マーブル動物医療センター マーブル動物病院

病院内の出来事に限らず、色々なことを書いていきます(つもりです)(^^;)。

この道を行けばどうなるものか
危ぶむ事なかれ
危ぶめば道はなし
踏み出せば その一足が道となり その一足が道となる
迷わず行けよ 行けば分かるさ


テーマ:

 

平成28年度日本大学獣医学会講演資料

 

猫の甲状腺機能亢進症

~診断・治療に迷うケースの考え方~  

Hyperthyroidism in cats

How to make a diagnosis and a treatment of the subclinical status

 

難 波 信 一

マーブル動物医療センター

 

 多くの内分泌疾患は疾患状態とそうでない状態の区別が困難な場合が多く、いわゆる”グレイゾーン”の広い疾患群である。“無症候性 subclinical”とは、疾患の初期あるいは実際に疾患状態であっても明らかな臨床症状や兆候が認められない状態を指し1)、”オカルトoccult”とは、その疾患以外の因子によってマスクされた状態を指す2)。このような状態は、区別するのが極めて困難な状態と言わざるを得ない。特に甲状腺の機能は様々な生理反応や疾患に影響される器官であり、微妙な場合には診断や治療に苦慮することが多い。安易な診断/治療は結果的に病態を複雑化させる可能性が高いことから、臨床獣医師は疾患に精通しておく必要がある。

 本講演では、1)無症候性とオカルト甲状腺機能亢進症、2)無症候性甲状腺機能亢進症の診断 3)無症候性ならびにオカルト甲状腺機能亢進症を診断する上での問題点、4)無症候性甲状腺機能亢進症に治療は必要か?の4点について論じる。

 

1)無症候性甲状腺機能亢進症とオカルト甲状腺機能亢進症

 “無症候性”甲状腺機能亢進症とは、臨床検査上に異常が認められるものの、明らかな臨床症状がないものを差し、甲状腺機能亢進症の初期ステージと考えられている。ヒトでは、T4、fT4、T3が正常範囲にありながら、TSHが低値な患者を無症候性甲状腺機能亢進症と定義しており、TSHは不完全にしか抑制されていない1)。一方、明らかな甲状腺機能亢進症では、TSHは完全に抑制されている。では、猫に軽度の甲状腺機能亢進症が存在するのかどうかを考えてみる。甲状腺機能が正常な状態から亢進状態になるのは段階的であり、必ず初期ステージが存在するのは明白である。もちろん、極めて初期の甲状腺機能亢進症では、特徴的な臨床症状は一切認められない。

 “オカルト”甲状腺機能亢進症”とは無症候性甲状腺機能亢進症とは異なり、併発疾患などの他の因子によって、T4、fT4が実際よりも抑制されている状態を指す2)。すなわち甲状腺機能亢進症が生理的な反応によってマスクされている状態と言うことができる。従って、併発疾患や甲状腺ホルモンを抑制する因子を取り除けば、甲状腺機能亢進症が発現する。言い換えれば、無症候性あるいは軽度の甲状腺機能亢進症を診断するには、併発疾患などの他の因子の除外が必須ということになる。

 

2)無症候性甲状腺機能亢進症の診断

 猫の甲状腺機能亢進症を診断するのに、感度が最も良い検査は甲状腺の触診である。また、食欲の如何にかかわらず経時的に体重減少を示すのが一般的である3)。従って、臨床検査に進む前に、十分な身体検査と病歴の聴取を行うのが最も重要である。

無症候性甲状腺機能亢進症を含め、猫の甲状腺機能亢進症を診断するには、表14)を参考にしてT4あるいはfT4とTSHの組み合わせが良いが、検査の利便性からT4とTSHの組み合わせを筆者は好んで用いている。猫のTSHを測定する方法は確立されていないが、現在のところCLIA法による犬の測定系が猫のTSH濃度を評価するのに有用であると報告されており5-7)、現時点で広く用いられている。

