ロート製薬の「ハダラボ 極潤シリーズ」は、ヒアルロン酸よりも約2倍、保水力が優れているという「スーパーヒアルロン酸」を配合しています。

ヒアルロン酸は、1グラムで6リットルの水分を保つことができますが、スーパーヒアルロン酸は、その倍もの水分を保持することができるのです。

「ハダラボ 極潤シリーズ」は、そのスーパーヒアルロン酸を配合しているので、保水力に大変優れており、素肌を覆っている皮脂膜にとてもなじみやすいです。
また、素肌に潤いを与え、角質層から失われやすい潤いも逃がすことなく、長時間素肌の潤いを保ち続けるのです。

ハダラボ「モイスト化粧水」は、たっぷりの潤いで素肌を満たして、優れた保湿力でその状態をしっかりと保ちます。
また、「モイスト化粧水ライトタイプ」は、とてもさっぱりとした

使い心地なので、夏場などベタつく季節やオイリー肌に悩む人もおすすめです。
 
「モイスト乳液」は、油分をしっかりと与えてくれます。
そして、肌に長時間潤いを与えます。
 
ジェルタイプの「モイスト美容液EX」は、スーッと肌になじみ、たっぷりの潤いを肌に与えます。
そして、肌が長時間もちもちでしっとりとした状態が続いてくれます。
 
さらに、「極潤」の愛用者の声をもとに作られた「極潤ヒアルロンマスク」があります。
「極潤ヒアルロンマスク」にも、保水力に大変優れたスーパーヒアルロン酸を配合しています。
 
柔らかく気持ちの良いマスクが密着するので、角質層の一つ一つの細胞まで潤いを補給してくれます。
 
 
ヒアルロン酸で健康体

AD

エバーライフの「皇潤」

テーマ:
ヒアルロン酸という成分は、人間の体内にもともと存在し、脳、皮膚、関節、目など、体のあちこちに存在します。
ところが、ヒアルロン酸は、加齢とともに減少していきます。
 
また、日常の食事でヒアルロン酸を補給しようとしても、普段の食事で使われる食材からでは、積極的に摂取することは難しいのです。
 
食物に含まれているヒアルロン酸は、分子量が一般的に大きいと言われます。
そこでエバーライフの「皇潤」は、ヒアルロン酸を低分子化して、効率よく吸収できるように開発されました。
また、エバーライフでは、安全な原料を厳選し、丹念に製造されています。
 
それでは、実際に「皇潤」を飲んでいる人の感想を紹介します。
この人は、60歳を過ぎた頃から、膝の調子が悪くなり、ちょっと立ったり座ったりするだけで激痛が走り、とても悩まされていました。
そのうち、日常生活にも支障が出てくるようになったため、多くの整体や病院などに行ったのですが、あまり満足のいく持続的な効果はなかったそうです。
 
そして、諦めかけていた頃に、知人から聞いて「皇潤」のことを知りました。
はじめは、半信半疑で「皇潤」を飲んでいたのですが、少しずつ膝の調子が良くなることを実感できるようになりました。
 
膝の痛みも和らぎ、外出する機会も多くなり、毎日が楽しくなって、家族も喜んでいるそうです。
 
この人は、4年間、皇潤を飲み始めていますが、これからもずっと飲み続けていくそうです。
 
 
ヒアルロン酸で健康体
AD
化粧品やサプリメントのヒアルロン酸は、体に入るものなので完全に安心できるものが望ましいですよね。
 
それでは、ヒアルロン酸は、どんなものから作られているか知っていますか?
最近では、野菜などの生鮮食品では、生産した人の顔がわかるような商品が多くなってきています。
ところが、化粧品やサプリメントにおいては、あまりそれが浸透していないのが現状です。
 
また、天然のものと人工のものがヒアルロン酸にはあることを知っていますか?
動物の天然成分か作られる「天然ヒアルロン酸」と、バイオ製法で人工的に作られた「人工ヒアルロン酸」があります。
 
