マリーと晩秋

テーマ:

近隣でも、紅葉の美しい時候になった。

マリーの病状が重篤化したのが、5年前(2012年)の晩秋。

改めて、時の流れの速さに驚く。

 

その頃の写真を見ると、今でも胸が痛くなり、居た堪れない状態になる。

 

 

元気な頃のマリーの写真とマリーを詠んだ稚拙な川柳を掲載させて戴く。

 

* お前にも 詩情が有りや 落葉道

** 落葉が積った土の道を歩ける幸せを噛みしめながら、愛犬と散歩する。

  枯葉の感触を楽しむように歩く愛犬への親馬鹿の感慨! 

 

 

 

 

 

AD

謹賀新春!!

テーマ:

謹賀新春

 

世界の安寧と皆さまのご多幸を心からお祈り申し上げます

 

 

   <都立野川公園(愛犬マリーの散歩テリトリー)の初日の出>

AD

不定期で拙いブログを 訪問して下さり、いつも心温もるコメントやぺタを 戴きまして、

真に 有難うございます。 それにも拘らず、皆さんの素適なブログへの訪問が 儘な

らず、大変 失礼をしていますことを、深く お詫び申し上げます。

..............................................................................................................................................



                                        <朝日新聞掲載のダイアモンド富士>
朝日新聞記事日の朝日新聞朝刊に、ダイアモンド富士の

記事が掲載された。


ご存じのように ダイアモンド富士は、そのてっぺ

んに陽が落ちて、富士山の陰影とその周りの

神々しくも美しい光彩が神秘に満ちて、胸を

打たれる情景である。


冬季の時期限定(年回、冬至の約1ヶ月前と後)

だから、絶妙なタイミングを必要とする。


2020年の東京オリンピックの準備のため、旧国立競技場が解体されて、明治神宮外苑から富士山が

望めるようになった。それで ダイアモンド富士の話題が、盛り上がって いるとのこと。


掲載された写真をよく見ると、富士山の左肩に落陽している。

てっぺんに落ちるには、数日後と予想される。

ただ、これから数日間は天気が崩れて、富士山は雲間に隠れてしまうとの つれない天気予報である。


都心からのダイアモンド富士を期待されている、皆さんの落胆ぶりが予想される。




 <小金井市はけの森からの富士山>
ダイアモンド富士1   実は、明治神宮外苑から西へ約24km離れていて、

  富士山から82kmの位置にある、当地・小金井市か

  らのダイアモンド富士の期日は、21日であった。

  この日もあいにく天候に恵まれず、マリーの父さんは

  臍を噛むことになった。


  日前の19日は、ちょっぴり時期尚早であったが、

  素晴らしい快晴であったので、思う存分撮影が出来た。



  

                                        

                                        <小金井市はけの森からの富士山>
ダイアモンド富士2 マリーが生存していた頃は、この時間帯は一緒に

散歩に勤しんで、マリーの写真をたくさん撮った

ものだ。


彼女が永眠して年半経過して、どうやら父さんも

気持ちが 幾分落ち着いてきて、自然の美しさに

被写体を求めることが 多くなった。



稚拙な富士山の画像を、ご笑覧戴ければ 幸いである。






<愛しのマリー/2010月撮影>
ある日のマリー   画像メモリーの整理をしていたら、年前のありし

  日の愛しいマリーの画像を見つけた。


  とっても幸せそうな表情に、思わず目頭が潤んだ

  マリーの父さんであった。



AD