明らかな甲状腺機能亢進症では、T4の高値とTSHの検出限界以下で確定診断ができるが、無症候性ではT4が基準値内でTSHが検出限界以下のことが多い。実際、TSHが測定限界以下の患者は、検査後14ヶ月以降に甲状腺機能亢進症発症のリスクが増加するという報告もある5)

 

3)無症候性ならびにオカルト甲状腺機能亢進症を診断する上での問題点

 ここで問題になってくるのが甲状腺ホルモンの生理学的挙動である。通常、何らかの疾患に罹患している場合、体内の代謝を落とすべく、甲状腺ホルモンは抑制されることが多い。無症候性あるいは軽度の甲状腺機能亢進症で、しかも併発疾患があれば、T4、fT4濃度は容易に基準値内へと入っていく7)。従って、併発疾患を治療した後に甲状腺機能亢進症が発現したとは、よく聞く話である。従って、このような場合には、併発疾患を治療した上で無症候性あるいは軽度の甲状腺機能亢進症を診断する。シンチグラフィーが容易に実施できないわが国では、最も感度と特異性が高い検査、すなわちT4、fT4-ED、TSHの測定を採用すべきである8)

 T4とTSHでオカルト甲状腺機能亢進症が疑われた場合、fT4を加えれば診断精度を上げることができる。しかし、fT4の感度は良いが、T4に比べて特異性が劣ることから、初期の単独項目として用いるべきではない8)

 

4)無症候性甲状腺機能亢進症に治療は必要か?

 無症候性甲状腺機能亢進症に治療を開始するかどうかは、賛否両論があるが1)、猫とヒトでは考え方が異なる。これは甲状腺機能亢進症がヒトでは抗TSH受容体抗体によるTSH受容体刺激によって起きるGrave’s病(Basedow’s病)が最も多く、猫では結節性甲状腺腺腫によるものが最も多いことに由来する。甲状腺に発生した結節は時間とともに腫大化することから、無症候性甲状腺機能亢進症が疑われた猫は、1ヶ月後の身体検査(体重、心拍数、甲状腺の触診など)に加えて、T4、fT4-ED、TSHの測定を行うのが理想的である。安定していれば3-6ヶ月毎に検査を繰り返し、臨床症状発現、触知可能な甲状腺結節、T4の上昇などが認められれば治療を開始するかどうか再考する。

オカルト甲状腺機能亢進症の場合、併発している疾患にかかわらず、体重減少、筋肉量の減少、頻脈などがみられる。また、併発している疾患をコントロールすれば、甲状腺機能亢進症が顕著化する。例えば、臨床の現場で多くみられる甲状腺機能亢進症と慢性腎疾患(CKD)が合併している病態では、片方を治療すると、もう片方が悪化するという理不尽さを孕んでいるため、個々の患者で治療方法、治療の程度を熟考して対処する必要がある。

治療方法には、抗甲状腺薬、甲状腺摘出術、放射性ヨウ素による治療があるが、特に無症候性甲状腺機能亢進症に対しては、過剰な治療を行ってはならないことを肝に銘じておくべきである。

 

まとめ

 1. 無症候性甲状腺機能亢進症とオカルト甲状腺機能亢進症の鑑別が重要である。

 2. 診断はT4とTSHで行い、疑わしい場合にはfT4-EDを追加する。

 3. TSHが検出限界以下の猫では、甲状腺機能亢進症のリスクが増加する。

 4. 経過観察を行う際には、体重と心拍数の測定、甲状腺の触診が必須である。

5. 治療の可否については、個々の症例で熟考する。

 

表1.猫の甲状腺機能亢進症を診断するための各種検査項目:感度と特異度(Peterson et al 7)を改変)

