Fri, September 09, 2005

援助交際についての私の考察

テーマ:

みかさん、あゆかさんへ。

コメントありがとうございます。


「援助交際してなんでいけないの?」


とても重要な質問だと感じましたので

コメントの返信を別枠でとらせてもらいました。


かなり長い文章になりましたが、良かったら読んでみてください。


まず私は、援助交際は『やってはいけないこと』だとは思っていないし、そうも言っていません。

それは誤解しないでもらいたい。


『今の若い子達に対して、私が個人的に、してもらいたくないことの一つとして、援助交際がある』

というだけのことです。


でも私の基本的なスタンスは

「したいのならすればいい!」です。



「なぜ援助交際をしてはいけないの?」


この問いは「なぜ人を殺してはいけないの?」という問いと同じようなもので

誰もが納得できる答えなんて存在しないと私は思っています。


「なぜ人を殺してはいけないのか?」


この問いに道徳や良心をもちだして答える人は多いと思う。


「自分自身や、愛する人がされて嫌なことはしてはいけない。」

こんな風に答える人も多いと思う。


でも私は、それは答えになっていないと思う。


だいたい、道徳心や良心というのは後天的に取得する種類のもので個人差があるものだから。


当時の私みたいに

全くといっていいほど良心の呵責を感じないサイコな人間も世の中にはけっこういると思う。


「自分が殺されたら嫌でしょう?」

というのも、自分の生を肯定している人に対しての限定された問いだと思うし

そもそも

「自分や愛している人が殺されるのは嫌だけど、だからってどうして私が人を殺してはいけないのか?」

という新たな問いを生み出すことは否めない。


これは別に私の持論ではなくて

たしかニーチェとかそのへんの哲学者が言っていたことだったような気がする。

(誰だったか正確に覚えてないから間違ってたらごめんなさぃ。)


「援助交際」についても同じようなことが言えるよね。


自分の体じゃん、どう使おうが私のかってでしょ!

資本主義のこの国は、需要と供給のバランスで成り立っているんだから!

買いたい男がいるんだからいいじゃなぃ。押し売りしてるわけでもあるまいし!


若い女の体にはそれはそれは価値がある!それを利用して何が悪い?

誰にも迷惑かけてないよ! 自己責任でやればいいんでしょ?


さて

「援助交際したら、どうしてだめなの~?」

このコメントをくれた二人が、果たしてここまで突き詰めて考えた事があるかどうかは

わからないけれど、私は考えていたよ。


そして当時の私は、この理論に一縷の疑いも持たず

なんの罪悪感も感じることなく5万円もらえれば誰にでも体を売っていたわけだ。


きっかけはシャネルのピアスがどうしても欲しかったから。


体を売るってのは絶対に理由はお金であってそれ意外はないはずだよね?


億万長者のセレブが売春するなんて話は聞いたことがないし。

金をもらうわけではなく刹那的に遊びのSEXをするってのは

また別の話だと思うから、ここでは触れない。


だから売春する子はお金が欲しいわけだ。


親の借金のため、兄弟の学費のため、留学の資金が欲しい、マンションの頭金を貯めたい、離婚して子供を育てていくため・・・

欲しいものがある、いい暮らしがしたい、いっぱい遊びたい、好きな人がホストで店に通いたい、好きなバンドのオッカケがしたい・・・


エトセトラ・・・


こういう直接的な目的があって

覚悟を決めて自分の体を売るんだ。


はじめて体を売る時には

誰だって相当の覚悟と決断があるはずだよね?


友達がやってたからなんとなく・・・

理由はないけど状況に流されて・・・

って子も中にはいるのかももしれないけど少数だろう。


気持ちいいから体を売るの♪

って子がもしもいるとしたら、ごめん、それは私には理解できない事だ。

これは完全にマイノリティで例外に当たると思う。


私が、理由にこだわるのは

売春という行為をした自分に対する認識が、それによって大きく変わってくるから。


もしも親の借金のため、子供を育てていくためにやむなく体をお金に変える。

それ以外の方法はないといった場合。

そういった理由で風俗で働くなり、援助交際をしている子は

自分の誇りを保つことが出来るはずで

その時は不幸ではあるけれど幸せになれる可能性があると私は思う。


しかし残念なことに

物欲、私欲のために体を売る。

ほとんどの女の子はこっち側だと思う。


もちろん私もそうだった。


手っ取り早く大金稼げてラッキー♪へっへっへ

くらいにしか思っていなかった。


生でやられそうになったり、タダ乗りされたりと

それなりに痛い目もみて悔しい思いもしたけどね。


それでも

自分の体を大切にすることなんかより

欲しいものを手にいれることのほうがよっぽど優先順位が高かった。


欲しいものを我慢できない、それも今すぐに手に入れたい

とにかく飢餓感で一杯だったから

それを満たすためには自分の体なんてささいなもの

いくらだって差し出せたわけ。


ただね、

理由は確かにお金かもしれないけれど、

実は本当は他に原因があるのだと私は分析している。


それは

もうこの時点ですでに

自己破壊的な無意識に自分が操られているんだということ。


援助交際でも風俗でもいいけど

そういう一線を乗り越えた子というのは

自分は普通の子とは違うという認識を持った方がいい。


少し乱暴で独断的な言い方をさせてもらうと

もう自分の精神は病んでいると思って間違いないと思う。


病んだ精神側にいる私達は

『するか?しないか?」という選択がスタートラインになっていると思うんだけど

健康な精神を持つ人はきっと

「できるか?できないか?」という問題なのだ。

そしてそれはもちろん出来ないことなのだ。


ちょっと難しいかな・・・。

うまく表現できないのでニュアンスだけでも汲み取ってくれるとうれしい。


あ、これは売春を継続して繰り返す子のことね。

一度、二度、興味本位や理由付きでやってしまった子には当てはまらないかもしれない。




で、ここからは

本当は『らぶどろっぷ』でこの先に書こうと思っていることを

少し先取りして書かせてもらうね。


人間には絶対に内なる道徳律というものが存在している。


それは意識に浮上した時点で、自分なりの道徳心や良心として確立されていくわけだけど

それがまだ意識されていない時、つまり無意識の側に抑圧されている間でも

実はそれはちゃんと存在しているのだと私は思う。


そして抑圧されたそれらは

無意識の側から必ず攻撃をしかけてくる。


良心を抑圧し続ける限り

無意識はどんどん自己破壊的になっていく。


少しでも自分が弱った時なんかにその牙を剥く。

自分に罰を与えるという形で現れることが多いように思う。


自分でも

つじつまの合わないようなとんでもない行動をとって

困ったことになったりする。


好きでもない男と簡単に寝たり

避妊もしないでSEXしたり

中絶を繰り返したりする。


ホストに通いつめたり

その金欲しさにソープ嬢になったりする。

ドラッグに溺れたりもする。


男性不信になる子も多いだろう。

そうすると本当に好きな男が出来た時に

その彼とのSEXでも何も感じなくなったりする。


SEXの行為自体に嫌悪感があって

それも無意識に抑圧している。


肉体が快楽を覚えない。

倒錯行為やドラックに頼ったSEXをするようになる。


それらを多くの人は

自堕落でいいかげんで

すき放題やっていると最低の人間だと思うみたいだけど

私はそうは思わない。



どれも立派な自傷行為じゃないか!


