まりあの日記゚*゙:¨*;.・';゙:..・☆

明日の事など~ケセラセラ~♪



テーマ:

今日はあまりに下げ過ぎて、個別を買ってみた。

週明けは一旦戻すかもしれないけど、問題はそのあとですね。


この土日で色々と考えようと思う。

相場はボケ予防に最適ですねニコニコ音譜


EU陸続きでビザ不要とかだと、賃金安い国からイギリス、ドイツ、フランスに移民が押し寄せ、そこにテロリストが紛れていたり、紛れていなくても治安が悪くなったり、現地イギリスの子が学校へ行けなくなったり、福祉や社会保障にも支障が出て来るようだと・・・


確かに離脱したくもなるよね。

トルコは窓口のような、潜伏も公認しているような国だし。。。

分かる気はする。


武蔵がなくて羨ましいです。

日本は秘密兵器”武蔵”のお陰で、民意が反映しないですから。


それよりメルケルさんはヒットラーの娘って本当?


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ドル円一時99円

日経1300円前後の下落


安倍首相~よかったねぇ

本当にリーマン級が来て嘘ツキじゃなくなったねぇにひひ


これで増税延期も反対する官僚おとなしくなるんじゃないのー


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

貧乏人は水を飲むな。「水道民営化」を推進するIMF、次のターゲットは日本

http://www.mag2.com/p/money/10990

ID1974 / Shutterstock.com


IMFの役割は、すで明確になっています。少なくともボリビアとフィリピンは気が付いているはずです。「貧乏人は水を飲むな、貧乏人は死ね」の世界を経験したからです。(『カレイドスコープのメルマガ 』)

「貧困層は死ね」と言うのか? 水道民営化の悲惨な現実

南米諸国の「民営化」推進の陰にIMF(国際通貨基金)

IMFは、財政的に貧困な国の政府に、「国の非効率な公営事業を民営化すれば、公共料金がもっと安くなるうえにサービスも充実する」という甘言を使って世界銀行から借金をさせます。


そして、その資金で民営化を進めさせるのですが、そのときに入り込んでくるのが多国籍企業です。

理由は、「その国の企業にはない高度な技術を多国籍企業は持っているから」というものです。


最初のうちは確かに公共料金は下がるのですが、徐々にそれを吊り上げていきます。そして、国民が耐えられないところまで引き上げてしまうのです。<中略>

【関連】パナマ文書の記事一覧 本当のタブーとアメリカの狙いとは

IMFと世界銀行の「毒牙」にかけられた最貧国ボリビア

南米大陸最貧国のボリビアは、IMFと世界銀行の毒牙にかけられた典型的な国です。

世界銀行の融資を受け入れたボリビアは、ほとんどの公益事業を民営化させられてしまい、国民の生きる糧である水道事業までも民営化されてしまいました。


その結果、何が起こったのかというと、水道料金は以前の4倍に跳ね上がり、提供された水は細菌の入った不衛生なもので病気になる利用者が増えてしまったのです。

サービスの質の向上と料金の引き下げは「」だったのです。


このボリビアの水道事業を丸抱えで請け負ったのが、あの悪名高いべクテル社です。べクテル社の株主は、ブッシュを始めとするネオコン政府の連中であることは世界周知です。

ボリビア大統領は、米国の甘言に乗った自分がバカだった、と気が付いたのですが、時すでに遅し。

ボリビアでは反政府暴動が活発になり、それを扇動しているのが米大使であることを突き止めたボリビアの大統領は、この米大使に国外退去を命じました。


闇金まがいの高利貸しに金を借りたばっかりに、家庭の中は荒られてしまい、さらにその闇金業者は子供(ボリビア国民)をそそのかして、一家の主(あるじ)の権威を失墜させて家ごと乗っ取ってしまおうと画策していたというわけです。


事実、IMFと世界銀行は、すべての発展途上国に対して、電気や水道、電話、ガスといった国有インフラの売却を融資の条件としてきました。

これらは推定4兆ドルの公有財産になります。

今では、ボリビアだけでなく、南米の国々がIMFと世界銀行によって破壊されつつあるのです。獰猛なグローバル・エリートによる南米支配は確かに着々と進められています。



IMFは日本に来るな\(*`∧´)/

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。