測定項目

感度

特異度

 総T4濃度

82%

93%

総T3濃度

20%

97%

遊離T4濃度

90%

80%

TSH濃度

95%

65%

総T4+TSH濃度

93%

99%

遊離T4+TSH濃度

95%

99%

シンチグラフィー
唾液腺との比

96%

99%

シンチグラフィー
背景との比

85%

99%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

略語

T4:サイロキシン、fT4:遊離サイロキシン、TSH:甲状腺刺激ホルモン、fT4-ED:平衡透析法を併用した遊離T4の測定、T3:トリヨードサイロニン

※本文中のT4,fT4、TSH、fT4-ED、T3については、血中濃度を省略してある。

 

参考文献

1) Cooper, D. S., et al. Lancet 2012 PMID: 22273398

2) Peterson, M. E., Probl Vet Med 1990 PMID: 2134081

3) Peterson, M. E., J Am Vet Med Associ 1983 PMID: 6874510

4) Peterson, M. E., J Vet Intern Med 2015 PMID: 26192742

5) Wakeling, J., et al. J Vet Intern Med 2011 PMID: 21985139

6) Peterson, M. E., J Endocrinol 2014 PMID: 25297557

7) Peterson, M. E,. J Feline Med Surg 2013 PMID: 23966003

8) Peterson, M. E., J Am Vet Med Associ 2001 PMID: 11229503

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

「3日坊主でも、何もやらないよりはマシ。」に寄りかかって早幾年月。

こんなに間が空けば、誰だってブログなんか見に来てくれない。

フッと思い出して、書き込みをして、また忘れて、また思い出す。

ま、それでも良いかと妙に納得(*^_^*)。

 

君の膵臓を食べたい。

小説は読みませんし、マンガも読みません。読むモノと言ったら、医学・獣医学の偏った文献ばかりです。

そのボクが何を血迷ったか、手に入れたのが、「君の膵臓を食べたい」という小説です。

ボクの専門が内分泌という分野で、甲状腺とか、糖尿病、副腎の病気などを中心にしていますので、『「膵臓」と言われると、放っちゃ置けません』と言うのが唯一の理由です。

感想文なんて書けませんし、これから読むヒトに悪いですから、内容は置いておいて、55歳のおっちゃんが、青春時代にシンクロして、気がつけば泣いちゃっていたという小説でした。

昨年の「君の名は。」に続き、青春を思い出させてくれました。

7月には映画が公開されるそうで、小説の時代から12年後を設定しているとか。

予告編を見ただけで、泣きそうになります。

ニューヨークへ出張する時の機内で観られるかな。

ワクワクです。

 

では、今日も笑顔で生きましょう!!

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

人生はニャンとかなる


太郎ちゃんのお母さんに頂きました。
全部読んでいませんが、可愛すぎーーー(^^)/。
ありがとうございます。太郎ちゃんのお母さん(*^_^*)。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
1.犬の悪性リンパ腫に対するメトロノミック化学療法(低用量シクロフォスファミド経口投与)の検討
○土居瑛希子ほか

 悪性腫瘍(一般にガンと呼ばれる)の三大治療法は、手術、放射線治療、抗がん剤です。抗がん剤治療には、根治、つまり"治す"ことを目的とした治療と”大きくならなきゃいいや"という治療があります。この"大きくならなきゃいいや"を目的とした治療の一つに「メトロノミック化学療法」があります。少量の抗がん剤と他の薬を組み合わせて”ガンを大きくしない"→"大きくならなきゃオッケー"という治療です。
 この発表では、悪性リンパ腫というガンにメトロノミック化学療法を行って、良くなったワンコと良くならなかったワンコがいますよと言う発表です。
※最初から「この治療法しかない」とか、「うちの子はこの治療法にする」と決めてかからないで、選択肢の一つとして考えましょう。獣医師の話を良く聞いてからですよー。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
3.無機能性先天性水腎症が疑われた若齢犬の1例
○津山俊之ほか