そして

とうとう本当にリストカットをしたり

摂食障害になったりする。


自分のことを好きになれない。

恋愛関係を持ったとしても

こんな自分を好きになるような男は信じられない。


誰のことも信じることが出来ない。


いつも人を試すようなことばかりしてしまう。

際限ない愛情を求めてしまう。


そんなことばかりしているから

相手に負担がかかってしまうわけで

結果的に関係が継続しない。


一人になると

また現実逃避のために如何わしい場所に出入りしはじめる。


などなど・・・。


上に書いたようなことは

ちょっと極端な喩え話だけど

とにかく、 そういった悪循環に陥っていくわけ。


無限のループですよ。


援助交際はね

援助交際だけではすまなくなるの!

それはほんの入り口にすぎないんだよ!


それを私は身をもって知ったんだ。

自己破壊的な無意識ってのは

それは様々な自分の機能に複雑に絡み合って

全ての生活に影響を及ぼしていく。


つまり絶対に幸せになれない。


もっともっと深い闇に落ちていく。


もちろんそれはその時には本人に意識されていないから

当人も好き勝手やってるとしか思っていないんだけどね。


でも

心は声なき悲鳴を上げている。


確実に傷ついている。

それに気がつけないだけなんだ。



売春をするキッカケはささいな事であっても

一度やってしまうと慣れてしまう

なんてことないってどんどん麻痺していくから

やめるためには相当に大きな理由を必要とするようになる。


何かのキッカケで一度はやめても

またすぐにそこに戻っていくことになる。



自分がめいいっぱい傷ついていることを

いつ自覚するのか?

これは傷が深ければ深いほど目を背け続けてしまうわけで


出口がない。

本当に出口がないんだ。


でもね

必ずくるよ。


そういう人生を送ってきた人はね

絶対に自分と向き合わなければならない時がくるんだよ。


それも一人きりで

それと向き合うしかないんだ。


向き合わないで生きていけるのは

実はぬるま湯につかって日々生活に追われている多くの一般人の方。


そういう人は自分と向き合う必要性をあまり感じないからね。


どっちがいいかは私にはわからない。


でもきちんと自分に向き合って

その壁と乗り越えた人は、その先、価値のある人生を生きていけるようになると思う。



ああ・・・

途中からかなり感情的になってしまって

言いたいことがすいぶんよれてしまった。


こうやって書いてはみたけれど

この手の話は、こういった理屈を並べても意味がないのは百も承知。


残念だけど、この文章を読んで

援助交際を止める子はまずいないだろう。


それはレストランのメニューを見て腹が膨らまないのや

精神分析の本をいくら読んでも症状がなくなるわけでないのと同じなんだよね。


だからこうやって理屈で説き伏せるよりも

「らぶどろっぷ」を最後まで読んでもらった方がいいんだと思う。


てかね、実は二人のコメントも単なる煽りかなぁ~って思ったり

別にここまで真剣な話を求めてるわけじゃないかもなって思ったりもしたんだよね。


でもそれでも

私が一生懸命答えたのにはわけがあるんだ。




それは

君達はあの頃の私だから。




私はあの頃の自分の質問に答えただけなんだ。





PR

コメント

[コメントをする]

19 ■まりもさんへ

>向き合わないで生きていけるのは
>実はぬるま湯につかって日々生活に追われて>いる多くの一般人の方。
>そういう人は自分と向き合う必要性をあまり感>じないからね。
ん~私はこうは思いません。
なんかまりもさんは一般の人がぬるま湯に使って何も考えてないと思っているみたいですが、
それは違うと思います。
皆、それぞれに悩みもあるし、背負っているものがあると思います。
この文章を読んでいると、悲劇のヒロインを演じて自分に酔っているように感じてしまいます。
まりもさんが経験してきたことは辛い事も多々あったと思います。
でもそれは外部的な要因もあるけれど、ほとんどはまりもさん自身が選択してきた結果です。
まりもさんも一般の人も皆同じだと思います。

20 ■無題

援交や、売春に関してのお話で、そこまで個人に深刻な問題なのかは、割合の問題で違う気もするかな?もちろん大きな傷を負ってしまう子もたくさんいると思うけど。。。
結構あっけらかんとしてる子も多いんじゃないかな?

援交にしろ売春にしろ、それぞれただの選択肢に過ぎないのじゃないかなぁ?
まず苦しみの出所は、著しく低い自己評価であって、その中で生きた人の行動を振り返って見ると、象徴的な出来事として、援交やまんま自傷行為、などがあるんじゃないかな?
乱暴に言うと、別に精神が健康なら援交OK!
ただし、精神が健康な人ならそれをやらなくてはならない理由など無い場合が多いのかな?
健康な人は何かに依存しなくてよいしね。
普通に生きていけば手に入るお金で、十分幸せな生活がおくれるはずだもん。

まりもさんは現在両親との関係はどうかな?
自己評価が低くなってしまった子は、やっぱり幼少期の家庭に問題があるんでは?
そういった問題をクリアするのに一番効果があるのは、もしかしたら、両親に対する自分の感情についての事をどうするか?かもしれない。
表にうまく出す事が出来なかったたくさんの怒りは、時間もたって腐ってしまって、とんでもない事になってると思う。その感情をどうするかが重要な問題になっているんじゃないかなー?

