みんな、似てます(笑)
ちなみに、思考⇒治療方針がわかりやすいので、私は嫌いじゃありません。(╹◡╹)

 

   

ついに、K先生、宣言。

「決めました! 今から、ここは、野戦病院です!」

  

確かに、壁にも血が飛び散ってて、状況は野戦病院チックでしたけど。( ̄(工) ̄)

一瞬、無麻酔で縫うのかと思ったわ。( ̄(工) ̄)

 

 

それからは、とっても地味な、骨が折れる作業が展開されました。

まず、切れてヒラヒラしてた耳朶を切除。

ビーグルのすべすべの垂れ耳を切るのは悲しかったけど、

無理に残して予後が悪ければぽんの負担になるので、決断しました。

まぁ、わんこは鏡を見ないしね。

  

麻酔は局所麻酔。

耳朶を切り落とした縁に、チマチマ注射針をさしていきます。

時間をかけて麻酔を効かせたら、

その後、チクチク、かぎ針のような針で糸を引っ掛けながら傷口を括っていく。

私はぽんを抱きしめながら、話しかけ続ける。

さくら先生は、ぽんの口輪を持って、落ち着かせてくれている。

K先生は、ひたすら丁寧に丁寧に。 傷が開かないように、もう出血しないように。。と。

 

ぽんは、局所麻酔の注射が痛くて、数回、フォワンッって抗議鳴きしたのと、

最後の頃、飽きてモゾモゾした以外は、しっかり立ち続け、じっと処置を受けてくれました。

  

 

 

次の日には早々にK先生とO先生の間で情報交換が行われて、

大船に乗っているぽん&飼い主です。

 

 

 

たまたま持っていた腹巻が止血帯の代用になったこと、

さくら先生のシッティングが午後からだったこと、

K先生と出会えたこと、

他の患者さんがいなくてすぐに診てもらえたこと、

K先生とO先生のタッグが組まれたこと、、、

 

貧血も起こさず、

ショック症状も出さず、

痛みで泣くこともなく、、、

 

数え上げたらキリがないけど、

すべてが滞りなく動いていた。

 

何より、局所麻酔という選択。

手間がかかる治療法だけど、ぽんにとって最善の、安全な方法の選択をしてもらえた。

これは、最高に幸運なことでした。

 

 

たくさんの人と、たくさんの幸運に守られたぽん。

 

 

でも。

偶然に、単なる幸運が重なっただけじゃない。

 

 

アクシデントの2日前。

 

5月1日。

ぽんの心友のチョコちゃんが、虹の橋のたもとに旅立ちました。

 

 

たくさんのご縁と幸運は、
チョコちゃんが、ぽんを守ってくれた。
笑われるかもしれないけど、私にはそう思えるのです。 

   

 

チョコちゃん。ほんとにほんとに、ありがとう。

   

   

   

天使のチョコちゃん。早々に大活躍♡


にほんブログ村

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。