 身体でできた老廃物は腎臓でオシッコが作られ、尿管というところを通って腎臓に貯められます。この尿管というところが詰まってしまいますと、腎臓で作られたオシッコが膀胱に行けず、どんどん腎臓が広がってしまいます。この状態を水腎症と言います。
 尿管が詰まってしまった水腎症は生まれつきのもの"先天性"と生まれたあとからのもの"後天性"に分けられます。後天性の原因としては、尿管結石やデキモノ(腫瘍など)、外傷などが挙げられます。先天性の原因は、生まれつき詰まりが起きやすい形になっていることがヒトの方で言われています。
 発表するワンちゃんは、生後2ヶ月の時に「お腹が張っているんだけど、原因が分からない」とのことで、他の動物病院から紹介されてきました。
 腎臓は全体の3/4以上が壊れないと血液検査で分かりません。このワンちゃんの血液検査は正常でした。でも、成長と共にどんどん大きくなりましたので、生後4ヶ月の時に腎臓の摘出手術を行って、以後健康に暮らしています。
 珍しい病気をもったワンちゃんでしたので、発表します。

※腎臓の機能はイオヘキソールクリアランス試験という検査で、「腎機能は○○%です」とおよその機能が分かります。以前の書き込みを参考にしてみて下さいね。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
2.排卵障害にヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)を用いて正常な妊娠・出産に至った犬の1例
○難波信一

 犬にも不妊症があります。子犬が欲しいのに、妊娠しない。そういった場合にどうするか?? について発表します。
 これまで、犬の交配をいつにすれば良いか、「交配適期」と言いますが、腟スメア検査や唾液、発情行動の観察などで判定してきました。通常の発情期間であれば、妊娠することが多いですが、発情不順など、妊娠しにくいワンコの子犬をとるのは至難の業です。
 当院でも、以前までは腟スメアで判定していましたが、これには採取法がとても重要です。人によって結果が変わってくることもありますので、 現在では、血液中の女性ホルモン、エストラジオールとプロゲステロンを測定して交配適期を判定しています。
 当院で行っていたスメア検査での妊娠率70%弱から女性ホルモンの測定に切り替えたところ、妊娠率は95%を越えるようになりました。
 今回は2件の動物病院で3度の交配をして妊娠しなかったワンコに不妊治療をして、無事、妊娠出産したという報告です。
 ※当院で女性ホルモン測定による交配適期の判定は、10年以上にわたり、200頭以上を数えます。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
3月になりました。
ワンちゃんにとっては、忙しい季節の到来です。
狂犬病予防注射、フィラリアの検査などなど。

【狂犬病予防注射】

「狂犬病ってないぢゃん・・・」
「ない」のではなく、「なくなった状態が続いている」だけですよー。
厚生労働省のホームページ、なかなか頑張っていますので、一見を(^^)/。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/

「注射ができない」と獣医師が判断した場合には、「猶予証明書」が出ます。間違っても、「免除」ではありません。

・狂犬病予防注射
 市から来たハガキをもってきて下さい。
 来る前に、激しい運動や普段と違う食事などは与えないで下さいねー。

・受付~身体検査~接種~手続き で終了となります。

「自分の家族だったら、屋外で注射うってもらうか??」と
当センターの院長。耳にタコができました(^_^;)。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
犬の特発性高カルシウム血症に対するアレンドロン酸とシナカルセトの併用
○難波信一 他

 「特発性高カルシウム血症」とは、原因不明で血液の中のカルシウム濃度が高くなってしまう状態を指します。猫では時々みられますが、犬では報告されていません。
 通常の治療を行っても、全く反応がなかった高カルシウム血症の犬に、アレンドロン酸とシナカルセトという薬を使って、良好に管理できた患者さんについての発表です。

猫の前立腺癌の2症例
○石川真由子 他

 猫の前立腺癌は報告が少なく、病気の詳細があまりよく分かっていません。当センターで診察させてもらった前立腺癌2頭についての発表です。こうやって病気の患者さんの情報を蓄積して、診断方法や治療方法、予後(その後どうなるか)を確立する必要があります。

 自分たちが経験している病気について発表することによって、少しでもワンコやニャンコに役立てればと思っています(^^)/。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。