あ、あと「ぬるま湯」の表現あたりはダメかも。
まりもさんは身を持って心の闇の部分をたくさん知ったんだと思う。それに苦しむ人に↑のように知識として与える事も出来るだろうし、もっと身近にいたら、それを良い方向に持っていくだけのものを身につけたのかもしれない。それを価値あるものとして考えるのは良いと思う。でも同時にそれを知らなくても幸せに生きていける能力がある人達も同じ様に評価するべき。

文章からは、まずどん底に行って這い上がれば最高!的な感じに受け取れたので、一応ね。。。
それだと究極的には、例えばまりもさんのように生きないと価値が無いって事になっちゃうよ?
そのどちらも価値があることなんだと思う。

なんか反対意見ばっかりを書いたので、全面的に反対!ってみえちゃいますけどそうじゃなくって、それ以外の全部が同感できたりしました。
すごく考えさせられるお話でしたよ!

21 ■ありがとです☆

まりもさあ~ん☆
無事見れました(o^皿^o)
まりもさんのゆってくれたことも理解できるし納得できますο
でもやっぱりあたしは昔のまりもさんと同じように、今現在自覚は皆無・・とゆうか病んでもないし普通なのになあって状態です(>_<)
でもわざわざ別枠にお返事下さったり真剣に書いてくださったり感動でしたッ!!
あたしも真剣に考えないといけないですね(´Д`)
まだ改心できそうにないですが・・↓↓
ほんとにありがとうございました☆

22 ■久々でございます

すごーく的を射たというか、さすがです。ただ、これが当事者に伝わるまでが大変なんですよねぇ。本人たちは聞く耳持たない。数年後に気づくことになるんですよねぇ。
なかなか難しい。

23 ■無題

減るもんじゃないし、ってそのときは思ってても
やっぱり減ってたんだなぁって気づくときがくるんですよね。
あたしも、そうでした。。

24 ■素敵です

この記事は、まりもさんが伝えたい人にちゃんと伝わったんじゃないかな?と思います。

ただ『ぬるま湯』は違うかも。
普通に生きてる人は、実は毎日自分と向き合って、悩んでるから、落ちる前に乗り越えてるんですよ?

中にはホントに『ぬるま湯』のまま人生を終える人もいるだろうけど、そんなぬるい世の中じゃないですもんね。

私は酷いトラウマを抱えて生きてるけど、私だけじゃなく皆大なり小なり人生に穴ぼこがあります。
自分の人生にはない穴ぼこをもってる人が、なぜそれにつまずくのか、なぜ落ちるのかは理解できず、自分の穴ぼこは、とてつもなく大きく感じるものです。

落ちた人だけが、大きな穴ぼこを持ってる訳じゃないと思います。

落ちる前に、そこに穴があることを認識して、対処したかどうかじゃないかな…と。


うまく言えませんが、まっとうな人生を歩んでる人は、水面下の努力なしに、ぬるい人生を歩んでるように書いてるように感じたので。。そうではない事を知って欲しくて…

長々とすみません。

25 ■対象

まりもさんは、闇に落ちた人の方が濃い人生を送ってるだとか、『一般人』が悩みや苦労がないとは思っていないでしょう。ただ、今回に限っては、援交を行うといった闇の深い側に立って話をされているのだと思います。偏った話をされているので、対極にいらっしゃる方には違和感を持たれる表現かもしれませんね。でも、まりもさんはきっとそちら側の気持ちも解ってらっしゃると思います。そして、今は普通の暮らしと共に悩んだり苦労もしているんだと思いますよ。

26 ■ちょっと違うのかもしれませんが・・・

今回のまりもさんの特別枠のメッセージを読ませて頂いて、その通りだと思える部分が非常に多く、援助交際と所謂売春にどれほどの差があるのかわかりませんが、コメントしたいと思いました。

かつてこんな人と知り合いでした。
その女性は、クラブのママをしていました。そのママから昔話を聞いたことがあります。

田舎でとても貧乏な生活をしていたが、持ち前の美貌が見初められ、19の若さで結婚はしたものの、マザコンの旦那との相性が悪く、家庭内暴力が絶えない。また嫁ぎ先姑との関係もあまりよくなかったため、敢え無く結婚生活は破綻。
21で女の子一人を抱えて貧しい生活に逆戻りしてしまった。
半年も過ぎた頃、どうしても生活に困り、ナイトクラブで働くことを決意したものの、店からはお客との付き合いを強要されたそうです。
食う為、とはいえ、好きでもない男性と寝ることには極めて強い抵抗があった彼女は、日ごとに代わる相手の手や口が自分に触れられるのがとってもいやで、それを避けるためにはどうすればいいかを一生懸命考えたそうです。
出した結論は、触られる前に触ること。舐められる前に舐めること、だったそうです。

27 ■ちょっと違うかもしれませんが(その二)

続きです。

お客の男にしてみれば、非常に積極的にサービスしてくれる、献身的な女性に映った事でしょう。
元々ものすごく美人だった彼女は、お店では大ブレイクして、数ヶ月の内にお店でのナンバーワンになってしまったそうです。本人は本当は嫌で嫌で仕方なかったのに・・・。
その後、自身でもお金を蓄え、娘さんを立派に育て上げ、海外留学までさせて、自分でナイトクラブを経営し始めました。
45も過ぎた頃、自分がクラブホステスとして売春していた時代に、そのお店に客としてきていた男と再会した。彼女も仄かに恋心を抱いていた男だった。その男も、若い頃彼女のことを好きだったけれど、売れっ子の彼女と交際の切っ掛けもなく、その後音信不通のまま20年が過ぎていた。
ママになった彼女とその彼は、ある日、食事をした後一夜を共にすることになるが、夜は男の為すがままだったそうです。つまり、その男との情事が嫌ではなかったんだ、と。
ところが翌朝、別れ際にママが男に一夜の料金を請求してしまう。
これでこの男とはそれっきりになってしまった。

自分が何をしてきたのか、それがどういうことだったのかを十分判っていたんでしょうね。

一人の女として、悲しいことだと思いませんか?
援助交際や売春、って、やっぱり胸を張って言えることではないでしょう。
後になって自分の子供たちに自分がこれまでにしてきたことを胸を張って言えるか、これが決め手なんじゃないでしょうか??

