日本食文化研究料理家のもりおかまりこです
 
2018年始まりましたね!
本年も宜しくお願い致します。
 
みなさまはどんな年末年始を過ごされましたか?
 
私の大晦日はおせち料理づくりに追われて
へとへとになって過ごすのが毎年恒例です。
 
正直おせちづくりは大変だけど、
一年健康に過ごせたことを神様に感謝して、
また一年の家族の健康を祈願する
そんな尊い日本の行事を続けていきたいなと思います。
 
そんなおせち作りだけど、
みんなで作ったら楽しいのではないかと、
来年はおせちを教わりたい方々と一緒に
おせちづくり合宿なるものを開催しようかと密かに目論んでますにやり
 

 
 
毎年違うコーディネートで写真を撮っていますが、
今年は少し大人しめのコーディネート。
白い帯にシックにまとめました。
 

 
 
我が家はシンプルなお江戸のすまし雑煮です。
朱の漆椀は父方の祖母の形見の輪島塗です。
 

 
さて、今年は明治維新後150年の節目の年だそうです。
江戸時代ってよく考えるとまだたった150年前のことなんですよね。
 
実は江戸はエコなシステムがあったり、シェアリング社会だったという話もあったり、
今の時代でも参考に出来るようなアイディアがたくさん生まれたイノベーションの街でもあったことをご存知ですか?
 
他にも浮世絵や歌舞伎などの芸術芸能分野、
握り寿司やお蕎麦、天ぷらなどの、新しい食文化などなど、
江戸ではたくさんの素晴らしい日本文化が発展しました。
 
でも、明治以降私たちは欧米化の時代の流れの中で、たくさんの素晴らしいものを手放し失ってきたんですぐすん
 
その一つが江戸の食養生の文化です。
 
江戸が終わって150年目、そろそろ日本の良いもの見直す節目に来ているのではないかなと思っていますニコニコ
 
さて、そんなわけで今年は
日本の食卓にもっと日本の食を繋いでいく活動
ますます力を入れていきますよ‼
 
年明けから講演、セミナーも予定してます。
 
1月には江戸川区東部図書館にて江戸料理と食養生の講演をさせて頂きます。
こちらはお陰さまで、只今満席キャンセル待ちの状態ですキラキラ
 
同じ会場にて、只今私の料理写真展
『季節を彩る四季の食卓』も開催されています♡
1/21まで開催しているので
お近くの方はぜひお立ち寄り下さいねおねがい
 
 
そして、2月には
日本酒学講師の会 酒と食文化アカデミー様にて
麹と美容のセミナーをさせて頂きます✨😌✨
~和食を支える麹と食養生 身体と心への活かし方~
 
こちらはきき酒師のライセンス取得された方向けに開催される講座ですが、
一般の方も受講可能になっていますニコ
 
1日で麹を使った美容術が学べてしまう
かなり内容盛り沢山な講座になっています。
 
酒粕を使った美容パックの作り方なども、
レクチャーしてしまおうと思ってます。
 
さらに!大吟醸の酒粕のお土産があります照れ
大吟醸酒粕はふわっふわで本当に美味しい!
一度食べると酒粕のイメージが変わりますよ~❤
 
 
その他にも今年は2月24日に
松戸にある鰻割烹にし村様にて、
「ザ・シェフ」の作者で作家の剣名舞先生と一緒に『幻の鰻を食す!江戸小咄のトークディナー』
 



3月に
お味噌作りの発酵講座などなど
予定してます。
 
みなさまにお会い出来たら嬉しいです。
2018年も宜しくお願い致しますドキドキ

2018年の講演&セミナー情報

1月14日 江戸川区立東部図書館講演
~江戸料理に学ぶ心と身体を整える食養術~

(40名満席 現在キャンセル待ち)


2月25日 セミナー日本酒学講師の会主催『酒と食文化アカデミー』
~和食を支える麹と食養生 身体と心への生かし方~
HPアップ前の先行お申込みになりますので
お申込み、お問合せはこちらのメールへ⇒info@miraishokudo.jp



もりおかまりこ写真展~暮らしを彩る四季の食卓~
江戸川区立東部図書館にて開催中ですラブラブ