人間の体内には、天然のヒアルロン酸が存在していますが、動物も同様に、牛や鶏のトサカなどに多くの天然ヒアルロン酸が含まれています。
 
人工ヒアルロン酸は、ストレプトコッカス(溶血性連鎖球菌)という微生物などから、バイオ製法によって、ヒアルロン酸を製造しています。
この製法だと、大量に製造することができ、安い価格で販売されています。
ところが、安全面を考慮するのなら、「ECM・E」という特許表示がされているヒアルロン酸を選ぶと良いでしょう。
 
実は、ストレプトコッカス(溶血性連鎖球菌)とは、「人食いバクテリア」とも呼ばれており、扁桃炎や急性咽頭炎、中耳炎などの症状を起こすことのある菌類です。
それを、バイオ製法によって、そこからヒアルロン酸を作り出しているのです。
 
飲むヒアルロン酸は、直接私たちの体に摂り入れるものなので、人工的に作られたものなのか、天然のものなのか、しっかりと成分表示を確認することが大切です。
安心して飲むには、なるべく天然のものを選ぶようにしましょう。
 
 

ヒアルロン酸で健康体
AD

ヒアルロン酸注射で豊胸

テーマ:

ヒアルロン酸注射や注入というと、シワやたるみなど肌などに行なうものが多いですが、豊胸を実現することもできます。

豊胸手術は基本的に、体内にインプラントをバッグの状態で注入します。
このバッグには、シリコンや生理食塩水を利用したものがあります。
シリコンは、柔軟性に優れていて、感触は良いのですが、バッグが破れる恐れがあります。
一方、生理食塩水を使用した豊胸は、安全性に優れていると言われますが、シリコンに比べて、その感触が劣っています。

一方、ヒアルロン酸を注射や注入する豊胸手術は、気軽に受けられるというメリットがあります。
このヒアルロン酸を注入する場合では、切開をする必要がないので、傷跡を残すこともなく、ほとんど痛みもありません。

また、治療時間もとても短く、入院をする必要もないので、治療後すぐに帰れます。

しかし、ヒアルロン酸を注入する美容整形と同じように、ヒアルロン酸を注入する豊胸手術は、1ヶ月~数ヶ月程度しか効果が持続しないという欠点もあります。
シリコンを注入した場合のように、豊胸効果を長期間維持することは出来ません。



ただ、ヒアルロン酸を注入する方法は、なんといっても気軽に受けることができますし、体にかかる負担も少ないことが魅力的ですね。
露出の多くなる夏のシーズンだけや、結婚式にキレイな姿でドレスを着たいなど、短期間で充分な人にはとてもおすすめです。


ヒアルロン酸で健康体

美容整形での、ヒアルロン酸とコラーゲン注入治療。その違いは一体何なのでしょう?
コラーゲンは、美容整形においてヒアルロン酸と同じような効果があるとされていますが、それぞれに特徴があります。


ヒアルロン酸もコラーゲンも、手軽に美容整形を受けられます。
また、これらを注射したり注入したりすることによって、体の中に取り入れるという点は同じです。
では、ヒアルロン酸もコラーゲンには、どのような違いがあるのでしょうか。

ヒアルロン酸を注入した場合のメリットは、通常ヒアルロン酸の方が、コラーゲンよりも持続時間が長いということです。

また、コラーゲンは柔らかく、鼻を高くしたい場合など、ある程度の固さが必要となる美容整形には不向きですが、ヒアルロン酸を使用すればそのような整形も可能になります。
さらに、コラーゲンを使用する場合は、事前にアレルギー反応の検査をする必要がありますが、ヒアルロン酸は、アレルギー反応がほとんど起こりません。


コラーゲンを注入した場合のメリットとしては、コラーゲンは柔らかいので、周りの組織になじみやすいことです。
また、ほとんど痛みが現れることがありませんし、費用も比較的に安くすみます。



ヒアルロン酸で健康体
コラーゲンとヒアルロン酸とでは、効果が同じように思われますが、実際の美容整形では、治療する部位や症状によって使い分けられます。
美容整形を受ける場合、もし、気になる事があるなら、よく医師に相談してくださいね。