生意気言ってすみません。
これからも更新、期待しています。頑張ってください。

28 ■ちょっと違うのかもしれませんが・・・

まりもさん、すみません。
コメント書いたら、長すぎてはねられちゃったんで、前半と後半に分割して送っちゃいました。
判ってもらえると思いますが、一つの事柄を書いたものです。
良かったら読んでみて下さい。

あ、それから、このコメントは削除してもらって結構です。
頑張ってくださいね。

29 ■まりもさん初めまして☆


まりもさんの言葉

『自分のことを好きになれない。
 恋愛関係を持ったとしても
 こんな自分を好きになるような男
 は信じられない。
 誰のことも信じることが出来ない。
 いつも人を試すようなことばかりしてしまう。
 際限ない愛情を求めてしまう。
 そんなことばかりしているから
 相手に負担がかかってしまうわけで
 結果的に関係が継続しない。
 一人になるとまた現実逃避のために
 如何わしい場所に出入りしはじめる。』

自分にとても当てはまって、ズキズキしました。
出口のなぃ迷路を毎日さまよっています。
頭痛がするほどの自分の感情を、コントロールできずに、ヒトにぶつけては後悔して、自分なんていなぃ方がいいんだ・・・って。。。
まりもさんがこのあと、どのよぅにして幸せな人生を送れるよぅになったのか、とても興味あります。
まりもさんに出会えてよかった。
ありがとぅございます。

30 ■納得です

かつて私もお金の為に体を売った事があります。
売った側の人にはすごく共感出来る話でした。
私は売った事に後悔はないですが、やっぱ病んでる人が多いです。
抜け出したいケド抜け出したくない…ぬるま湯に浸かっているのは私達も同じ。
私も早く自分自身と向き合う日がくればいいな。

31 ■無題

ぃっも読ませてぃただぃてぃます。
私ゎ自分が嫌ぃで、文面にぁったょぅに、自分を好きな男が信じられなぃんデス。ぅまく言ぇなぃんですけど最初ゎぅまくいくのに、どんどん面倒臭ぃ女になって、好きなのか好きじゃなぃカモゎからなぃケドぃなぃと寂しくて…依存みたぃな。ちょっとでも不安になると自分でもビックリするょぅな汚ぃ言葉が出てきたり、思ってもなぃょぅな事言って相手を傷っけて、でも後悔するのゎかっててもその場ゎ言わずにゎぃられなくて、後で後悔してぃなくなるのが怖くて謝ってこんな事してたら嫌われるって、また嫌われるのが怖くてどぅしてぃぃかゎからなくなって、自分でも何がしたぃかまったくゎかんなぃんデス。
まりもさんこんな気持ちゎかりますか?
私幸せになれなぃ気がするんです。
本当にこんな自分が嫌いで怖いです。

32 ■ガンガレ!

本質的な自分を裏切ったか裏切らなかったかということ。人は騙せても自分は騙せない。これに尽きると思う。数十年後全てがリセットできると思ってはダメ。絶えず自分が自分に問い掛けてくる。でも、本質的な自分が嫌なことが見えないのが落し穴なんだろうな。影があるほど強く輝けるのは一部の人だけだよ。残りは闇に潰される。

33 ■ありがとうございます!

この記事を読んで、やっと自分の状態がわかった気がします!
なんてゆうか…私はこの記事の通りの人生だった気がします。
でも誰にも何も相談できないし、自分でも平気なふりしてました。
最近、これじゃダメだって思って普通のアルバイトをし始めましたが、うまくいきません。
でも、自分の状態をはっきり文章で見てみて、もっと頑張ろうって思いました!
本当にありがとうございます!
これからもらぶどろっぷ楽しみにしてます!!

34 ■無題

円から始まり、デートクラブ、ヘルスって落ちて行きました。
最初はお小遣い欲しさに。
途中からはホストに貢ぐため。
寂しくて寂しくて仕方ないの。
最初から読んでます。更新が楽しみです。

35 ■無題

クラブで働いていた頃にお客さんに体を売ったことが何回かあります。
彼氏もいましたが体を売ることに何の抵抗もありませんでした。
自分の体を好きに使って何が悪いの?
その程度の気持ちでした。
『普通の子とは違う、精神が病んでいる』
ほんとその通りですね。
性に対する壁が低くなってしまうんだと思う。
摂食障害もあります。
円光はやって欲しくはないです。
やろうとしてる子には
『やってからでは遅いけどやってみなければわからないこともある。けどもう普通の子に戻ることはできない』ってこともふまえて自分で決めて欲しい。
私も自分と向き合わなくちゃなと思いました。
どう向き合ったらいいのかもわからないけど。
まりもさん、更新頑張ってください。

36 ■すばらしい内容です!!

まさにその通りです!! でも、一度とことんまで傷ついてから知るのでなく 手前で先を想定して踏みとどまる。私は、こちら側でした。家庭環境に恵まれず今で言えばあきらかに虐待扱いされる事を母親にされてましたので、当然ひねくれ曲がりぐれかけました。親戚の人からよーぐれて 新聞に載らなかったもんや!よー鑑別所とかの世話にならなんだもんや!って今だに言われます。援助交際もやりかけた事もあります。でも『いや!違うこんな事してもらうお金なんかいらん、働こう!』と新聞配達から始めました。回りの友達の環境も確かに悪かった。その当時の仲間は、暴力団に入ってしまったり 中絶ばかりしてたり、少年院に入ったり、なんで私はそうはならなかったか??いい人に巡り合い違うよ!そっちはあかんよ!こっちこっち!と言ってくれる人がいたこと。素直に聞けたこと。それと自分のプライドがめちゃめちゃ高かった!好きでもない人に指一本触らせない。なんか潔癖と言うか!!それとにくき母親を負かしてやる!追い抜いてやる。この一心でした。やっぱり最後は、自分自身ですね。自分に負けないで欲しい。と思います。

37 ■長くなったので続きです。

ほんとにあの時の仲間の 今現在の生き方を見ると あの時期の選択の違いで こうも違うのか!と感じます。シンナーを吸いながらへらへら笑いおしっこ垂れ流してセックスしてた子は、中絶しすぎて本当に好きな人の子供は産めません。駅前で薬買って常習になった人は鑑別所に入り薬はしなくなったものの、今だに話ししてると途中でへんてこりんになります。もう三十路になるのに、今だに軽犯罪をおこして新聞によく載ってたり、そのまんまばかやり続けて行く人。気がついたけど罰が当たって苦しい人。それを見てると、よかった。あの時淋しさに負けなくて踏みとどまってて!! 踏み留まってこれでいいんだ!とまっすぐ前だけ見てなんか孤独だったけどそう思ってたのは私だけだったみたいで、思い出すと今の旦那や親友とかこんな私でもずっとそばに居てくれてたんだ!その当時は気がつかない。人は信じられなかった。でも自分の考えは 半信半疑ながらも信じてた。それが正しかったから今現在生きてこれたんだなぁ。とらぶどろっぷを読んで思い出しました。反対の枝道に行ってしまった人も とりあえず踏みとどまって欲しい。回りの友達や仲間を客観的に見て欲しい。 私は、15歳で働きましたよ!自転車で新聞配りましたよ!憎き母親に勝つためにはらぶどろっぷ側の道では勝ちにならないもの。みんな頑張れ!!

