inat総合

inatの管理するサイト類の総合紹介


テーマ:
5/22にサンマとカタールを観てきた。
未曾有の東日本大震災で町のほとんどを失った女川の復興への記録だ。
カタールはあのアラブの石油国で有名なカタール。よもや女川との深い繋がりがあるとは思わなかった。

今後誰もが経験するかも知れない震災で全てを失うような悲劇。でもこの映画や女川を思い出せば、復興への希望も有り得ると思えるかもしれない。そんな映画だった。

KINENOTEに「震災後の復興に希望があることを示す光 」というタイトルで感想 を書いた。ほぼ同じことを別の表現で上に書いてしまったわけだが。


私もももクロ繋がりで、2015年は3月の復幸祭、9月は仙台のライブがあったついでにツールド東北の日に寄らせて頂いた。また別途6月には我歴ストックという手作りのイベントも楽しませて頂いた。
なんと1年で三度も行ったのだ。東北全体ですら一度も行ったことなかったのに。それだけに勝手に親しみを覚えてしまっているのだ。
駅前が映画の最後のように復活を遂げた後は行けていないので、ぜひ近い内に訪問したいものだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
甲賀三郎作品の中にはストレートすぎるタイトルも多いが、少し魅惑的なタイトルも多い。だから読みたくなる作品が多いわけなのだが、この「瞼の鐘撞堂」なんてもどんな作品か想像が付かないだけに楽しみに読むことが出来た。

いや、読んでしまえば、タイトルが生かされてないのが残念と思ってしまった、というのはまぁおいておいて、
昭和12年の婦人倶楽部に掲載されたこの作品の感想で「甲賀三郎の世界 」を更新しました。

それとこのフレーズは好きな「安心の吐息」。こちらも少し前に提供していただいた資料でとっくに読み終わっていたのだが、感想をアップしてなかったので、あわせてアップしました。こちらは一瞬なんのことやらわからない読後感ですが、実は深い深い意味が隠されているのかもしれません。昭和7年の「家庭」という雑誌に載ったこれまたレアな作品です。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
書き損ねて、だいぶ時間が経過してしまったが、取り急ぎ、簡短に、ももクロ参戦の日記記事をシーザーブログの方に一気に書いたので紹介しておく。

まずはドームトレック後半戦の記事。

一番気分が高揚していたかもしれない3/26,27の福岡ドーム。そして感動のフィナーレとなった4/2,3の西武ドームだ。



3/26,27は福岡ヤフオク!ドーム

4/2,4/3は西武プリンスドーム





続けてドームトレック終了直後のライブ参戦記事。

西武終わって4/4朝に夜行バスで帰って4日5日6日とそのまま労働していたが、4/7は有給取って、加山雄三の若大将フェスに参戦。

8日もバス帰りの朝からまた労働して、9日には昼高速バス移動というハードな一週間だった。



4/7は海老名小田原経由からの若大将フェス

4/10は東京体育館でセーラームーンファンクラブイベント




これ以後は参戦可能なイベが大幅に減ってしまったのが寂しい限りだ
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
ようやく更新しました甲賀三郎の世界
奇蹟と閃光電球の感想を更新です。

昭和17年1月の書籍でボロボロ崩れそうな「支那服の女」を読み直してみて、
国会図書館に登録されてあるデータ、というか甲賀三郎の世界のデータとも違うことに気がつきました。

あれ、「奇蹟」までしか載っていない。奥付はあるのに、ちょうど後半2作分がちぎれているのだろうか?

