inat総合

inatの管理するサイト類の総合紹介


テーマ:

近頃読み終わった本として、河出文庫の蟇屋敷の殺人、集英社文庫の明智小五郎事件簿Ⅰ、論創社の蒼井雄探偵小説選があるのだが、そのうちの前者2つについては探偵小説ミステリ読書記録にちょちょいと記録しおわった。

 

蟇屋敷の殺人/甲賀三郎/河出文庫

 

明智小五郎事件簿Ⅰ/江戸川乱歩/集英社文庫

 

といったところだ。

蒼井雄についてはまだ記事を書き切れていないので、そのうち更新したいと思う。

 

 

また「蟇屋敷の殺人」関連では、「甲賀三郎の世界」も併せて更新した。さすがにいくらなんでも大絶賛の評価☆5というのはやりすぎだったと思わざるを得なかったので、☆4に変更してしまうというなんとももはやなことになってしまった。

 

とはいえだ。実際問題「乳のない女」や「姿無き怪盗」の方が獅子内のキャラクター性やサスペンス性が秀でていることもあり面白さという意味では上とは思うが、これぞ戦前探偵小説だ!といった要素については「蟇屋敷の殺人」の方が魅力あるエッセンスが惜しみなくたっぷりで楽しめると思う。いろいろ突っ込みたくなる所も含めて、あれこれと想像を逞しくできるところも二重三重に楽しめるところだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「甲賀三郎の世界」を更新しています

http://kohga-world.com/

 

ようやく論創社「甲賀三郎探偵小説選Ⅲ」相当にリストを更新出来ました。ⅣとⅤも来年夏に出る予定と論創社からアナウンスがありましたし、5冊出たあかつきには「甲賀三郎の世界」のリストに、論創社の列を儲けて、Ⅰ~Vを入力していきたいところです。甲賀三郎の再発見が現在進行形で進んでいる感が極めて嬉しい。

 

「甲賀三郎の世界」版は算用数字を多用。あと「藝」は使わず、「芸」のままなど表現方法の違いに若干の差を付けていますが、深い意味はありません。

 

この更新には全く関係ありませんが、甲賀三郎の話を更に少々。

 

解題巻末でも紹介した江戸川乱歩本の電子書籍も購入。「真紅の鱗形」の再読が楽しみになります。

 

それと河出文庫から「蟇屋敷の殺人」が出ます。

おそらく表題作の長編の未収録なのだとは思いますが、日本刀でスパッと切られた死体が大東京のど真ん中に出現し、更に死体そっくりの人物が普通に生きている。しかも不可解な挙動を示すという怪奇探偵小説作品が蟇屋敷の殺人。細かい突っ込み所はともかく、意外や意外な展開の連続が最後に蟇屋敷の秘密や様々な謎に収斂するところが面白い作品となっています。期待の一冊です。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

論創社の甲賀三郎探偵小説選Ⅲの解題及び著作リスト暫定版ですが、いくつか誤記がありましたので、「甲賀三郎の世界」の甲賀本紹介ページに本書を追加し、そこに正誤表を記載することにしました。(正誤表を含むページへのリンク

 

活字になってしまった後の誤り発見は痛恨の極みですが、誤り発見されましたら、お手数ですがご一報いただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いします。

 

なお、せっかくですので、「甲賀三郎の世界」トップページにも、しばらく本書の紹介を大々的にさせていただくことにしました。多少面映ゆいですが突っ走ります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

恐れながらワシごとき一般人に解題を書かせていだける機会を与えてくれた論創社の方には深く感謝しています。

解題はワシと甲賀三郎との出会いから綴る面映ゆい自己紹介からです。そこから探偵小説論争や収録作品のまさに解題へ移っていきます。巻末には過去に例がない多大な甲賀三郎作品の著作リストと続きます。まだまだ調査途上のため暫定版と括弧書きです。

 

この甲賀三郎探偵小説選Ⅲをワシの持つホームページ類でも次の通り、告知させていただきました。

 

発売より一足はやく献本という形で論創社より頂いていたこともあり、まず26日のちゃらんぽらんとは言えない楽屋裏で告知させていただきました。(いくらゲラなどで作業したり最終版をもらっていても本となったものを初めて手に取った時の感動たるや、おそらく自作でも出ない限りは今回の感動に勝るものはないと思います)

3/1発売予定の甲賀三郎探偵小説選Ⅲの解題を書かせて頂きました(ちゃらんぽらんとは言えない楽屋裏より)

 

続けて、同じく26日「乱歩の世界」の掲示板やら、トップページで告知させていただきました。乱雑文第88回の記事です(全ては「乱歩の世界」から始まりました。大乱歩なら甲賀ファンになっている現状も許してくれると信じています。それは同様に甲賀も乱歩経由でファンになっていても許してくれるはずです)

http://rampo-world.com/(乱歩の世界)

 

そして本日さきほど「甲賀三郎の世界」でも更新の記録にて、告知させていただきました。著作リストにもぜひ注目ください。

http://kohga-world.com/(甲賀三郎の世界)

 

その他、今は虹の橋で待っていてくれている愛猫のアイコンを自身の分身として愛用しているTwitterでも告知しております。実はいくらか反響が返ってくる分、Twitterが一番うれしいかもしれません。ワシと同じく探偵小説好きのモノノフ(ももクロファン)も何人か反応してくれました。

 