38 ■私は病気なんですか…

援助交際はただなんとなくやってしまって、
それからは不倫、裁判、リスカ、パニック…

¥交できた時点でもぅ病気だったなら救われる思いです…。

39 ■無題

なぜ人を殺してはいけないか…高校の作文みたいなので書きました。
今でも殺してダメな理由は解りませんが殺された側の人間は悲しむだろうなと言うことは二十歳になった現在は思えます。

今は風俗ですが援もしてました。でも自分が病んでるのか普通なのかが分かりません。
それは二通りの自分がいるから。希望がある前向きな事を考える私と、世界を破滅させたいぐらい憎しみを持った私。

まりもさんの言う自分と向き合うことができる日が来るといいなと思います。けどそれは、きっと勇気のいる事なんだろうな…

40 ■どうすれば

足を洗えるのかな…
完全に脱しきれない自分。
一番の悩みは…

私には3年付き合ってる彼がいるのにやめることができないこと。

彼のことを本気で愛してないわけじゃない。
私は簡単に「愛してる」の意味が理解しきれてないから、アイシテルだの言えない奴だけど、それでも彼のことは誰よりも大切な人です。

なのにやめられない…。

片親になって生活費に苦労してる面も大きいけれど、物欲に支配されることもある。


私は欠陥人間なのか…
頭おかしい人間なんだろう…
そう感じる。


らぶどろっぷを読んで抜け出せたらいいな……

けど、今も抜け出せそうなきっかけはもらってます。
ありがとう。




よくわからないコメントすみません(;_;)

41 ■風俗店の店員です

毎日身体を売る女の子を見てます。
普通の娘を何人も風俗嬢にしました。
女の子が壊れる寸前まで使い切るのが俺の仕事です。
リストカットや過呼吸は当たり前、自殺した女もいましたし、薬に走った女もいました。
昔自分が付き合っていた女が風俗を始めた時、気が狂いそうになりながら彼女を助けてあげられない自分の力の無さを死ぬ程悔みました。

今は毎日、女を風俗嬢にしています。女に現実を気付かせないで目先の欲に走らせます。
毎日俺は何をしているのかと自問自答しています。

でも俺は風俗の人間である以上、この世界を否定しません。

だから…今の自分の店にいる女には目的を持って金を稼いで欲しいです。

まりもさんの話しは元彼女と被っていて…辛いけどまりもさんが今は幸せに暮らしているのを知ってるから楽しく読めます。
自殺した元彼女ももしかしたら…まりもさんみたいに幸せになれたかもしれないなと思います。

長文&意味不明な文章ごめんなさい!!
毎日読んでます、頑張って下さい!

42 ■無題

涙がでました。     私も体を売った女です。 精神的に病んでしまい、今はもう上がりましたが、今だに私の心は病んだままです。後悔しても遅いのに、初めて体を売ったあの日に戻りたいと何度も思った。今、後遺症と戦いながらがんばってます。まりもさをが言っていた、自分と向き合う時、それが私にとって今なんだと思います。

43 ■お金で自由になるなんて

世界で私はたったひとつ、唯一無二の存在なんだよ。
絶対にお金なんかで自由になる私にはなりたくない。
ね、みんな、気づいてよ。我慢しようよ!自分に負けちゃだめだ!(&gt;_&lt;)
絶対自分の心と体が傷ついてるはずだよ。それに気づいてあげられていないだけだって。
人生、たった80年だよ。一瞬の夢だよ。汚いおっさんになんかに、自分の心と体渡しちゃだめだ。

44 ■無題

援助交際、売春及びドラッグ等から抜ける事はドラマになっても、司法試験に合格する過程は、ドラマにならないんでしょうね。
今年やっと司法試験に合格しましたよ。まりもさんの立場だと、恵まれてる環境かな?
俺は一日の食費千円で親からの仕送りも無く、働きながら一人暮らしで勉強しましたよ。仕事だって3Kの作業だから、ホームレス直前の人間ばかりでした。相当最下層の地位で仕事して貧乏生活しながら、寝ないで受験勉強をするのは過酷でしたよ。
女性が体を売って辛いと言っても、少なくとも物欲が満たされているのなら、まだ良いじゃないですか!
俺は、試験に落ちてしまえばタダの人だし、敗北感しか残りませんでしたよ。
こんな俺はぬるい人生なんでしょうか?
コメ欄にウリ歴のある女性が予想外に多かったんで、最後に一言。
普通の男の感覚なら、ウリをやった女とは、付き合いたくないし、結婚もあり得ないですよ。
ウリ歴を初めから宣言して男と付き合える?
ウリは胸張れる行為じゃないと思うけど…

45 ■無題

私はまりもさんのこの記事を読んで、すごく感動しました。
マーフィーの法則みたいですね。
思考は現実化するっていう。・・・

私も、好きな人と、セックスしていてもぜんぜん気持ちよくなかった時期があるんです。
売りはやったことはないけど、自分の体を物みたいに考えてたことがあったから、その代償だったんだと思います。
セックスだけじゃなくて、自分の体を物みたいに考えてたから、美容整形だって何度もできてしまったんだと思います。

今はたちなおって、やっぱり好きな人とえっちするのが一番だと思うし、自分の体が物みたいだったころよりも、ずっと毎日がかがやいているような気がします。

46 ■初コメです☆

私の旦那が三年ほどソープのボーイをしていて、色んな話を聞きましたが、ある意味同じ女としてすごいなと感心とゆうか尊敬とゆうか…客観的にそう感じました。かなり体力仕事ですよねプロ意識もすごいですし…性病で亡くなった嬢がいるのを聞きびっくりしたのを覚えています。私は若い頃、自分を大切にしていませんでしたが、体を売ることはどうしても出来ませんでした。悪い話ではなかったかもと思ったりもしますが(^_^;)でも子供も生まれた今、あの時やらなくて本当に良かったと思います。唯一自分を誉めてやられることかも(笑)

47 ■殺人をしてはいけない理由

人は、一人では生きてはいけません。だから、複数の人間が群れて、社会を構築しているのです。個人が特定の社会に所属している限り、社会の秩序に服従するのは当然の事です。そして、まりもさんは日本に所属しております。日本の社会では、殺人をしてはいけない。だから、まりもさんが殺人をすると、犯罪になるのです。
裏を返せば、殺人が罪にならない社会に所属していれば、殺人をしても良いのです。
私は、現段階で殺人が合法の国は知りません。無人島で、賛同者と独自の社会を構築して、殺人OKにするしか無いと思う。
麻薬をしたければ、オランダに属する事で、日本より自由に麻薬を打てます。
結局、殺人がタブーな社会に所属しているから、殺人をしてはいけないだけなのです。

こんな説明で納得出来るかな?