と今更ながら不思議にかられております。

甲賀三郎の世界  http://kohga-world.com/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
行きを決めたのは2016年3月15日火の夜。その日に職場のベトナム人に少しリサーチして確定。幸い職場は歓迎ムードだったので、火曜日に多分行くと伝えた上で、帰宅後にホテルや飛行機を予約し、水曜日に確定したことを伝えた。

2016年3月17日に早めに帰っていいよと言われた労働を済ませた後、夜から関空へ出向き、深夜の便でバンコク経由の人生初めてのトランジットを挟みつつ、朝にベトナムハノイ郊外のノイバイ空港に到着。
飛行機の乗り換えは人生初だった。空港着までは単独行動だが、バンコクでモノノフと話した。

18日はノイバイ空港から直接世界遺産ハロン湾で有名なハロン市へ車で4時間弱かけて移動し、厳粛さを感じさせる会場にてさくらまつりのイベント。7割くらいはモノノフ仲間と行動。

19日は車で4時間かけてハノイ市に行って、昨日とは比べものにならないくらい厳粛なさくらまつり。これはイベントというよりもセレモニー。終日モノノフ仲間と行動。

20日はハノイ市を普通に観光。美味しい物を食べつつ、観光地を巡ったり、買い物したり、シクロ乗ったり。終日単独行動。

で、深夜の仁川経由の便に乗って、翌21日の昼前くらいに関空到着といった旅程であった。終日単独行動。


詳しくはシーザーブログの方にかいた。

3/18はベトナム遠征一日目(ハロン・さくらまつり2016)

3/19はベトナム遠征2日目(ハノイ・さくらまつり2016)

3/20はベトナム遠征3日目 ハノイ・ホアンキエム湖周辺を観光


とにかく初の個人でホテルや飛行機を確保した旅行、しかも準備期間2日くらいの旅は完全に楽しいだけで終わったのだった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ドームトレック前半のブログ記事をようやくシーザーブログに書いたので、リンクしておきます。

つまり名古屋、札幌、大阪篇を簡潔に。

もうはや二ヶ月近く昔の話で、細かい点は覚えてないので、本当にサラッと書いてます。、



2/20と2/21はももクロ名古屋ドーム




2/27はももクロ札幌ドーム




3/12,3/13はももクロ大阪ドーム






続くベトナム編。ドームトレック福岡、埼玉編も近々書く予定です
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
探偵小説ミステリー読書記録に、芦辺拓氏と法月綸太郎氏の作品を記録。
どちらも新本格ムーブメント初期の作家でお気に入りなのだが、今回は芦辺氏は珍しい変格探偵小説。法月氏は本業バリバリの本格探偵小説でした。

どちらも素晴らしい作品で、なんか幸せな気分を味わえたのだけは間違いありません。


奇譚を売る店/芦辺拓/光文社文庫

キングを探せ/法月綸太郎/講談社文庫
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
これまた探偵小説でもなんでもないが、書く場所がないので、ネタバレ無し感想を探偵小説ミステリー記録に記録した。


また、同じ夢を見ていた/住野よる/双葉社


住野よるの作品は処女作の君の膵臓を食べたいをももいろクローバーZのリーダー、百田夏菜子にお勧めされて読み、感銘を受けたので、その勢いのまま第2作も読んだのだが、これまた処女作以上といっても過言ではない感動作だった。幸せとは何かというテーマもあり、多いのか少ないのかはともかく登場人物の多様性もあり、読み応えたっぷりだ。


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
ももクロドームトレックもはじまって、名古屋とかそちらも書かないといけないのに、今更バレイベの記事を書いたので、とりあえず更新

シーザーブログ
2/13は日本武道館でバレイベ


超多忙にもかかわらず、あのペースで、あのクォリティのブログを更新し続ける有安杏果さんの凄さは、実際にブログを書いてみないとなかなかわからないよ。本当に尊敬です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
映画をたくさん観たので、KINENOTEをまたもや更新。

2/6は去年の秋くらいから楽しみにしていたオデッセイ、そして信長協奏曲、どちらも素晴らしかった。

2/12は公開終了直前の杉原千畝をようやく観る。2ヶ月前に海難1890とどちらを観るか悩んだ時に見ずにずっとみれてなかったので、なんとか観る時間を取れて良かった。

シーザーブログの方を更新し、そちらにKINENOTEの感想へのリンクを張っておいた。

映画映画映画映画
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。