今日にはおそらく巨大書店には本シリーズは棚に並びますから本当に楽しみです。書店で実際に並んでいるところをじっととニヤニヤ眺めている人がいたら、ワシかもしれません。こんな特権的な楽しみを得られるとは妄想の先の世界のよう。様子を見に行くのが楽しみです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

小酒井不木と言えば、新青年に載っていた「恋愛曲線」とか「痴人の復讐」とか「死体蝋燭」とか「人工心臓」とかを思い浮かべる。変格物探偵小説に優秀な作品が多い作家のイメージだ。

 

しかし論創社の「小酒井不木探偵小説選」は乱歩の少年探偵団やら甲賀三郎の少年ものなどに先んじた少年物シリーズの少年科学探偵塚原俊夫くんシリーズが全編収録されている唯一無二の書籍となっている。

この塚原俊夫くんシリーズがホームズものの正統な後継者たる本格探偵小説なのだから、これまた面白い。これは甲賀三郎もニヤリとするばかりの探偵小説で少年物にするのが惜しまれるのだ。

小酒井不木探偵小説選/小酒井不木/論創社

の記事が今回の探偵小説読書記録の更新記事。

もう13年前に出版された論争ミステリ叢書の第8巻。最近の戦前探偵小説出版ブームともいうべき流れもあるし、10年以上前に出版されたものでもまだまだ読みたい本はたくさんあるし、楽しみは尽きない幸せな時代になったものだと思う。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日の深夜に寝落ちから目覚めた時に1時だったので、勢いのままに最近ようやく下書きまではいくらか用意していたちゃらんぽらんとは言えない楽屋裏のブログ記事(シーザーブログ)を一気に8本アップ。写真は適当にスマホの写真を利用。

 

まぁ単に書きためていただけです。

この8本だけで、千葉、宮城、神奈川、岡山、東京、埼玉、大阪

2016年12月23日24日は幕張メッセでももクリ

2016年12月25日は石巻や女川など宮城県へ

2016年の年越しは横浜で「第二回ゆく桃くる桃」

2017/1/28は岡山県奈義町で「幕が上がる」イベント

2017年2月5日はアニメ紅白 ブールセックにも再訪

2/11と2/12はバレイベ

2/18は西天満に加藤いづみさんのライブへ

2017年2月19日は桃色つるべの公録で関テレ

 

さて、次はどこに行けるかな?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年は飛行機に23回乗ったようです。今年だけで16空港に行ったよう。

シーザーブログに書いた。

2016年の飛行機乗った回数が16空港フライト23回とか

 

2011までの人生では行ったことある空港は羽田、福岡、伊丹、関空+北京のどこか(高校の修学旅行なので忘れた。たぶん福岡からとは思うが)、ホーチミンのどこか、台湾の桃園、バンコクの スワンナプーム(これら3つは関空からの会社の旅行)しか行ったことなかったと思うから、恐るべきまでの飛躍。

 

2015までですら、これに新千歳、仙台くらいしか加わらないのだから凄い。そもそも飛行機乗らない人だったしな。

 

ちなみに2016年に行った都市(イベント、観光、名物を食べたとかした都市)はこんなところか。

北海道:札幌

青森県:五所川原、弘前、青森

(宮城県:女川予定)

山形県:南陽、米沢

新潟県:長岡

千葉県:千葉、袖ケ浦

東京都:東京

埼玉県:富士見、さいたま、川越、所沢

神奈川:横浜、海老名、小田原

愛知県:名古屋

三重県:鈴鹿、四日市

奈良県:大和高田、橿原

滋賀県:草津

京都府:京都

大阪府:大阪

兵庫県:神戸、西宮

鳥取県:米子

山口県:下関

福岡県:福岡

大分県:別府

鹿児島:霧島

ベトナム:ハロン、ハノイ

中国:上海

アメリカ合衆国:ニューヨーク

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

江戸川乱歩ファンとして、芦辺拓のパスティーシュほど安心して読めるものはそうはあるまい。

「金田一耕助、パノラマ島へ行く」は、戦後になって廃墟と化しているが面影の残るパノラマ島へ金田一耕助と風間俊六が出向くという魅惑的な内容となっている。

 

パノラマ島といえば、もちろん「パノラマ島奇譚」といおうか、「パノラマ島奇談」といおうか迷うが、あの乱歩の有名作だから面白いのだ。

 

さらに本書には「明智小五郎、獄門島へ行く」も併録されており、こちらは舞台があの横溝正史の金田一耕助ものでも超有名な獄門島。そして明智小五郎、文代さん、小林少年も活躍するのだから面白いこと請け合いだ。

 

読書記録にも簡単な感想を書いた。って、こちらの方がうっかりちゃんと書いてしまったかもしれないが。

 

金田一耕助、パノラマ島へ行く/芦辺拓/角川文庫

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「ココロノセンリツ ~Feel a heartbeat~Vol.0.5」、本人が使う略称ココセンといえるから、ソロコンともソロライブとも言わずに済むと思ったが、やはり有安杏果さんのソロのライブであることの説明には必要なのは残ってしまう。

 

と思ったが、いやいやそもそも有安杏果ライブで十分じゃないかと思った。ココセンは有安杏果さんのライブなのだ。

 

11/26に別府で行われた有安杏果ライブのココセンへの参戦記事をシーザーブログの方に書いた。

11/26は有安杏果ココセンVol.0.5のため別府遠征

次回は6月、7月に東名阪ツアー。今からこれに参戦するために、次の半年、元気に生きていけるという希望がわく。参戦するのも難しい小箱ではあるが、なんとか一つは自力で得たい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。