48 ■何回もコメントしてすみません。

私は、医者の卵だったりするので、弁護士の卵さんの気持ちもよくわかります。眠たいときも、遊びたいときも、どんなときも、相当な努力をしないと医者や弁護士にはなれないし、幸いにも私は金銭的にめぐまれた環境で勉強することができましたが、弁護士の卵さんの場合は、本当に、それこそ、血のにじむような努力をされて、司法試験に合格されたんだと思います。
社会的地位というものよりも、その努力が評価されてもいいような気がするのに、嫉妬心やねたみで、「医者や弁護士は威張ってばかりで何の苦労もしてない」みたいないわれ方をすると、腹が立つ・・・これは、弁護士の卵さんのお気持ちとはちがうかもしれない・・・私自身の気持ちで・・・弁護士の卵さん、違和感があったらすみません。
でも、私は、女性として、また、「整形してる」っていう、社会では「闇」とされる部分を背負ってるものとして、まりもさんの「らぶどろっぷ」を、心待ちにしてて、まりもさんは素敵な女性だなと思います。
この小説のセンセーショナルなストーリーもさることながら、それを「読ませる」力、ってほんとうにすごいなぁと思いながらいつも読ませてもらっています。だって、AV女優も援交してる女性も世の中にはたくさんいるのに、こんな素敵な小説がかけるのはまりもさんだけでしょう?

ちなみに・・・まりもさんは結婚されてて、素敵な旦那さんもいらっしゃるようですし、ほかのウリやった女性もその人のことを分かってくれる人を探せばいいだけの話なんだと思います。「普通の男」の感覚で、付き合いたくない、って・・・本当余計なお世話だなぁって思いますよ。

弁護士の卵さんは、これから、弁護士として、活躍されます。女の場合、医者だったりすると敬遠されてしまいますが、男性の弁護士は、女性にもてる。寄ってくる女のなかから、好きな女性を選べばいいと思いますよ。かなり選び放題なんじゃないでしょうか。

仕事もやりがいがあり、地位も名誉もお金も・・・ぜんぜん知らない人ですが、努力が報われたことを心から祝福します。

まりもさんにも、弁護士の卵さんにも、ずっと幸せでいてほしいです。

49 ■まりもさんは

「医者や弁護士にはなんの苦労もない」とは全然かいてないですよね。
誤解させやすい表現ですみません。
私がこれまで言われたことのある言葉のなかでかなり違和感のある言葉だったので、関係ないのに持ち出しちゃいました(^o^;)

50 ■いいじゃん、別に。

お金出さなきゃヤれない男はいっぱい(?)いるんだからさ、必要ですよ。売春は。合法化しちゃえばいいんですよ。
危ないことなんて承知の上なんだからねぇ。
すんごい気持ち悪いの我慢した上に、
病気、妊娠、タダ乗り、逮捕、、、密室で会うわけですらね、事件になるようなことがあっても、泣き寝入りすることも多いんでしょ?きっと。
絶対周りにバレないって保証があるわけでもないし。
それだけのリスク抱えてたった数万円でヤらせてくれるわけでしょ?
もうね、天使にしか見えないッスよ。モテない男の味方です!

まぁ、悩んだりするくらいならやめたほうがいいと思いますけどね。対価に対してのいろんな代償とか危険とかがでかすぎる。

51 ■無題

昨日偶然見つけて読みました
自分は男ですが所謂【ぬるま湯】側の人間です
進学校にいてイイ大学に行くんだろうと思われてます
そして自分もそのつもりです
周りから見ると恵まれた環境で勉強も出来て…みたいに見られますが実際はイロイロ隠してます
母子家庭で貧乏ですし、その他の事でも劣等感の塊です
最近は授業中もふと、俺何やってんだろ…とか思ったりします
貧乏が嫌だったから、イイ大学出てイイ会社に入れたらイイなぁとか思ってマジメな感じを演じてきました
でも、それにも嫌気がさしてきて人生やる気が無いです
その他書ききれないですが…
こちら側の人間もそれなりに悩んで苦労しています
【ぬるま湯】みたいに言われるのはチョット気になったので…
物欲のために援交をする女性は簡単にお金が手に入るかわりに大切な何かを失います。でも、自分も貧乏な今を我慢して将来のために我慢して勉強してます
どちらも大してかわらないと思います
意味不明な文章でごめんなさい
でも、まりもサンの考えにはかなり共感できるし、同じ考えもあって今まで誰にも話せなかったから嬉しかったです

52 ■初めまして

3日前にこのブログを見つけてから全部読みました。

あたしはまさに援交中です。
いちお,1ヶ月前に辞めたけど,足を洗える自信はまだない。

うちの家庭にはなんの問題もない。
親は好きだし,親もあたしのことを頼りにしてくれてる。
家族は大好きだ。

でも長女だしお姉ちゃんだし,頼りにされてるから。。。昔から親に頼らない。
家の事情も知ってるし,お金がない時に親にたよれない。
自分が頑張ればなんとかなると思って始めた。

誰にも言ってないがあたしには100万の借金がある。

>無限のループですよ。
>援助交際はね
>援助交際だけではすまなくなるの!
>それはほんの入り口にすぎないんだよ

そうです。。。と思った。

あたしはお酒が好きで,厄介なことに酔っ払ってよく記憶をなくす。
無くし始めると自分のことを話すようになる。

援交の話はかろうじてしてないが「不倫をした」ってことは周りに口走ってしまった。
これから先援交やめても,酔っ払って記憶が無くなって今までのことを一切言わないでいられるのか。

自分の中から消去できるのか。
それは不可能。
いつか口走って,周りに引かれるのかな。

今月始まって10日余り。
すでに4万借金。
一回オヤジと寝れば済む。
さて,どーする,あたし。

53 ■無題

私、30才過ぎています。
やはりお金欲しさに体を売り始め、今でも彼氏がいなくなると、さみしいし、自分の性欲だってあるんだから、お金にかえてしまおう。と思ってしまいます。
ホントにまりもさん書かれてる通りの考え方になることが多く、このループから抜け出せません。

54 ■答えは簡単ですよ・・・

まりちゃん。。。だめだよ
いっしょにしては。。。。えんこうと殺すハマったくべつもの・・・

人を殺してはナゼいけないかって
だって死んでなく人はいるんだよ

その人が殺されてしまって

悲しむ人がいるの!
しかもその人の最期を勝手に殺す人が決めていいの???

