こんばんは~。

 

一つの体験談だとはいえ、

こういったことの情報がなかなかない、現代。

いいか、悪いかは本人の判断として、事実ってことです。

 

ちなみに、身体を温めるのは良いことですよね、温泉とか。

ぜひ小食&プチ断食など(前回書いた)で組み合わせてみて

みると良いのかも、と思います。

 

さてさて、③体力回復期(食事を戻す)(取り除いた後の回復)

 

5年目を過ぎ、回復期となりました。

 

方法は簡単!

 

①肉を食べる

 

です。ゆっくりと、好きな種類からすこしづつです。

 

私は焼き鳥から始めました。さすがに5年も食べていないので

どうしても野菜中心ではありますが

まったくたつというのは、

身体のバランスを欠くことにもなると思うので、時期をみて、

変化させると良いのかなと思います。

 

ただ、一生続けようと思っていることについては、

 

●午前中は食べない●です。

 

人間の身体は午前中は「出す時間」なんです。

 

出す時間って意識されたことはあるでしょうか。

 

食事の時間(入れる時間)は3回も意識するのに、

 

人間は出す時間は意識しないですよね。

 

よくおなかがすくと「ぐーっ」と音がなります。

 

あれは、おなかがすいたホルモンが脳へとどくと

 

「あれっ入ってこないんだな」と脳が思い、

 

【じゃあ出そう色々、と腸を動かした音】なんです。

 

だから、ぐーっと音がならない、

 

もしくは最近聞いていないという方は、詰まっている可能性ありです。

 

よく、化粧品で「美白」って女性興味あるじゃないですか。

 

肌がくすむとか黒ずむとか、の対策のです。

 

あれって、肌が体内の「毒素」で汚れているってことなんです。

 

だから、腸をきれいにして、小食にすると。

 

お顔のお肌の汚れを、食べながら身体をつくる細胞に回す

 

ので、究極の空腹は、美肌への道でもあります。

 

よく、肌がきれいな人は、「臓器もきれい」といいますよね。

 

 

私は癌になって、とにかく、満腹まではあまり食べないように

 

意識はしています。

 

なぜなら、癌になる人って、「頑張り屋」と「食いしん坊」が

 

多いですよね。

 

「頑張り屋」っていうのも、血液が汚れる原因なのですが、

 

それはまた次回いつかに書かせていただきます。

 

身体は心からも環境からも影響を受けてしまうのですねぇ。。。

 

 

ではまた書きます。

 

とりあえず、今回でこのシリーズはおしまいです。

AD