いつもありがとうございます

まず始めにポチっと応援して頂けると嬉しいです

画面が完全に開くまでお待ち頂けると反映されますぺこり



にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村




こんばんわまり日和-o0020002010784477790.gif  







深刻な物資不足とインフレ高進に悩まされているベネズエラでは、国営スーパーマーケット・ビセンテニアルで国民が補助金で安く抑えられた価格で購入できる米や小麦粉、鶏肉などを手に入れるため、連日、長蛇の列を作っている模様汗


丘の上にあるスラムでは、数百人が真夜中に出発し、国家警備隊が監視する中、スーパー前に列を作る人の数は日の出までには数千人に増えている模様え゛!


こうした人たちの多くは、かつては左派の故チャベス前大統領の熱烈な支持者だったけど、現在ではチャベス氏が掲げた革命への失望と、後継者で自身を同氏の息子と称するマドゥロ現大統領に対する怒りが拡大メラメラ



野党連合は抗議デモを開催し、国民の不満をマドゥロ大統領の罷免に向けた国民投票につなげようとしているけど、今のところ、大勢の国民をデモに参加させることは実現できていない感じ?


一方、小規模で突発的なデモは増加していて、物資不足が悪化し、食料や医薬品を入手するのが困難になる中、彼らの収入は上昇の一途をたどるインフレに飲み込まれ、断水や停電はほぼ毎日発生メラメラ

人権団体ベネズエラン・オブザーバトリー・フォー・ソーシャルコンフリクトによると、デモの数は1日当たり17件で、略奪行為も増え、第1四半期に107件発生爆弾


また、停電、食料価格、水不足に怒りを感じる住民が政府施設周辺に集まったり道路を封鎖したりすることも以前より頻繁になっていて、ソーシャルメディアでは、店舗に侵入し、またトラックが運ぶ物資を取り合う群衆の姿を撮影した動画が広がっている模様え゛!



5月に入り、マドゥロ大統領には逆風が続いていて、野党勢力が国民投票を求める200万人近くの署名を提出ためいき

その数は必要とされる20万人を大きく上回り、最近の世論調査によると、マドゥロ大統領の年内の退任を求める国民は70%近くに上る模様あせる


隣国ブラジルでは、上院が左派ルセフ大統領に対する弾劾法廷設置を賛成多数で承認しルセフ氏は停職、南米では最近の選挙で右派勢力が再び台頭しており、マドゥロ大統領にとって重要な盟友を失うかたちドクロ


このほか米情報当局者は、ベネズエラが経済的・政治的に崩壊する可能性への懸念を強めていると明らかにえ゛!


反発したマドゥロ大統領は国内の一部勢力と米国が仕組んだ政権転覆計画があるとの理由から、60日の非常事態を宣言し、国の安全確保のため軍事演習の実施を命じた模様あせる



軍は大半がチャベス氏に忠実な人物で占められ、マドゥロ大統領の生き残りにとってカギとなる存在え゛!

ただ、ベネズエラの経済危機とマドゥロ大統領の冗長な演説により、側近の間の支持が失われつつあるとの見方も汗



ただ、マドゥロ大統領に対する国民の反発は、必ずしも野党への支持を意味せず、野党連合である民主統一会議(MUD)は昨年12月の国会議員選で圧勝したものの、イメージの問題を克服できずにいるほか、いまだに足並みが揃わず連合内部での対立が続いている状況え゛!


政府は悪意を持つ右派のエリート層が、混乱をかき立て、原油備蓄を管理下に置くために食料を隠していると非難メラメラ


食料を手に入れようと列に並ぶ国民の中にもこうした見方に賛同する人があせる




南米に広がっていた左派政権の退潮が鮮明にガクリ

資源価格の下落で低所得者向けの福祉政策に使う原資がなくなったためで、ブラジルでルセフ大統領が職務停止に追い込まれたのに続き、産油国ベネズエラでも反米左派のマドゥロ大統領の罷免を求める動きが拡大メラメラ

右派の野党連合は国民投票に向け、手続きを進めている模様目


ベネズエラでは5月上旬、野党連合・民主統一会議(MUD)が大統領の罷免の是非を問う国民投票の発議に必要な署名を集め、選管当局に提出ためいき

発議には全国有権者の1%以上(約20万人)の署名が必要だけど、MUD側は185万人の署名を集めたと主張え゛!


選管当局は本人確認作業を続けており、6月上旬にも終える見通し目

条件を満たせば次の手続きに進み、そこでも認められると、マドゥロ大統領罷免の是非を問う国民投票が行われる事にビックリマーク


南米では2000年代に資源高の恩恵を受けて左派政権が広がり、原油や鉄鉱石の価格高騰に伴う歳入増を生かして、低所得者層向けの社会政策を重視することで支持基盤を固めた一方で、産業の効率性を高めるような改革は遅れ、経済が急速に悪化し支持層の離反を招いている状況メラメラ


アルゼンチンでは昨年12月に反米左派のフェルナンデス政権から中道右派のマクリ政権に交代し、現在は中道左派政権のペルーでは、4月の大統領選で左派候補が敗北、6月の決選投票では、ケイコ・フジモリ氏ら中道右派2候補による対決となり、左派から右派への転換の流れは強まっている感じ?


ベネズエラは外貨収入の9割超を原油が占め、国内経済は原油安で非常に厳しい状況に汗

原油の価格はここのところ回復基調にあるとはいえ、かつての1バレル100ドルを超える水準には遠く及ばず…


国内では物不足が深刻で、生活必需品を購入するのにスーパーに長時間並ぶ必要があり、計画停電も続き、英フィナンシャル・タイムズ(FT)電子版によると、ベネズエラは債務を償還するために1-3月に国が保有する金17億ドル分を売却え゛!

同国の金保有量はこの11年で3分の1に減少ダウン


国民の不満は高まっており、調査会社によると国民の77がマドゥロ氏の退任を望んでいるようだけど、選管当局などの幹部は、与党の息のかかった人材が占めているため、国民投票の請求プロセスが順調に進むかは予断を許さない感じ?











【PR】
↓↓個人投資家向け専用SNS「moneta」事前登録受付中です!↓↓




最後まで読んで頂きありがとうございますまり日和-o0020002010580469056.gif
ポチっと応援して頂けると嬉しいです


にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ

AD