だってその人が生きていたらすごい可能性があるのを淘汰するんだ勝手に。。。それはイケにアド朗GFHJKL+*}ふじょいk

だろ????

えんこうはナゼいけないか・・・

後で後悔するkぁらだ・あsdfぐおい@「

55 ■無題

 私は援助交際をやった事がないから、援助交際をする人の気持ちが分からない。だから、援助交際したらダメだよ、と言っても説得力がないし、なぜダメなのか?と問われてもはっきりとした答えがでない。
  何かの本で読んだ事があるのですが、大昔の日本は女性が男性よりも地位の高い時代だったそうです。もう何千年も前の話ですね。で、その頃は儀式のために男性と寝る娼婦達は神の嫁として神聖視されていたそうなのです。全てを受け入れる神聖な神の嫁として。男はその神の嫁を寝る事によって神を繋がる事ができる神聖な儀式だったそうです。
 それが男性の地位が高い時代になり、娼婦は神の嫁としてではなく、いつしか誰とでも寝る女として蔑まれるようになった。
 どちらが良いのか?というのは置いておいて、今の援助交際と何が違うのか?考えてみたのです。
 現代においては昔と違って娼婦は蔑まされる存在だから?それも違う。
 多分そこに「お金」とか「欲」が絡んでいるからだと思うのです。
 神様に仕える神聖な行為のために自らの身体を捧げる行為は尊厳を持った行為として自分を誇れる。生まれた子供もまた神の子として大切に育てられたそうですから。
 けれども、お金のため、欲のため、そのために男と寝る、そのために自分の身体を捧げるにはあまりにも安過ぎる。
 多分自分の身体を捧げる程の価値はお金にも欲にもないんじゃないかな、と思うのです。
 それができる、という事は「お金」よりも「欲」よりも自分の身体、自分自身を価値のないものとしてみている。自らを軽く見すぎている。自分を大切に思えない。
 それがするか、しないか、できるか、できないか、と違いだと思います。
 自分を大切に思えない人って最近増えている気がするんです。自傷行為のような援助交際を繰り返す人を本当に大切に想って心配している人の存在に気づいて欲しい。

56 ■無題

 闇の商人スバルくん、 君は自分の職業だけが廃人をつくるんだと、勘違いしているのかもしれないね。そういうことは大なり小なり、他の業界でもあるんだよ。音楽業界でも、銀行や証券業界でも人のこころを癒すはずの心理療法業界でも売り上げと仕事のやりがいとのハザマで、結構苦しむ人は多いんですよ。
 先見性のないことをして生活していくとひとは病んでいくのはどこの業界でもありうること。
 からだに負担の大きすぎる仕事、風俗嬢はそうだよね?ところが金の魅力で人を釣って、身体に感染症(不妊症、癌の原因になることを)がどれほど危険か知ってか知らずか、スバルくん君はスカウトを続ける。それは、病んで亡くなられた彼女を再生産して、彼女と境遇の似た子を救いたいあるいは、見殺しにしてご自分の悔しい記憶を麻痺させたいのでは?

「からだ」と「あたま」と「こころ」はタイムラグをもって、順番に調子悪くなったり、いっぺんに出て、心身ともに病んだりしておかしくなってしまうわけだ。俺は順番にほぐして病んだ人を治療している訳です。今の時代は日本とアジアの経済と精神的基盤がアメリカの政治家にいいようにコントロールされて、親の世代が精神的にも脆弱なんだよな。その犠牲者みたいなものに我々がなっているという認識はもっていたほうがいいと思う。
きみは、何か人を救えるスキルや技術を学んだほうが、あとで後悔を深めずに済む道だと思うな。AV監督の代々木忠は女優たちを心理療法のスキルを使って、引退後も相談にのっているぜ。きみはこのまま女の子達を見殺しにしつづけるのかい?

57 ■無題

私はまさにその無限のループから延々逃れるコトができずにいます。
いろんな背景があって、援助交際もしたしデリヘル嬢もやって…
やっぱりいろんな背景があって、際限のない愛を求めて、求めるが故にたくさんの傷を負って。

58 ■売春に走るきっかけというのは

人によって違うんでしょうね。
私が売春を始めたのは寂しさからです。
最初はお金なんて要らないと思っていました。実際お金を求めなかった。
ただ、それではあまりに空しかったんですよね。私は甘えたかった。けれど目の前にいる男というのは人間の薄皮を被った一本のチンコな訳ですから空しくもなります。
甘えるなら誰でもいいというわけでもなく、そしてタダでやらせると薄皮被ったチンコはどんどん調子に乗る。
お金という対価を間に挟むことで、お互いに割り切ってぬくもりを与え合う事が出来た。
まあ目的は違えど売春という行為に違いはないんですけどね。

>自分のことを好きになれない。
>恋愛関係を持ったとしても
>こんな自分を好きになるような男は信じられない。

これはとても当てはまります。
現在自分には結婚を約束している人がいる。
でも彼からの見返りを求めない愛が怖いんです。そんな根拠のない、得体の知れない感情を信じて、一生を共にしてもいいのだろうかと不安に思います。
彼は私の過去を知っています。だからこそ余計に恐ろしく感じます。
そして、私が生来家庭を持って、果たして子供を幸せにする事が出来るのだろうか。子供を普通に愛する事が出来るのだろうかと。
まだ自分はそこから抜け出せそうにありません。

59 ■分のことを好きになれない。

恋愛関係を持ったとしても

こんな自分を好きになるような人は信じられ

ない。



誰のことも信じることが出来ない。



いつも人を試すようなことばかりしてしまう



際限ない愛情を求めてしまう。

全くそのとうりかもしれないなってか、

でもね

必ずくるよ。



そういう人生を送ってきた人はね

絶対に自分と向き合わなければならない時がくるんだよ。




それも一人きりで

それと向き合うしかないんだ。

はい…向き合ってるのが今かもしれません…それがいけないこととは、わかりませんけど、正直気が付くのは、自分の嫌なところばかりで、自分のいいところなんか、見つかりません。

じゃ、嫌なところを、直したらいい話だって…ムリではないんだけど、今の段階では、ムリで、でもあきらめたくなくて…最初はそんなつもりないけど、先まで読んでみようって思います。

正直自分のことが嫌いです、自分の嫌なことは見つかります。じゃ、どうしたらいいのか、わかりません…抜け出したいと思うんですけど、その時まで、わすれているんです。そして、それがくるんですね…意味がわからないこと、言ってるかもしれませんけど、落ちたときは、ヤバイです。

これからどうしていくかなんて、自分と向き合って考えていかないと、いけないことなんでしょうけど、なんていっていいのか、自分でも自分がわからないんですけど、いつも悩んでる…仕舞いにはなにに悩んでるのかもわからなくなるような状況を脱出しいたいんです。

一時的ではなく、本当の意味で脱出したいんです。

自分のためにもこの先読ませてもらいたいと思ってます。

60 ■ゆうも。。

援交しました。
処女30万で売りました。寂しくてやったけど、男は性欲の固まりにしかみれなくなった。でも、男に抱きしめて子どものように甘えさせて欲しい。この矛盾した感情を抱いている自分がわからない。学校での優等生ぶりと外での援交。自分も周りも信じられない。

61 ■ゆうちゃん↑

私は援助交際をしたこともないししようと思った事も無いけど、知らない人に体を触られる事を考えただけでゾッとするし、悔しい思いでいっぱいになると思う。
はっきり言って何も考えずやってしまったというだけで、十分に病んでいる証拠なんだと思う。
でも病んでいるときは決してそれに気がつかなくて病んでいるという考えさえないもので。。。
とても一人では抜け出せない暗い闇。
求めているものはお金じゃなくて、きっと愛情。
私には今愛すべき娘がいます。
産まれた時は本当に嬉しくて泣きました。
生まれてくれただけで、この子の存在だけで
もう一生分の幸せをもらった気がします。
今も腕の中で眠っているけれど、これ以上ない
宝物なんです。命をかけて守りたい。
彼女がいつか思春期になり、ぐれてしまった時は
ひっぱたいても連れ戻します。母が私にしてくれたように。
どうして人は産まれてきた時の苦しさを忘れてしまうんだろう。
覚えていればきっと・・・・。
ゆうちゃん、あなたの体はあなたのものです。
でも、あなたが傷ついて苦しい・悔しい思いをする人はきっとあなただけではないと思います。
どんなことにも意味の無い事はない。
あなたがした事、必死に歩んだ道にも同じ事。
援助交際を責めるつもりはないけれど
それをしてしまっている自分の魂が発する
SOSにどうか気がついてほしい。
頑張って

62 ■したことある。

最初は、トモダチトカとお酒飲んだりタバコすったりがきっかけやった。

ななは顔かわいくないし、特に普通の仔やってんけど、
家におるのがメッチャいやで、夜遅くまで遊んでた。
妹とずっと比べられて育てられてきたこととかもうんざりする。

中3の卒業しかけくらいに、トモダチにさそわれて、援助交際をした。

トモダチは約束の時間こーへんかった。
ななだけがおじさんとあった。
お金もらえて超うれしかった。
卒業したあとも援助交際つづけてる。
メッチャ怖いねん。
じぶんでもやめなあかんっておもってるねんけど、
やめられへん。









63 ■無題

人間には絶対に内なる道徳律というものが存在している。

私もそう思います。

何か選択するときに、罪悪感やひっかかりが少しでもあるのなら、例えば止める友人に何か感じる物があるのなら、それは本能で「止めたほうがいい」と言ってるんだと思います。

感じるのに、それを選ぶのは、自分がダメになるのを自覚して、そうなるのを許してしまうことじゃないかな。。

64 ■ありがとう

エンやめるわ

65 ■難しいです。

小説、いつも読んでいます。
まりもさんは、「援助交際は絶対にしてほしくない」とおっしゃっていますが、「援助交際(体を売ること)」と「自殺」はどちらがいけないのですか?
他人に迷惑をかけないという点では、自殺するくらいなら援助した方がいいということになりますが…。
あと、「内なる道徳律」の内容は皆同じなんでしょうか?
この考察を読んで考えこんでしまいました…(T_T)

66 ■無題

中絶についてコメントさせてください。中絶をしてしまって、とても後悔しているという女の子、それから、中絶という選択に迫られている女の子、私も、中絶がいいことだとは思いません。女性の体と精神の負担の面から、賛成は出来ません。でも、中絶を禁じていた時代、中絶というものが選択になかった時代、生まれてきた子供や、母となった女性が背負った不幸というものも大きかったのは事実なのです。そして、中絶が合法化され、犯罪が減ったという説もあります。そのような状況に身をおくことになってしまったことには、原因があって、向き合わなければいけない問題があることは事実ですが、心のない人々の言葉のせいで、必要以上の良心の呵責、罪悪感を背負わされないようにそんな事実も心に留めておいてください。中絶が必要だと思う母親にとって、中絶という選択が一番である、というような考えを持つ良識ある人が社会にはいます。あなたの選択はその時点でのあなたの状態を考えて、子供にとっても最善であった可能性が一番高いのですよ。

67 ■無題

私も援助交際しています。今中学生ですが、初めてのSEXは援助交際でした。
なぜ始めたか?それはよく分からないけれど、心の中にどこか満たされない思いがあったんだと思います。同じ人と何回も会ったりしています。そうすると自分って必要にされてる。と感じます。辞めようと思っても辞めることができません。

68 ■うん。

初めて援交したとき涙止まらへんかった。

自分最低や
もう、二度とせぇへん
コツコツバイトしよう

って思ったはずやのにいつからこんなふうになったんかな
くっさいデブのオッサンのが、普通になってきたのいつからやろ

やめれるかな
無理かもわからんわ
頭おかしなってる
これが普通になってる
でも、初めての時の気持ち思い出した
泣くほど嫌で、ゲロはいたこと

コメント投稿

[PR]気になるキーワード